HOME > お知らせ

第6回「愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」受賞者決定!!

  • 第6回「愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」受賞者決定!!

第6回「愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」の入賞作品が決定いたしました。
今回の応募数はなんと531通!!厳選な審査の結果、受賞者10名が決定いたしました。
皆様からの心温まる作品・心にしみる作品!たくさんのご応募ありがとうございました。
来年もエッセイコンテスト開催予定ですので、皆様からの素敵な作品をお待ちしております。

           ♪受賞作品のご紹介♪

★金 賞   「受験の思い出」  群馬県  秋山瑞希さん
 受験当日、自転車で高校に向かっていると急にペダルが重くなった。確認すると針でも踏んだのか前輪がぺちゃんこに潰れている。よりによって、こんな日にパンクするなんて。学校までは、あと1キロ位だし、早めに家を出たので自転車を押して行くことにした。他の受験生に次々に抜かれて不安になってくる。交差点を渡ろうとした時、児童の安全を見守る交通指導員のおじいさんに声をかけられた。故障した自転車を引きずる私は注意を受けると思い身を硬くしたが、
「どうしたん。パンクしたんけぇ」
と、おじいさんが心配そうに声をかけてくれたので、受験に来たことを話すと
「学校までもう少しだから自転車置いて走っていきな」
と言われた。自転車が心配だったが、おじいさんに言われたとおり道端に止めて、学校まで急ぎ足で向かうことにした。受験の最中は自転車のことなど忘れていたが、校門を出ると、自転車を押して帰るのにどれだけ時間がかかるか、誰かに盗まれていないかと心配になり、急いで交差点に向かうのだが、そこにあるはずの自転車がない。
私はおじいさんの言うことを聞いて道端に置いていったことを後悔し泣きたくなった。
近くを探そうかと考えているその時、朝のおじいさんが軽トラでやってきた。トラックの荷台の上には私の自転車がある。鍵がかかっていた私の自転車をわざわざ自宅まで持ち帰り、パンクの修理をしてくれた上に、下校時刻を見計らって、近くの駐車場で私の帰りをずっと待っていてくれたのだった。私は何度もお礼を言ったがおじいさんは
「暗くなるから、気をつけてけぇれよ」
と言うだけだった。連絡先も聞かなかった私は、後日、母親と一緒におじいさんが立っている交差点にお礼にいった。高校に合格したことを告げるとおじいさんは褒めてくれた。私は今、毎朝、あの日の交差点を渡って学校に通っている。おじいさんは児童の安全を見守り、私はおじいさんの元気な姿を確認する毎日だ。

 

銀賞・銅賞受賞作品は下記の9作品です。

★銀賞
「小さな肩にふたつのランドセル」   東京都 江角岳志さん

「姉の介護ロード」                        福岡県 多賀多津子さん

「ツルツル路面」                           北海道 鎌田誠さん

★銅賞
「次はあなたの番」                        宮崎県 星野有加里さん

「見守り隊の木村さん」                  静岡県 伊東邦雄さん

「父の故郷」                                 神奈川県 一箭海里さん

「お互い様」                                 東京都 大澤杏奈さん

「忘れられない約束」                    福岡県 畠山みゆきさん

「父が出会わせてくれた人」           福井県 山下さやかさん

 

過去の入賞作品はこちらから

2017.04.12:米沢市観光課:[お知らせ]

上杉雪灯篭まつりハッシュタグキャンペーン

  • 上杉雪灯篭まつりハッシュタグキャンペーン

【内容】

「上杉雪灯篭まつり」ハッシュタグキャンペーンを開催します!優秀な作品を投稿された方には、
「米沢牛ギフト券」を贈呈します。皆さまの沢山の投稿をお待ちしています!

【応募方法】 

・ 米沢観光ナビ公式アカウント(TwitterまたはInstagram)をフォローします。
・ 『上杉雪灯篭まつり』に関連する写真(雪とろうそくのある風景やまつり会場内の風景)を投稿する。
・ お持ちのアカウントであれば、何点でも応募可能とします。
・ 応募写真を投稿する際に必ずハッシュタグ「#雪まつり米沢の灯り」をつけて投稿してください。

 

【主催】 米沢市観光キャンペーン推進協議会 

 

【共催】 米沢四季のまつり委員会、雪灯篭まつり実行委員会

 

【募集期間】 平成29年2月1日(水)~2月28日(火)

 

【各賞】

▼最優秀賞 

1作品:米沢牛1万円相当

▼優秀賞 

2作品:米沢牛5千円相当

▼特別賞 

10作品:『上杉雪灯篭まつり』オフィシャルポスターとオリジナル金属製ブックマーカー(非売品)

 

【応募上の注意】

・ 応募用のハッシュタグの無い場合または非公開設定をしている場合は、無効とします。

・ フォローを外してしまうと、当選の連絡が出来なくなるため、フォローを外さないようにしてください。

・ 投稿作品で第三者の肖像等を使用する際は、予めホームページ上で公開されることについて本人から了承を得た上で投稿してください。

・ 投稿者以外で権利がある映像やキャラクター等を使用したものを載せた投稿は出来ません。

・ 投稿作品は、氏名、住所、電話番号など個人の身元が特定できるものを含まない作品のみとします。

・ 投稿作品についての著作権は、米沢市観光キャンペーン推進協議会が有します。

・ 当キャンペーンでご応募いただいたユーザー名情報および受賞者の個人情報は、当キャンペーンに関わる目的(受賞通知・賞品発送)以外には利用しません。

 

【受賞の発表】

・ 米沢市観光キャンペーン推進協議会事務局で写真の審査を行います。

・ 受賞者への連絡は、ダイレクトメール(Twitter)またはダイレクト投稿機能(Instagram)にて通知します。

・ 受賞通知受信後、受賞者は指定の期限までにご連絡先・賞品お届け先等の必要事項を連絡いただきます。通知受信後7日以内に連絡が無い場合は、受賞が無効になり、新たな受賞者を決定します。

2017.01.25:米沢市観光課:[お知らせ]

第6回 エッセイコンテスト作品大募集!!

  • 第6回 エッセイコンテスト作品大募集!!

愛と義のまち米沢エッセイコンテスト作品を募集しています。


「親切にされたちょっといい話」
「世のため人のため義を感じたエピソード」
「心に残る米沢での体験談」

いずれかを題材として800字以内にまとめ、「第6回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト応募」と標記してメールもしくは封書、FAXにより下記応募先へお送りください。
(作品タイトル、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、電話番号を必ず明記のこと。)


【応募・問合せ先】   米沢市観光キャンペーン推進協議会事務局 米沢市観光課内
                           〒992-8501 山形県米沢市金池5-2-25 
                            TEL:0238-22-5111 FAX:0238-24-4541
【募集期間】           平成28年10月1日(土)~平成29年2月20日(月)必着

皆様の素敵なお話をぜひ聞かせてください。
沢山のご応募お待ちしております。

2016.11.07:米沢市観光課:[お知らせ]

第5回 「愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」受賞者発表!【受賞作品のご紹介】

  • 第5回 「愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」受賞者発表!【受賞作品のご紹介】

第5回 「愛と義のまち米沢 エッセイコンテスト」の入賞作品が決定しました!
今回のご応募数は総勢262人!! 北は北海道から南は九州まで、全国各地から
心温まる素敵なエピソードをお送りいただきありがとうございました。
次回もエッセイコンテストを開催する予定ですので、みなさまからのご応募お待ちしております。
 

金 賞  「扉をひらいて」  埼玉県  齋藤典子さん

 浦和駅東口へ続くバス通りから脇に一本逸れた道に、内科小児科のN医院はあった。父の代からお世話になっていたホームドクターだ。30年以上前の初夏のある日、25歳の新米ママだった私は、熱を出した3ヶ月の長男を連れて行った。
 N医院はこぢんまりした造りで、待合室には私と息子だけだった。すると、玄関の引き戸がガラガラッと開いて、私より一回りほど歳上の女性の顔が見えた。しかし、女性は玄関を開けっ放しにしたまま去ってしまい、私は戸惑った。閉めた方がよいか、と思い始めた時、女性は戻って来た。腕に6歳位の大きさの女の子を抱えて。女の子の頭や手足は拉げた箇所があり、本当は幾つなのか、6歳より幼いのか中学生位なのか見当がつかなかった。ただ、重い障がいがあり寝たきりで、先に医院の玄関を開けておかなければ、入って来ることが難しかったのは容易に知れた。お母さんは娘さんを長椅子に横たえさせて、ふうーっと大きく息をついたが、辛そうな素振りはなかった。優しく娘さんの髪を撫でていた。
 息子の名前が呼ばれた。抱いて診察室に入ろうと立ち上がった時だ。そのお母さんがサッと立って、診察室のドアを開けてくれた。まるで自動ドアのように。「ありがとうございます」頭を下げた私にも、まるくて爽やかな笑顔を向けて。
 あのお母さんは、どれだけ、扉を開けて欲しいと願って生きてきたことだろう。
 私は息子の3年後に長女を出産した。小さく生まれ自閉の障がいがあった。また別の意味合いで、扉を開けておかなければならないこと、開けて欲しいことが沢山あった。
 両親もこの世を去った。時間外でも嫌な顔をせず診て下さったN先生も亡くなられてから久しい。医院の前を通ることも滅多になくなった。それでも、あの日のあのお母さんの親切は、日に日に重みを増して、一つの教えとして私の中に残っている。


銀賞、銅賞受賞作品は下記の8作品です。

銀 賞 
「五円」                香川県 太田貴子さん
「この街に支えてもらいながら」  山形県 島倉真澄さん  
「言葉を越えた出会い」             神奈川県 中島彰さん

 

銅 賞   
「若草色の優しさ」                 埼玉県 上森美紀さん
「島根の光」                          埼玉県 邱力萍さん
「米沢、その人情」                 山形県 西川良文さん
「地域の絆」                          埼玉県 武井祐子さん
「彼らがくれたもの」               千葉県 高橋良宗さん

 

「第5回愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」全受賞作品はこちらからご覧ください。

過去の入賞作品はこちら

2016.04.08:米沢市観光課:[お知らせ]

「愛と義の精神」にまつわるエピソード募集!【募集終了しました】

  • 「愛と義の精神」にまつわるエピソード募集!【募集終了しました】

今年度の募集は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。(2/22追記)


”敵に塩を送る”
塩留めに合い苦しむ好敵手・武田信玄に塩を送ったという上杉謙信の故事の ように、「愛と義の精神」にふれたエピソードを募集します。
「親切にされたちょっといい話」「世のため人のため義を感じたエピソード」「心に残る米沢での体験談」
3つのうちいずれかを題材に、あなたの体験エッセイをお送りください。
過去の受賞作品はこちら

第5回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト

■募集期間
 平成27年10月1日(木)~平成28年2月19日(金)必着

■賞について
 金賞(1作品)米沢牛1万円相当
 銀賞(3作品)米沢牛5千円相当
 銅賞(5作品)米沢の特産品3千円相当

■応募について
 ・「親切にされたちょっといい話」、「世のため人のため義を感じたエピソード」、「心に残る米沢での体験談」のいずれかを題材に800字以内にまとめること
 ・「第5回愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」と標記のこと
 ・作品タイトル、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、電話番号を明記のこと

■応募上の注意
 ・1人につき1点まで
 ・自作・未発表の作品のみとし、偽名での応募や類似作品の応募等は禁止する
 ・応募作品は返却しないものとする
 ・応募作品の著作権は米沢市観光キャンペーン推進協議会に帰属するものとする
 ・受賞発表時には氏名、年齢、住所(市町村名まで)を公表するものとする

■受賞発表について
 平成28年4月上旬に米沢観光ナビウェブサイトまたは受賞者に文書にて通知します。
 表彰式は、平成28年5月2日(月・祝)の米沢上杉まつり「武てい式」会場にて行います。

<問合せ・応募先>
米沢市観光キャンペーン推進協議会(米沢市観光課内)
〒992-8501 山形県米沢市金池5-2-25
TEL 0238-22-5111  FAX 0238-24-4541
メール y-kanko@ms5.omn.ne.jp

2016.02.15:米沢市観光課:[お知らせ]