HOME > 記事一覧

「家族の健康を守る」書籍のプレゼント

  • 「家族の健康を守る」書籍のプレゼント
ご家族の幸せを実現するためには、住み心地のいい健康な住まいに暮らす事が何より大事な事だと思います。

HPの動画でも紹介させていただいている深谷先生は、年間200例以上の手術を執刀する脳神経外科のエキスパートで、自らも13年前にご自宅をソーラーサーキットで新築したSCの家のオーナーです。

その深谷先生が、医療と住まいをテーマに、現役の脳外科である深谷賢司先生が書き上げた「家族の健康を守る家」をご希望の方にプレゼントさせていただきます。

医師の立場からの提言が、ぎっしり詰まった素晴らしい書籍ですので、これから新築やリフォームを検討している方には、非常に参考になると思います。

ご希望の方は資料請求フォームから、深谷先生の本希望と記入してご応募下さい。
2019.03.23:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

トイレが近いのも体の冷えから

寒い季節は、汗もあまりかかない上に、水分の摂取も少なくなりがちですが、何故かトイレが近くなるものです。

原因は様々あるようですが、一番大きいのが寒さによる体の冷えが引き起こす生理現象とも言えるのではないでしょうか。

温度差の少ない暖かい家で暮らすことで、体の冷えも防ぎ、夜間のトイレに起きないようになったというお話をよくオーナー様からお聞きします。

いずれにしましても、トイレが近いのはあまり健康にも良くないことだと思いますので、ご注意ください。

寒くなるとトイレが近くなる?
2019.03.20:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

庭にドッグランスペース

  • 庭にドッグランスペース
市街地に建てた外断熱の家ですが、ワンちゃんのストレスがたまらないように、ドッグランスペースをつくりました。

ワンちゃんにも気に入ってもらえたようです。
2019.03.17:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

第11回 元気・健康フェア INとうほく

  • 第11回 元気・健康フェア INとうほく
2.7MB - PDF ダウンロード
4月6日・7日に、仙台国際センターで、東北大学・河北新報社・東北放送が主催する「第11回 元気・健康フェアINとうほく」が開催されます。

毎回、1万人ほどの来場者がある人気のイベントとなっており、期間中は、健康に関する23ほどのセミナーが開催されます。

認知症から骨粗鬆症・生活習慣病やガンなど、様々な病気についての予防や最新の治療法などについて、各分野のスペシャリストによるセミナーが開催されますので、大変参考になると思います。

※ セミナーの内容については添付のPDFをご覧ください。

そして、4月7日の14時20分からは、住まいと健康についてのセミナーも開催されます。

第一部 「暖かな木の住まいで健康に」  慶應義塾大学 伊香賀俊治教授
第二部 「人の健康は住まいから」    東北大学   吉野博名誉教授

お二人の先生には、弊社も日頃から大変お世話になっており、日本における住環境と健康に関する第一人者の先生ですので、きっとためになるお話が聞けると思いますので、是非ご参加いただきたいと思います。

開場には、健康関連企業や団体によるブースの出展もあり、弊社でも、「健康寿命を延ばす住まい」をテーマにしたブースを出展させていただきます。

健康寿命を延ばし、将来の介護を見据えた新商品「平家物語」の提案を通じて、シニア世代の方々が豊かなセカンドステージを送っていただきたいと考えておりますので、ご家族皆さんでご来場くださいますようご案内申し上げます。
2019.03.14:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]

窓は樹脂トリプルに

現在の新築住宅には、アルミサッシはほとんど使用されなくなり、アルミと樹脂の複合サッシが主流となっていますが、最近急速に樹脂サッシの普及率が高くなってきました。

ガラスも、まだまだペアガラスの比率が高いのですが、徐々にトリプルガラスの採用するメーカーも増えてきたのではないでしょうか。

そんな中、サッシメーカー大手のYKKAPさんも、いよいよ樹脂トリプルの増産が決定されたようです。

YKKAP 樹脂トリプル生産強化

建築コストを削減するために、窓面積が極端に少ない家も多くなってきましたが、それでも冬の熱損失や夏の熱侵入の比率が、一番大きいのは窓などの開口部です。

この1.2年で、樹脂トリプルは、あたり前の時代になるのは確実ですので、これから、家を建てる方はサッシについても、キチンとご確認いただき、多少高くなったにしても樹脂トリプルを選択した方が、賢明かと思いますのでよろしくお願いいたします。



日本の窓の断熱基準は、お隣の中国や韓国よりも低く、複合のペアガラスが最高等級になっていますので、家の断熱同様、最高等級の言葉を鵜呑みにしないようにご注意ください。
2019.03.14:daito-team:コメント(0):[コンテンツ]