HOME > 記事一覧

先手は勝つ手、5分前、心を整え完全燃焼

  • 先手は勝つ手、5分前、心を整え完全燃焼

「先手は勝つ手、5分前、心を整え完全燃焼」

この言葉も毎日、朝礼で唱和している言葉です。



5分前の行動を意識して、心にゆとりを持つと

良い結果が得られるという意味があります。



私は、約束の時間の5分前には決められた所に着くように                                                      心がけているつもりでしたが、改めて思い返してみると、

ギリギリで到着したり、遅れてしまって人を待たせてしまった

ことがありました。

 


これからは、早め早めの行動で、到着前に何かあっても、

自分が遅れることで人に迷惑をかけないよう、最低でも

5分前に着くように心がけていきたいです。

 

早く行動をすると心にも余裕が出来て、何をするにしても

良い方向に進んでいくと、改めて感じました。


 

2016.05.18:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】キャブスプレーオフ8連勝、ウォーリアーズは?

キャブズがホークスをスイープし、カンファレンス決勝に進出

 

5月8日(日本時間9日)にアトランタで行なわれたイースタン・カンファレンス・セミ

ファイナル、クリーブランド・キャバリアーズ(キャブス)対アトランタ・ホークス第

4戦は、キャブズが100-99と1点の攻防を制して勝利を収めた。キャブスは4連勝でホー

クスを下し、2年連続となるイースタン・カンファレンス・ファイナル進出を決めた。

キャブスは”ビッグ3”が好調をキープし、この試合では、ケビン・ラブが3ポイント

シュートを8本成功(15本試投)させて27得点、13リバウンドとチームを牽引した。

レブロン・ジェームズが21得点、10リバウンド、9アシストとトリプルダブル級の活躍

を見せ、カイリー・アービングも21得点、8アシストと勝利に貢献した。

この試合の勝負どころで光ったのは、やはりレブロンだった。第4Q残り1分半の時点で

97-96と1点リードを奪れた場面。レブロンはレイアップシュートを成功させ、残り39.2

秒にフェイダウェイジャンパーを沈めてリードを奪取。これが決勝点となり、最後には

相手のシュートをブロックし、接戦をものにした。

 

MVPのステフィン・カリーが復帰戦で40得点の大暴れ

右ひざ捻挫のため4試合を欠場していたステフィン・カリーがついに復帰した。試合

開始から約7分間で5-21と16点のリードを奪われたウォリアーズは、第1クォーター

中盤にベンチからカリーが出場し、オーバータイム(延長)を含めて37分プレイし、

フィールドゴール32本中16本、3ポイントシュートは16本中5本を沈め、ゲームハイ

の40得点をマークした。オーバータイムの5分間だけで17得点!!を叩き出す圧巻の

プレイでチームを勝利に導いた。このシリーズを3勝1敗としたウォリアーズは、ウェス

タンカンファレンス・ファイナル進出まであと1勝に迫っている。

試合後、カリーはNBAレギュラーシーズンのMVPを2年連続で受賞した。(通算2回目)

シーズンのチーム最多勝記録(73勝)、自身初の得点王(平均30.1得点)、自身の

持つ3ポイント成功数(402本)など数々の新記録を樹立し、チームを引っ張ったこ

とで文句なしの受賞となった。

 

ファイナルに向けて両チームとも順調に勝利し、私の願い通りに進んでいる。

私は、ファイナルのMVPはレブロンに取ってもらいたいと願っています。

2016.05.11:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】キャブス4連勝でファーストラウンド突破

  • 【NBA】キャブス4連勝でファーストラウンド突破

 

4月24日(日本時間25日)、デトロイトで行なわれた2016 プレイオフ・ファースト

ラウンド、クリーブランド・キャバリアーズ(キャブス)対デトロイト・ピストンズ

第4戦は、キャブズが100-98で勝利し、シリーズスウィープ(4勝0敗)でイースタン・

カンファレンス・セミファイナル進出を決めた。

↑   試合を決めるシュートを入れた     ↑   速攻からのスラムダンク   

      アービング(右)と喜ぶレブロン       (レブロン)

 

キャブスはスイープという最高の形でファーストラウンドを突破したが、4戦とも

楽勝とはいえずプレーオフらしく、厳しく激しいギリギリの戦いだったと思います。

相手は第8シードとはいえ、若手中心の勢いのあるチームで強かったと思います。

力の差はほとんどなかったが、”経験の差” が勝敗を分けたと思います。

キャブスは、毎試合接戦をものに出来たことと、”ビッグ3”のレブロン・ジェームズ、

カイリー・アービング、ケビン・ラブが好調を維持していること、出場時間が多かった

エースのレブロンが次のラウンドまで休養十分でいられる事が大きいと思いました。

 

一方、ウェスタン・カンファレンスの第1シードで連覇を目指す、ゴールデンステート・

ウォーリアーズは、エースのステフィン・カリーが第1戦で足首を負傷し、第4戦では

膝を負傷し、2週間ほど欠場の見込み。

ファイナルには間に合うと思うが、カンファレンス決勝では、”第3シード”オクラホマ

シティ・サンダーか、”第2シード”サンアントニオ・スパーズが勝ち上がると思われ、

この強豪チームとの戦いに影響が出そうで、かなり厳しい戦いになりそうです。

 

私は、今シーズンのファイナルは(昨年からずっと思っていましたが)、キャブス対

ウォーリアーズを見たい。どちらにもけが人がいない ”ベストメンバー” で、ガチンコ

の勝負で、キャブスの初優勝を・・・

↑  昨年のファイナル(レブロンVSカリー)

 

NBAに興味がない方(興味がある人が少ないのでほとんどの方)へ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

レブロンを誰かに例える?と・・・ちょっと難しいのでまずは、試合を見てください。

現在プレーオフ中で、どの試合も熱く、そして激しい、今が一番面白い時期です。

WOWOWご加入の方・・・毎週5試合生放送(試合は選べませんがGW中にどうぞ)

NHKBS1視聴可能な方・・・週に2~3試合録画放送ですが(深夜1時~)

ユーチューブでも、過去のプレー集、試合もご覧いただけますのでぜひどうぞ。

 

 

2016.04.27:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】プレーオフ開幕

  • 【NBA】プレーオフ開幕

“ビッグスリー”が躍動 キャブス、PO1回戦初戦に先勝

イースタンカンファレンス第1シードのクリーブランド・キャバリアーズは現地17日、

第8シードのデトロイト・ピストンズとプレーオフ1回戦初戦を行い、106対101で競り

勝った。昨シーズンのプレーオフに故障離脱していたカイリー・アービング、ケビン・

ラブがプレーオフの舞台に復帰し、エースのレブロン・ジェームズを支えた。

アービングは31得点、ラブは28得点、13リバウンドをマークし、昨季キャブスをNBA

ファイナルまで引っ張ったレブロンが22得点、11アシストを記録。“ビッグスリー”だけ

で81得点、24リバウンド、18アシストを挙げており、レブロンは「2人ともこの瞬間を

迎えられて、とにかく喜んでいた。カイリーはひざ、ケビンは肩と、ケガから戻るため

に相当努力していたからね」と復帰を歓迎した。

 

だが、私には少し心配な点あります。キャブスは第8シードのチーム相手に強さを見せつ

け圧勝すると見ていたホームでの初戦が苦しい試合でした。ベンチメンバーの得点が少な

く、レブロンらが(“ビッグスリー”が)ベンチに下がる時間帯(第1Q後半~第2Q前半

と、第3Q後半~第4Q前半)にリードを許してしまうところが気になりました。

相手のベンチメンバーの調子にもよりますが、シーズン中も、この悪い流れから負ける

試合がありました。ウェスタンカンファレンス1位で、昨シーズン覇者のゴールデンス

テートウォーリアーズや、ウェスタン2位のサンアントニオ・スパーズと比較して弱い

ところが見えました。まだプレーオフ1試合ですが、ファイナルに向けて怪我なく調子

を上げていってフルメンバーで、優勝して欲しいと願っています

 

ここで、2015-16レギュラーシーズンの主な記録をご紹介します。

(ステフィン・カリー/ ゴールデンステートウォーリアーズが達成した新記録)

カリーが得点王と3ポイント成功数1位(402本!!)

最多スティール、フリースロー成功率でも1位を記録

1試合平均30.1得点を記録したゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カ

リーが、キャリア初の得点王に輝いた。カリーは平均スティールでもリーグトップの

2.1、フリースロー成功率でも昨季に続いてリーグトップの90.8%をマーク。今季の

ウォリアーズは前人未到の年間73勝9敗という年間最多勝利記録を達成し、カリー

自身も史上初の年間3ポイントシュート成功数400本超え(トータル402本)を達成し

ている。カリーの凄さは、成功率40%以上で優秀な3ポイントシューターと言われる

中で、45%以上の成功率を記録しているところです。

※これまでの歴代3ポイント成功数  1シーズン(82試合)記録

(3位)05-06シーズン(レイ・アレン269本)、(2位)13-14シーズン(ステフィ

 ン・カリー272本)、(1位)14-15シーズン(ステフィン・カリー286本)

(今シーズン同じチームのクレイ・トンプソンが歴代3位の276本を記録したのも驚き)

※カリーは今シーズン中、3ポイント通算1,000本を歴代最小の369試合で達成した。

(歴代の記録は、457試合だった)しかも、歴代最年少記録だった。

4月13日(日本時間14日)にオラクル・アリーナで行なわれたメンフィス・グリズリー

ズとの今季レギュラーシーズン最終戦で、ウォリアーズは125-104と快勝。今季82試合

目で73勝目(9敗/勝率89.0%)をマークしたウォリアーズは、1995-96シーズンにシ

カゴ・ブルズがマークした歴代最高勝率(72勝10敗/勝率87.8%)を上回る新記録を樹

立し、レギュラーシーズンを終えた。

20年前にはブルズの一員として記録達成の瞬間を経験したウォリアーズのスティーブ・

カー・ヘッドコーチは、試合後、「この素晴らしいレギュラーシーズンを終えるには最

高の形だ」と、語った。

「選手たちには、『(ブルズの)記録が更新されるなんて絶対にあり得ないと考えてい

た』と伝えた。これまでの記録は、(ジョー)ディマジオの連続安打記録と同じような

ものと考えていた。私が間違っていたようだ。20年前と同じことを言うが、この記録は

破られることはない。年間74勝8敗を達成できるチームなんていない。我々のファンに

も、来季の(記録更新)達成を期待しないでもらいたいね」。

 

2016.04.20:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

有澤の思う「気づいたことは即行即止、間髪入れずに実行を」とは

  • 有澤の思う「気づいたことは即行即止、間髪入れずに実行を」とは

自分でも最近だんだんと年を感じることが多くなってきました。

ときどき、もの忘れをして失敗したということもあります。

失敗を経験し、毎朝、会社で唱和していくなかでちょっとしたことでも

気づいたらすぐやるように(またはやめる)と心がけています。

すぐやらないと意味がない(効果がない)こともあります。

誰かがやるだろうと思わずに、自分が出来ることをすぐに行動で

表していきたいと思います。

 

気づいたことはすぐやらないと忘れてしまいがちです。

 

もしすぐ出来ないときは、メモを取るように心がけています。

また、メモをするときは、いつやるかを明確にして忘れないようにしたいと

改めて思いました。

 

 

2016.04.13:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]