スポーツ・文化交流タウンPR

スポーツ・文化交流タウンPR
ログイン

【2013/04/30 山形新聞】【駅伝】県縦断駅伝、最終日は北村山制す 総合Vは南陽・東置賜

 第58回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)最終日は29日、8区間(長井−山形間)の80.3キロでレースが行われ、最終28区で北村山が先行する南陽・東置賜を逆転し、4時間14分9秒で3大会ぶりに優勝した。総合成績は最終日2位の南陽・東置賜が15時間51分1秒で初の2連覇を果たした。

 総合2位は北村山で15時間57分33秒。前回棄権した酒田・飽海は最終日3位に入り、16時間4分14秒で総合3位となった。
 総合4位は前回と同じ山形、前回総合2位の天童・東村山が総合5位だった。総合6位以下は寒河江・西村山、鶴岡・田川、新庄・最上、長井・西置賜、米沢、上山の順。

 レースの後、山形メディアタワーで表彰式が行われた。黒沢洋介山形新聞グループ経営会議議長が南陽・東置賜に優勝旗と優勝杯を授与。主催者を代表し「総合成績はほとんどのチームが昨年よりタイムを縮めており、全体のレベル向上がうれしく頼もしい」とあいさつした。




【<<前に戻る】
2013.04.30:supobun:count(485):[メモ/⇒スポーツ Sports]
copyright supobun
powered by samidare