HOME > 記事一覧

リーダー2

  • リーダー2

【先週の続き】(ヒート移籍3年目)

レブロンは、チームメイトの不調や怪我を圧倒的なパフォーマンスでカバーし、

何度もその手でチームを窮地から救ってきました。そして、マイアミ・ヒートの

絶対的エースであるウェイドからリーダーの座を継承し連覇を成し遂げました。

 

レブロンはこの頃からマイアミ・ヒートの、そして “NBA” の “リーダーシップ” を

取りはじめたと思います。

 

ヒート移籍4年目、スリーピート(3連覇)がかかったNBAファイナルではチーム

メイトの健康状態が悪く、それまで噛み合っていたオフェンスが相手の堅い守備に

よって封じ込まれ、レブロンが1人で奮闘する場面が目立ち、結局敗退してしまう。

 

シーズン終了後、FAになっていたレブロンは2014年7月に地元のクリーブランド・

キャバリアーズ(以下キャブス)への復帰を決める。実は、ヒートで優勝した時もずっと

クリーブランドで優勝したいという想いが強く残っていた。また、ヒートはウェイドの

チームであると語りチームを去る。

(レブロンはヒート在籍時、4年間すべてファイナルに進出し2度優勝した)

 

キャブスは、 “若きエース” カイリー・アービングが大活躍していたがチームは下位に低迷

していた。だが、“NBA” の “リーダー” レブロンが復帰すると、オールスター選手の

ケビン・ラブをトレードで獲得し『新生ビッグ3』を結成し一躍優勝候補となった。

 

キャブス復帰1年目、序盤は勝率5割程度であったが後半は34勝9敗とし第2シードで

プレーオフ出場を決めたが、ラブが肩の怪我で離脱。何とかファイナルまで勝ち進むも、

今度は対ウォーリアーズ初戦でカイリーが膝蓋骨骨折の重傷を負い戦線離脱してしまう。

選手層の薄さが露呈したキャブスは、レブロンの孤軍奮闘が目立つ展開となり敗れてしまう。

 

キャブス復帰2年目、このシーズンもファイナル進出を果たし相手はまたもウォーリアーズ。

誰もがレギュラーシーズンで史上最高の73勝を挙げた相手を優勝予想としていたが、最終第7戦

まで持込み、この試合ではカイリーのクラッチ3ポイント、※レブロンのチェイスダウンブロック

などのスーパープレイもあり勝利。史上初の1勝3敗からの逆転優勝を果たし、自身も得点、

リバウンド、アシスト、スチール、ブロックで両チームトップの数字を記録(ファイナル史上初)

通算3度目のファイナルMVPを獲得しました。

試合終了後「クリーブランド、この優勝をお前に捧げる」と叫び、

泣き崩れた姿は今でも私の脳裏に焼き付いています。

 

   カイリーとレブロン

※レブロン・チェイスダウンブロック https://youtu.be/-zd62MxKXp8 

 

レブロンは “リーダーシップ” を存分に発揮し、念願であった地元チームを優勝に導きました。

 

だが、キャブスは初制覇後の翌年、ファイナル進出するも “スーパースター” ケビン・デュラントを

獲得しオールスターカルテットを形成したウォーリアーズに敗れてしまう。そしてそのシーズン終了後

には、チームメイトのカイリー・アービングがレブロンの2番手ではなく、自分が “リーダー” として

優勝を目指したいとチームにトレードを要求しキャブスを去ってしまい、戦力ダウンしたキャブスは次の年も

ファイナル進出するも、またもやウォーリアーズに敗れてしまった。

 

対ウォーリアーズ戦ファイナル4年間でキャブスは1度しか勝てなかったことで、レブロンを批判する

評論家やアンチレブロンがいたが、私はチーム状態がけして良くない中で ”リーダー” として

イーストで4度優勝し(ヒート時代を含めると8年連続)でファイナル進出を果たしたこと、

キャブスをNBA初優勝に導いたレブロンを ”リーダー” として尊敬します。

 

レブロンは2018年6月FAになり、翌7月に5年連続でプレーオフを逃しているロサンゼルス・

レイカーズに移籍を発表した時は驚きました。本人の理由は「挑戦したかった」からでした。

 

【次回へ続く】 ※この続きは11月11日(水)です

 

2020.10.28:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

リーダー

  • リーダー

長い長いNBA2019-20シーズンは、ロサンゼルス・レイカーズの優勝で幕を閉じました。

 

 

コロナ禍で約4ケ月半の中断、警察官による黒人殺害に対して抗議のボイコット、隔離施設での

プレーオフ~ファイナルと今までにない長くて過酷なシーズンでした。

 

今回は、長年低迷していた “名門“ レイカーズを優勝に導いた ”リーダー“

レブロン・ジェームズについて書かせていただきます。

 

オハイオ州アクロン生まれのレブロンは高校時代からバスケットボールのスター選手でした。

高卒でNBA入りした選手は(現在、高卒1年目はドラフトされない)厳しいNBAで成功

することは少なかったが、超豊作といわれた2003年のドラフトで大学のスター選手を差し

おいて全体1位指名を受けて、地元のクリーブランド・キャバリアーズに入団しました。

 

レブロンは、初年度から新人王を獲得し、3年目以降はチームの絶対的スターとして結果を

求められる立場となりました。6年目と7年目にはシーズンMVPの活躍をしたが、NBA

は厳しい世界で、なかなか優勝が出来なかった。

 

7年目のシーズン終了後、FAになったレブロンはマイアミ・ヒートと契約。ドラフト同期の

“スター選手” ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュと『ビッグ3』を結成し、大きな

注目を集める。移籍1年目、自身4年ぶりにファイナル進出したがまたしても敗れ優勝には

届かなかった。オフシーズン、ヒートに移籍した経緯やファイナルで期待された活躍が出来な

かったことから、NBAファンや関係者、メディアから激しいバッシングが巻き起こった。

 

もう優勝するしかない移籍2年目、自身通算3回目のレギュラーシーズンMVPを獲得したが

プレーオフでボッシュが怪我で離脱し、ウェイドがヘッドコーチと衝突しチームは危機的状況に。

そこからレブロンが超人的な活躍を見せ、チームに流れていた暗雲をふり払い危機を救う。

ボッシュが復帰し、2年連続ファイナル出場を決めた時ウェイドは初めて「レブロンについて行く」

と発言し、レブロンが “リーダー” となった。ファイナルに挑んだヒートは『ビッグ3』が噛み合い、

キャリア初優勝を成し遂げたレブロンが満場一致でファイナルMVPを獲得しました。

 

ヒートの絶対的エースだったウェイドから ”リーダー” の座を継承したレブロンは、悲願の

初優勝を果たし名実ともに「キング」と言われ、翌年もリーダーシップを発揮し、

2年連続でシーズンMVPとファイナルMVPを獲得しました。

ヒートはチーム史上初の連覇となり、スリーピート(3連覇)を目指すことになりました。

【次回につづく】

2020.10.21:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】レイカーズ優勝!レブロン4度目のファイナルMVP!!

  • 【NBA】レイカーズ優勝!レブロン4度目のファイナルMVP!!

12日(現地11日)、フロリダ州オーランドのディズニーワールド内にある隔離施設

アドベントヘルス・アリーナ(通称 “バブル” )にて、NBAファイナル「ロスアンゼルス・

レイカーズ対マイアミ・ヒート第6戦が行われ、レイカーズが106-93で勝利し、レイ

カーズは通算17度目、レブロン・ジェームズは4度目のチャンピオンとなりました。

ファイナルMVPは、チームリーダーとして優勝に導いたレブロンが選ばれた。(4度目)

【ファイナル平均:29.8得点、11.8リバウンド、8.5アシスト、1.2スチール】

 

 

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは、ファイナルMVPに与えられる『ビル・

ラッセルトロフィー』を手渡すにあたり、「彼の名前もいずれ何らかのトロフィーに

冠されることになるでしょう」と最大限のリスペクトを込めた言葉を贈りました。

 

そのリスペクトこそ、レブロンが求めていたもの。ファイナルMVPのトロフィーを

受け取ったレブロンは一番に、「このフランチャイズを元にいた位置に戻すという約束を

実現できてうれしいし、レイカーズも僕自身もリスペクトを勝ち取りたかった」と語った。

 

レブロンは偉大なキャリアを持つ一方で、「イースタンカンファレンスで勝ててもウェスタン

カンファレンスでは勝てない」と言われていた。しかりレイカーズは、強豪ひしめくウェスタ

ンでレギュラーシーズン1位となり、プレーオフではブレイザーズ、ロケッツ、ナゲッツと

難敵ばかりとの対戦ながら、ねじ伏せてきた。ファイナルの相手は自身の古巣であり、初優勝

したチームでもあるヒート。ヒートは、ジミー・バトラーを中心にまとまり若手が急成長して

ウェスタンのライバル以上に厄介な相手だった。それでもレブロンはチームメートを信頼し、

そして自分が引っ張るんだという強い気持ちでチームを勝利へと導いた。

 

GOAT(歴代最高の選手)かどうかの議論にレブロンは、「それは皆さんに判断してもらいたい」

と立ち入ろうとはしない。彼が語るのは自分のチームと仲間のこと。「僕はすべてをチームメートに

捧げてきた。身体も心もすべてを捧げてきたんだ。最高のチームメートになるというのは、必要な時

にそこに立つことだ」と、チームを引っ張る気概を語った。

 

レイカーズのフランク・ボーゲルヘッドコーチは、「レブロンはバスケ史上最高の選手だ。そんなこと

は分かっているよ、とみんな思うだろうけど、違うんだ。彼と毎日会って、指示を出し、彼がどう考えて

どう修正して、チームを引っ張ってきたかを見ないと分からない。彼のコーチを務めることができたのは

素晴らしい経験だ。シーズンを通じてリーダーシップを発揮し、約束の地へとチームを導いてくれた」

 

オバマ前大統領は、「友人であるキング・ジェームズの4回目のファイナル優勝と4回目のファイナル

MVPを誇りに思う」とツイート。さらに、17シーズンにわたり結果を出し続けてきただけでなく、

コート内外で見事なリーダーシップを発揮して期待を上回ってきたとし、「教育、社会正義と民主主義

のために戦い続けてくれている」とレブロンを称賛した。

 

コロナ禍でシーズンは3月に中断。今シーズンは終了し、もうNBAが観られないのでは?とも思いました。

7月末からディズニー・ワールド・リゾート内の施設を貸し切って再開、シーディングゲーム(順位決定戦)から

、プレーオフ、ファイナルと約3か月間同じ場所での生活を強いられた選手は大変だったと思います。

同時に、施設内約6500人のスタッフも大変だったと思います。期間中、選手に一人も感染者が出なかった

ことが素晴らしいことで、NBAが150億円以上かけて開催したことは大成功と言えます。

今シーズンは、忘れられない特別なシーズンになりました。

 

レブロン・ジェームズベストプレー2020ファイナル

https://youtu.be/eK2kTEmaxHI?list=TLPQMTQxMDIwMjB3TkfB8IXZBQ

2020ファイナルミニムービー

 https://youtu.be/oj7FAnJuQSI?list=TLPQMTQxMDIwMjB3TkfB8IXZBQ

 

 

 

2020.10.14:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【非接触】温度測定・消毒機「ピッとシュ!」

  • 【非接触】温度測定・消毒機「ピッとシュ!」

 

 

 

 

これ1台で、温度測定と手指消毒が出来る。しかも、非接触

 

紹介動画 https://youtu.be/CS0rkLKOKQY

 

オフィス、学校、病院、飲食店、小売店・・・

 

様々な利用シーンで活躍します。(メーカー一押し)

 

簡単設置、工事不要、操作も簡単!

 

・温度測定結果を液晶画面と音声で通知します

・平熱・微熱・高熱を色で分かりやすく表示します

・タッチパネルで噴射液量を調節(4段階)

・液晶画面と音声で操作方法をガイダンス

・音声は日本語・英語・中国語に対応

 

機能紹介動画 https://www.swiftechie.com/img/product.mp4

 

職場の新しい生活様式には、「ピッとシュ!」をおすすめします

 

詳しくは壱岐産業へ

 

 

2020.10.07:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】レイカーズ・ウェスタンカンファレンス優勝!

  • 【NBA】レイカーズ・ウェスタンカンファレンス優勝!

27日(現地26日)、フロリダ州オーランドのディズニーワールド内にある隔離施設

アドベントヘルス・アリーナ(通称 “バブル” )にて、NBAプレーオフ ウェスタン・

カンファレンスファイナルのロスアンゼルス・レイカーズ対デンバー・ナゲッツ第5戦が

行われ、レイカーズが117-107で勝利し、ウェスタン・カンファレンスで優勝しました。

 

 

シリーズを4勝1敗としたレイカーズは、2009-10シーズン以来のNBAファイナル進出を

決定、10月1日(現地9月30日)に、イースタン・カンファレンス優勝のマイアミ・

ヒートと対戦することになりました。

 

 

この日、レイカーズはエースのレブロン・ジェームズが38得点、16リバウンド、10アシストの

トリプルダブル(プレーオフ通算27回目/史上2位)の活躍で勝利に貢献した。試合後の

カンファレンス優勝トロフィー授与式で、レブロンは「チームの勝利のために正しいプレイを

する責任が自分にあった」と述べていた。

 

レブロンは、過去10シーズンのうち9回目のNBAファイナル進出となりました。

ここ数年低迷していた名門チームのレイカーズを、移籍2年目で競合ひしめくウェスタンで

優勝に導いたのは見事で、まさに “キング” そして ”選ばれし者” だ。

 

コロナ後に “バブル” 行われていた “シーディングゲーム” で調子が良かった他チームに対し、

レイカーズは調子が落ち気味で、レギュラーシーズンではウェスタン勝率1位だったが、

優勝候補はウェスタン2位のロスアンゼルス・クリッパーズではないかと予想されていた。

しかも、プレーオフを開催する場所は “バブル“ での無観客(観客席はマイクロソフトの

「Teams」によるバーチャル観客)で、ホーム扱い側の観客が映し出され雰囲気は出るが、

これまで上位チームが有利なホームコートアドバンテージはない状況で “バブル”で好調な

チームが有利ではないかと言われていた。

 

プレーオフ1回戦の初戦では、ブレイザーズに圧倒されこのまま敗れ去るのではと思われたが

2戦目からディフェンスを修正し、その後4連勝で立て直して勝ち上がったのは見事だった。

 

カンファレンス準決勝は、スモールラインナップでスピードのある攻撃的なヒューストン・

ロケッツと対戦。このシリーズも初戦を落として不安なスタートだったが、2戦目からは

レイカーズもスモールラインナップを採用しこれが大当たり。その後4連勝した。

 

カンファレンス決勝は、2連勝でスタートしたが3戦目を落とした。敗因は明らかで、

リバウンドの差であった。4戦目には、リバウンドが強い控えのドワイト・ハワードを先発に

起用しこれも大当たりとなった。序盤はハワードのオフェンスリバウンドからの得点が目立ち、

終始レイカーズが優位に試合を進め勝利に結びついた。

 

そして第5戦、得点源のアンソニー・デイビスが序盤にファウルトラブルでベンチに下がった。

ここでレイカーズは、控えポイントガードのラジョン・ロンドとアレックス・カルーソを

コートに出し、レブロンがファーストオプションとなり、得点を量産してリードを広げて勝利。

レイカーズ加入後は、主にポイントガード(レブロンの場合はポイントフォア―ド)として

デイビスにアシストパスを出していたが、この日は面白いようにシュートを入れていた。

しかも、リバウンドも取り、相手のエースジャマール・マレーを20得点に抑えディフェンス

でもチームに貢献し、試合を支配した。

 

第5戦のレブロン https://youtu.be/IZ13yupFgqM

 

レイカーズは、フランク・ボーゲルヘッドコーチの采配とレブロンの支配力、そして

チームワークが噛み合って見事ウェスタンの頂点に立った。

コーチと選手の信頼関係も良好で、NBA制覇も視野に入った。

 

レブロン「ボーゲルHCは、1年を通して責任感を持ってやっている」と話す。

ボーゲル「誰だって実力を疑われる。彼はイースタン・カンファレンスであれだけの

成果をあげてウェスタン・カンファレンスにやって来た。3チーム目で

これだけのことがやれるのはとんでもないことだと思う」。

「彼を心から尊敬している。我々のプランを受け入れ、彼がチームに力を

与えてくれている。ここまでの成功は、彼がいたからこそ。もちろん、

成すべきことはまだ残っているがね」。

 

 

あと4勝でNBAチャンピオン

頑張れ、レイカーズ

 

2020.09.30:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]