HOME > 日々の活動・思うこと

3月

新年が始まったときに今こんな状況になるってことが予想できただろうか。

まさに一寸先は闇といえる。

正直、ここからは未知の世界、どういう状況になっていくのかは誰にもわからないのではないかな。本当はどのようにこの問題をおさめるのかのシナリオがあればいいんだけどね。今は予想外の展開に流されていっているような気がする。

そして、このような情報過多の時代になって、ちょっとしたデマというか、トイレットペーパーが爆売れするような混乱もあったりしたことに驚いた。情報がありすぎるだけにその中から情報をどう受け取るか、そういった能力がけっこう重要なんだなと思った。自分で考える力が必要だなと感じた。発信力も大事だけど、受信力も大事、そう思った。

まずは流れが変わるときまで準備していこう。

できれば、3月中に変わってほしいけど~

休校

本当に刻一刻と状況が変わるんだな~と感じる、今回の問題。

今度は小中高に臨時休校要請が出た。

まぁ、最終的には自治体の判断になるんだけど、国からこういう要請が出たということが大きい。おそらく、休校になるんだろうな~。それによる問題もあるけど、結局なにをするにしたって問題はある。今はなにが効果的かを考えて狙いをもって進めていくしかないだろうな。

一方で、人が集まるイベントが次々と中止・延期になっている中、卒業式もどうするかいろいろと検討されている。規模縮小もあるし、中止もあるんだけど、中止の場合、休校となると、その瞬間、もう同級生と会う機会がなくなるということなので、子供の気持ち的にどうなのってあると思う。緊急事態とはいえ、いきなりそうなると困るよね。こういう難しい局面がいろんなシーンであると思うけど、落ち着いて判断するしかないかな。

早く終息が見えてほしい。

自粛

コロナウイルスが与える影響は日々大きくなっている。

大規模なイベント開催の自粛要請も出て、コンサートなども急遽、中止が発表されたりと急な対応にみんなが四苦八苦している。

状況は刻一刻と変化しているので、もはやなにが起きてもおかしくない、そんな状況だけど、実際にそういうニュースを見ると、きついな~とは思ってしまう。

ウイルスも大変、経済も大変、しばし我慢が必要という現状では時が過ぎるの待つしかない。

とはいえ、ただ待つだけでは嵐が過ぎ去ってからの動きが鈍くなる。

この時間をどう活かすか、大切に過ごすかが大事なのかなと思う。

流れが変わったときに動けるように準備していこう。

 

そば屋伝右エ門

  • そば屋伝右エ門

市内にあるそば屋伝右エ門に行ってきました。

もち天雑煮が有名なお店ですが、自分がいくときいつも頼むのが納豆ぶっかけそばです。

甘めのタレが納豆とそばに自分の好みとして合うので、好きなんですよね~。

今回も美味しくいただきました。

また、行きたいですね~

日本商工会議所青年部第39回全国大会⑥

  • 日本商工会議所青年部第39回全国大会⑥

日本商工会議所青年部第39回全国大会「ふじのくに静岡ぬまづ大会」に参加してきました。

振り返ってみると、いろんなものを食べた旅行だったな。

寿司が美味しかったのはもちろんだったけど、意外とびっくりしたのが静岡おでん、これは美味しかったな~。サッカーをしたあとでお腹が空いていたのもあったけど、満足した。あんまりおでんって食べないのだけど、今度からはたまに食べていこうかな。いろいろ食べて比較していこう。

けっこうSAも立ち寄ったけど、フードもお土産も充実しているところが増えてきたな。

そこだけでかなり楽しめるし、お土産も幅広い地域のものが置いてあるので、買うの忘れた~ってときでも挽回できるすごい場所になってきたなと思った。

各地の道の駅も充実しているし、そういった立ち寄りやすい場所がレベルアップしているのはそれはそれでいいけど、そういったところとは逆にほかの観光名所ももっと立ち寄りたいと思われるようにレベルアップしないといけないと思った。