HOME > コンテンツ

小学6年生に大きな力をもらった大経営者

  • 小学6年生に大きな力をもらった大経営者

又川俊三さん。

宮城県ではあまり知名度はないかもしれませんが、お隣岩手県では、少なくとも業界で

知らない人はいないでしょう。クラフトグループの会長です。

 

マンダラチャートというものを花巻東高校の佐々木監督に教えたのもこの又川さん。

当時菊池雄星がいた時だったそうで、その菊池雄星から影響を受けて作った大谷翔平の

マンダラチャートのほうが有名になってますね。

 

 

注目してほしいのは、「運」。ドラフト一位に8球団から指名されるようになるためには、

やはり「運」も必要。しかし、それはたまたまラッキーというような頼りない運ではなく

自ら引き寄せる運を意味しますね。この当時からゴミ拾いをやっていたわけです。

 

さて、話を又川さんにもどします。

 

 

このバイオリンは、津波で流された陸前高田の松から作られたもの。日本を代表する

バイオリンドクター中澤宗幸氏によってこのような形に再生され、又川さんが会長

となって、全国で1000人の演奏家によるコンサートというのを息長く今も続けていら

っしゃいます。千の音色でつなぐ絆プロジェクトでググってみてください。

 

現天皇陛下(当時皇太子)もお弾きになられ、上皇陛下(当時天皇陛下)も美智子様と

一緒に演奏会においでになるなど、そのコンサートの回数もさることながら、内容も

かなり濃いようです。現在、800名近くまでいっているようです。

 

もちろん仕事面でも優れた経営者であることは言うまでもありませんが、70歳で現役を

退こうと思っていらっしゃったそうです。その考えを変えさせたのが当時小学6年生だった

女の子の行動だったと言います。

 

さて、その又川さん。震災直後10日ほどしか経ってない大槌町の避難所を訪れた際、

避難所は暗い雰囲気と険悪な雰囲気が入り混じっていたそうです。その時、写真にある

ように、武田友奈さんという6年生の女の子が、友達を誘って避難所の隣にあった町の

事務室から模造紙とマーカーペンを借りてきて、何やら書き始めたそうです。

それがコレ。

 

 

武田さんご自身も津波で家を失ったばかり。でも、自分にできることをして、周りを元気

づけようと、明るい色のポスターを作ったのです。

 

そこに居合わせた又川さん。感動して、自分の心を入れ替えたそうです。

自分も85歳までがんばる!と。確かにこのポスター、すごいですね。もちろんポスターが

すごいんじゃなくて、この子がすばらしい! 自分のことだけで精一杯な人が多い中で、

小学生だからこそできることは何だろう?って考え行動したのです。

 

自分さえ良ければいい、自分と家族さえ良ければいい、そういう小さい枠を取り外し、

もうひと回り、ふた回り大きなところを良くしたい、せっかく生まれてきたのだから。

又川さんのように広く社会に貢献してきた人の心も打つ素晴らしいポスターに釘付けに

なりました。

 

壱岐産業は東北の元気を応援します。

2021.11.28:yoshihiro:コメント(0):[コンテンツ]

1 on 1 ミーティング at IKI-CAFE

  • 1 on 1 ミーティング  at IKI-CAFE

1 on 1 ミーティングというものを取り入れていらっしゃる会社は少しずつ増えていると

聞いています。弊社としても、1年間やってみて、どのような効果があるのか、検証して

みようと、まずは始めました。

 

雰囲気づくりも大事だ、と思い、鈴木さんにIKI-CAFE なるものを倉庫内に急造して

もらいました。カーテンをつけ、装飾を施すことによって、倉庫とは思えない空間が

誕生しました。

 

 

もちろん問題はミーティングの内容と成果。

本来は上司と部下というスタイルで、気楽にできればいいのでしょうが、その前段階

として、社長と社員で実施。

 

 

聞き手側の力量が問われますが、それも最初の内は目をつぶってもらうことに。

15分の中で、話し手側が何%くらい話をしたか、というのが目安になるのですが、

目標とした80%には及ばない感じでした。

 

 

これから少しずつ力量を上げていきます!

2021.11.21:yoshihiro:コメント(0):[コンテンツ]

西コミ自然ふれあい学校

  • 西コミ自然ふれあい学校

宮城県森林インストラクターは、年間膨大な数の自然体験イベントを請け負っています。

今回はその中の1つ、富谷市が主催している「西コミ自然ふれあい学校」について、

少しだけ触れてみます。

 

廃校になった西成田小学校とその周辺の森が舞台です。

実に昭和レトロな学校で風情があります。若生裕俊市長の母校でもあるそうです。

 

そもそも二宮金次郎像があること自体、イマドキ珍しいですね。しかも、この像は、

かなり足腰がガッチリです。ブロンズと違って細くすると壊れやすいからでしょう。

でも、こちらが実像と合っているのです。金次郎少年は筋骨隆々だったのですから。

 

金次郎はさておき、この自然学校でもSDGsが謳い文句。やはり、イマドキはこれは

外せませんね。

 

開校式に若生市長も駆けつけて、参加者約30名の親子を前にあいさつ。彼は、みやぎ

夢クルーズをはじめ、青年活動を共にした仲間です。昔から演説は得意でした(笑)。

 

西コミおっちゃの森の散策から始まり、子供を飽きさせないメニューがてんこ盛り。

○遊歩道でいろいろな葉っぱや小枝の小技に挑戦

○水生生物観察

○収穫活動  ダイコン収穫 サツマイモ収穫 ヤーコン収穫活動

○森づくり活動 橋修理 池掘り 井戸掘り活動 除伐枝打ち活動 サクラ施肥

○まつだバットを作ってTバッティング と 野球体験

○バトミントンと、ビーチバレー体験

○ネイチャークラフト体験活動

○輪切り名札とストラップづくり

 

天気も良く、参加した親子は、たくさんの体験と収穫した芋をお土産に大満足の笑顔。

子供達の喜びの表情を見ているだけでも楽しいボランティア活動でした。

2021.11.14:yoshihiro:コメント(0):[コンテンツ]

濃厚贅沢なランチタイム in my 里山

  • 濃厚贅沢なランチタイム in my 里山

作業の合い間のランチタイムの過ごし方。

買ってきたお弁当を食べて、あとはゆっくり休むっていうのももちろん悪くありません。

疲れが取れるし、体を休めつつ、周りの景色を楽しめます。

 

それはそれ、ですが、アクティブランチも悪くありません。いや、とってもイイ!

すでに常設化したBBQコンロに炭を入れ、着火剤で火をつければすぐ火は起きます。

食材を並べ、買ってきたおにぎりも軽く焼き、炎を眺めながらのランチも格別です!

 

 

枯葉が舞い散る音と鳥の鳴き声以外の人工的な音が一切ないこのMY里山。

炭がチリチリ燃える音が静寂の中、響きます。

 

 

ここに至る道のりは長かったけど、そして、まだまだやることは山積みだけど、

ぜひこの贅沢かつ SDGs な里山整備をシニア層に広めたい!

里山林林プロジェクト、ぜひ多くの人に知ってもらいたい!

2021.11.07:yoshihiro:コメント(0):[コンテンツ]

千年クロベとの出会い

  • 千年クロベとの出会い

もう1か月も前の話ではありますが、うわさに聞いていた栗駒の千年クロベ(黒檜、

ネズコ)に会いに行った往復13kmの山歩き日記です。

 

■9月20日 (祝)

 

数日前、森林インストラクター養成講座にて、受講生同士の森林インストラクションが

ありました。

 

その中で私が提案したのが、「植物に脳はあるか? 感情はあるか? 植物の自由と責任

とは? などなど、森林というワンダーランドを自由に思索しながら歩いてはいかが?」

というものでした。

 

口に出すと引き寄せる! さっそく実践する機会が到来しました(笑)。

 

世界谷地第二湿原は広々としていて実に気持ち良かった!

どんな天気をも喜ぶ、というのが今年の目標の1つですが、やっぱり快晴はいいなぁ。

木道歩きに心が弾みます♪

 

 

秋は花が少ないのが玉に瑕です。リンドウの他、数種類だけが咲いていました。

ギャーギャーという鳥の鳴き声が盛んで、何事かと思ったら、カケスの群れでした。

遠くからでも同定できる数少ない鳥の1つ。どんな会話をしてるのかな?

 

緩やかな登り道を一歩一歩ゆっくり踏みしめて歩いていきます。

場所によって若齢林だったり老齢林だったり。この写真はブナの中堅どころ。

 

 

木漏れ日の程良さが写真からも伝わってきますね。

美しい! 気持ちイイ! まさに森林浴です!

 

 

地面を覆い尽くすほどのブナの実。このうち発芽するのはわずかです。

そして光の競争、蔓との格闘、動物や虫に食べられたり、幾多の困難を経て大木にまで

成長するのはごくごく一部のエリートのみ。

そしてそのエリートたちも老木古木となり、数百年間の歴史に幕を閉じます。

 

そこに登場するのがキノコ。倒木を土に還してくれるのはキノコ(菌)しかいません。

これは美味しそうなブナシメジ? 

残念ながらキノコ博士と一緒じゃないと怖くて手を出せません。

 

 

もちろんブナだけではありません。

この写真ではまったくそのスケール感が伝わってきませんが、これはミズナラの大木の

中間部分。幹回り3m、樹高30mほどでしょうか。枝ぶりが勇ましく、ミズナラ大王と

呼びたくなる権勢を誇っているかのような木でした。

 

 

針葉樹だって負けていません。天然スギ、天然カラマツの威容は、ミズナラの枝ぶりの

見事さとはまた別次元、太くて真っ直ぐな幹にその力強さを感じます。

シラカバ、カエデ、多種多様、実に美しい!! 

 

そしてジャジャーン。こちらが世にいう千年クロベ。

樹木保護のため周囲にロープが張ってあって立入禁止となっており、直接幹肌に触れる

ことはできませんでしたが、その威容はさすがです。

 

 

平安時代に生まれ、鎌倉時代にはすでに200歳。

この山の中では戦国時代や太平洋戦争の影響もなかったでしょうが、千年に一度と言われ

るような地震・台風・豪雪・大雨・少雨・猛暑などなど、じっと耐えて今に至っていらっ

しゃいます。たくさんの鳥や小動物に棲み家を提供し遊ばせてきたことでしょう。

痛みのわかる包容力のあるご老人、益々お元気でお過ごしください。

2021.10.31:yoshihiro:コメント(0):[コンテンツ]