ライフスタイルをつくろう

  • ライフスタイルをつくろう
RESASで表示される山形県の社会増減人口のグラフ。

震災の年(2011年)に福島からの受け入れで一時増えたが、
それ以外はほぼ「10:0」といった割合になっている。

学びを求めて旅立つひと、
仕事を求めて旅立つひと、
刺激を求めて旅立つひと、

理由は人によって様々だと思うが、
経済だろうと人口だろうと、
流動性は大事だから流出自体は決して悪ではない。

問題は流入がほとんど無く、
生活地として選ばれていないということだが、

これまでと同じように資本主義をベースとした
同一の(平準化した)価値観の中で競うならば、
この先もきっとジリ貧ではないかなと思う。

価値観の多様化という近年の社会変化を、
追い風にできるかどうかがカギになるだろう。

風を受ける帆の向きを変える必要がある。

僕たちがこれからやるべきなのは、
刷り込まれてきた既存の価値観を追いかける事ではなく、
新しい(その土地固有の)ライフスタイルを創造する事だ。
2018.05.31:NAO:[メモ・雑感]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 4件
昨日 39件
合計 543,435件