HOME > 記事一覧

【WBC】大谷選手のホームランボール

  • 【WBC】大谷選手のホームランボール

まずは、WBC日本代表の皆さま。そして日本代表を応援している皆さま。

 

1次リーグ4戦全勝で、準々決勝進出おめでとうございます。

 

12日のオーストラリア戦、初回の大谷選手の第1号特大3ランホームランが効いて、

1次リーグ首位を争う3連勝中の相手に圧勝しましたね。

 

この「ホームラン」さらに2つ驚いたことがありました。(ご存じの方も多いと思います)

 

大谷選手の打球は大谷自身が映し出された広告看板に直撃していたことに驚きました。

 

そしてもっと驚いたのが、ホームランボールの行方です。

 

ボールをゲットした女性ファン(福島県いわき市から家族と来ていた)の周りの方が、

それぞれ自分のスマートホンで記念ボールの撮影をしていて、歴史的なボールを皆で

喜び合い、最終的に1周回って持ち主の元へ戻していたことです。

 

凄いなと思ったのは、みんなでシェアしようと思った女性と、周りの方々も

記念のボールをあたり前のように女性の元に戻したことです。

 

↑ ホームランボールをキャッチした赤津さん

 

実際の動画 https://twitter.com/i/status/1634867157879193600

 

 

自分がもしその女性のような状況にいたら、同じことをしていただろうか?

 

「知らない人に触られたくない」

「誰かに奪われて逃げられたら嫌だ」

 

と、適当なことを言って断っていたかもしれません・・・

 

アメリカ「FOXスポーツ」実況のスティーブン・ネルソンさんは「礼儀正しくボールを

回しあい、お互いに歴史的瞬間を共有していました」と伝え、解説を務めるホセ・モタ

さんは、「(捕球した)彼女にとってなんて尊い瞬間でしょう。この心の温かさ『この

瞬間を周りのみんなと共有したい、みんなが歴史の一部なのだ。みんなでショウヘイを

見に来たのだから、共有しない手はない』という」女性の心の広さを称賛していました。

 

この女性の“善行”が「日本の野球ファンは最高だ」「本当に単純なことがすごく心温まる

ことになり得る」と世界で話題となっています。

 

自分も、普段からその女性のような心の広さを持てるようになりたいと感じました。

 

 

2023.03.15:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

「黒い太陽~コードネーム:アムネシア~」

  • 「黒い太陽~コードネーム:アムネシア~」

3月になり、日中は暖かい日が多くなってきました。

 

愛犬を連れて外出する機会も増えてきました。

 

そんな中、3月15日よりCS放送(LaLa TV)で面白そうなドラマが始まります。

 

「黒い太陽~コードネーム:アムネシア~」というドラマです。

 

 

このドラマは、ナムグン・ミン主演のサスペンス・スパイアクションです。

 

「ドクタープリズナー」「ストーブリーグ」「キム課長とソ理事」など数々の

主演作をヒットに導いてきたナムグン・ミン!

 

コメディからイケメン、サイコパスまでジャンルを問わず作品ごとに自在に憑依し、

“ゴッドグンミン(演技の神)”と呼ばれる彼の、新たな最高傑作が誕生!

(公式サイトより)

 

彼が演じるのは、鋭い洞察力と並外れた行動力を持ちながら、記憶を失ってしまった

国家情報院のエリート要員ハン・ジヒョク。

 

任務遂行中に姿を消し、死んだと思われていた国家情報院のエリート要員ジヒョク。

その1年後に失踪前後の記憶を失った状態で発見された彼は、自分を陥れた裏切り者

の正体を突き止めるため職務に復帰。 次第に明らかになる、巨大な闇の組織の存在、

そしてジヒョクの記憶の中で閉ざされた自身の過去の“秘密”とは?

 

復讐のため巨悪に挑む孤高のスパイの非情な戦いが、破格のスケールで展開!全編を貫く

緊迫感とともに二転三転するストーリー、幾重にも張り巡らされた伏線の数々が密度の

高いドラマを生み出す。

 

ハードなアクションも見どころで、ガンファイトからカーチェイスまで、まるで映画を

観ているようなカメラワークが繰り広げられ、スリルと興奮を掻き立てる! 中でも、

「韓国ドラマ史上最高のアクション」と絶賛された格闘シーンは必見(公式サイトより)

 

ナムグン・ミンのドラマ「ストーブリーグ」、「ドクタープリズナー」、「昼と夜」を

観ましたが、どれも面白かったです。俳優としてどんな役でも良かったと思うし、この

作品のストーリーも私好みなので、とても期待しています。

 

春なのに、出不精になってしまいそうです…

 

スパイアクション作品が好きでCS放送が観られる環境の方におすすめの作品です。

 

 

2023.03.08:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

備えて安心「ホイッスル付きボールペン」

  • 備えて安心「ホイッスル付きボールペン」

先日、紹介しました「車載用防災13点セット」が好評をいただきました。

 

そのことがきっかけで、弊社の営業車に長期保存クッキー、飲料水、

携帯トイレなどを備えることになりました。

 

さて、今回も防災用品「備えて安心 ホイッスル付きボールペン」を

紹介いたします。

 

 

この商品は、LEDライト、ホイッスル、ボールペンの3WAY多機能ペンです。

 


キーホルダー付きで携帯しやすく、いざという時に便利です。

 

野外活動やお子様の防犯にもおススメです。

 

音と光で居場所を知らせ、防災・防犯どちらでも活躍するノベルティです。

 

イベントの来場ノベルティや防犯等のセミナー等での配布にいかがでしょうか。

 

本体参考価格は@400円ですが、数量がまとまる場合はご相談ください。

 

また、本体に1色でパッド印刷が出来ます。

 

詳しくは壱岐産業まで

2023.03.01:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】もう、老サンゼルス・高齢カーズとは言わせない

  • 【NBA】もう、老サンゼルス・高齢カーズとは言わせない

約1ケ月ぶりに、NBAネタでいかせていただきます。

 

ロサンゼルス・レイカーズはここ1ヶ月のトレードで八村塁(25)、ディアンジェロ・ラッセル(26)、

マリク・ビーズリー(26)、ジャレッド・バンダービルト(23)、モー・バンバ(22)を獲得しました。

 

ラッセル・ウェストブルック(34)、パトリック・ベバリー(34)、ケンドリック・ナン、トーマス・

ブライアント、ホワン・トスカーノ・アンダーソン、デイミアン・ジョーンズを失ったものの、全体的

にはロスターの強化に成功したと言えると思います。

 

そして、若干若返りにも成功しました。

 

開幕時スタメンの平均年齢は、31.6歳でしたが、12日(現地11日)と14日(同13日)のスタメンは

平均年齢が26.4歳と5歳近く若くなりました。(もう、老サンゼルス・高齢カーズではありませんね)

 

38歳のレブロン・ジェームズが欠場したものの、12日の試合では新戦力の若手選手の活躍もあり勝利し、

今のところトレードは成功したと思います。

 

エースのレブロン・ジェームズ(38)は、8日(同7日)の試合で38得点を挙げ、NBA通算得点で歴代

1位の3万8390得点となりました。アシスト、リバウンドでも通算1万本を超え、3万得点、1万アシ

スト、1万リバウンドを達成したのはNBAの歴史の中でもレブロンのみの大記録となっています。

まさに、史上最高のオールラウンダーであり、史上最高のスコアラーとも言えますね。

 

レブロンは、足の痛みをこらえながらの記録達成でしたので、数試合は欠場する見込みとなっています。

↑ レブロン欠場で落ち込む女性ファンの横にレブロンが来て驚愕

  https://twitter.com/i/status/1624588064482811906

 

現在、レイカーズはウエスタン・カンファレンス13位と低迷していますが、プレーイントーナメント

(プレーオフ進出順位決定戦)に出場可能な10位のユタ・ジャズと2.5ゲーム差、プレーオフに無条件で

出場出来る6位のロサンゼルス・クリッパーズと4.5ゲーム差となっています。(14日時点)

 

残りのレギュラーシーズンは24試合で、チーム状況は勝利優先に変わりはありません。

 

レブロンに大きなけがをさせないように休ませながら勝つには、チーム全体で頑張るしかない。

 

レブロンは、来週のオールスターゲームに19年連続19回目の出場が決まっているが、

スタメンでの出場は観られるだろうか?

 

 

 

2023.02.15:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

ゴミ袋のカラス対策には円いピタリングが効果あり?

  • ゴミ袋のカラス対策には円いピタリングが効果あり?

約1年前のハモコミ通信1月号②で「カラス」についてブログを書かせていただきました。

 

そのときの内容は、以下のとおりです。

『現在、弊社でカラス対策として、会社の倉庫に眠っていた「ピタリング」

(居眠り運転・脇見運転防止体感マット)
https://iki-sangyo.co.jp/log/?l=415680

という輪っか(Φ600mm)に「カラス対策」と記載してゴミ袋に掛けています』

(一部省略)

 

あれから1年以上経ち、ゴミ袋が荒らされていなかったので続けて行こうと思います。

 

カラスには文字が読めるのでは・・・と思い

「カ ラ ス に 注 意 」と書いたのが良かったのかも?

 

一番の心配は、ごみ収集の方に「ピタリング」を持っていかれないことでしたが、

弊社社員の鈴木に「カラス対策です」と下の方に書いてもらいましたので大丈夫でした。

 

ゴミ袋を荒らすカラスに悩んでいる方々に参考になれば幸いです。

 

詳しくは壱岐産業まで

 

2023.02.08:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]