【郡山市久留米・ドミノK邸 】 現場では、たくさん打合せします

  • 【郡山市久留米・ドミノK邸 】 現場では、たくさん打合せします

 

色柄の最終確認が終わったと思ったら、

現場では、内部造作の打合せを次々と!

 

階段に検討していたニッチの代わりに、

箱型の飾り棚を設けることに♪

 

 

 

手摺のデザインにも、ひと手間加え、

大工の渡辺が細部にわたって、作り上げています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.30:taru_yama:[樽川技建|住まいづくり]

【郡山市久留米・ドミノK邸 】 板張りと木製玄関ドア

  • 【郡山市久留米・ドミノK邸 】 板張りと木製玄関ドア

現場は、外と中で、板張り作業が進んでいます。

 

まずは、外部。

木製玄関ドアに合わせて、ヒノキの板を張り上げました。

たるけんでは、木製玄関ドアの場合、

「ユダ木工」製作のものを利用しています。

 

丁寧なモノづくりと、

 現場への配慮、

  長持ちする仕組み、

   気密断熱性能も抜群の、

 

素晴らしい! 木製建具です!!

 

 

板取りがいいから、表情がいい!

 工事後に、小口を交換できるようになっていて、細かな配慮がいい!

  枠下からの水浸み劣化がしないように作られていていい!

   反り曲がりが抑えられて、気密がいい!

 

 

 

室内はというと、スギの床が張られています。

スギは柔らかいので、すぐに、傷つきますが、

その分足触りがやわらかくて、気持ちいいいんですよね♪

 

 

 

現場見学ご希望の方は、

たるけんの山田まで、お問い合わせください?

 

 

2018.11.29:taru_yama:[樽川技建|住まいづくり]

【郡山市久留米・ドミノK邸 】 しっかり施工 気密シートと配線スペース

  • 【郡山市久留米・ドミノK邸 】 しっかり施工 気密シートと配線スペース

 

断熱材や気密シートきちんと施工できても、

配線やコンセント、スイッチなどで、それらを、穴だらけにしてしまっては、

断熱気密の本来の性能が発揮されません。

 

たるけんの「木造ドミノ住宅」では、

スイッチやコンセントの分も考慮した配線スペースを確保し、

施工しています。

 

現場をみると、一目瞭然!

見学ご希望の方は、山田までご連絡ください♪

 

 

 

 

 

2018.11.15:taru_yama:[樽川技建|住まいづくり]

【郡山市久留米・ドミノK邸 】 しっかり施工 床下断熱と空気循環

  • 【郡山市久留米・ドミノK邸 】 しっかり施工 床下断熱と空気循環

 

OMソーラーの床下空気蓄熱暖房は、表現しにくい心地よさですが、

それを実現するためには、しっかりとした

床下の気密断熱が欠かせません。

 

先日の構造見学会では、ユニットバス施工予定場所から、

床下の断熱状況を見て頂きました。

 

 

なおかつ、床下に室内の空気を循環して回すのが、

「たるけん流」のしくみ。

 

おかげで、冬場は、無垢の床板が冷たくならず、

夏場は、床下のひんやりとした空気を室内と混ぜることで、

暑さを和らげる効果があります。

 

これも、床下の気密と断熱、空気循環の仕組みが

成せる技です♪

 

 

 

2018.11.09:taru_yama:[樽川技建|住まいづくり]

【郡山市久留米・ドミノK邸 】 しっかり施工 遮熱と通気

  • 【郡山市久留米・ドミノK邸 】 しっかり施工 遮熱と通気

 

どこの工務店、メーカーも、

断熱、気密よくできるようになったおかげで、

暖かい家が実現できていますね。

 

一方で、夏場は、室内に入り込んだお日様の熱がこもって

暑くてしょうがないという話もよく聞きます。

 

 

 

たるけんでは、

「通気層工法」は30年近く前から当たり前のように

施工してきました。

 

10年くらい前からは、

「遮熱」にも積極的に取り組んできました。

 

「通気」や「遮熱」は、

防水や、湿気、結露などへの対策だけでなく、

夏の暑さ対策にも一役かってます!

 

 

 

2018.11.01:taru_yama:[樽川技建|住まいづくり]