HOME > 記事一覧

床下と小屋裏を見れば家の良し悪しが分かる

家の住み心地や耐久性をご自身の目で、見極める簡単な方法があるので紹介したいと思います。

それは、寒い時期や熱い時期に、モデルハウスや見学会などで、家の床下や小屋裏の状態を確認するだけでいいのです。

通常、目にする機会の少ない、床下や小屋裏ですが、この目に見えない部分だからこそ、重要で、この部分にその会社の家づくりの技術や作り手としての良心が詰まっており、懐中電灯で中を確認し、カビや結露のシミ・臭いや温湿度を肌で感じることで、その家の良し悪しが、ある程度わかります。

どんな家でも、床下や天井には点検口がついているはずで、簡単に確認が可能です。

営業マンに見せていただけますかと聞いてみて下さい。

理由をつけて断る会社は、候補から外せばいいだけです。

通常、どこのメーカーでも、床下や小屋裏について質問すると

〇 基礎パッキンで全周換気になっているから大丈夫です。
〇 ベタ基礎になっているので、乾燥しています
〇 換気システムに組み込んでいるので心配ありません
〇 土台は加圧注入された防腐木材ですのでご安心下さい
〇 安心な材料を使い防蟻処理をているので問題ありません
〇 小屋裏にも、厚い断熱材を使用しているので暖かい家です
〇 天井部もしっかり気密処理しているので結露はしません。

とマニュアルどうりの説明で終わってしまうのが一般的で、お客様の方も、「そうですか。」 で終わってしまうのがほとんどです。

家はどこから腐れてくるでしょう。

シロアリはどこから侵入し、どこから食い荒らすのでしょう。

床下が健康な家は「建物と住む人の健康」をいつまでも守ってくれるのです。

家を建てる前に是非確認したい事。

それは床下と小屋裏です。

弊社のモデルハウスでは、床下内部の状況を実際にお客様の目でご確認していただく為に、地下スペースを設けて365日自由にご覧いただけます。

もちろん小屋裏のメンテナンススペースにも、中に入って確認が可能で、どこの現場にも、壁の中にまで点検口を設置しています。

冬と梅雨・真夏の床下や小屋裏を、目で見て・臭いをチェックすれば、その家の快適性や耐久性がはっきりと解ってくるのです。



※ この画像は、床下の断熱部分に発生している結露の画像です。全周換気で床下をくまなく通気させるということで、多くのメーカーが採用している基礎パッキンですが、梅雨時から夏場にかけて、年間30日から40日は床下で夏型結露が発生している現実をご存知でしょうか?この現象は、夏の朝露みたいなもので、日中の温度が上昇すれば、大体乾いてしまうのですが、通気が悪かったり、立地条件が悪いと、時にはコンクリートにも水たまりが出来ている現場もあるのです。こうした状態が毎年30日以上も続くということも理解しなければならないのです。

気密・断熱ラインの違いを知る

  • 気密・断熱ラインの違いを知る
内断熱と外断熱の性能の違いを比較する場合、気密や断熱ラインが構造の外なのか内なのかを考えると、優劣がハッキリ見えてきます。

外断熱の場合は、構造部分の外側が気密・断熱ラインとなりますが、内断熱の場合は、構造の室内側に気密ラインを設け、構造内部に断熱材が充填されることになります。

そして、外断熱の場合は、窓など開口部以外は、気密や断熱が連続しているのに対し、内断熱の場合は、構造上、どうしても途切れ途切れの部分が多くなるのが、ご理解いただけると思います。

この途切れ途切れの部分の、気密や断熱の施工精度によって、計算上の性能は同じでも、実際の性能に違いが生じてしまうのです。

さらに、つぎはぎだらけの洋服ではありませんが、途切れた部分の気密劣化や断熱欠損により、徐々に家の性能や耐久性も低下していくという認識も必要なのです。

宮城の気候を考えた場合、真冬の‐10℃から真夏の35℃までの外気温の変化によって、室温はもちろん構造内部の温度も変動します。

ご自身が、内断熱の構造内部にある柱などの構造材になったつもりで想像してみてください。

季節によって激しく変化する外気側と冷暖房である程度コントロールされた室温側に挟まれた環境下に置かれることがお分かりになると思います。

冬はもちろん寒いのですが、梅雨から夏にかけては、湿気と強い日射の影響を受け、壁の中や小屋裏の温度はゆうに40℃を超える劣悪な環境にさらされることになるのです。

よく、木造住宅では、木のもつ優しさやぬくもり、その調湿効果が謳われ、木は生きているかのような表現がなされますが、このように激しい外気温や湿度の変化にさらされながら、四方を断熱材や石膏ボード、防湿フィルム、構造用の耐力面材や透湿シートにびっしりと覆われた状況の中で、健康な状態を維持できるものでしょうか。

木は、優れた素材ですが、長持ちさせるには、何より通気性が大事であって、防腐材や防蟻剤だけに頼った劣化対策は、その効果の持続性も分からないばかりか、木がもつ本来の良さを殺し、住む人の健康にまで影響を及ぼしてしまうのです。

木は、湿気を吸ったり吐いたりする吸湿性がメリットでもありますが、内断熱では、窒息してしまうのではないでしょうか?

お腹にアイスノンをあて、背中にホカロンを張った状態で快適でしょうか?(冬と夏は逆転する)

押入れの中に、フトンを何年も押し込んでいたらどうなるでしょう?

もし、そのフトンで寝たとしたら、ぐっすり眠れるでしょうか?

外断熱では、構造の外側に気密・断熱ラインを設けることで、暑さや寒さを構造の外側で遮断するのです。

こうすることで、従来外部とされていた壁の中や小屋裏、そして床下までもが室内側とほぼ同様の温湿状況となり、過度な冷暖房や加湿・換気を怠るなど、お客様がよほど間違った暮らし方さえしなければ、内部結露などの心配もありません。

そして、構造の内部には断熱材がないため、木材は常時空気に触れた状態となり乾燥状態を保つことで、木のもつ調湿効果の作用もはたらき、構造そのものの健康も十分保つことが可能となり、木を腐らせる腐朽菌の発生やシロアリの食害を防止することにつながるのです。

さらに、家の構造を支える基礎も、断熱材でしっかり保護されるために、外気の影響はもちろん、コンクリートや基礎内部の鉄筋の劣化の原因となる、紫外線や酸性雨の影響も受けずにすむことで、基礎そのものの耐久性も大幅に向上するのです。

日本の悪しき習慣によって、オイルショック以降、単に壁の中に断熱材を詰め込む内断熱が、長年続く建築業界にあって、外断熱のシェアは、まだ10%にも満たないのが現状ですが、外断熱は、日本独特の高温多湿という気候風土の中、あらゆる角度から鑑みても、実に理に叶った家のつくり方だということを是非、ご理解いただければ幸いです。

体感温度の違いがもたらす悪影響

人が暑い、寒いと感じるのは、温度が大きく影響しますが、体で感じる体感温度は、風や湿度によって大きく変わるのは、皆さんもよくご存知かと思います。

風があれば、涼しく感じたり寒く感じ、体感温度も低くなり、湿度は高ければ暑く感じ、低ければ寒く感じるものです。

そして、意外と知られていないのですが、体感温度に影響されるものとして壁の表面温度(平均輻射温度)があります。

平均輻射温度とは、床や壁・天井部分の平均温度を指していますが、この温度が室温と同じならば体感的にも変化は感じないのですが、低ければ寒く感じ、高ければ暑く感じるという訳です。

外断熱の場合、構造材の外側に断熱工事を施すことで、床下や壁の中、小屋裏といった構造躯体の中も室内に近い温熱環境を保つことになります。

一方、内断熱の場合、床下や小屋裏は外気に近い温度になるばかりでなく、断熱材の入らない柱や梁・根太や大引き・構造用金物といった部分が、熱橋の影響を受け、床や壁・天井部の表面温度には、どうしても温度ムラが生じることになります。

また気密・断熱工事が不十分な場合は、断熱材と構造材の隙間などが、断熱欠損部(断熱が作用していない部分)となり、壁の表面温度も必然的に低くなってしまうのです。

また30℃を超える真夏の場合はどうでしょう。

外断熱の床下は25℃前後・壁の中は28℃から30℃・一番暑くなる小屋裏でも30℃から32℃と安定し、構造内が、外気温を超えることは、ほぼありません。

一方、内断熱の場合は、構造上、外気の影響を直に受け、床下は27℃から28℃になり、壁の中は35℃を超え、小屋裏は40℃を超え、時には50℃近くまで上昇する場合が出てくるのです。

外断熱の小屋裏は、快適に活用できますが、内断熱で、ロフトや小屋裏利用を図っても、夏場はサウナのような状態となってしまうため、お客様がリクエストしても、大体は敬遠されるのですが、それ以上に、気密や断熱部分の取り合い部の施工が困難で、設置すると結露の危険性が高まり、後々大きなクレームにつながる為に、造りたくないのが最大の理由です。

よく、夏場は2階の寝室が暑くて、エアコンをつけっぱにしたり、1階でお休みになるという話を耳にしますが、夜、外気温が下がってもなかなか部屋の温度が下がらないのは、高温に熱せられた躯体の中の温度がなかなか下がらず、その熱ごもりによる輻射熱の影響が大きいことをご理解いただきたいと思います。

体感温度の目安としてよく使われるのが

体感温度= (室内温度+壁の表面温度)÷2 です。

気候の穏やかな春や秋は、あまり影響しませんが、冬や夏の厳しい環境下においては、体感温度には、内断熱と外断熱には歴然とした違いが生じるということをご認識いただきたいと思います。

そして、この体感温度の違いを単に快適か不快かという問題としてとらえるだけではなく、目に見えない構造部分の激しい温度変化が、年中繰り返されることになるのです。

寒いと感じれば、暖房の設定温度も高くなり、暑いと感じれば冷房の設定温度を下げてしまいます。

そうすると、冷暖房費が上昇するのはもちろんのこと、冬においても夏においても、目に見えない壁体内で発生する内部結露の危険性が益々高くなり、断熱性能の低下や構造の腐朽などの劣化が助長され、住む人と建物の健康を徐々に蝕んでいくということを認識した家づくりを検討していただきたいのです。




内断熱の気密・断熱工事は難しい?

内断熱の気密や断熱施工の難しさについて、少し説明したいと思います。

内断熱工法の場合、内部結露対策として、壁体内に室内の水蒸気が侵入しないように、室内側に防湿フイルムを張り、防湿層を完全な形で施工しなければなりません。

しかし、住宅には配管や配線・コンセントや照明・床と壁・壁と天井などの構造躯体の取り合い部が多数あり、こうした部分の施工には高い技術と丁寧な施工にくわえ、厳しい現場の管理も求められますが、検査の義務化もない防湿工事は、工期やコストが優先されがちな、現場にて対応するのは非常に困難です。

こうした事情もあって、改正された省エネ基準では、気密基準が削除され、気密測定をするメーカーが激減したという現実をご理解いただきたいと思います。

しかし、気密を疎かにした省エネ住宅は、いくら断熱だけを強化しても意味はなく、性能を発揮しないばかりか、将来、内部結露によって、住む人の健康や建物の耐久性までも損なう危険性があるという認識が必要です。

さらに、気密同様に、完全な施工が難しいのが断熱工事となります。

繊維系の断熱材を充填する場合、隙間なく充填しなければならないのは当然ですが、壁体内には柱や間柱、筋違いといった構造材に加え、ボルトや金物・窓など断熱材が途切れる部分が多数存在し、これらの部分を丁寧にカットし隙間なく充填するのはとても難しいのです。

特に注意が必要なのは、防湿フィルムを張らなくてもOKとされ、現在も多くのメーカーで採用している高性能グラスウールという、袋つめされた断熱材を利用する場合で、気密も取れずに断熱施工がデタラメで隙間だらけの現場も少なくありません。



このように、現場では、無数のカットが必要となり本来は、カットした小口から水蒸気が侵入しないようテープ処理をした上で、充填するのが正式な施工法ですが、無造作に詰め込んでいる現場が多く見受けられます。

こうした家を、高気密・高断熱というのは誤りで、長年、高気密・高断熱の家づくりに取り組んでいる私達にとっては、非常に腹立たしくもあり、少し言い過ぎかもしれませんが、詐欺に近い行為に思えてなりません。

ただ、現場で作業する職人さんは、決して手抜きでこうした施工をするというのではなく、単純にこれまでどうりのやり方で施工しているだけに過ぎないといった何とも悩ましい側面もあるのです。

本来は、職人自身が、結露の仕組みやその危険性を理解して、気密や断熱工事に当たらなければならないのですが、そうした認識を持つ職人も少なく、指導・教育しなければいけない、現場監督すら理解していないケースが驚くほど多いのです。

内断熱で採用される繊維系断熱材は、隙間なく施工するのはもちろんのこと、よれたり・つぶれたりしない様に充填しなければ性能値どうりの断熱性は発揮できません。





また湿気や水にも弱いので、雨には絶対にあたらぬように、保管中はもちろん、施工中の雨対策には、十分な注意が必要になってきます。

これらの対策を完全に実践しているハウスメーカーはごくわずかであり、考慮せずに施工しているケースがまだまだ多く見られますので注意が必要です。

特に、建売やローコストを売りにしているパワービルダーの現場は、予算と工期の短縮が最優先され、雨が降ろうとやりが降ろうと基本的にはお構いなしですので要注意です。

最近では、こうした問題を解消する為に、壁の中に隙間なく断熱材を充填出来るとして、ロックウールやセルロースファイバー・ウレタン等の断熱材を現場にて吹付施工するメーカーも大分増えてきましたが、構造用金物などの熱橋部分での結露を抑えるための断熱補強を履行している業者はごく僅かです。

接合金物の熱橋対策についてはこちらをご覧ください。

考えなくていけないのが、こうした目に見えない部分での不具合は、湿気や結露によって徐々に断熱材や構造材の劣化を招くことで、自ずと、耐震性や断熱性能とともに耐久性も低下してしまうのです。

こうした問題は、内断熱に限ったことではなく、外断熱でも同様の問題ですが、家づくりには、気密と断熱の施工精度の高い業者の選定が、非常に重要になるということをご理解いただければ幸いです。



PV搭載NO1企業のゼロエネ率

  • PV搭載NO1企業のゼロエネ率

この度、S社では、太陽光発電システムを搭載しているゼロエネルギー率を、公表いたしました。

詳しいデーターはこちらをご覧ください。

発表によると、家電込みのゼロエネルギー達成が、42%で、ZEH基準に定めるゼロエネルギーの達成率は、64%となっています。

ちなみに、家電込みのゼロエネの平均搭載容量は、8.91KW・家族数3.4人で、ZEH相当の平均搭載容量は5.94KW・家族数3.6人だそうです。

ウ~ンという感じですが、詳細につきましては、住まい塾などで紹介したいと思いますので、ご興味のある方はお申し付け下さい。