無限の住人

先日、無限の住人を観ました。

主人公が不死身というくらいしか知らず、観たけど、ものすごいバトルの連続だったな~。あれくらいバトルが多く、スピード感があって展開されると、手っ取り早く話が進んで個人的にはおもしろかった。それぞれの善と悪があってそれがわかりやすい形、戦うことで表現されていた。不死身ということでの生とはなにかを考えさせられたりとか、考えさせられる部分もありながら表現はシンプルだったな。

ラストのバトルのシーンは十三人の刺客を思い出す人もいたんでないかな!?なんかもうそのまんまなんでないかなって思った。ってことを考えると、鶴岡で撮影されたのだろうか。だとしたら同じ山形県民としてうれしいけどね。

 

2018.03.01:juhoen:[映画]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。