ギャラリー絵遊 / 蔵ダイマス 全景


ギャラリー絵遊、蔵ダイマスは、美術作品の展示や様々な文化事業を開催できるギャラリーとして山形市諏訪町に開設されました。  コンパクトながら良好な展示環境のギャラリー絵遊、時間の積み重ねと優しさを感じられる蔵ダイマス、両施設をL字型に結ぶ回廊の内側にある中庭など・・・良質な空間を構成しています。  山形のギャラリーとして、皆様の憩いの空間として幅広くご利用いただければ幸いです。





みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016 『山の神の縁日』

『山の神の縁日』(田中望制作の絵)がギャラリー絵遊と蔵ダイマスに展示

平成28年9月3日(土)~25日(日)10:00~18:00
ただし、5日(月)、12日(月)、20日(火)は休みです。

『山の神の縁日』
 

『山の神の縁日』(ギャラリー絵遊に展示)山とまちをつなぐ山形のマンダラを巨大な掛け軸の形態に表しました。山形の土地を潤す瀧山川の魂が瀧山の水源からまちに下りてきて、様々な山の恵みやお土産を運んできている。ふもとのまちでは、山の恵みが集まり、それを感謝する芸能がおこなわれ、市が立っている。かつて、十日町には市神の石があり市のときにはその石にむかって小銭を投げつけたりしていたという。にぎやかな市では山のものが売られている。
 マンダラは、ある特別な時に掛けられて、宗教的な世界観を見る人に示す。山形ビエンナーレは特別な祭りのときであり、「山形」という地名は瀧山に由来すると言われている。ビエンナーレという特別な祭りのときに、再び、まちに恵みをもたらしてきた瀧山とのつながりを示す作品を制作しました。材料は、麻を支持体にして、その上に水干や墨、箔などを使って描いています。麻布には絵の具が乗りやすいようにごふんがまざったジェッソを塗っている。絵のサイズは
横140cm x 縦5m20cm
(原文:田中望)

 

『山の神の縁日』の制作(仕上段階)に励んでます

 

 

 

『姥様の座す蔵』(一部分)

 

『姥様の座す蔵』(蔵ダイマスに展示)絵巻の形態に、忘れられた場所にいる姥様みたいなものを描いて、いろいろな姥様のシーンが現れ出てくるイメージを、座敷蔵で展示する絵に表現します。絵の制作の公開もあります。
(原文:田中望)

公開製作中(客と対話)

2016.09.17:kaiyu:コメント(0):[トピックス]

花密 / 高橋諒

作家名:高橋諒
作品名:花密
材料等:日本画 / 月山和紙、岩絵の具、金箔、530x280mm
展示会名:Buen viaje!
開催年月:平成28年8月

2016.09.17:kaiyu:コメント(0):[私のお気に入り]

色褪せる時 / 木村直広

作家名:木村直広
作品名:色褪せる時
材料等:日本画 / 高知麻紙、水干絵の具、岩絵の具、S6号
展示会名:Buen viaje!
開催年月:平成28年8月

2016.09.17:kaiyu:コメント(0):[私のお気に入り]

みのり / 金丸実華子

作家名:金丸実華子
作品名:みのり
材料等:日本画 / 月山和紙、水干絵の具、岩絵の具、色鉛筆 M10号
展示会名:Buen viaje!
開催年月:平成28年8月

2016.09.17:kaiyu:コメント(0):[私のお気に入り]

ギャラリー絵遊に『クロウ』(石彫刻)がお目見えしました

作品名:クロウ
製作者:森本諒子(兵庫県出身 現在東北芸術工科大学 大学院彫刻コース在籍)
素材:白花崗岩 サイズ H1200 W950 D600 mm 2015年制作
2015年9月 第100回記念二科展 第100回記念賞受賞
2016年2月 東北芸術工科大学卒業・修了制作展 優秀賞受賞

[製作者コメント]
石という素材は昔は地殻の一部にあったものや、堆積物が永い時間をかけて固結し、
できたものなど、私たちには測りきれない時間をかけて変容していく素材です。
この時間をかけた石の変容は、ゆっくりと動く大型動物と私の中で重なりました。
この作品はこのようなイメージをもとに、石を生き物として存在させようと試みた作品です。

[東北芸術工科大学 前彫刻コース教授・担当教員 前田耕成 講評(一部抜粋)]
  作品「クロウ」は、ある生命体がゆっくりと移動している様子が表現されています。そして、この生命体は
なにか海獣のようにも見えますが、現代を生きる私たち人間にも置き換えられているようにも思えます。
「クロウ」は、ユーモラスで少しも危険を感じさせない形態です。そして遅々とした動きは、他者に気が
付かれることはありません。しかし、着実に目的に向かっているように見えます。森本さんの意図は分かり
ませんが、私にはこう感じました。「クロウ」の重量は約 9 0 0 kgです。原石の段階では 3 t 近くありま
した。巨石に立ち向かい少しづつ、少しづつ、自らが見ようとしている現実の形態に近づいていく様は
「クロウ」が森本さんの自刻像のようです。将来は作家を目指すと聞いています。森本さんの研究心と
持ち前の粘り強さが持続すればきっと道は開かれると思います。

[ギャラリー絵遊 蔵ダイマス 駒谷修二コメント]
2016年2月の東北芸術工科大学卒業・修了制作展でこの作品に初めてお目にかかりました。
この作品のフォルムに大きなエネルギーとパワーを内包し、更に伸びる(進化する)可能性
をも感じました。お譲りいただくのに少々時間がかかりましたが、樹木を移植してちょうど
空いていた所に2016年7月13日、設置していただきました。私には、看板娘がギャラリーの
前に立ち客を招き入れる姿にも見えたりします。作家ご本人も申されておりますが、見るだけ
でなくお客様から触れていただくのも良いかなと思っております。皆さんかわいがってください。

2016.08.12:kaiyu:コメント(0):[トピックス]

梅津樹子 チェンバロリサイタル vol.2

平成28年10月30日(日) 16:00開演(15:30開場)(絵遊)

プログラム
J.J.フローベルガー(1616-1667)
    トッカータ第2番 組曲第20番、第12番 ブランクロシェ氏のトンボー
F.クープラン(1668-1733)
    クラブサン奏法より「プレリュード イ長調」
    第15組曲より「ねんね、またはゆりかごのキューピット」
    第5組曲より「サラバンド危険」、「波」
J.P.ラモー(1683-1764)
    組曲 イ短調[1705/06]

梅津樹子プロフィール
山形北高等学校音楽学科卒業後、上野学院大学音楽学部及び同専攻科にてチェンバロを学ぶ。
フランス国立パリ地方音楽院に留学し、栄誉賞付きディプロマを得て卒業。
帰国後はソリストとしてリサイタルを定期的に開催。また、山形交響楽団等と共演。
現在、山形チェンバーミュージシャンズメンバー。

入場料 前売 2000円 当日2500円
チケット予約・問い合わせ  ギャラリー絵遊 TEL 090-9532-0318
                                       梅津 TEL 090-7937-0120

2016.08.12:kaiyu:コメント(0):[催し物情報]

第14回 美銀作品展 ~アートクレイシルバーの世界へ~

平成28年10月19日(水)~24日(月) 10:00~17:00(絵遊)
ただし、初日は13:00~、最終日は15:00終了
10月22日(土)10:00~15:00 銀粘土体験会(お1人様約2時間¥2,500)

美銀(アートクレイシルバー インストラクターの会)会員による作品展。
出展者 茨木信子、菊池聡子、草苅和子、佐藤直美、佐藤貞子、
高野春美、本多淳、與門いつ。たくさんの作品が並びますので
あなたのお好みのアクセサリーをお選びください。

入場無料 販売有 問い合わせ 佐藤直美 TEL 090-6852-2892

2016.08.12:kaiyu:コメント(0):[催し物情報]

第10回 夢の華 ~創作とんぼ玉展~

平成28年10月12日(水)~15日(土) 10:00~17:00(絵遊)
ただし、初日は13:00~、最終日は15:00終了

阿部比佐久、加藤真知子、角濱和子、小竹みちこ、豊原さやか、
吉岡祐子、渡辺喜恵子、以上7名による とんぼ玉作品展です。
10回目の節目の展覧会を迎え、一同頑張って制作に励んでます。
ご期待を!!

入場無料 販売有 問い合わせ 渡辺喜恵子 TEL 023-645-2201

2016.08.12:kaiyu:コメント(0):[催し物情報]

手作り展 パート10

平成28年10月7日(金)~9日(日) 10:00~16:00(絵遊)

秋山幸子(創作バック)、細江ただ子(古布を使った人形、
吊し飾り)、吉田妙子(干支人形)、伊藤幸子(つまみ細工)、
以上4名のグループ展です。作品のバリエーションがたくさん
あります。どうぞご覧ください。

入場無料 販売有

問い合わせ   秋山幸子(バック教室ポラリス) TEL 023-635-1751
                  細江ただ子(山形・上山洋裁教室)TEL 090-2366-9210

2016.08.12:kaiyu:コメント(0):[催し物情報]