HOME > なあまず日記

なかなか思い通りには・・・

  • なかなか思い通りには・・・
  • なかなか思い通りには・・・
  • なかなか思い通りには・・・
  • なかなか思い通りには・・・
  • なかなか思い通りには・・・

8月12日(金)  晴れ

 

いろいろすることを数えているうちに、たちまちお盆前日!

昨日に引き続き、位牌檀を一区画づつお掃除をする。

 

お掃除を終えると、位牌檀前など本堂の配置を整えて、あとは花を飾ったりお盆の飾りつけを行わなければならない。

 

午前中、東京より先日お葬式をなさったご家族が来宅されて、お参り。

「山の日」があるので、今日お休みをとれば土曜・日曜と連休になるのですね。

お骨を本堂に安置されており、ちょうど故人の好きな薔薇の花を新しい花と取り換えたばかりのところにお出でになって、喜んでいただいた。

皆さんお元気でらして、9月にお墓の改修を終えてから納骨を行うことになっている。

 

 

さて、午後はお盆に必要な物や不足しているものを買い出しに出かける。

それに、お米が無いことがわかり、佛供米として昨年中に頂いていた最後のお米(玄米)があり、併せて精米しにゆく。

 

ようやくお掃除を終え、お盆用の飾りを終えたのは23時でした。。。

さて、明日からお盆の棚経をお上げしに檀家様のお宅へ伺います。

 

 

 

 

 

8月13日(土)  晴れ   夕方から急に強い東風が吹く

 

5時過ぎに目を覚まして、今日からの準備をする。

例年通りの予定で棚経をスタート。

かつて、父親である住職が主となって周っていた頃には、朝の6時頃から始めていたのだが、さすがに今の時代は先方のご希望でもなければ、朝食を済ませて8時頃からとなる。

 

例年より周るペースがゆっくりになってしまい、10軒目のお宅に伺ったのは19時45分だった。

さすがにこれ以降は無理と判断して、予定していた3軒の方に電話で、明日にと、お願いをした。

父親が無くなあったこともあり、それについていろいろと思い出などもあり、話が長くなっていくのだ。

これも仕方がないことだと思う。

皆様に励まされつつ、21時30分に帰宅。

家族のみんなもお疲れ様。

 

 

 

 

 

8月14日(日)  晴れ

 

昨年のお盆には、檀家さん周りはできないものの、家で来客の応対をしていた父がいないのは、私の負担以上に家族にとっても負担は大きいとおもう。

母親もあまり動けないので、相方が主となって応対することになる。

けれども、なにしろ初めてお会いする方も多いわけだし、昨年までとは違うはずだ。

 

さて、私は今日も8時に出かけて、昨日たどりつけなかったお宅から順番にお回りする。

そして、11時からは簗沢の檀家さん宅でご法事のお勤めもあり、今日も10軒を終えたところで19時となり帰宅。

予想以上に遅れてしまっているのだが・・・、さてどうなりましょうか。

 

今年は暑いお盆である。

 

 

 

 

 

8月15日(月)  晴れ

 

今日も8時にスタート。

ウィークデーゆえ、お盆とはいえ、今の家庭事情では不在の家も当然あるわけで、これはしかたがない。

12軒を周らせていただき、19時に帰宅。

 

お昼に、移動中の車を停めて、黙とう。

戦いを終えた、戦いに敗れた日。

改めて、戦争はけしてしないという誓いの日としたい。

 

帰宅後、明日の檀家会総会の資料準備をして、夜遅くにやっとこさ就寝。

 

 

 

 

 

8月16日(火)  晴れ

 

総会の資料を印刷し、会場の襖をはずすなどの準備を行う。

出席の返事があったのは、20名足らず。

お盆の時期の開催がよいのかどうか検討してもよいのではないだろうか。

 

今日も棚経を8時から。

市街地の新盆を迎える方を優先に周らせていただいた。

今日は午前中で、戻らなければならないのだ。

4軒をお回りして、12時30分過ぎにお寺に戻り、総会等の準備を行う。

 

13時30分からお盆のご供養の法要を行う。

これは、檀家さんの全ての霊をご供養する法要として、毎年行っている。

13時40分~14時10分まで法要。

法要を終えると、総代・役員さんの代表と私で墓地へ行き塔婆を供えてくる。

14時30分から総会開始し、出された議案などについて協議。

決算予算に関しては、年度初めの役員会において承認ということになっており、すでに資料をお送りしてあり、それについての質疑。

そして、今年は住職が亡くなったことを受け、その件に関連して、次期住職に私を承認いただいて、手続きに入ることとし、それに関わる来年の儀式に関してもご意見をいただいた。

 

総会終了後、15時40分より懇親会。

参加者は10人ほどということで、一般の方がほとんどいないのが残念。

来年の課題である。

 

懇親会を終えないうちに、桑山の普門寺様の大般若会に行くため、17時半前に中座し向かう。

18時前に到着。

昨年のこの日は、とても涼しい というより寒いぐらいだった。

今年は汗が流れるほど暑い!夏はこうでなくちゃ心配になりますね。

 

20時30分までに法会を終えて、夕食をご馳走になり、21時過ぎに帰宅。

 

懇親会は、役員さんたちが片づけまでしてくださって、きれいになっていた。

役員の皆さん家族も、お疲れ様、無事に終えてありがとう、です。

 

 

 

 

 

8月17日(水)  晴れ

 

お盆の棚経は、基本は16日までですが、二十日お盆までということで周らせていただいております。

 

ということで、お盆休みが明けた保育園へ娘を送って、9時からスタート。

米沢市街地から田沢に向かってくる行程で、7軒に伺って19時に帰宅。

やはり、お葬式に関わっていろんな話があり、長くなっていますね。

 

ちょっと、疲れが出て来て、早めの就寝・・・したいのだが、娘は「花火をしたい!」ということで、お付き合い。

なにしろ、今夏は忙しくてどこにも連れて行けないでいるから、このぐらいしないとね。。。

喜んでおりました。

 

 

 

 

 

8月18日(木)  晴れ

 

今日も娘を園へ送ってから、9時にスタート。

米沢市街地を周らせていただき、6軒ほどお回りして、暗くなる前に帰宅し、今夜も花火!

それにしても晴れがよく続いている。

 

 

 

 

 

8月19日(金)  晴れ

 

今日は8時からスタート。

市街地から田沢に戻る道筋で、6軒お回りして夕刻前に帰宅。

 

玄関先に植えていた朝顔が、紫というよりうすい青色でなかなかキレイ。

これは、というか、これも頂き物で玄関の階段につけた手すりに咲いている。

 

さて、あと残すところ1日となった。

不在のお宅もあり、都合が合わずご連絡を入れてお詫びをしなければならない方もある。

疲労もピークになってきたか。。。

花を見て、家族とあれこれ話して、ゆっくり一日を終えた。

 

2016.10.19:dentakuji:コメント(0):[なあまず日記]

たいへんそう?でもないのですが

  • たいへんそう?でもないのですが
  • たいへんそう?でもないのですが
  • たいへんそう?でもないのですが
  • たいへんそう?でもないのですが
  • たいへんそう?でもないのですが

8月8日(月)  晴れ 時々うす曇り

 

5時に目が覚めて、しばしボ~ッとし、6時過ぎるのを待って外へ。

裏の草刈りをする。

いくら田舎とはいえ、6時前から刈り払い機のエンジン音を響かせるのは気が引ける。

6時15分頃から作業開始し、小一時間ほど作業。

 

今日は大荒沢不動尊の登拝日。

 

本堂にお供えしている花を整理し片づけ方をしていたら、娘が手伝うという。

「お父ちゃんたいへんそうだから。」
う~む、そんなに大変そうに見えているのかなぁと思いつつ、なんだか嬉しいではないか(^^;

 

財団の事務所に立ち寄り、お堂の状況などを話してから、大荒沢のお堂へ行く。

メジロが嬉しそうに?飛び回って車に向かってくる。

ドアを素早く開閉するのだが、何匹かに車内に入られてしまった。

 

お堂内の雨漏りは、しだいしだいに範囲を広げており、応急処置が必要なのだが、そちらにかける時間がなかなかとれなくて、どうしたものか。

とりあえず、風を通し、濡れた部分を拭きとり、お掃除をして、ご法楽を上げて、昼過ぎまで。

 

午後に帰宅し遅い昼食を摂ってからしばし休憩。

急ぎ出さなければならない、文書を作って発送の準備。

毎回、早く出さなければ!と思いながら、ギリギリになってしまう。

それから、たまった、書類などを片づけて、いよいよお盆の準備などをいろいろと数えてみる。

 

夕刻から、小学校時代の恩師を囲んで、バーベキュー。

夏と冬、恒例の行事になり、毎回お宅に押し掛けてお邪魔している。

雨が心配な空模様だったので、屋内で開催。

賑やかにいろんなことをしゃべって、たちまち22時。

少々片づけなどをして、酒を飲まない同級生の車に乗せてもらって22時半に帰宅。

今日も楽しかった、いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

8月9日(火)

 

朝から、とにかく発送しなければならない文書の中身を確認し、住所を書き、米沢郵便局から昼過ぎまでに発送を終わらることができた。

 

とりあえず、一安心。

それから、地区内の手渡ししてもらう分を準備し完了。

 

夕刻前に支払いなどをして、一日があっと言う間に終わってしまった。

お盆はもう目の前、しなければならないことが、いっぱいあり、焦る。

 

 

 

 

 

8月10日(水)  晴れ  

 

5時に起きて、総会の案内状の配布をする。

朝イチに、目が覚めるように、ペプシコーラストロングを飲む。

久しぶりにコーラを飲んだら、炭酸がけっこうきついなぁ。

 

もう、ここまで遅れると郵便より直接配った方が早いので、下の町 → 上の町 → 東側 → 下中原とまわって、配り終えた。

 

さて、お盆を迎えるにあたり、本堂の片づけと位牌檀の清掃などを始める。

今年は、父の葬儀があったため、配置などが微妙に変わっており、よい感じに再配置しようと思う。

 

夕刻、久しぶりに相方と外食しようか、と出かける。

さて、どこにしようか迷って車を走らせて、まだ入ったことのないタイ料理のお店にしよう!ということで、伝国の杜の南側にあるお店に入る。

相方は元バックパッカーで、タイ旅行もしているので食べ物はたいてい問題ない。

私は辛すぎなければ、香草も食べられる。

 

結局、とても美味しくコース料理をいただきました。

また来てみたいと思った

 

 

 

 

8月11日(木)  晴れ

 

5時に目が覚めた。

今朝も、6時過ぎるのを待って、裏の草刈りを小一時間ほどする。

 

あ、そうだ、今日は「山の日」という祝日なんだそうですね。

どうしてこの日なんだっけ?

ちゃんと調べておかなけりゃいけないな。

 

墓地の納骨堂のとびらの取り換えが塗装まですべて終わり、お盆前に良い感じに出来上がった。

そして支払いも終えて一安心。

とても良い仕事をしていただきました。

 

今日の午前中から、位牌檀のお掃除を集中的に始める。

一区画づつ、お位牌と五具足を取って、掃いて拭いて、元に戻すということを繰り返す。

 

お昼前に、親類の介護の手続きに関わる説明を受けに出かけ、昼食を摂ってお昼過ぎに帰宅した。

 

それ以外は、来客の応対とお掃除で一日を終えた。

 

このところ晴れが続き気温も上がっており、夏らしくなってきた。

いよいよお盆である。

 


 

2016.10.16:dentakuji:コメント(0):[なあまず日記]

東へ西へ

  • 東へ西へ
  • 東へ西へ
  • 東へ西へ
  • 東へ西へ
  • 東へ西へ

8月5日(金) 晴れ

 

朝から気温が上がり暑い一日。

 

娘を園に送って戻ってから、米沢市内のお宅に伺って、屋敷神様のお祭りのお勤め。

8月は屋敷神様のお祭りが比較的少ないのだけれども、こちらでは昔から8月のお盆前とのこと。

こちらの家で、以前 おいでになっていた法印さまがいらっしゃったそうなのだが、亡くなられて後を継ぐ方がいないということで、ご紹介くださった知人がおり、私が伺うようになったのでした。

 

5年ほどになるのだが、雨が降ったことが無く、いつもじりじりと暑い!。

今日も例外ではなく、汗が噴き出てくる。

石塔の脇には、それほど大きくはない松の木があり、少しだけ木陰になって助かる。

無事に終えることができた。

 

 

昨夜の役員会で、檀家会として、新盆の供養に提灯を贈ってくださるということになり、仏具屋さんに行き相談した。

例年お盆に下げる、対になっている吊り提灯が古くなったので、それを新調させていただくことにした。

早速提灯に入れる紋などを調べて、お盆に前に納品される予定。

 

夕刻前、娘を迎えに行く途中、墓地に立ち寄り、ほぼ出来上がった納骨堂の入り口の扉を見に行った。

木の香りがとても良く、風通しもよさそうで、なかなかいい出来である。

あとは、無色の塗装をするだけとのことで、お盆前に出来上がる。

 

娘を迎えに行き、その足で松が岬公園方面へ行ったら、ほんとにたまたまだったのだけれども、水上花火大会があることが分かった。

当然のごとく娘は「花火見たい!」ということで、駐車する場所もまだあったし、まだほんのり明るい伝国の杜前の広場へ向かい、芝生の上に新聞紙を敷いて座って眺めることに。

開幕前に、音楽グループのアトラクションもあり、ややあって花火が始まった。

 

大きな花火ではないけれども、なかなか味わいのある花火で、これはこれでよい。

人出もあって賑やか、小・中学生なども多い。

河川敷の賑わいとはまた違うゆるさがあるように感じる。

 

終盤、少し早目に席を立つ。

駐車場方向へ向かって歩き、お堀端近くから花火を見ると、水上に映る花火が見えて、こちらの風情の方がよいなぁと思った。

 

露店でピカピカ光る星が先についている杖を娘にねだられ、買ってしまった。

大変満足して帰宅するムスメでありました(^^;

 

 

 

 

 

8月6日(土)  晴れ

 

祈りを捧げる朝です。

 

さて、父親が仕事場にしていた部屋を、必死に書類捜し!

お葬式騒ぎで、無我夢中でその部屋に物を運び込んだということもあり、かなり大変な状態になっている。

明朝、お墓の共同作業での草刈りがあり、その際にお盆の墓地灯に関する決算と予算資料をお渡しし説明をすることになっている。

その領収書などの資料が見つからなくて困っていたのだ。

 

夕刻過ぎに、もうここしかないのではないか!という場所を書類をひっくり返していたら、資料の詰まった袋を発見した。

やれやれ・・・。

しかし、それからその書類をもとにして資料を作成しなければならないのだ。

これらの事務は、父がすべて一人で行っていたもので、なかなかわかりにくい。

なんとか、前年資料を参考にしながら文書を作成し、印刷を終えた頃には真夜中過ぎて、朝5時からの作業開始まで、とりあえず仮眠。

寝過ごしてはいけないし・・・。

 

 

 

 

 

8月7日(日)  晴れ  暑くなった   夕刻近くに東風が吹き出した

 

 

なんとかできた文書を持って、4時50分に家を出て墓地へ。

5時5分前、早い人はもう作業開始している。

墓地全体、周囲と通路と道路際などに伸びている草を刈る。

草刈機を持参してきている人、鎌でこつこつと刈っている人など、様々。

家族で来て、墓地掃除をしている人も少なくない。

 

お寺の役員さんに文書をお渡しし、市内から来ている人には直接手渡しで資料配布。

大方の作業は6時頃で終え、墓地の真ん中あたりに集合してもらい、私から挨拶とお盆の墓地灯の説明をし、15分ほどで解散。

あとは、ここのお墓のお掃除をする人帰る人などなど。

私も、納骨堂に行って少し草を刈り片づけて7時頃に帰宅した。

 

10時から、米沢市東部の郊外にあるお宅にて、ご法事のお勤め。

一周忌。

世代的には私とあまり変わらない方のご供養。

昨年はとても辛い思いをなさったご家族、とにかく皆様お元気で過ごされておりよかったと思う。

 

お昼に帰宅し、さすがに昨夜はほとんど寝ていないので眠気に襲われ、昼寝。

いやぁ気持ちいいこと。。。

 

16時から、お寺でお車の交通安全祈願のお勤め。

2時間ほどの休憩で、頭がすっきりした。

 

そして、夜は川西町の夏祭りへ行く。

フレンドリープラザの駐車場などが主会場となっており、今日は実家で一日お世話になった娘と、ここで合流。

 

様々な飲食ブースがあり、それなりに賑わっている。

昨日の米沢の水上花火大会の会場ぐらい賑わっているように思うのだけれど、どこかのどかな雰囲気があって、いいなぁと思う。

 

小松の獅子踊りがあり、その獅子が火の輪をくぐるという荒業を披露した。

私は初めて見るその姿に、驚き!

お獅子さま文化は、川西町や西置賜は米沢にはない熱いものがあり、素敵です。

 

そして、祭りのフィナーレは花火!

プラザの東側の田んぼの真ん中みたいな場所で打ち上げです。

 

高い建物が無いので、素晴らしくよく見えます。

これだと、町のどこからでも見えるのではないかと思うほどです。

 

夏の賑わい、楽しませていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

2016.10.10:dentakuji:コメント(0):[なあまず日記]

晴れ続き

  • 晴れ続き
  • 晴れ続き
  • 晴れ続き
  • 晴れ続き
  • 晴れ続き

8月1日(月) 晴れ

 

5時に目が覚めて、今日の準備。

6時半過ぎに、大荒沢へ行き、お不動様の前から水を汲んできた。

ご祈祷の際に用いる水を、無くなると大荒沢へ汲みに行く。

 

車でお堂に着くと、メジロ(アブ)がわんわんと車に寄ってきて、飛び回る。

今年の7月は涼しくて、忘れていたのだが、この季節、山に行くと普通にメジロの大群がやってくるのだった。

排気ガスの匂いが好きなのだろうか、くるまに向かってくる。

 

ちょっと、季節感を感じた。

それに、お堂の境内が、草ぼうぼうになっていた。

 

 

8時30分より、米沢市内金融機関にある屋敷神様のお祭りがあり、ご祈祷をさせていただいた。

先々代の住職である、私の祖父の時代からご祈祷をさせていただいている。

9時15分までに終えて、9時半に帰宅。

 

依頼していた、墓地の納骨堂の扉の工事が始まった。

 

午前中は休憩。

 

午後からは来客が続き、応対。

 

8月は、例年、お盆までの間は少しだけ余裕がある。

が、今年はいいろいろありそうなので、どうなるかわからない。

早めにお盆の準備をしておこうと思う。

 

 

 

 

 

8月2日(火)  晴れのち曇り

 

今日は、檀用と法務ともなく、午前中は娘を送ってからゆっくりと過ごす。

 

午後から、伯母の退院とその後の介護の件で、隣の自治体の病院へ行く。

自力で歩くことができなくなり、食事も自分で摂ることもできないし、もちろん普通食ではない。

けれども、病院でする治療はなく、介護をどこでするか?という問題。

しばらくは、自宅介護をする方向となった。

その人の状態にあった施設で、家庭の介護できる力と、金銭的な問題など、様々な条件を考えて介護方法を考えなければならないので、大変である。

ケアマネージャーさんに、お世話になりながら、今できる最善の方法をとるということになる。

私は、実際に何も出kるわけではなく、保証人となったり、アドバイスをする役目。

こうしてみると、私の家庭もいつこのような状況になっても不思議ではなく、いろんなケースを想定しておかねば。

けして他人ごとではない。

 

 

 

 

 

8月3日(水)  晴れ

 

午前中に、雑事や事務をして過ごした。

 

15時から、山形大学の小白川キャンパス内で、「山形草木塔ネットワーク」の理事会があり出席。

なんだか久しぶりの山形市。

途中の自動車道が、途中工事等の渋滞が出ていたこともあり、10分遅れで到着。

いままで、事務局を担当されていた先生が多忙のため、交替されることになった。

立ち上げ後、しばらく活動が停滞した後を、精力的に事業を実施されてきた前任者の方に敬意を表しながら、新たな担当者に期待したいとおもいます。

会議は17時に終了。

 

せっかく山形市まで来たので、いくつかの用件を果たそうと思う。

 

18時時前に、従兄が上山市の老人ホームに入所しているので、顔を出す。

約1年ぶりぐらいになる。

電話で何度か話してはいるものの、直接話して、まずまず元気でやっているようなので、一安心。

 

19時、まさに閉店直前の「紙月書房」に到着。

もう、帰り支度のご主人が、快く入れてくださった。

今話題の『暮しの手帖』のバックナンバーが充実していた。

1958年(私が生まれる前)発刊の号を購入した。

 

最後は、これも閉店直前のアウトドアショップに行く。

20時閉店で、15分前に着き、間もなく 蛍の光が流れました。

 

山形市内は、明日から始まる「花笠まつり」のため、七日町から文翔館の通りは、電飾や看板などの飾りつけができており、祭りムードが高まっておりました。

 

 

途中で夕食を食べて、21時30分に帰宅でした。

 

 

 

 

 

8月4日(木)  晴れ

 

さて、夕刻からお寺の役員会があるため、資料作りなどの準備を行い、午前中終了。

 

お昼に、用事があって、入田沢の塩地平へ行く。

素晴らしく晴れ上がり、快適なドライブ。

 

13時30分から、福祉関係団体の定例会があり出席し、引き続き、戦没者合同慰霊祭の打ち合わせ会があり、15時40分に終了。

 

戻って再び準備をして、なんとか間に合った。

 

19時から檀家の役員会開催。

父親が亡くなってから、初めての定例役員会で、お盆に開催している総会の段取り等を話し合っていただき、21時30分に終了した。

 

皆様には、今年はいろいろとお世話になり、また今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.10.05:dentakuji:コメント(0):[なあまず日記]

ちょっとお出かけ

  • ちょっとお出かけ
  • ちょっとお出かけ
  • ちょっとお出かけ

7月30日(土)  晴れ   午後からところによりにわか雨  のち晴れ

 

ようやく暑くなってきた。

 

10時30分から、簗沢のお寺の本堂にてご法事。

気温上昇、かなり暑いのだが、こちらのお寺は風通しがよくて、心地よい。

法要終了後に、お墓参りをして、施主の娘さん夫妻に送り迎えを頂いて、お昼の会食に。

お酒をご馳走になり帰宅。

 

 

米沢の7月30日と言えば、花火大会ですよね。

 

6月から、我が家の葬式とそれに関わる一連の行事などがあり、娘をどこにも連れて行っていないので、花火はいいだろうということで、相方の運転で、娘と3人で花火見物。

友人の実家に車に停めてさせていただき、松川堤防へ歩いてゆく。

出かけるのが遅かったので、、すでに終盤という感じだったものの、昨年・一昨年よりも花火の数が多くなったように感じました。

 

娘も、昨年までは、大きな爆音が怖くて、ちゃんと見られなかったのですが、今年はしっかり見ることができたようです。

 

道路沿いに並ぶ露店から娘の目をそらすように、スタスタとスル―していきましたが、最後に大型スーパーでお菓子を買うことになってしまった。

 

でも、ちょっとでも、一緒のお出かけができてよかった。

 

 

 

 

 

7月31日(日)  晴れ    暑くなった

 

5時に目が覚め、娘も6時に目が覚め起きた。

今日は、珍しく日曜日のお勤めが入っておらず、娘の子守(^^)

 

午前中はまず来客があり、それから川西町フレンドリープラザへ行く。

夏休みの「お話し会」があり、途中参加。

子供向けの、バラエティに富んだプログラムなのだが、観客が少ないなぁ。

私たち親子を含めて5組ほど。

最初のうち5~6人いた小学生たちが途中でいなくなっていた。

よいプログラムだけに残念に思う。

小学生の数も少なくなっているし、いろんな活動も多様になっているせいかもしれない。

 

 

お昼に、近くの食堂で、お昼休みの相方と3人で外食。

 

帰り道で、小松町内のお菓子屋さんに立ち寄り、買い物ついでに「氷水」を!

子供と半分こ、かな?!と思ったのだが、ぺろりと食べられてしまった。

まさに、カキ氷ではなく、氷水(こおりすい)で、す~っと口どけするタイプでした。

暑い午後に、うまそうに食べる様子を見ておりました。

 

 

帰宅途中で、娘が昼寝。

家に戻ったら、氷水を食べたお菓子屋さんに忘れ物をしたと連絡があり、そのまま受け取りに戻る。

いやぁしょうしいごど。。。

 

なぜこの荷物が私と判ったかと言うと、帆布でできたトートバッグで、とても特徴のあるデザインがしてあり、私と入れ違いで入店した人が、私たち夫婦の仲間であり友人であったことから、私であることが判ったそうなのだ。

ちなみに、その方(女性)も子供連れ(息子)で、氷水を楽しもうと立ち寄ったのだそうだ。

偶然って面白く、有難いものだ。

 

1時間ほど娘を車に乗せたまま、昼寝をさせて、私も休み休みして、その足で伝国の杜へゆく。

ここで、いろんな作品作りの体験ができる場所がある。

相方と時々行っている娘に先導されて、私ははじめて。

今日は、絵具で色を重ねて紙を合わせるとどうなる?という体験をしてきた。

 

暗くなる前に帰宅し、今日の役割の大方を終了。

 

あとは、明日の準備をして、長かった7月を終えました。

2016.10.01:dentakuji:コメント(0):[なあまず日記]