スポーツ・文化交流タウンPR

スポーツ・文化交流タウンPR
ログイン

【2014/04/30 山形新聞】【駅伝】この強さ、もう別次元 南陽・東置賜が完全V

 第59回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)最終日は29日、長井―山形間の8区間、80.3キロでレースを行い、トップでゴールテープを切った南陽・東置賜が総合3連覇を果たした。

 南陽・東置賜は第1日、第2日を制し、総合2位の天童・東村山に17分38秒の大差をつけて最終日をスタート。先頭を譲ることなくゴールまでたすきをつなぎ、前回、北村山がマークした最終日の大会記録を34秒縮める4時間13分35秒で完全優勝を飾った。

 総合成績は、酒田・飽海が2位、山形が3位に入った。4位以下は天童・東村山、北村山、鶴岡・田川、新庄・最上、寒河江・西村山、米沢、上山、長井・西置賜の順となった。

 第1日と第2日を制した南陽・東置賜。しかし最終日の勝利こそ、チームが今大会で最も欲しかったものだ。最終区で逆転され、完全優勝を逃した前回の雪辱を果たそうと「最終日を中心にオーダーを組んだ」(鈴木輝生監督)。序盤に配したエースランナー2人の貯金を悠々と守り、完全王者の座をたぐり寄せた。

 スタート21区を担ったのは神奈川大時代に箱根駅伝を経験し、昨春加入した鈴木駿(南陽市役所)。「(逆転された前回は)一つ前の区間でリードを広げられなかった自分の責任」。職場や地域の支えに応えようと、県縦断駅伝を見据えて「本当に熱心に」(鈴木監督)練習し、大学までの財産に上積みをしてきた。

 「うちは自分の後ろにすごい選手がいる。怖いものはない」。スタートからハイペースで引っ張った。さらに後方を確認しながら2、3回スパートし、ライバルをふるい落とす。2位に14秒差のトップで中継所に飛び込んだ。

 待っていたのはケニア出身のオンサリゴ・ジョセフ(同)。初出場で「不安があった」としながらも、体の軸がぶれないフォームで弾むように加速した。最初の1キロは2分40秒程度の驚異的なペース。2キロ以降も一度は抑えたが、尻上がりにスピードを上げた。22区を終え、2位ははるか後方の3分39秒差。23〜25区の中高生、26〜28区の南陽市役所勢は余裕を持って一人旅を続けた。

 2位との総合タイム差は22分13秒で、昨年より15分以上広げた。その原動力は南陽市役所勢。大谷克、鈴木、オンサリゴといった主力に加え、新加入の遠藤正人らが距離の長い区間で力を発揮し、短い「つなぎ区間」も有力選手が固めた。故障や体調不良で不在だった渡辺清紘や内山富夫の穴は選手層の厚さでカバーし、他チームとは次元の違いすら感じさせる南陽・東置賜。その牙城は当分の間、揺らぎそうもない。

みんなの思いが融合した
 南陽・東置賜 鈴木輝生監督 昨年は総合2連覇を達成したうれしさと完全優勝を逃した悔しさが半々だった。一人一人が向上心を持って取り組み、今回は3日間とも優勝できた。選手やスタッフ、応援してくれる地域住民みんなの思いが融合したと思う。来年もチャレンジ精神で臨む。



南陽・東置賜の鈴木駿(左、南陽市役所)が22区のオンサリゴ・ジョセフ(南陽市役所)にトップでたすきをつなぐ=川西中継所

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2014/04/29 山形新聞】【駅伝】南陽・東置賜、完璧レース

 長年チームを支えてきたベテランへの思いが南陽・東置賜の選手たちを一つにした。「最後のつもりで」と今大会に臨んだ土屋佑介(松風会はとみね荘)がアンカーに控える第2日。第1日に続きトップを独走し、一斉スタートとなった19区以降も首位を堅持。まさに完璧な勝利だった。

 南陽・東置賜の低迷期を知る土屋は出場13回。2012年に主将を務めて総合初優勝を経験したが、総合2連覇を達成した前回は力を出し切れず「仲間に頼り切りになった」(土屋)。チーム最年長の30歳は「今年こそ力を発揮してみせる」と強い決意で今大会を迎えた。

 鈴木輝生監督が与えた役目は第2日のアンカー。重責を担うベテランを頼もしい仲間たちがもり立てた。レース前、「土屋に1位でたすきを渡す」という目標を確認し、その達成に向けて疾走した。

 スタートの11区で大河原謙人(高畠町役場)が8位と出遅れたが、12区三浦隆稔(南陽市役所)と13区遠藤正人(同)がいずれも区間新の快走で首位を奪還。その後も選手たちは区間上位の走りを続け、2位以下を大きく引き離した。

 鈴木監督が「見た目のリードがなくなるのでやりにくい」と警戒した一斉スタートの19区も問題にしなかった。長距離で安定感抜群の古瀬弘賢(同)が正確なピッチで再び独走態勢を築き、「いろいろお世話になった」という土屋に最高の形でたすきを託した。

 土屋は「自分のためにつくってくれた貯金。しっかり走りたかった」と区間2位の好走。右手を挙げ、ゴールで待つ仲間の輪に笑顔で飛び込んだ。「うれしい気持ちと、ほっとした気持ちが半々。今後のことは分からない」。最終日はサポートに徹し、チームが圧倒的な形で総合3連覇を果たすことしか頭にない。

きっちり仕事果たした
南陽・東置賜 鈴木輝生監督 初日の疲れもあり、オーダーを組むのに苦労したが、メンバー一人一人がきっちり仕事を果たしてくれた。タイム差は考えず、総合3連覇と完全優勝を目指し気を引き締めて最終日に臨む。



南陽・東置賜の古瀬弘賢(南陽市役所)が20区のアンカー土屋佑介(松風会はとみね荘)にトップでたすきをつなぐ=白鷹中継所

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2014/04/28 山形新聞】【駅伝】南陽・東置賜、序盤でぐんぐん

 序盤で勝負を決めた。総合2連覇中の南陽・東置賜は3区までで2位を2分24秒離す盤石のレース運び。暑さやメンバー構成にわずかな不安を抱えていたが、その強さは揺るがなかった。

 各チームがエース級を投入した1区。昨年区間賞の大谷克(南陽市役所)が実力を見せた。3キロすぎ、集団が遅いと感じると先頭に立ちペースアップ。「逃げ切ってやろう」と、6キロすぎの上りでもう一段ギアを上げ、後続を突き放す。17秒差の首位で酒田中継所に飛び込んだ。

 大黒柱の期待通りの走りにチームメートも応えた。新戦力で、青学大時代に箱根駅伝を経験した2区遠藤正人(同)は「リードがあったので楽に走ることができた」。1キロ3分のペースを正確に刻み、後続との差を広げた。3区の三浦隆稔(同)も区間4位のタイムでつなぎ、湯野浜中継所で2位との差を2分24秒とした。

 終盤に入っても、今大会最長となる新区間8区で鈴木駿(同)が区間記録、アンカー大河原謙人(高畠町役場)は10区の区間新をマークしてダメ押し。第1日優勝タイムは2位に7分35秒の大差をつける圧勝劇だった。

 一時は気温25度を超え、脱水症状に備えて給水を小まめに取った。当初4区を走る予定だった選手が体調不良のため、前日のメンバー変更も余儀なくされた。不安要素はゼロではなかったが、それを補って余りあるチーム力の高さは群を抜く。

 総合3連覇に向けて好スタートを切ったが、王者の目標はあくまで完全優勝。鈴木輝生監督は「あすに向けて気持ちを切り替える」と勝利の余韻に浸ることはなかった。

リラックスして走れた
 南陽・東置賜 鈴木輝生監督 3区までにリードをつくったことで、後続の走者もリラックスして走ることができた。7、8区の快走は期待通り。第2日は3日間で一番の長丁場になるので、気を引き締めて臨みたい。



1区で南陽・東置賜の大谷克(2、南陽市役所)が6キロすぎに集団から抜け出す=遊佐町内

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2014/03/24 山形新聞】県縦断駅伝、選考大詰め準備着々 号砲まで1ヵ月余り

 【南陽・東置賜】23日は南陽市中央花公園ランニングロードで一般11人が練習に参加。1キロを3分30秒、3分40秒、3分50秒で刻むグループに分け、16キロを走るペース走を行った。選考を兼ねた21日の長井ロードレース一般男子10キロでは、鈴木駿(南陽市役所)が30分33秒、三浦隆稔(同)が31分3秒をマークするなど4位までを独占。嶋貫信一郎マネジャーは「気温の低さ、風など気象条件が悪い中ではまずまずの記録」と語った。



16キロのペース走の前に調整を図る南陽・東置賜チーム=23日、南陽市中央花公園ランニングコース

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2014/02/03 山形新聞】雪灯かりが優しく包む 南陽6会場でまつり

 なんよう雪灯(あ)かりまつりが1日夕、南陽市のJR赤湯駅、赤湯温泉街、しんまち商店街、結城豊太郎記念館など6会場で繰り広げられ、ろうそくの光が会場を優しく包んだ。

 各会場に設置された雪灯籠やミニかまくらに南陽高生が作った計約千個のキャンドルを立て、午後5時に一斉に点火した。

 まつりは市観光協会が主催し8回目。メーン会場のJR赤湯駅では、同駅と市赤湯温泉山形DC推進会議によるイベントも同時に開催。きょうだいで参加した赤湯小5年皿谷倖也君(11)と赤湯幼稚園の幸咲ちゃん(4)が一日駅長を務めた。来場者は市内のゴスペルグループのコンサートや、ご当地ヒーロー「南陽宣隊アルカディオン」と一緒に山形新幹線つばさに手を振るスマイルプロジェクトなどを楽しんだ。



柔らかな光が会場を包んだ雪灯かりまつり=南陽市・JR赤湯駅

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2014/01/09 山形新聞】東の麓酒造(南陽)の純米吟醸酒、大賞に 山形エクセレントデザイン、芸工大生とタッグ

 県内で企画・開発された優れたデザインの商品を顕彰する「山形エクセレントデザイン」の大賞に東の麓酒造(南陽市、遠藤孝蔵社長)の純米吟醸酒「つや姫 なんどでも」が輝いた。意匠だけでなく企画から販売までを東北芸術工科大生がサポート。若者が気軽に楽しめる日本酒をコンセプトにしたトータルデザインが高く評価された。

 若者の日本酒離れが言われる中、気軽に手に取ってもらえる商品づくりを目指す蔵元が同大に協力を依頼。企画構想学科とグラフィックデザイン学科の学生有志が携わった。

 ネーミングの「なんどでも」には「さまざまな温度で」と「何回でも」との意味を込めた。ラベルには「℃」のマークを配置し、「花冷え」「ぬるかん」など温度により変化する日本酒の呼び名を9色の温度バーで表現。グラフィックデザイン学科4年の首藤瞳さん(22)は「日本酒の特質を分かりやすく伝えたかった」と話した。

 300ミリリットルと500ミリリットルの小さめの商品を用意するなど「多くの人が日本酒の魅力に触れるきっかけになれば」と企画構想学科4年の吉田菜津子さん(22)。

 日本酒の魅力発信にも取り組み、フランス料理との相性に関するイベントなども手掛けた。グラフィックデザイン学科4年の茅原ゆきのさん(21)は「大賞はデザインや企画、イベントなど幅広い取り組みが評価された証し」と喜びを口にした。

 商品は県産米「つや姫」を原料に、穏やかな香りとすっきりとした飲み口が特徴。新藤栄一製造部長は「特性を的確にとらえたデザインだ。商品を通じて日本酒の魅力を広くPRしていきたい」と話した。

 顕彰は県や商工団体などによる山形デザインコンペティション実行委員会が主催し8回目。過去最多の118点の応募があり、専門家計5人が市場性や計画性、機能性などを審査した。表彰式は2月17日に山形市の県産業創造支援センターで行われる。



純米吟醸酒「つや姫 なんどでも」を手にする商品づくりに携わった東北芸術工科大の学生=山形市・同大

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2014/01/06 山形新聞】はしご乗り、市民が歓声 消防出初め式

 新春恒例の消防出初め式が5日、県内各地で繰り広げられた。消防団員や消防職員が分列行進や祝賀放水、はしご乗りなどを行い、防火への決意を新たにした。

 南陽市赤湯地区では祝賀放水やはしご乗りなどを披露し、安全安心なまちづくりへの決意を示した。

 市消防団員と消防職員約160人、ポンプ車など車両25台が参加した。花見町の古堤で祝賀放水し、表町通りを力強く分列行進した後、消防団第6、第7分団がはしご乗りを披露。7メートルを超えるはしごの上で「日本腹亀」や「シャチ」などの技をピタリと決めると、市民から拍手と歓声が上がった。はしごの上から餅まきも行われ、会場では赤湯温泉通り振興組合婦人部が豚汁と玉こんにゃくを振る舞った。


大勢の市民が見守る中、威勢良くはしご乗りを披露した=南陽市赤湯地区

【<<前に戻る】 【山形県赤湯温泉 マップ】


【2013/12/25 山形新聞】空き店舗活用、カフェで地域交流 南陽・宮内地区有志が企画

 南陽市宮内地区に、空き店舗などを活用し、地域の情報交換の場となるカフェを開設する動きが出始めた。地区の有志による取り組みで、22日には地元の意見を聞こうと熊野大社(北野達宮司)に1日限定の「いちょう売店カフェ」がオープンした。

 場所は熊野大社参道入り口の大イチョウに隣接する旧売店。長年アイスやお菓子を販売していたが、店主の高齢化などでことしの春に閉店。その後は無人の休憩スペースになっていた。これに注目したのが熊野大社権禰宜(ごんねぎ)の北野淑人さん(32)ら宮内地区を中心とした有志約10人。地元の反応を見ようと「お試し」としてオープンさせた。

 この日は午前中から続々と住民が訪れ、コーヒーやわらび餅を味わい、会話に花を咲かせた。熊野大社前の通りは石畳が敷かれ、周辺には桜やバラが観賞できる双松公園もあり、四季を通じて散策を楽しめる地域。近くの森谷志都子さん(56)は「散策をした後にちょっと立ち寄れる場所が欲しかった」と絶賛。カフェの椅子やテーブルは、同市赤湯で古い家具を修理し、販売する須藤修さん(26)に依頼した。年月を経た売店とリペア家具が調和し、ぬくもりのある雰囲気を演出した。

 北野さんは「予想以上の客の入り」と手応えを感じた様子。2014年に本県で繰り広げられる山形デスティネーションキャンペーン(DC)を視野に「ぜひ常時オープンにこぎ着けたい」と意欲的だ。

 この動きにリンクするように、近くのしんまち商店街でも地元の商店主らが空き店舗でカフェ開設を模索している。現在、全国商店街振興組合連合会の補助金を活用し計画を練っている最中。同日、宮内公民館で、他自治体の先行事例を参考にしながら、具体策を考えた。今後、二つの取り組みは連携しながら交流スペースづくりを進めていくという。

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2013/12/25 山形新聞】サンタが来た! 県内に匿名の善意相次ぐ

 南陽市役所に24日、漫画「タイガーマスク」の主人公伊達直人を名乗る人物からランドセルが届いた。2010年度から4回目のプレゼント。市総務課は「毎年届けてもらい、ありがたい」と話している。

 同日午前5時40分ごろ、巡回中の守衛が市役所正面玄関にあるラッピングされリボンが付いた箱に気付いた。中身は黒やピンク、水色、紺色のランドセル計6個で、A3判の紙に「教育日本一をめざす南陽市 夢多き子供達へ Xmasプレゼント! 伊達直人」と書かれたメッセージが添えられていた。

 ランドセルは1階の市民課前にメッセージと一緒に展示。市は母子・父子家庭の新入学児童の希望者に贈りたいとしている。


「伊達直人」を名乗る人物から届いたランドセル=南陽市役所

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2013/12/26 朝日新聞】今年も参上「伊達直人」 山形・南陽市役所にランドセル

 南陽市役所に24日早朝、漫画「タイガーマスク」の主人公、伊達直人名でランドセル6個が届いた。2010年度から4度目。市は庁舎1階ロビーに展示した後、母子・父子家庭の新入学児童ら希望者に贈ることにしている。

 市によると、午前5時40分ごろ、巡回中の警備員が庁舎正面玄関前にリボンの付いた箱6個を見つけた。ピンク、水色、紺、黒のランドセルが入っていて、「教育日本一をめざす南陽市 夢多き子供達へXmasプレゼント!」というメッセージが添えられていた。


今年も南陽市役所に届いたランドセル=南陽市役所提供

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2013/12/01 米沢日報】最大1300人収容、南陽市新文化会館が着工



 南陽市が平成27年度開館を目指す新文化会館建設工事の安全祈願祭が22日、南陽市三間通地内(市役所南側)の現地で行われた。文化会館は全国初となる木造耐火構造で、最大1300人収容できるメインホールと、会議などにも活用できるマルチホールの大小2ホールと交流拠点として使える創作支援諸室が設けられているのが特徴だ。完成後は米沢市民文化会館の収容人数を上回り、置賜最大規模の文化施設が誕生する。

 設計は大建設計が担当。工期は2015年3月6日まで。同年秋ごろの開館を目指す。新文化会館の敷地面積は2万3000平方メートル、地上3階、地下1階建の木造で、延床面積は6700平方メートルとなっている。800人から最大1300人収容可能なメインホールは木造の特性を活かして、音響性能の高い空間を演出、最大500席のマルチホールではセミナーやパーティー、シアター形式など、多彩なアレンジができる空間設計を施した。



 館内には音楽練習室、稽古場、ワークルーム諸室、木育博物館(子育てフロア)、会議室、キッチンスタジオ、和室などが設けられているほか、交流ラウンジや展示ギャラリースペースなども兼ね揃えている。

 駐車場は障がい者用を含め440台を完備し、バスでの往来ができるスペースを確保。創作支援諸室としては、芸術文化活動に加え、地域住民の会合やまちづくり活動につながる大小さまざまな諸室を設け、市民の活動拠点を目指す。

 また、木質バイオマスボイラーを採用し、寒冷地型太陽光発電設備で環境負荷を軽減した。



 現在の文化(市民)会館は昭和43年に建設され、年間利用者数は1万9000人にも関わらず駐車場は64台、敷地面積も3415平方メートルと狭く、イベントでの不便さが指摘されていた。既に43年が経過したこともあり、電気、音響、空調設備の老朽化が見られ、先頃の東日本大震災で屋外階段の沈下や壁面からコンクリート片のはく落被害があり、建物の耐震性の問題でも不安視されていた。

 同文化会館は平成27年3月の完成を予定し、市役所と地下通路で結ばれる。

 設計は株式会社大建設計(本社・東京都品川区)で、建設は戸田建設(株)東北支店(宮城県)特定建設共同企業体が行う。総事業費は61億円。

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2013/11/29 建設通信新聞】【国内初】大規模木造で耐火ホール!! 山形・南陽市の新文化会館



 国内初の大規模耐火木造ホールを備える山形県南陽市の新文化会館施設整備事業が22日、戸田建設・松田組・那須建設JVなどの施工で本格着工した。

 設計は大建設計が担当。工期は2015年3月6日まで。同年秋ごろの開館を目指す。

 規模は木造一部RC造地下1階地上3階建て延べ5883屬鯀枋蝓L擇瞭胆を生かした音響性能の高いメーンホールは1300人を収容する。このほか、マルチ・展示ホールやギャラリー、練習室などを備える。また、冷暖房には地元の森林資源を生かした木質バイオマスボイラーを採用する。



 施工は建築・機械工事の戸田JVのほか、電気がスズデン、木質バイオマスボイラーはヒラカワがそれぞれ担当する。シェルターが製作する木構造材は1時間耐火の大臣認定を取得。ホールの大スパンを実現するため大断面集成材と木トラスを採用し、積雪荷重を支える架構となる。木材調達は米沢地方森林組合が担当し、伐採量は6250m3、使用量は2500m3になる。

 建設地は市庁舎隣接地の同市三間通430-2。

 この日の神事には、塩田秀雄市長や平田義秀大建設計社長、郡司敏明戸田建設東北支店長ら関係者約130人が出席。代表者が鍬(くわ)入れした後、神前に玉ぐしをささげ、工事の安全を祈った。

 塩田市長は「構造から仕上げまで地元産の木材を積極的に活用することで、環境性能の高い地産地消のモデル施設となる。ホール全体が木に包まれたすばらしい音響空間の施設として、木材の利用促進とともに、全国に向けて発信していきたい」と語った。郡司支店長も「地元の木材を使った他に類を見ないホールとして市民に愛される施設になると確信している。施工企業が一致団結して高品質の建物を無事故・無災害で完成させたい」と応じた。

*   *
 関宏和作業所長(戸田建設)の話 「国内初の耐火木造ホールで1300席の規模は、やりがいを感じる。将来のメンテナンスなども吟味しながら、リアスホール(大船渡市)やカダーレ(由利本荘市)の経験を生かし、市民の熱い期待に応えられる高品質なホールを完成させたい」

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2013/11/20 日本林業調査会】山形県南陽市に大型公演が可能な木造大ホール

 山形県の南陽市に、全国屈指の大型木造ホールができる。

 同市が建設する新文化会館の中につくられるもので、最大1,300人を収容できるメインホールを整備する。

 ホール全体が木に包まれた高性能の音響空間になることに加え、舞台の大きさも22m×14mと現市民会館の約2倍の広さになり、大型公演の誘致などさまざまな演目を行うことが可能になる。




【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2013/11/22 NHKオンライン】南陽市に木造文化会館建設へ

 全国でも珍しい木造の大型の文化施設が南陽市に建設されることになり、22日、工事の安全を祈願する神事が営まれました。
この文化施設は、南陽市が市役所に隣接した土地に建設を計画しています。

 22日は、建設予定地で工事の安全を祈願する神事が営まれ、塩田秀雄市長をはじめ関係者120人が出席しました。

 この施設には、1300人を収容できるホールが備えられ、音楽家の坂本龍一さんのアドバイスを受けて設計されたため、音響施設なども充実しているということです。また、建築資材として地元産の木材が多く使われるということで、市は、これだけの規模の木造の文化施設は全国でも珍しいとしています。

 建設費用は、震災後のいわゆる復興需要で人件費や資材の価格が高騰した影響で、当初より3億円増額し、48億円に上るということです。

 塩田市長は「地元産の木材を使うので林業の活性化にもつながる。県南部の文化を発信する拠点として役立てていきたい」と話していました。

 南陽市の文化施設の建設工事は、11月25日から始まり、再来年9月にオープンする予定です。

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設
【2013/11/25 山形新聞】うまいよ、「学校産」野菜 南陽の朝市で梨郷小児童が販売

 南陽市梨郷地区の朝市「りんごう市場」で24日、梨郷小(淀野秀樹校長、90人)の児童が、自分たちで育てた野菜を販売した。この日はことし最後の朝市で、月1回のペースで出店してきた児童らが歌を歌い、地域に感謝の気持ちを表した。

 同校では、各学年から数人ずつが集まり「のびのびファーム」を組織し、学校の畑で野菜を栽培。学校近くで開かれる朝市に夏ごろから店を出した。野菜や加工食品などを売る大人に交ざって店を構え、一生懸命呼び込みを行った。

 この日は朝市のスタートに合わせ6年舩山ひかるさん(11)が「地域の人においしく調理してもらえるよう、一生懸命育てました」とあいさつ。約20人がお礼の気持ちを込めて「キラキラ輝く龍樹っ子」などを歌った。店には児童が収穫した大根、白菜などが並び「買ってください」と大きな声で呼び込むと、地域住民が次々来店、あっという間に完売した。

 夏に初出店した時は緊張からか呼び込む声も小さかったが、続けるうち自信がつき、大きな声が出るようになった。りんごう市場出店者会の野川寿一会長(59)は「子どもが参加してくれると朝市が一層にぎわうね」と話した。


自分たちで育てた野菜を販売する児童=南陽市竹原

【<<前に戻る】


スポーツって楽しい スポーツ文化ポータル スポーツ情報サイト スポーツ文化施設