「ありがとう」を言ってもらえる会社

  • 「ありがとう」を言ってもらえる会社
「会社」と「社会」は、お互いの漢字を入れ替えただけの言葉です。

だから、社会に対してどれだけの貢献をしたかが、
会社への対価となって釣り合うのだと教わりました。

そのことは、今でも僕が仕事をする上での
土台になっているように思います。

対価が必ずしも貨幣ではない場合もあるし、
どう考えてもバランスが悪いときもあります。
時には見返りが全く無いことだって結構ざらです。

だけれど、落ち着いて時間軸をズズっと広げて考えて見れば、
案外10年後とか次の世代にそれが返ってきたなんていうのも、
世の経営者の方々と話していれば結構良く聞く話です。

実はこちらが頑張ったほど、想定していたほど喜ばれていなかった、
なんてオチもままあります。

この地域で一番「ありがとう」を言ってもらえる会社でありたい。
この地域で一番「ありがとう」を言うことができる会社でありたい。

コンピューターの不具合を直してくれてありがとう。
今まで知らなかったことを教えてくれてありがとう。
日々の暮らしをちょっと面白くしてくれてありがとう。


その上で「数字にも絶対負けないゾ」っていう気概というか気迫が、
大事なんだろうなと思うのです。
2016.06.18:NAO:[メモ・雑感]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 112件
昨日 168件
合計 747,009件