職人さんの健康も配慮

住宅会社は、住む人の健康を第一に考えた家づくりに取り組んでいかなければならならないのは当然ですが、実際に現場で作業をする職人さんの健康にも配慮した家づくりも非常に大事です。

私達の現場に携わる大工さんや職人さんの多くが、外断熱の現場環境の良さに驚き、皆さんが元気に仕事をしている姿を見ると嬉しくなります。

辛い環境で、作業をするのと、快適な環境の中で作業するのでは、出来栄えはもちろん、品質や性能に大きな影響を及ぼすのは当たり前のことではないでしょうか。

外断熱の現場は、平均年令が年々高くなる職人さんにとって、暑さの厳しい夏や寒い冬でも、身体に負担をかけることなく、作業が行えるようになるという目に見えないメリットも生れることになります。

寒さに凍えて、手が縮こまったり、悴むこともなく、うだるような暑さでも室内は実に爽やかで、一番暑くなる小屋裏に、昼寝をしている職人さんもいるほどです。

外で作業する基礎・外壁・屋根屋さんは、外断熱の恩恵はあまり受けないので、申し訳ないのですが、屋内で作業することが多い、大工・内装・電気屋さんなどは、外断熱の現場はまさしく天国で、内断熱の現場ではもう仕事をしたくないといった冗談とも本気ともとれる話が、いつも現場で飛び交っています。

そして、もう一つ説明を加えさせていただきたいのですが、内断熱の現場で多用されるグラスウールなどの、施工時によくみられる粉塵被害の軽減も図られることを知っておいていただきたいのです。

グラスウールは、ガラスを微細に粉砕したものが素材となるのは、お分かりかと思いますが、このいわゆるガラスの細かなトゲが、これまで職人さんの健康を損ねるやっかいな存在でした。

よく内断熱の現場では、養生ネットで、陽が遮られている現場で、ちょっとした隙間から陽がさすと、ホコリに交じったガラスの繊維がキラキラしているのですが、現場内に無数に飛び交うガラスのトゲが、皮膚につきささったり、呼吸によって体内に入り込み実に多くの職人さんの体を蝕み、特に高齢の大工さんは呼吸系の病気に苦しんでいる方が非常に多いのです。

また、ウレタンの吹付断熱も同様で、取扱い時や施工上の注意点などを、実に様々な危険が記載されております。

昨今の建築現場ではこうした現状を考慮し、夏でも長そでシャツを着用し、粉塵マスクを装着するなどの対応を記載しており、まだまだ徹底されていないメーカーも多く、気にする職人さんも少ないために、未だ改善されていないのが現状なのです。
2018.02.22:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

ソーラーサーキット=太陽光ではありません

  • ソーラーサーキット=太陽光ではありません
ソーラーサーキットの家というと、太陽光発電を連想しがちで、勘違いなされる方もいらっしゃいますので、改めてご説明させていただきます。

ソーラーサーキットの家は、「外断熱」と「二重通気」を組み合わせ、太陽の熱や光といった自然エネルギーを生かし、多雨多湿という日本の気候風土に合わせ開発された工法で、断熱と蓄熱・遮熱と排熱そして通気性を兼ね備えた理想の住まいとなります。

つまり簡単にいうと、自然の力を活かした空気の通り道のある家となります。

「外断熱」とは、家全体を断熱材で包むことで、外の暑さや寒さを遮断し、地熱を活用する技術です。

一方、「二重通気」は、構造の両側に二重の通気層を設け、それぞれ空気の流れをつくることで、構造内の湿気や熱気を排出させ、室内の温度や湿度の上昇を抑える技術となり、暑い夏でも、エアコンを頼ることなく、爽やかで快適な住みごこちが実現できるのです。

ほとんどの高気密・高断熱住宅は、冬の寒さに重点をおいた閉鎖型の工法ですが、夏の暑さの原因となる熱ごもりを解消し、構造にも通気性を持たせることで、夏は開放型の住まいとして、快適性と共に耐久性も飛躍的に向上するのが、ソーラーサーキットの家ということになります。

もちろん、太陽光発電との相性もバッチリで、私達はソーラーサーキットに太陽光を設置する家を「Wソーラーの家」と呼んでいます。
2018.02.21:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

結露テープも一時的

  • 結露テープも一時的
カビの投稿があったので、カビネタをもう一つ。

週末、友人の家にいったら、リビングのサッシに結露テープが張られていました。

シゲシゲと見てみると、うっすらとカビが生えており、知らんぷりして、結露テープどう?と聞くと、多少効果はあるけどしばらくするとカビがはえるんだよね~。ということでした。

もう生えてるよ~。と言いたいところでしたが、ぐっとこらえてふーん。

友人宅は、樹脂とアルミの複合サッシの築浅のAPですが、換気は案の上、オフになっており、管理会社から、使用を禁止されているというファンヒーターを使っていました。

換気は案の上、つけてないようで、「換気シャッターを開けて、風呂場の換気扇を回せば、結露は大分抑えられるよ。」

と言ったのですが、寒くなって暖房の意味がないじゃん。とそっけない返事が。

友人も、一応建築関係の仕事をしているのですが、業界にさえこうした人は、まだまだ多いのです。

寒さや暖房費を気にして換気しない方を選択するのか、換気して、結露やカビもなく綺麗な空気の中で暮らすのかは、個人の選択ですか、換気しても寒さを感じない家にすれば、問題は解決するのではないでしょうか。

2018.02.20:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

冬のカビ対策

皆さんのお宅では、この時期、カビは生えていないでしょうか?

カビは、梅雨や夏と思われがちですが、冬も非常に繁殖しやすくなっています。

通常、空気が乾燥している時期は、カビは発生しにくいのですが、案外、湿度が高くなってお宅も多く、カビに悩まされている方は、結構いらっしゃいます。

カビの原因はいろいろですが、 

・「乾燥しているから」といって加湿器をつける

・「寒いから」といって窓や戸を閉め切る

・「暖まらない」といって換気扇を回さない

・「乾かない」といって、部屋干しする

・「天気が悪い」といって布団も干さない

・「電気代が高い」といって石油ファンヒーターを使う

・「忙しい」といって、部屋の掃除をしない

・「そうのち」といって、エアコンや換気・空気清浄機のフィルターを清掃しない

・「面倒くさい」といって、結露を放置する

どうでしょう?思い当たることありませんか?

カビは、酸素・水分・温度・栄養分の4つの要素が揃うとどこにでも繁殖します。

今の住宅は、昔と比べて気密性が高く、湿気がこもり、カビが繁殖してしまうのです。

また、私達の生活も便利さや快適さを求めて、部屋を暖めたり、乾燥を防いだり、部屋干ししたり生活様式も大分変りました。

冬は、外気温との温度差によって、窓ガラスばかりでなく、窓枠やゴムパッキン・押入れ内部にも結露が発生し、窓付近のフローリングやカーテン・タンスの陰や押入れ内部にもカビが生えますが、湿度が高くなればなるほど露点温度があがり、益々結露しやすくなります。

乾燥するからといって、あまり湿度を高くするのは避け、換気扇を回したり、時折窓を開けたりして、しっかり「換気」をして、家中の湿度を40%以上にならないようにすれば、結露は大分減少します。

結露を見つけたら、湿度が高いか、温度差があるかどちらかですが、すぐに拭きとることが大切で、そのままにしているとカーテンにも水分が付着し、室内のハウスダストを栄養源にして、カビが発生するのです。

先日も、加湿器が原因の死亡例がありましたが、加湿器を長時間使用しているとフィルターや部品などにカビが発生し、手入れをしないままその加湿器を使用し続けると肺炎などになることもあります。

加湿器を使う場合は、毎日、水を交換し、最低でも2.3日に1回はお手入れしましょう。

カビといえば浴室ですが、この時期は、寒くて換気をしない方も、結構多いのですが、出来ればちゃんと換気をして、入浴後の浴室内は、最後に入浴した人が、汚れを落とし、水気を切り、なるべく早く乾燥させるようにしましょう。

洗濯機の中も、カビが生えやすい場所です。お掃除はまめにして、洗濯前も洗濯後も溜め込まず、使わない時は扉をオープンにして、部屋干しする場合は、出来るだけ早く乾くように、除湿機や扇風機を上手に使いましょう。

部屋の空気が悪いと、カビの胞子や雑菌が洗濯物に付着してあのいやな臭いの原因にもなります。

臭いをとるために、柔軟剤や消臭剤に頼るのは、今度は、アレルギーや化学物質過敏症の原因にもなりますので、出来るだけ避けましょう。

カビが原因の病気は、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、肺炎、白癬、カンジダ感染症など、たくさんあります。

家の中のカビは、何種類もあります。目に見えにくい白っぽいカビもありますので。カビを見つけたら、掃除機やから吹きせずに、(カビの胞子をまき散らすため)アルコールを少し混ぜて拭き掃除し、頑固なカビは、しっかり換気をしながら、酸素系漂白剤にて除去してください。

カビは、栄養分がなければ繁殖しませんが、ホコリや皮脂・お菓子のカスなど、何でもエサにします。一番の予防は、何といっても「換気」と「掃除」となります。

カビを放置していると暖かくなってから、今度は、大変厄介なダニの増殖が一気に進みますので、くれぐれもご注意ください。

ちなみに、弊社の外断熱の家は、綺麗な空気と温度差のない暮らしを実現することで、結露を防ぎ、知らず知らずの内にたまるホコリも激減しますので、適度なお掃除をしていただければ、カビで悩まされることは、ほとんどありません。

2018.02.19:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

こたつで寝るのは危険です。

先日、ヤフーニュースでこたつで寝るのは危険という記事がアップされていました。

昔から、こたつで寝ると風邪をひくというのは、よく聞いていたと思いますが、心筋梗塞や脳梗塞の危険が高まり、死亡する方も少なくないようです。

原因は、脱水症状によって、血液もどろどろになり、血栓がつまりやすくなるからで、そもそも人は、就寝中にもコップ一杯ほどの汗をかきますが、こたつで寝ると、おのずと発汗量も多くなり、益々脱水症状になるそうです。

こたつ同様、電気毛布などにも注意が必要で、ご使用なされる場合は、就寝前に暖めたり、タイマーで短時間の利用にとどめていただければと思います。

突然死は、就寝中におきるのが一番大きいとされています。

寝室の室温を17℃~18℃にキープして、布団1枚と薄手のパジャマでお休みいただれば、快適な睡眠環境となります。

2018.02.18:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]