生活の中の色

  • 生活の中の色
みなさんこんにちは。

秋も大分深まってまいりましたね。
『秋』という季節の美しさは独特のところがあります。
英語には「紅葉」を表すぴったりな表現がなく、
紅葉を愛でるという習慣そのものが、
日本人ならではということかもしれませんね。



紅葉の『紅』の字を見て、
2016年の科学技術映像際で最優秀に輝いた作品を思い出しました。
テレビ局の本格ドキュメンタリーを抑えての快挙で、
東京工芸大学の学生が卒業制作として撮影した作品です。

東京工芸大学といえば、
色を活かした活動で広く知られているのではないでしょうか。

たとえば、
ユニバーサルデザインに色を加えたものとして、こんな路線図があります。




カラーユニバーサルデザインという考え方で、
同大学に在籍している先生(グラフィックデザイナー)の作品です。
色弱者にも伝わるように文字で色を表されています。





色は暮らしの中の大切な要素です。
住宅には様々場面に色が出てきます。
色を選ぶ機会がとても多く、
その選択ひとつで空間全体の印象が決まります。

あれこれ混ぜるのがよいのか、
シンプルにまとめるのがよいか。

壁紙選びにも様々な柄があり、
テクスチャー調のものも豊富にあります。



こちらはデニム調の素材で、
以前に子供部屋に使われた方がいらっしゃいました。

他にもレンガ調を組み合わせて
カフェ風にアレンジするのもお洒落ですよね。

私自身、たくさんの経験を積んで、
少しでも皆様のお役にたてるよう
今後も頑張ってまいります。





2018.11.15:kg-sakai:コメント(0):[コンテンツ]

ピアノの引越し

  • ピアノの引越し
みなさんこんにちは。

先日、建替えされるお客様からの依頼で、
グランドピアノの引越しに立ち会ってまいりました。
今回はピアノ専門の業者にお願いして、
吊出しから保管、そして再設置までをお願いしてます。


ピアノをクレーンで吊出す作業は中々の重労働です。
重さも400㎏以上あり、
簡単に移動できる代物ではありません。

建替え中は、
専用の保管庫で厳重に管理されます。
湿度管理など様々な設備が備わった倉庫で、
新しい家に帰るのを待つことになります。








現状の細かな傷までチェックし、
可動部分にはクッション材を挟み、
足を外した状態で保護材で包まれます。

このまま来春まで、しばしのお別れ。



新しい部屋に帰ってくるときには、
またご報告したいと思います。








2018.11.02:kg-sakai:コメント(0):[コンテンツ]

お店を開く前に・・・。

  • お店を開く前に・・・。
みなさんこんにちは。

先日カフェを開きたいという案件がありまして、
色々調べる機会がありました。
簡単にさわりだけ書き込みますので、
興味のある方は読んでみて下さい。





お店を開業する際、コンセプトが大切になります。
ターゲットとする客層、内装のイメージなど、
お店の核となるモノです。

ちなみに、一般的な家を改装せずに飲食店にはできません。
必ず食品衛生法で定められた建物の基準あわせて、
改装する必要があります。
他にも営業形態に合わせて取得する許可申請も必要です。

お店を始める為には、
物的要件『施設基準』+人的要件『食品衛生責任者』の
両方を満たさなければなりません。
特に施設基準は勝手に進めてしまうと、
後々指摘を受けた場合に直す必要が出てきます。

事業計画にも支障をきたさないよう、
まずはしっかりとした事前準備から始めましょう。

2018.10.19:kg-sakai:コメント(0):[コンテンツ]

テクノロジーの発展

  • テクノロジーの発展
みなさんこんにちは。

ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、
今年7月のパリ・オートクチュールコレクションで、
フランスの老舗宝飾ブランド『BOUCHERON』が発表した
3Dプリンターを活用したネックレスやリングが注目を集めてましたね。

新しいテクノロジーと相反する有機性や匠の技とのミックス。

無機質なはずのジュエリーが瑞々しい生気を放つ姿には
感動するだけでなく、震えるような興奮を覚えました。



現在、3Dプリンターの発展は目覚ましく、
様々な素材に対応できるようになりました。

そしてついには建築用3Dプリンターも登場してます。






元々建築業界では、プレゼン用模型などで
使われていた技術でしたが、
現在は海外、特にドバイや中国などでは
実際に建物がつくられ、
ロシアで造られた住宅も紹介されています。






いずれ、法的な問題がクリアされれば、
国内でもつくられるかもしれないですが、
まさに脅威の技術!といった感じですね。

2018.10.05:kg-sakai:コメント(0):[コンテンツ]

それぞれの趣味・嗜好

  • それぞれの趣味・嗜好
みなさんこんにちは。

私が菊池技建にお世話になって約5ヶ月。
実に様々な案件があります。

それぞれにお客様の夢や希望が詰まっていて、
彩り豊かなイメージの世界を一緒になって
創り上げることは実にすばらしい体験です。


まだ脇で見ているに過ぎない私ですが、
一日でも早く、皆さまの力になれるよう努力してまいります。



趣味・嗜好は人それぞれ。
家族構成や育った環境によっても変わりますし、
ご夫婦で意見がぶつかることもあります。
実に豊かな発想をされる方もいらっしゃいます。



ちなみにひとつの例として、
私が尊敬する方が現在作成中の倉庫を紹介します。



40ftの海上コンテナ(ハイキューブ)を再利用。
内装には米杉を使っています。




この古い折りたたみ椅子はアメリカ製。
この他にもいたるところに
ディテールへのこだわりが感じられます。


今後どんな仕上がりになっていくのか楽しみです。

2018.09.22:kg-sakai:コメント(0):[コンテンツ]