長井市老ク連女性委員会「タオル1本運動」

  • 長井市老ク連女性委員会「タオル1本運動」
長井市老人クラブ連合会(会長:五十嵐 繁)女性委員会(委員長:影山 なを)では、毎年、地域福祉に役立てていただければとの思いで、「タオル1本運動」を行っております。長井市老人クラブ連合会の会員の皆様から、一人1本のご協力をいただき市内の福祉施設に贈呈させていただく活動です。
今年度は900本のご協力をいただき、9月8日(火)9時45分から影山委員長・青木副委員長が5施設を訪問し贈呈させていただきました。コロナ禍のため、小人数・短時間で訪問させていただきました。


タオル仕分けの様子
9月4日(金)に各単位クラブ(現在24団体が登録)の女性委員・会長に持ち寄っていただいたタオルを、女性委員13名で袋に入っている物は袋から出して、汚れがないか、サイズ違いがないかを確認しきれいに折りたたみ、白物は50枚、がら物は20枚に紐で束ねました。

 

市内の5福祉施設に贈呈させていただきました
長井弘徳会リバーヒル長井様(写真左)と養護老人ホームおいたま荘様(写真右)での贈呈の様子
 


長井福祉会慈光園様(写真左)と特別養護老人ホーム寿泉荘様(写真右)での贈呈の様子
 


県立米沢養護学校長井校様での贈呈の様子
小学部代表にお渡しする影山委員長(写真左)と中学部代表にお渡しする青木副委員長(写真右)
 


贈呈させていただきました各施設様からは、「毎年ありがとうございます。日常ではお風呂・テーブル拭き・消毒用等に使用させていただいております。コロナウイルス感染後は使い捨ても増えており何よりな物をいただき感謝の気持ちでいっぱいです。」などお礼の言葉をいただきました。

女性委員会として、これからも会員の皆様から無理のない範囲でご協力をいただき、継続した活動としていきたいと思いますので宜しくお願いいたします。

ご協力をいただきました会員の皆様、訪問を承諾いただきました福祉施設様、本当にありがとうございました。

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。