2/23・24 「nicoこえ」による通算17回目の『レモネードスタンド』!

  • 2/23・24 「nicoこえ」による通算17回目の『レモネードスタンド』!

2月23日(金)・24日(土)、山形県青年の家がコーディネートするボランティアサークル「nicoこえ」は、東根市民体育館で行われた小学生のハンドボール東北大会にて、通算17回目となるレモネードスタンドを開催しました。(第1回目、2022年10月9日ゆぴあマルシェから数えて)

2023年3月にキックオフミーティングを行った「山形レモネードスタンドプロジェクト」を発足してからの活動としては、通算14回目となります。

 

2024年は、これまでのプロジェクトを更に発展させた『山形Make Lemonadeプロジェクト』のもと小児がん支援活動を行っています。

新たなプロジェクトの詳細は以下をご覧ください↓

http://seinen.jp/log/?l=534802

 

今回も山形市社会福祉協議会さんがコーディネートするボランティアサークル「MICAN」からレモスタ運営に高校生が参加してくれました。いつもありがとうございます。

 

以下の文は「nicoこえ」メンバーが運営するInstagramからのコメントになります。

『2日間で11ケースを販売できました!山形の方だけでなく、東北各地の方々に購入いただけたことで小児がん患者を支援するレモネードスタンドの取り組みを知ってもらえたと思います。小学生の大会ということもあり、たくさんの小学生が集まってきてくれました。中にはレモンの被り物を被ってホール内を周り宣伝してくれた子やチラシ作りを手伝ってくれた子もいました。とても可愛かったです。そして小学生の宣伝する力は凄まじかったです!』

 

ちなみに、今回は山新放送愛の事業団さんから助成を受けたビブスを初めて着用してのレモスタでした。

 

また、「delete C 大作戦」コラボ商品のC.C.レモンも販売してみました。