日本にやって来たユダヤ人の古代史

 日本にやって来たユダヤ人の古代史(田中英道著)と言う本を読んだので読書抄録を紹介する。

 本当に日本にユダヤ人がやって来た。ディアスポラ(離散)になったユダヤ人は遊牧民族になり、太陽の昇る方向(東)に向かって、弥生時代(紀元前10世紀)から大和時代(6世紀)にかけて、5つの波でやって来た。

 聖書と日本神話には似た部分がある。聖徳太子は馬小屋で生まれ厩戸皇子(うまやどのおうじ)と呼ばれ、つばの広い帽子に長く伸びたあごひげ、高い鼻に髪を左右に分けて束ねた髪型、明らかにユダヤ人を思わせる埴輪が茨城や千葉など全国から出土している。日本語の3000語がヘブライ語から来ている。日ユ同祖論とは違い、日本の文化を受け入れ同化した同化ユダヤ人である。

 エジプトの奴隷となった同胞をモーゼが導いてカナンの丘にやって来た、紀元前10~11世紀が第1波である。スサノウと呼ばれ高天原の神として具現化。八岐大蛇とは大洪水のことで、草薙の剣は原日本人の剣であり治水を行った。

 紀元前722年、アッシリアに追われた10支族の流れである。ニギハヤヒの大和国家成立に貢献した。サルタヒコは天孫降臨、鹿島から鹿児島へのニニギノミコトの海の移動を先導した。紀元前660年頃である。

 紀元前3世紀、秦の始皇帝の命で徐福がやって来て、波状的に秦氏がやって来たのが第3波である。

 応神天皇の4世紀頃、中央アジアの弓月国からユダヤ人グループが渡来したのが第4波である。

 ユダヤ人渡来の第5波は、ネストリウス派がキリスト教の異端とされ排斥されたが、新羅に迫害を受けている所を天皇家に助けられ、やって来て蘇我氏となった。古墳や神社や猿楽を生んだ。

第1章 聖書で読み解く古代ユダヤと日本のつながり

 「申命記」にはユダヤ人の日本渡来を思わせる記述がある。ユダヤ人の来訪時期と日本建国の年号が一致した。紀元前660年。広隆寺に残るモーセの十戒の痕跡、十善戒があり、秦河勝が秦氏の氏寺として創建。秦氏はネストリウス派のキリスト教徒。唐では景教と呼ばれ大秦寺と言う教会が作られた。京都に太秦の地を与えられた。(21代・雄略天皇)第二の建国は崇神天皇の時代。蘇我氏や土師氏も渡来人で要職を与えられた。同化ユダヤ人は祭儀(お祭り)が好きで、お囃子や相撲に影響が見られる。

第2章 ユダヤの異形の神々は大陸を横断してやって来た

 高天原の正体は縄文時代に存在した日高見国だった。鹿島神宮や香取神宮の近くに高天原の地名がある。日高見国を統率したタカミムスビノカミの系譜は天皇家に繋がる。寒冷化を原因として東国から西国に人口が移動し、日本の中心も西に移動した。「新撰姓氏録」から多くの帰化人が東国に送られた。秦の始皇帝はユダヤ系だった。荘襄と趙姫の子であるが、丞相の呂不韋(ロフィ)の子と言われる。相撲の語源はシュモー「彼の名前」と言うヘブライ語。仁徳天皇陵はクフ王のピラミッドより大きくユダヤ人の土師氏が作った。アメノウズメの真衣は遊牧民族的だった。アマテラスを外に誘い出すため裸体で舞った。その末裔は稗田阿礼で秦氏だった。秦氏は平安京の遷都や造成に関わり、周辺の神社を創建した。西へ移動した日高見国の人々が前方後円墳を築いた。ユダヤ人の技術力と蓄財力が巨大古墳の造成に繋がった。フリーメーソンの知識と技術が使われた。稲作が朝鮮や中国から伝わったとするのは誤り。太安万侶の言語能力はユダヤ系の特徴。古事記を編纂。スサノウはユダヤ系だった。ヘブライ語でスサ・ノファ(安息地にたどり着いた武人)。ユダヤ人の日本渡来を証明する人物埴輪。帽子とミズラとあごひげ。サルタヒコ、ヤマトタケルも渡来人か?

第3章 日本語に残されたユダヤ人の痕跡

 ヘブライ語の「アタ」は「あなた」。「はっけよい、のこった」もヘブライ語。「ミカド」はヘブライ語で「偉大な人」。侍は「守る者」シャムライ。国歌「君が代」はヘブライ語として読める。

第4章 新しい埴輪学が明らかにする同化ユダヤ人の姿

 東国に武人埴輪が多く出土。美豆良(ペイオト)を付けた人々がシルクロードを移動してやって来た。同化ユダヤ人・秦氏は能を生み、灌漑技術をもたらした。松尾芭蕉はユダヤ人の感覚を受け継いでいた。埴輪から神社建築のルーツが分かる。

第5章 秦氏ユダヤ人は蘇我氏の事件を見て日本への同化を決めた。

 出雲の勢力は日高見国へ国を譲り諏訪へ進出した。スサノウの蓄財力はユダヤ的。同化ユダヤ人は神武天皇(=崇神天皇)の国作りを助けた。蘇我氏はネストリウス派のキリスト教徒だった。蘇我氏の滅亡を見た秦氏は一神教を捨てた。

2024.07.08:dai:コメント(0):[学習]

日米戦争「真珠湾と原爆」を望んだのは誰か ルーズベルトとスチムソン

 日米戦争「真珠湾と原爆」を望んだのは誰か、ルーズベルトとスチムソン(渡辺惣樹著)と言う本の抄録です。

 私たちは、GHQによる近現代史の歪んだ歴史解釈を見直すべきである。

 ルーズベルト大統領の本当の敵は誰だったのか?対独戦争参戦を望んでいたフランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領、参戦を肯んじなかった米国民の非干渉主義があった。

 真珠湾攻撃を恐れていたハワイ州民。震えながら真珠湾奇襲の一報を待っていたルーズベルト大統領。コーデル・ハル国務長官は暗号解読して、攻撃情報をハワイ地元紙に1週間前にリークしていたと言う。

 原爆を落とした男ヘンリー・スチムソン。彼は日本の満洲権益を認めず、リットン調査団も無理解で、悪の枢軸国と決めつけられ、日本への包囲網は、アメリカ・中国・ソビエトにより行われた。

 待ち焦がれた真珠湾攻撃。ルーズベルト大統領の狙い通り、悪の枢軸国を叩き潰すチャンスを得た。奇襲攻撃と思わせるよう、米国民には最後通牒ハルノートは隠蔽された。

 日米開戦直前、マンハッタン計画が動き出した。ドイツ降伏後のポツダム会談中に実験成功。チャーチル首相の一押しがあり、スチムソン陸軍長官は白人以外の黄色人種の国・日本への投下を決めた。敗北同然の最後の場面で、原爆を使用する必要は無かった。

2024.06.04:dai:コメント(0):[学習]

日中友好侵略史

 日中問題を語る上で必読書と言える「日中友好侵略史」(門田隆将著)を読んだので、読書抄録にまとめる。

 1949年、中国の対日工作を廖承志(りょうしょうし)が全面的に担当することになった。左翼以外の自民党のターゲットは松村謙三、趣味のランの花で工作を開始した。同時に、公明・創価学会へも工作、有吉佐和子が仲介し、池田大作が日中国交正常化を提言した。

 角福戦争の中で 、日中国交正常化がテーマになった。その頃、キッシンジャー大統領補佐官が極秘訪中して、ニクソンショックで世界の流れが変わった。国連への中国加盟と台湾追放がテーマになった。当時、中共はソ連と敵対して、西欧に友好国を求めていた。山形県選出の衆議院議員・木村武雄は、石原莞爾の「世界最終戦争論」から洞察して日中国交回復を実現するべく田中角栄の政権を目指した。大平もこの動きを察知していた。日中国交正常化を掲げ、総裁選で田中角栄が福田赳夫を破った。

 周恩来首相は、竹入公明党委員長との会談で戦時賠償問題を無くすことを示した。その後の膨大なODAによる中国援助があり、賠償より遥かに大きなものになった。椎名特使は台湾との交渉で日華断交とは言わず、今後も従来通りに継続すると述べた。

 1972年、田中訪中団は全ての情報を把握され、戦争中の表現に難癖をつけられ攻勢を強められてきた。日本は戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことの責任を痛感し深く反省する、と言う文言で共同声明が発表された。周恩来は田中角栄に「言必信、行必果」の言葉を手渡した。「言ったことは必ず行い、行うことは必ず果たす」の意味で、今の政治に関わるものは小器のもので論じるに足らないとの意味。そこに田中角栄の小物ぶりに深い皮肉と軽侮が表れている。

 鄧小平がやって来て日中友好絶対主義をもたらした。1989年、天安門事件が勃発し、人権弾圧が世界を驚愕させた。世界が中国への制裁を取ろうとした時に日本が反対し、天皇訪中で制裁を解いた。

 1998年、江沢民は日本軍国主義が侵略行為を行い中国人民に大きな災難をもたらしたと発言し、反日教育を始めた。中国の共産主義は既に破産しており、民族・愛国主義に変わっていた。橋本龍太郎総理は、中国女性工作員のハニートラップに掛かり、機密情報を漏洩した。その後も自衛官の情報漏洩などハニートラップは後を絶たない。百年国恥とは日本への恨みを指す。千人計画に日本人研究者が好待遇で呼び寄せられ、学術会議は喜んで中国に協力している。

 安倍晋三はトランプを抱き込み、アメリカはようやく中国の狙いに気付いた。対中非難決議さえ出来ない、二階俊博や自民党・公明党の親中・媚中の政治家たちが、日本の行く末を誤らせている。
2024.05.20:dai:コメント(0):[学習]

新戦争論

新戦争論(小林よしのり著)を読んだので、読後感と自分の価値観と共鳴した部分を紹介する。

 日本はアメリカと一体になって戦争する「普通の国」になるか?イラク戦争を検証すると自ら考えないといけない。「保守」なら主体を日本に置くべき。アメリカに感化される「保守」はあり得ない。国連人権委員会の不作為の罪。国連はアメリカを追求するべき。民主主義は万能ではない。大国の属国にならず、国家の存続と道義のためなら戦争も辞さない覚悟を持つことが「保守」である。まだまだ日本人は「閉ざされた言語空間」の囚人である。

 靖国神社を守るのではない。英霊が守りたかった日本を守るのだ。英霊となった少女たちの顕彰をさせず、犠牲者だ無駄死にだとしてきた戦後の平和主義は、死者を冒涜し遺族を踏みにじるものである。国民主権なら徴兵制である。リベラル(自由)派は、無制限の自由が人を孤独にし、人も社会も不自由にすると言うことに気付かねばならない。売春を罪悪として差別する感覚が日本人にはない。グローバリズムを受容する者たちが、慰安婦「性奴隷」の価値観に抗うことはおかしい。日韓基本条約に立ち返れ。
2024.05.06:dai:コメント(0):[学習]

閉ざされた言語空間 ~占領軍の検閲と戦国日本~

 閉ざされた言語空間 ~占領軍の検閲と戦国日本~(江藤淳 著)を読んだので読後感想を述べます。
 この本は、現在のマスコミの自主規制コードを理解するのに役立つ。合衆国国立公文書館の1次資料を基に執筆された。

(第1部) アメリカは日本での検閲をいかに準備していたか。
 検閲局長官プライスは、日本の降伏後を見越して、陸軍長官スティムソンに提案していた。(1943年)
 検閲規則  軍隊の移動 連合国の批判 暗号通信 政治への言及 風聞 公共の安寧を妨げる一切の主題  違反者は軍事法廷で処罰される。
 以上、戦争中に事前に準備されていた。

(第2部) アメリカは日本での検閲をいかに実行したか。
 GHQのスタンスは、最高司令官マッカーサーが、日本政府に命令し、交渉するのではない。
 日本出版法は、禁止したいどんな記事にも注文をつけることができる。日本人に関する限り報道の自由などというものは存在しない。戦争についての罪悪感を日本人の心に植え付けるための宣伝計画war gilt information programは、占領期に所期の目的を達成した。
 極東国際軍事裁判において、日本は自衛のための戦争をしたと東条英機は語ったが、天皇の指示があったことは占領軍に隠蔽された。
 CCD(占領軍民間検閲支隊)のGHQに雇用された日本人による言論検閲が、戦後日本の言語空間を拘束してきた。
 さらに、マスコミは、独立後も法的な根拠なく自主規制を続けてきた。
 皇室関係の用語はおかしな言葉遣いになっている。例えば、崩御‥お亡くなりになる、践祚‥即位、勅使‥天皇のお使い、行幸‥ご旅行、玉座‥お席、臣籍降下‥皇族の身分を離れる、かえって分かりにくくしている。
2024.04.08:dai:コメント(0):[学習]