気脈と文脈

  • 気脈と文脈
昨晩自宅に営業の人が来て、
夜の10時まで頑張っていったが、
我が家の大蔵省は最後まで首を縦に振らなかった。

見事なまでに良くできたストーリーだったが、
恐らくは伝えたいことが沢山あるあまりに、
信頼関係を構築する部分を
少し端折ってしまったのだろうと思う。

惜しかった。

我々消費者は、何をいつ買うべきかを考えながら、
同時に誰から買うべきかということもそれとなく感じている。

人脈→気脈→文脈→金脈

大変勉強になったので、
明日彼にお断りの電話を入れるときに、
敗因をこっそり教えてあげたいと思う。

(決裁権限を持たない駄目オヤジの罪滅ぼしに。)
2016.03.09:NAO:[メモ・雑感]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 102件
昨日 200件
合計 449,420件