夢中力

  • 夢中力
時間を忘れて、寝食を忘れて、没頭できる何か。

そんなものがある人はきっと幸せだ。

消費活動でも勿論良いが、
何らかの価値を生産することに没頭できたなら、
より一層幸福度は高いだろう。

ましてそれが通貨と交換できるのならば
言うことはない。

けれど大人になるに連れて、
自分は何が好きなのか?
何になら夢中になれるのか?
分からなくなってしまう人も
案外多いのではないだろうか。
(自分を含め)

分からないということは、
そうではないことに自身の有限で貴重な
時間の多くを使っているということだ。

仮にそれを「夢中力」と名付けてみよう。

夢中力の高い子供たちには、
とにかくブレーキが無い。

危なっかしいとつい不安になってしまうが、
大人が勝手に先回りをして、
それを摘み取ってはいけないのだろう。

経済格差の次に確実にやってくるのは、
モチベーション格差だと思う。

そんな時代に、夢中力のある人間は多分強い。
2018.03.20:NAO:[メモ・雑感]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 534件
昨日 155件
合計 535,261件