HOME > 記事一覧

寒さを我慢するのは節約ではない?

「冬暖かく・夏涼しい省エネ住宅ですよ~」というトークは

ローコストビルダーから大手のハウスメーカーにいたるまで、多くの住宅会社の営業マンが口を揃えて言うセールストークの一つですが、実際のレベルには雲泥の差があり、建てた後に後悔するユーザーも少なくありません。

下記のグラフは、旭化成建材の調査データですが、家の満足度もさることながら、冬の寒さや夏の暑さといった温熱環境に多くの不満を感じているユーザーが多いのがお分かりいただけると思います。



折角、苦労して建てたマイホームで、冷暖房費が負担となり、寒さや暑さを我慢しているユーザーも多く、寒くて換気を消したり、エアコンでは暖まらずにファンヒーターを使ったり、夏寝室が暑くて、エアコンをかけすぎて体調を崩したり、比較的涼しい一階に寝ているという話を良く聞きます。

こうした住宅は、単に寒い・暑い・光熱費の問題だけではなく、結露やカビが発生しやすく、ダニの繁殖でアレルギーになったり、空気の汚れや身体の冷えで、体調を崩し、風邪やインフルエンザにも罹患しやすくなるのです。

そして、高齢になり、体力や免疫が低下すると、ヒートショックなどの悲しい事故に遭遇する危険性も高くなります。

また、温度差によって、知らない内に、目に見えない構造躯体にも、内部結露が発生し、腐朽や蟻害などで家の耐久性も損なわれ、資産価値も著しく低下するなど、建物の耐久性にも悪影響を及ぼしてしまうということをリアルに考えなくてはなりません。

是非、温熱環境や空気環境を左右する気密性や断熱性は、建ててからでは直しようがないということをご理解いただき、家の中身を見極めた上での家づくりを進めていただきたいと思います。

そこで、建てた後に後悔しないためにも、真っ先に確認しなければならないのが、計画している建物の冷暖房費となり、宮城の気候を考えればまずもって暖房費の確認は必須となります。

「この家の暖房費はいくらかかかりますか?」

と、確認し、出来れば書面にて提示を受けることが大事になってきます。

「暖かさの感覚は個人差もあり、家族構成やライフスタイルも違いますので、一概には言えません。」

という営業マンもいるかも知れませんが、そう言われたらこう言って下さい。

「真冬に、20℃の温度設定で、一日中、家全体を暖めた場合の暖房費を試算して欲しい」

そして、11月から4月くらいまでの、年間暖房費を試算していただきたいのです。

家の断熱性能を表す、C値やQ値・Ua値にわかれば、必要なエネルギーに基づいた暖房費の試算は簡単に出来ます。

http://daitojyutaku.co.jp/log/?l=453058

現在、消費者が車を選ぶ基準で一番大きいのは燃費です。

エネルギー価格が、今後さらに上昇していく中で、家も車と同じように、燃費で選ぶ時代に差し掛かってきており、冷暖房費は、近い将来、その家の資産価値を左右する大事な要素になっていくのは、必然になってきます。

そして、新築当初のみならず、基本的な断熱性能(燃費性能)が10年後も20年後も、維持できる家かどうかということも、重要な要素となりますので、是非ご理解いただきたいと思います。



食物アレルギーにもご注意を。

  • 食物アレルギーにもご注意を。
暮らしの中で、ゼロ・アレルギーを叶えるためには、室内の空気環境や温熱環境もさることながら、日々の食事が非常に重要です。

人の免疫の70%は腸内にあるといわれ、日々細菌やウイルス・がん細胞などの異物から、私達の身体を守ってくれています。

特に腸内の免疫機能が未発達の乳幼児に与える食物には十分な注意が必要で、家にあった多賀城のかくたクリニックの角田先生の執筆された食物アレルギーの本を読んでみました。

アレルギーに関しては、ある程度の知識はあると思ってましたが、初めて知る内容も随分ありました。

子どもが、病気になるのは、親の与える食事や環境が大きく起因するとよく言われますが、改めてその重要さを痛感しました。

食物アレルギーによるアナフィラキシーは、ご存知かと思いますが、今どこの小学校でも、緊急時に備えるために、エビペンを携帯している児童が大分増えているそうです。

子育てがとうの昔に終わった私が、今さら言うのはおかしな話かもしれませんが、若い頃は、アレルギーのことなどは、ほとんど関心がなく、平気でタバコを吸ったり、お菓子を買い与えたり、マックに誘ったりしてよく妻に怒られていました。

家内は、油やソース・マヨネーズや石鹸にいたるまで、アレルギーっ子だった娘達のために、用意していたのですが、私はどうも苦手で、俺は、病気になってもいいから、ブルドックソースやキューピーマヨネーズにしてくれ~とそちらを食べていました(笑)

食品に限ったことではありませんが、この世の中には、健康にいい・安全だと思い、良かれと思い食べたり、使ったり、子どもに与えていても、実はそうではないものが、溢れています。

食品添加物や農薬や肥料・家畜のエサにいたるまで、無数の化学物質が食品中にも含まれており、成長や健康に影響を及ぼすような食品は、出来るだけ与えないに越したことはなく、親として最低限の知識は必要だということが、この年になってようやくわかるようになりました。

食物アレルギーは多数ありますが、卵・牛乳・小麦がアレルギーの60%を占めています。

なぜ、一般的には健康に良いとされる卵や牛乳にアレルギーが多いのかを考えたことはありますでしょうか。

アレルギー疾患は、発症するとなかなか完治するのが、難しい病気で、次々とアレルギーが連鎖するアレルギーマーチに見舞われる子どもも多く、医療ジプシーが一番多い病でもあります。

そして、最近では乳幼児ばかりでなく、小・中・高校生になってから発症したり、大人になってからも発症するケースも多く、これまで大丈夫だった食物でも、突然発症するのが食物アレルギーです。

日本で認可されている食品添加物は1300種類以上といわれ、世界一です。

そして、遺伝子組み換え作物を一番輸入いるのもこの日本です。

また、日本では禁止されているポストハーベスト(収穫後の農薬)ですが、海外から輸入される食物に関しては、農薬ではなく、食品添加物として扱われ合法的に使用されているのです。

普通、どこのご家庭でも、納豆や豆腐は遺伝子組み換えではないという表示のある国産大豆を使用した物を食べていると思いますが、加工食品やお菓子・調味料には、原料の上位5物質かつ5%以内であれば遺伝子組み換えの表示は必要なく、知らず知らずのうちに大量のGM食物を口に入れているのが実状です。

つまり、遺伝子組み換え作物に関しては、遺伝子組み換えと農薬という二つの危険性まで、孕んでいる食物だという認識も必要ではないでしょうか。

添加物にしても、農薬にしても、GM作物にしても、全てをゼロにするというのは到底無理な話で、あまり神経質になってもしようがない部分もありますが、中にはかなり危ないとされる物も多く、間違った知識や情報によって、子どもを病気にするのは避けなければなりません。

最近の加工食品やインスタントにしても、味が向上しており、ついつい口にしがちですが、パッケージの裏側に出来るだけ横文字の並んでいないものを出来るだけ選びたいものです。

若い頃の反省も含めアップしておりますので、子育て中のお父さん・お母さん、参考にしていただければ幸いです。

そして、これからどんどん免疫力が低下する、私達世代にとっても食はとても大事です。

お付き合いのあるお医者さんに、お聞きしたのですが、健康によいとされているあの有名な乳酸飲料によって、血糖値が高くなり糖尿病になる高齢者がとても多いそうで、飲むのをやめるよう指導すると、ほとんどの方が、短期間で血糖値が正常に戻るそうです。

知らず知らずのうちに、健康によいと思い込んで、食べたり、飲んだりしている物が、たくさんあります。

何事も、自己責任の時代です。いい情報だけ鵜呑みにすることなく、悪い情報も確認した上での消費選択が、私達には必要な時代ではないでしょうか。

いい日旅立ち?

  • いい日旅立ち?
私事で恐縮ですが、平成元年生まれの長女の結婚式が23日にあり、千葉に嫁に出すことになりました。

二人いる娘の長女ということで、出来ることなら地元で、一緒に暮らすというはかない夢も、これであえなく消え去りました。

今でこそ、あまり聞かなくなりましたが、一昔前、よくカラオケで、「娘よ」を熱唱していた世の親父さんの気持ちがよくわかりました。

そして、披露宴で映し出された、子どもの頃のビデオや写真を見て改めて感じたことがあります。

それは、仕事にかまけて子育てに参加してこなかった自分に対しての反省であり、私の分まで子どもに愛情を注いでくれた妻に対する感謝です。

そんな、父親失格の私ではありますが、娘から、「社会人となり、仕事をするようになってから、愚痴ひとつ言わず仕事に打ち込むお父さんの偉大さがわかるようになった」と聞かされ、がらにもなく涙ぐんでしまいました。

披露宴では、日本酒だけは良くして~。とリクエストさせてもらいましたが、二人なりに工夫を凝らしたとてもいい式で、バージンロードも体験させてもらいました。



父親としては、何とも複雑な気持ちですが、とにかく幸せになって欲しいと願うばかりです。

長寿祝いの無料撮影キャンペーン

  • 長寿祝いの無料撮影キャンペーン
日頃から大変お世話になっている塩釜のサイト―スタジオさんでは、敬老の日の記念イベントとして、今月30日まで、70歳以上の方を対象とした、無料撮影キャンペーンも実施しています。

この機会に、おじいちゃん、おばあちゃんの記念の一枚はいかがでしょうか!

とてもやさしい女性の先生ですので、お気軽にどうぞ。

サイト―スタジオさんのホームページは こちらです。

中古住宅は既存不適格住宅で資産価値はない?

国が、既存住宅の流通促進を図るための事業者や購入者の優遇税制や改修費用の補助金制度によって、リフォーム済み中古物件が、結構な価格で販売されています。

これは、住み替えや老健施設への入居あるいは、相続によって取得した物件を中古買取業者に売却し、業者がリフォームして販売するというビジネスモデルです。

比較的、立地条件がいい地域で販売されることもあって、郊外に高い価格で新築するよりは利便性の高い市街地で暮らしたいというユーザーもいるので、成り立っている事業とも言えます。

しかし、そのほとんどは最低でも築20年位は経過した住宅となり、耐震性や断熱性など、十分な検討が必要です。

スケルトンにして、耐震性や断熱性を高めた物件ならいざ知らず、多くの物件は外装や屋根を塗装し、内装や設備を新しくしただけのいわばお化粧をし直した家だという認識も必要です。

既存不適格住宅というのをご存知でしょうか。

既存不適格とは、建築時には適法に建てられた建築物であって、その後、法令の改正や都市計画変更等によって現行法に対して不適格な部分が生じた建築物のことを指しており、現在で言えば、宮城県沖地震を受け改正された昭和56年の新耐震基準施行前の建物です。

また、阪神大震災後の2000年にも、地盤調査の義務化や耐力壁の配置・ホールダウン金物設置など、様々な改正も施行されたことを考えれば、それ以前の建物も既存不適格ということになるのです。

ご存知の方も多いと思いますが、2015年省エネ基準が改正され、現在は猶予期間ですが、2020年には義務化となります。

つまり、中古住宅のほとんどが、2年後には既存不適格住宅ということになってしまうのです。

築20年以上の中古住宅の断熱性を考えると、省エネ性や快適性はもちろん、住む人の健康面においても多くの問題点を孕んでいると思います。

もちろん、物件の中には良質な物件もあるかもしれませんが、5.6年で建て替えの予定があるなら、いいかも知れませんが、20年も30年も住みたいと考えているのであれば、正直言って、お薦め出来ないというのが、率直な思いです。

新築をお薦めしているのではなく、住んでから寒さや暑さがひどい・結露やカビが発生する・換気が悪い・光熱費がかかるということで、売ろうとしても、良くても土地値でしか売れない可能性が多分にあるということを是非頭に入れて、ご検討いただきたいと思います。

尚、弊社のソーラーサーキット並びに外断熱の家につきましては、20年以上も前から、すでに新省エネ基準を大幅にクリアしておりますので、ご安心下さい。