明智光秀

ちょっと前の話しになるけど、2020年大河ドラマは明智光秀が主人公の「麒麟がくる」という作品になったみたいですね。

戦国時代だと、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と歴史を作った、いわゆる勝者の目線からのストーリーが多いのですが、織田信長を殺す本能寺の変をおこした明智光秀を主人公にするってのは少し驚いた。歴史はどの人がどう見たのかで全然違うストーリーになるので、見る角度によっていろんな見方があるのがおもしろい部分でもあるし、怖い部分でもある。ひょっとしたら、間違ったことをしてないのに敗れてしまったから悪にされてしまったとか往々にしてあることなのではないかと思う。そういう意味で明智光秀という人物って実際どうだったのかな~と個人的には思う。まぁ、今となってはそんなことわからないので、そういう部分は描かないだろうけど、どういう物語を見せてくれるのか楽しみではある。

ってなことをいいながら、見るの忘れてしまうこともあるので、気をつけないとな~。

あと米沢人にとっては明智といえば、直江兼続は登場するのかどうか、誰が演じるのかが気になるところかもしれないな。

2018.05.01:juhoen:[日々の活動・思うこと]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。