仙台国際ハーフマラソン、無事完走

  • 仙台国際ハーフマラソン、無事完走

第29回仙台国際ハーフマラソン大会。個人的には4回目の出場となりました。

 

新緑のプリンセスランナー

 

今大会から、『新緑のプリンセスランナー枠』というのが設けられました。

マラソン初心者、マラソン始めたい女性を対象とし、事前練習会を行って、

全員(30名)で制限時間内(2時間半)の感想を目指すというもの。

 

写真のようにおそろいのコスチュームで、谷川真理さんがウォームアップを指導して

いました。エントリー費26000円の中にはランニングシューズを含めたユニフォーム代も

含まれているので、決して高くはないと思いました。

 

これまで大した目標を持って参加したことはなく、青葉通、定禅寺通、東二番町通など、

こういうときじゃないと走れないところを沿道の声援付きで走れる楽しさを味わうだけで

満足していました。

 

しかし、今年は令和元年。チャレンジ精神を失くしては、明るい未来をリードして

いけない、という個人的危機感から、今の自分にはちょっとだけハードルの高い、

2時間切りという目標を立てました。

 

トップ選手の倍の時間ですから、偉そうな目標ではありませんが、自分にとってそれが

チャレンジであればそれでいいのだと思っています。

 

さて、好天にも恵まれ、5㎞ごとに設定した目標タイムどおりに走ることができ、

1時間58分30秒でゴールしました。

 

仙台国際ハーフマラソン

< SZPとKOOKのラン仲間と >

 

実は、今回、抽選に漏れ、チャリティランナー枠で参加しました。

 

確かにそれなりの支払いが生じますが、寄付先を4つの中から選べるという点や、

キャップとパンツがもらえ、当日のウォームアップを陸上競技場内でできるなど、

特典も悪くありません。

 

陸上競技場内のウォームアップは、招待選手や陸連登録者など、限られた人だけが

利用できるため、そういう選手たちがどういう真剣な様子でどんなウォームアップを

しているか、間近に見て感じることができ、こちらの心も上がっていきました。

 

とても貴重な体験をさせていただきました。

2019.05.19:yoshihiro:コメント(0):[コンテンツ]

令和の安寧を祈願して、七ツ森八がけ登山

  • 令和の安寧を祈願して、七ツ森八がけ登山

今年何かをやると、令和初という冠がつきますね。

みんな少しずつ令和という新しい時代に思いを込めつつあると思います。

 

平成は日本としては戦争を経験しない平和な時代でした。

もっとも甚大な被害をもたらした災害が頻発した時代でもありました。

 

災害は人の力ではどうしようもない部分が大半ですが、せめて人心が落ち着いて、

人々のお互いに対する信頼感が充ちていくような時代であってほしいと願っています。

 

そんな願いを込めた山登りがある、と聞いて、すぐに参加を決めたのでした。

 

仙台市北部大和町に七ツ森という広く市民に親しまれている山群があります。

一番高い笹倉山(大森山)でも標高500mほどの低山群なので、

子供でも十分登れますし、近くの南川ダム湖畔にはデイキャンプに最適な広場もあります。

 

確かに1座だけ登るなら大したことはないのですが、1日で全部登るとなると、

ベテランクライマーでもヒーヒー言う、と言われています。

何しろ登っては下り、下っては登るを7回繰り返すのですから。

 

1日で7座すべて登ることを七がけ(七薬師がけ)と呼び、祈願が成就すると言われているそうです。

そして、1年に1度だけ5月8日の山開きの日は、笹倉山1座を登れば、7座登ったのと同じ

ご利益があるとされており、地元民がご覧のとおり、集まってきていました。

 

 

今回声をかけてくださったS氏の発案は、そういう伝統の更に上を行っています。

 

それぞれ独立した峰が7つある、と思われていますが、正確には8つあるのです。

たがら森という名前で標高も220mと低いことは低いのですが、森ではなく立派な山です。

 

5月8日に笹倉山1つでご利益があるとすれば、残り7座も同時に登れば2倍のご利益が

得られるはず。1つは東北復興を願って、もう1つはそれぞれの願いを、という発想。

 

私はもう1つを令和安寧としました。人心が安定すれば、あとは本人の努力次第。

ということで新緑の山道を朝7時出発し、夕方6時まで11時間かけて踏破しました!

 

ヤマツツジが綺麗。

 

ブナの新緑。

 

笹倉山の中腹から南川ダムを望む。

 

イモリがいたり、

 

モグラの死骸に遭遇したり、

 

同行の仲間たちとワイワイ登ってきました。

 

ルートは、鎌倉山⇒遂倉山⇒たがら森 ⇒車で⇒ 笹倉山(大森山) ⇒車で⇒

南川ダム湖畔で昼食べて ⇒ 松倉山⇒撫倉山⇒大倉山⇒蜂倉山

歩数にして33000歩でした。

2019.05.12:yoshihiro:コメント(0):[コンテンツ]

令和元年元日ひらめきカフェ

  • 令和元年元日ひらめきカフェ

 

いよいよ令和がスタート。

人々の心が安寧で豊かになり、喜びの総和が増えていく時代になってほしいと願います。

 

その初日、お気に入りのカフェキートスでケーキセット付「褒め言葉養成講座」を開催。

オフィス街なのでお客さんが少ないだろうと、お店応援を兼ねての実施でした。

 

APPLAUSE(拍手)を使ったこの講座も今回で3回目。

ツールの出来がよく、毎回盛り上がります。もちろん今回も。

 

褒め言葉養成講座というタイトルながら、実は自己表現と観察力を鍛えるワークかな、

という気がしています。同時に自分を肯定的に見つめ直す場でもあります。

 

いろいろな人を対象に実施してみたいワークです。

 

2019.05.05:yoshihiro:コメント(0):[コンテンツ]

「宮城白石産ササニシキ復活プロジェクト」×「ひらめきメソッド」Part 2

  • 「宮城白石産ササニシキ復活プロジェクト」×「ひらめきメソッド」Part 2

 

前号の続きです。

 

国や県から助成金が出て実施される期間限定プロジェクトは世の中に多々ありますね。

助成金がなくなった途端そのウェーブがパタリと消え、あれはいったい何だったのか?

ということも少なくないのではないでしょうか?

 

まあ、そこまで極端ではないにしても、助成金頼みのプロジェクトが抱える問題点の一部

を端的に表しているものと言えるでしょう。

 

「宮城白石産ササニシキ復活プロジェクト」は4月で4年目を迎えたプロジェクト。

プロの農家さん9名手塩にかけて栽培しているので、もちろん結果が出ています。

 

2週前のブログにも書きましたが、その自然乾燥米を美味しくいただきました。

本当に美味しいです。なつかしい味です。

 

今回依頼を受け、プロジェクトが解散されても残せるものは何だろうか、と、

私なりにいろいろ考えてみました。

結果、プロジェクトに参加した人同士の信頼関係ではないか、という結論に達しました。

 

地元で生き続けていく以上、これに勝る宝はありません。

 

もちろんすでに3年間一緒にやってきているわけですから、ある程度の信頼関係は

できていることでしょう。しかし、本当の信頼関係とは、相手のことをよりよく知ること

からしか生まれないだろう、と。

 

であれば、なかなか普段のコミュニケーションではうかがい知ることのできない、

その人の内面をお互いに感じ合えれば、グッと距離が縮まっていくだろう、と。

 

その仮説の下、ひらめきメソッドAPPLAUSEとWORKの2種類を使って、

2日間に分けてワークショップを担当させていただきました。

 

 

 

2019.04.28:yoshihiro:コメント(0):[コンテンツ]

畦かえる「宮城白石産ササニシキ復活プロジェクト」 × ひらめきメソッド「アプローズ」

  • 畦かえる「宮城白石産ササニシキ復活プロジェクト」 × ひらめきメソッド「アプローズ」

前回のブログで白石のササニシキ自然乾燥米がいかにおいしいか、

ということについてお伝えしました。これは本当にそのとおりです。

 

パッケージが紙袋である点と、自然乾燥米という追熟のおいしさ、について、

感じたことを書かせていただきました。

 

では、同じように紙袋パッケージとして自然乾燥で追熟させた

コシヒカリ、ひとめぼれ、つや姫、だて正夢、とはどう違うんだろう??

 

昭和の時代、全国に一世風靡した宮城県産ササニシキ。

令和を迎える今、その作付面積がガクンと落ちています。

 

 

これは多摩川源流大学というところのブログに掲載されていた図表です。

ササニシキはその他に位置づけされ、0.4%程度なのだそうです。

 

理由はいろいろあるのでしょうが、栽培がむずかしい、っていうのも理由の1つのようです。

実際にやったことがない人間がとやかく言えるものではありませんが、冷害に弱く、

肥料の量の調整がむずかしいのだそうです。

 

一方、ひとめぼれは冷害に強く、栽培がむずかしくないそうで、コシヒカリに次いで、

全国でも2番目の作付けとなっているようです。

 

食味については、現在は、モチモチ感のあるコシヒカリが基準となっているため、

純粋うるち米のササニシキはポイントが低いそうですが、そもそも比べるものではなく、

あっさり系が好きか、モッチリ系が好きか、という話のようです。

 

お寿司屋さんなどは、ネタとの相性でササニシキのほうがいい、と言う方が多いそうです。

 

そんなササニシキ。宮城県では麦の栽培と同じ程度しか作ってない!と。

麦畑なんてほとんど見かけないから、ササニシキの栽培は本当にわずかなんですね。

 

前置きが長くなりましたが、

「やっぱりササニシキはおいしい」っていう声に応えるべく動き出したのが、

「畦かえる『宮城白石産ササニシキ復活プロジェクト』」なのです。

https://aze-kaeru.com/

 

すでに5年間のプロジェクトも4年目に突入した今、このプロジェクトの盛り上げに

一役買ってほしいとお声がかかり、ひらめきメソッドを使ってワークショップを

した次第です。

 

結果については、次週のお楽しみ!

2019.04.21:yoshihiro:コメント(0):[コンテンツ]