人がカビを吸いこむ量は?

  • 人がカビを吸いこむ量は?
人が呼吸によって、吸い込むカビの胞子の量が気になり、ググってみたら出てきたのでそのまま転載します。


カビは日常生活の中で私達が呼吸とともに吸い込む代表的なアレルゲンです。それでは、どのくらいの量のカビ胞子を吸い込んでいるのでしょう?実際に住宅に浮遊しているカビを調べてその量を推察してみることにしました。

調査したのは都内所在のP宅と、埼玉県所在のQ宅の戸建住宅2軒。それぞれ1階のリビングで、空中浮遊菌を測定する機器「エアーサンプラー」を用いて、1立方メートル中のカビ数(cfu=コロニーとして検出された数)を測定しました。季節ごとに3回ずつ測定し、春夏秋冬それぞれの平均カビ数を求め=グラフ、浮遊カビの年間推移を推察しました。浮遊カビは夏に多くなる傾向にありましたが、一般にカビが少ないと考えられている冬でも無くならず、部屋に浮遊し続けていることが分かります。年間を通じたカビ数はP宅で平均510cfu/m³、Q宅で平均970cfu/m³でした。一般的な住宅の空気中には、30~2000 cfu/m³のカビが浮遊していると言われており、両住宅とも標準的なカビ数と言えるでしょう。




人が1回の呼吸で吸い込む空気の量(換気量)は安静時で約0.5Lです。この呼吸を1分間に18回程度繰り返します。これを元に計算すると、1時間で約540L、24時間で約1万3千L(=13m³)の空気を吸い込んでいることになります。

 P宅の浮遊カビ数から人が吸い込むカビの数を計算してみると、1日で約6600cfu、1年間では約240万cfuとなることが判ります=表。Q宅では1日で約1万3千cfu、1年間で約460万cfuとなります。外出時間によって、吸入カビ量は前後しますが、日常的に吸い込むカビ胞子の多さが伺えるのではないでしょうか。もちろん、吸い込んだカビ胞子の全てが体に吸収されるわけではなく、また、ダニや花粉に比べれば、アレルギーへの感作性は低いですが、調査結果のようにカビは通年して浮遊しており、日常的に吸い込み続けるアレルゲンであることが分かります。

 多くの人は人生の大半を自宅で過ごします。部屋の浮遊カビ数が慢性的に高い状態では、長期間で吸引するカビ量は膨大になります。

 日常の清掃を心掛け、自宅の浮遊カビ数を減らすことは、結果的に生涯で吸引するカビ胞子の量を抑えることができるでしょう。
2017.12.13:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

ディズニーのお土産

先日ディズニーランドのお土産を頂きました。

話には聞いていたのですが見るのも食べるのも初めてで・・・

東京土産で有名な「東京バナナ」さんとディズニーがコラボした、ミッキーバージョンの東京バナナです。

味はキャラメルバナナ味で、ふつうに美味しく頂けます。

ミッキーマウスの焼き印が付いていてかわいいですね。

 

経理課

 

2017.12.12:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

4つの鍋が使えるIHヒーター

  • 4つの鍋が使えるIHヒーター
4つの鍋を同時に調理できるIHヒーターはご存知でしたか?


横並びだから二人で並んで調理もしやすく、最大4つのお鍋を横並びで使えてとても便利です。


パナソニックさんのショールームでご覧いただけますので是非見てみて下さい。
2017.12.12:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

制振部門第一位

  • 制振部門第一位
日経ホームビルダーという業界誌の中で、設計事務所や工務店などが使ってみたい建材・設備ランキングが掲載されておりました。

その中にある住宅用制振ダンパー部門で、弊社で2年前から標準採用している住友ゴムの「ミライエ」が第一位となっていました。







おそらくは、先の熊本地震での制振効果が、TVや新聞で大きくとりあげられた影響も大きいとは思いますが、何はともあれ素晴らしいことだと思います。







弊社の構造躯体は、東日本大震災でも発揮したLVLによる耐震構造と、ミライエによる制振効果に加え、外断熱と二重通気による構造への通気性確保というトリプル効果によって、現行の木造住宅の最高レベルの強度が、いつまでも発揮される建物だと言えるのです。




2017.12.12:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

『春から秋まで本当にご苦労様』

わが家では、雨水を利用するため、雨樋の1ヶ所にだけ大きな容器を設置しています。一度に大量の水を使うので蓋がありません。

とても便利なのですが、困るのは蚊が繁殖する池になってしまうことです。夏場になると体中を刺されて半袖・半ズボンで外に出られないと家族からも非難集中!!

ここで登場して頂いたのが、わが家の守り神『金魚様』(テレビでメダカによるボウフラ対策を見て)発生したボウフラを食べること、食べること。一週間に一度の餌やりでOK。(もしかすると、餌無しでも成長できるか?)

今年は10匹投入して生き残ったのが7匹。11月中旬まで頑張ってくれたので、厳しい冬は暖かい室内へと移動して頂きました。

対面キッチンなので、反対側からも

環境が変わって、ビックリしているでしょうか。美味しい食事を用意しておりますので、養生して来年よろしくお願いしますね。

 

2017.12.08:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]