レインボープラン推進協議会

レインボープラン推進協議会
ログイン


 東洋酒造(株)さんでは、レインボープラン堆肥を使って生産した
地元の米「さわのはな」を原料とした特別純米酒「甦る(よみがえる)」を
年間一升瓶で約1,300本製造・販売しています。
また、「甦る」の酒粕も漬物(粕漬)用として定評があります。
「「甦る」という名称には、
「生ごみをよみがえらせ、さわのはなをよみがえらせ、長井市をよみがえらせる」
という3つの意味が込められている。」と佐藤社長は話してくれました。
「異業種が結びついて、スクラムを組んで、いろいろなレインボープランの
食材を使ってみんなでレインボープランの特産品を作れたらいいと思う。」と
夢を語る佐藤社長さん。長井のまちを、そしてレインボープランを愛する
社長のおいしい酒造りへの取組みは、まだまだ続きます。
 


※この記事は「広報ながい」(18年3月1日発行)に掲載されたものです

 レインボー野菜を使って漬物などの農産加工品事業を行っている
「ほのぼの会」(若林文代表)。加工場は西根地区草岡にあり
生産者3人と消費者2人で活動しています。
この活動に、消費者の立場で参加しているのが塩田ヒサエさんです。
 もともと料理を作ることが好きだったという塩田さん。
レインボー野菜の素材の良さと、塩田さんを始めとするメンバーの
腕前で愛情たっぷりに漬け込まれた、安全で美味しい漬物は
たちまち評判となり、今では「虹の駅」などの直売所や
市内スーパーでの販売だけでなく、全国各地に商品を発送しています。
また、同会はレインボープランの視察に訪れた人々に郷土料理を
提供することもありますが、
「皆さんからおいしいと喜んでもらえるのはもちろんのこと、
世界各国の人々とお会いする機会に恵まれ、人との交流、ふれあいが
できたことが嬉しい。」と話してくださいました。



※この記事は「広報ながい」(18年2月1日発行)に掲載されたものです



...もっと詳しく

 「農産物に高付加価値を付けて売ろうといろいろ
取り組んできたけれども、結局のところ土づくりが
一番基本だと気づいた。」と話してくださった
(有)歌丸の里専務の寒河江さん。
 今年度から御自身が経営する和牛の畜産堆肥と
レインボー堆肥を混合してレインボー米を生産し
学校給食に供給しています。取材に伺った時は、
仲間と作った堆肥散布組織(ゆうき組合)で雪中での
散布の真最中。「作物の7割は土の力で育つ。堆肥が
入った米は、お客様からもうまいと喜ばれる。これか
らも土づくりに努めて行きたい。」と抱負を語ってく
れました。生産者と消費者という希薄な関係からお客
様の目線にたった農業へと、寒河江さんの理想とする
米作りへの挑戦は今後も続きます。



※この記事は「広報ながい」(18年1月1日発行)に掲載されたものです




 「初めて虹の駅に野菜を出してお金をもらった時は、
もったいなくて使えなかったなー。うれしくて感動したなー。」
と話してくださった山平さんご夫妻。
昨年まで使っていた籾殻堆肥に、今年からレインボー堆肥を混合
して野菜の生産を始めました。
「アスパラ」、「なす」、「つるむらさき」、「ズッキーニ」
「かぼちゃ」など数多くの種類の野菜を栽培しています。
「今年はレインボープランの認証を受けられなかったが、来年は
ぜひ認証を取れるよう頑張って行きたい。」と抱負を語ってくだ
さった吉次さん。今後は、丹精込めて作った「おかめささぎ」や
「小豆」などを虹の駅に出荷する予定です。



※この記事は「広報ながい」(17年12月1日発行)に掲載されたものです


 「堆肥ってやっぱりいいんだな。今年は枝豆なりすぎだもの〜」と
笑顔で話して下さった豊太郎さん。レインボー堆肥に菜種油粕、米糠
鶏糞などを配合して使用しています。
奥さんのユキさんと共に、稲作をメインとした農業を営んでおり、
直売所への出荷は虹の駅がはじめてとのことです。
「つまみ菜」や「にんにく」などあえて他の生産者が出荷していない
ものを出すこだわりようで、これからは「菊芋」を出荷予定とのこと。
菊芋はスライスするとシャキっとした歯ごたえがあり、健康食材とし
て注目を集めています。また、出荷するとすぐ売れてしまうという
大人気の「黒豆きなこ」もまもなく虹の駅に並ぶ予定です。



※この記事は「広報ながい」(17年11月1日発行)に掲載されたものです


 きゅうり、ねぎ、さといも等の栽培にレインボー堆肥を
使用している金子さん。きゅうりは5月のハウスものから
はじまり、露地もの、そして9月のハウスものと約4ヶ月間
にわたり出荷が続きます。主に関東方面の市場に出回るそ
うですが、一部は「虹の駅」にも出荷。
お客さんから大変好評を得ています。
金子さんは、野菜苗の栽培にもレインボー堆肥を利用して
います。「レインボー堆肥を購入してすぐ使うのではなく、
1年程畑に積み置きしてから使用すると成熟が増してより
いいものになる。」と長年の経験を生かした独自の使用方
法を紹介してくれました。



※この記事は「広報ながい」(17年9月30日発行)に掲載されたものです