レース鳩モール|管理人の鳩ブログ

レース鳩モール|管理人の鳩ブログ
ログイン

21日の「ブログ]を上げると「競翔委員長」より「すみません今日の訓練は柏崎から飛ばしました?」と連絡が入り「唖然」とする管理人でした。訓練持ち寄りの時にもそんな話はなくて、連合会皆で決めた訓練予定を勝手に変更された上に連絡もなく、又、飛ばした「柿崎」は大昔散々飛ばしましたが余り帰りが良く無くて最近は実施している連合会はありません。

理由は、米山の山々の麓から「2Km」位しか離れていないので「方向判定」がよく出来ないのでは?と思われるために、柿崎から10Km位遠くなる「大潟」迄行くと帰還率が良くなったので、「山越え」をする場合は、山の麓から離して飛ばした方が良いという事でここ20年位は「上越」で飛ばしていました。

これで、今回の訓練の「可笑しい?」の連発の原因が大半理解できるようになりました。,梁莪貊乎弔痢孱隠輝」の鳩くんの分速は「1500m」位で追い風だったので想定内になりました。第二集団「13羽」の鳩くんとの時間差「33分」は飛ばしてから方向判定が完全でないうちに「山並み」に突入するので「海岸線」と「山並み」に突入した二つの集団に分かれたと思われます。

昨日は、天気予報通り、朝方は青空が見えていましたが「9時過ぎ」には「曇り空」になり「鉛色の雲」となり帰還鳩くんを諦めかけていると「ピー」と心地良い音色が聞こえて来たので「アティス」を覗くと「10時38分」にやっと帰って来てくれました。

お昼頃から「雨模様」になったので「もう帰ってこない?」と完全に諦めていると、窓越しに「黒い影」が到着台か屋根に止まったようですが、大きいかげだったので「カラスくん」の影かと思っていると「ピー」と甲高い音が聞こえてきたので「帰って来てくれたんだ?」と「アティス」を覗くと「14時18分」打刻で帰還鳩くんが「06年生奈良尾GN総合4位の直仔」で喜びがひとしおの管理人でした。

夕方には、「未感知」で「レース台帳」と「感知鳩数」が「5羽」も合わないので、想定鳩番号を控えて「アティス」を初期化して鳩舎に行って、掴んで「アンテナ」を通しましたが、もう一羽未帰還鳩らしいのでこの鳩くんも「アンテナ」に通して家に戻ってくると「6羽共「カウント」していたので、当日は「42羽」帰還してくれていました。

昨日の餌は、アッペン麦20%の通常餌を一羽辺り、朝は「18G」夜は「16G」与えると食い込みが非常に良くて競争して食べてくれました。---久しぶりに眼のあたりにする、鳩くんが餌箱に駆け足で場所取りをする風景でした。

今日は、朝から「北風ビューピュー」の上「雨模様]で「柿崎訓練3日目」は完全にお手上げ状態の天気でした。朝の餌は、昨日と同じ一羽辺り「18g」を与えると食い込みは落ちるどころか上がっているようで、久し振りに今日はテンポ良く餌を突く音を聞いて満足している管理人です。

今日は帰って来ないと部屋でくつろいでいると、少ない「雨」の合間になったときに突然「ピー」と快い音色が聞こえてきたので「アティス」を覗くと「11時53分」打刻で「ファンダイク輸入鳩×ステケティ輸入鳩」の直仔で、この悪天の中、昨日の一番手も「純ハーゲンス輸入直仔」なので、輸入系も意外と粘るナーと思いました。

これで、今回の訓練は参加「50羽」帰還鳩「45羽」になり最低の目標「帰還率90%」の確保が出来ましたが、明日は天気が回復するのでもう1羽か2羽帰って来るような気がするので楽しみにしています。今年は若鳩くんは粘るようで本当に頼もしく感じています。---粘れる年は長距離レースで良い結果に結びついているようです。

次は、3/1日「糸魚川175Kレース」なので、今回の帰還鳩くん「45羽」と長岡80K訓練からジャンプで参加予定の「5羽」そして、舎外中怪我をした「秋高岡経験鳩くん」をプラスした「51羽」を参加する予定です。---昨日と今日の帰還鳩くんには、「キャラメル」と「エビオス錠」を与えて疲労回復です。

明日は天気が回復するので、今回参加できなかった「6羽」の鳩くんを軽い訓練に持って行こうと考えています。それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

昨日は、訓練の持ち寄りなので「舎外」なしです。夜、参加鳩くんを「バスケット」に詰め込みますと鳩くんは「50羽」しかいません。不参加鳩くんは「4羽」いるので終わってから何度も確認したのですが見当たりません。

二回の「舎外」で失踪してしまった?と悲壮感漂いながら持ち寄りに行って来ました。今回の訓練も「200羽」前後の参加羽数見たいです。明日は朝方が冷え込むので「なるべく遅く飛ばしたした方が良いヨ?」と進言して「オークション終了日」なので早く帰ってきました。

今日起きると外は「快晴」で素晴らしい天気だ?と喜んでいましたが、「家庭菜園」の水溜まりには氷が張っていたので天気予報通りだ?と思って、今日のイメージトレーニングをして見ました。

放鳩に行く人が「9時頃飛ばすと?」と言っていたので、今日は鳩くんが帰ってくる前に手前の選手鳩舎の掃除をしよう?と思っていました。岡ちゃんから「8時45分」に飛ばしたと連絡が入ってから管理人は今回は帰還時の写真を撮ろう?と思って「カメラ」を持って朝の管理に向かいました。

残っている鳩くんの朝の管理を終わらせてから掃除をしようと思って選手鳩舎に行くと鳩くんが「6羽」もいました。「アレー何で?」と思って見ると「1羽」は羽色が「BCWP♀くん」で羽色に特徴があるのですぐにわかりましたがもう一羽は「BC♂くん」で脚環番号がわかりません。

どうしようか?と考えていたら「アティス」が訓練モードなので「舎外」に出せば「入舎」するときに脚環番号がわかる?と思って「6羽」外に出てもらってから掃除を始めると「10分」位で屋根に下りてきたのが音で確認できました。

管理人は無視をして掃除をしていると鳩くんの気配がして「ドッードッー」屋根から音が聞こえて来て、なんと訓練の帰還鳩くんが10羽以上下りたようです。今日の訓練上越は140kもあるのでこんなに早く帰って来るとは考えていませんでした。---今回も「写真撮影」は失敗してしまいました。

管理人は掃除を途中で止められないので中間部の「2坪分」だけ終わらせようと継続していましたが、その間には鳩くんが帰って来た気配を感じませんでしたので違和感を感じていました。

掃除中にも何羽かの鳩くんは入ってきましたが、大多数の鳩くんは入らなくて「踊り場」まで入って、又、外に出て行ったので、掃除が終って「餌箱」「飲水器」を定位置に置くとどんどん入ってきましたが、鳩くんの数はいません。

管理人は外に行って「到着台」を見ると「1羽」の鳩くんがいましたが、他には見当たりません。暫く空を見上げていましたが鳩くんの帰ってくる気配を感じないので、何時に帰って来たのか?と思って家の中にある「アティス」を見に行くと「10時05分台」に沢山打刻されていました。

こんなに早く帰って来るのは可笑しい?と思い分速計算してみると「1725m」で唖然とした管理人でしたが、鳩くんはあまり帰って来ていません。鳩舎に見に行って数えると「26羽」なので「20羽」しか帰っていません。

何で、考えていると「集団」で降りて来たので鳩舎の中ではいってくるのを待っていると一羽一羽と入って来てくれて「12羽」の鳩くんが「10時38分」に帰って来てくれたので一安心しました。---分速計算すると「1238m」で管理人の予測分速に近くて、何が何だか分かりません。

それから外で見ていると、すぐ後に「5羽」「1羽」「2羽」と帰って来て「10時56分」でSTOPです。まだ分速は「1068m」なのにその後帰って来ません。帰還鳩くんは「40羽」で今日中には「46羽位」帰ってくれるかと考えていましたが帰って来る気配がありません。

やっと「13時38分」に「ピー」と言う心地よい音色を聞いたのですがその後音なしです。14時半ごろ岡ちゃんから珍しく連絡が入って「帰還率はどうですか?」と聞かれたので「あまり良くない?41羽で8割ぐらい?」と答えると、皆様、早く帰ったのに驚いたようですが、帰りが悪い?と、ぼやいているとの事で何処も同じ様です。

15時半頃に「第一貨物新潟支店」まで「落札鳩くん」を持ち込みに向かうと、10時位から曇っていた空が「快晴」に近い状態だったので、その後一羽でも帰ってくれないか期待して帰って来ましたが、やはり帰って来ません。

夜、アッペン麦20%のオフ餌を一羽辺り「20g」与えると、お腹が空いているようで珍しく大騒ぎして食べきってくれました。幸いな事に明日の「天気予報」は午前中晴れから曇りなので、今日の嫌な経験をリセット出来た鳩くんは帰って来てくれるので「帰還率90%」「45羽帰還」目標で待っています。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

昨日は、朝から「雨模様」で「風」も強くて「舎外」は諦めていました。朝食が終わって一段落していると「ピー」と甲高い音が聞こえてきました。

嫁さんが「鳩が帰って来た?」と言いましたが、管理人は「こんな雨の中帰ってくるはずがない?」と言って無視していると、又「ピー」とアティスから聞こえて来たので「何で?」と「狐につままれた」気持ちで「アティス」を覗くと「8時35分」ち「8時47分」の時間が表示されていました。

最初の鳩くんは、間違いなく「長岡訓練4日目帰り」の鳩くんで、二番目は「IDコード」だけの表示なので「迷い込み鳩くん?」と思って、最後の鳩くんが帰って来てくれてなんだかんだで全鳩くん帰還を達成してしまいました。

「迷い込み鳩くん」が入っていると不味いので鳩舎に見に行きましたが、それらしい鳩くんは見当たりません。意味不明でよく分かりませんが、昨日は朝晩とも一羽辺り「15g」の餌を与えました。食い込みはあまり良くなくてやっと食べている様子です。

今日は、「鉛色雲」「雨」「青空」「雪」と目まぐるしく変わる天気で「舎外」をしないが〇でしたが、昨日は休んでいたので無理をしてすることにしました。

鳩舎に行って「翌日」帰りの鳩くんをつかんで肉が戻っているので「舎外」へ「3日目以降」の3羽は、掴むと疲労感もあり「肉落ち」もあったので「舎外」を止めて休養してもらいましたが眼は活きているので次の訓練をジヤンプして糸魚川175kレースへ参加させようと思いました。。

他の鳩くんには、申し訳なかったのですが外に出てもらいました。出て行くと今日も姿は見えないので「R7号線」に逃避した?と思って「カメラ」を持って鳩舎の裏側に向かってシャッターチャンスを狙い始めましたが、鳩くんの姿は見えません。

今日も寒くて身体を冷やしすぎると「風邪」を引いてしまうので、早く写真撮影をして家に戻ろうとやきもきしながら待っていると、やっと鳩くんの姿を確認できたので戻ってきたら撮ってやる?と思って待って一回目のチャンスを逃さず撮りましたので掲載します。

飛び具合を見ていると状態は良いようです。飛翔時間も「45分」に3羽下りてその他の鳩くんは「90分位」飛んでくれたので上々です。今日も餌は二食とも一羽辺り「15g」を与えるとやっと食べている状態で食い込みは普通より少し悪い気がします。

「競翔委員長さん」から「上越140k訓練」の日程連絡があり、21日金曜日に決まりました。中5日間で2日短くなりましたので、前回の長岡訓練の翌日帰り以降の帰還鳩くん「4羽」は参加させないでゆっくり休養を取ってもらって3/1日予定の「糸魚川175kレース」にジャンプすることにしました。

明日は持ち寄りなので「舎外」はお休みです。今週から「舎外」は二回から三回にしたいとブログに書きましたが、日程前倒しの影響もあって最初から頓挫で今週も従来通り二回での参加となってしまいました。

当座の訓練・レースには影響はないと思いますが先行きは少し心配てす。早く暖かくなって「小動物」の活動が活発になって「猛禽くん」たちの「お狩場」が「鳩くん」から変わってくれれは「舎外」も連日挑戦が出来るようになるのですが?それまでは辛抱しなくてはいけません

「雪」が積もらないと連日の「舎外」が可能だ?と考えていましたが、管理人新潟生活44年目で初めての「根雪なし」ですが、「雪」がないので「猛禽くん」は活動し易いので休日はありません。「雪」が降っていると活動をしずらいのであまり姿は見えません。---今年は「舎外」をするたびに姿を見せるので例年以上に警戒しているようで、落ち着きがないように感じます。

今の所は影響はなく、逆に良い方向に向かうと思いますが、肝心の「長距離レース」にどのような影響が出るか心配している管理人です。それでは、今日はこの辺で失礼いたします。




最初の「一日市30k」個人訓練で、集団から取り残された「2羽」の記録鳩くんが翌日も帰らずに終わってしまって、土曜日の「長岡80k」連合会訓練も「14時台」でSTOPしたので「今年の鳩くんは粘らないナァー?」と違和感を感じていました。

昨日も、「どんより雲」から雨模様に変わったので、これで今日一杯「雨」だと思って諦めていましたが、管理人の鳩舎特有の遅い朝食を一羽辺り「16g」11時半ごろ与えていると「雨」が屋根にぶつかる音の中に「ビチャピチャ」」と言う少し大きな音が聞こえてきたので「帰ってきたのか?」と思いながら「口笛」を吹くと歩いてくる音が聞こえて到着台に下りてきました。

やっと帰ってくれた?と心の中で喜びながら。どの鳩くんなのか入ってくるのをまっていると「BCWくん」が入ってきましたが表情には疲れを感じなくてケロッとした顔をしていました。

この鳩くんは秋レースの「連盟楓賞258kレース」総合2位の鳩くんで、冬場の舎外で時より飛ぶのを嫌がって飛ばずに隣の屋根に逃避していた鳩くんなので当日来なかったので半分以上諦めていました。

帰って来てくれたのですが、このまま次のレースに参加していいものか?心の中で困っていました。---総合優勝鳩は冬場の舎外で失踪させているので、総合上位入賞の鳩くんは秋レースのストレスがまだ残っているのかナァー?と思い悩んでいます。

今日も天気予報通り「鉛色の雲」そして「雨」「強風」と、とても「舎外」の出来る環境でなくて、今週から「舎外」回数を増やそう?と考えている出ばなをくじかれてしまいましたが、9時頃から朝の管理をしていると西の空から「青空」が見え出して「2時間位」は「雨」は降らないナ?と考えて、少し「風」の強い中「舎外」を決行しました。

今日は「舎外風景」を撮って「ブログ」に掲載しようと「カメラ」を首にかけて待っていましたが鳩くんの姿は見えません。探していると、やっと西の空で飛んでいるのが確認できましたが直ぐ家の影に消えて行ってしまいました。

管理人の鳩舎は櫛形山脈の麓に位置しているので「猛禽くん」も多く出没するのか?傍に近づかないので鳩舎の裏手に回ってシャツターチャンスを待ちましたが鳩くんの「R7号線」の向こうで行ったり来たりして近づいてきません。

30分位経った頃に、やっと戻ってこようとこちらに向かって来たので、ここぞ?と思いシャッターを切りました。そして、一羽飛ばないで屋根に止まっていた鳩くん目掛けて「釣り竿」の洗礼を浴びせると驚いで飛び立つて集団の鳩くんと一緒に飛び始めてくれました。

そして「今日はこれまで?」と「釣り竿」をしまって後は鳩くん任せにして管理人は家に引き上げました。飛び始めてから1時間強経過した「10時45分」にピーとなって訓練の未感知鳩くんが入るのを教えてくれましたが、まだ朝の給餌には向かいません。

突然、また「ピー」と音が聞こえて来たので、アティスを除くと「11時35分」で脚環番号を見ると長岡訓練3日目帰りの鳩くんでした。どんなに草臥れているだろう?と興味を持ちながら鳩舎に行くとこの鳩くんはケロッとした顔で餌箱の上に止まっていましたので、一羽辺り「15g」の餌を用意して与えました。

今年の鳩くんのなつき具合が例年より悪くて、バタつくので「椅子」に座って食べるを見ていると奥の鳩舎からトコトコ「飲水器」に向かって歩いてくる鳩くんが一羽、足を見ると「電子脚環」が見えません。「住所環」だけの「B♂くん」です。この鳩くんの「長岡3日目帰り」の鳩くんで、一緒に帰ってきたみたいです。

見立ての悪い管理人が暴露されしまいました。今年の鳩くんは粘らない?と見立てていたのですが、見事粘って帰って来てくれました。管理人のナッキー系鳩くんは「粘って後日帰り」が特徴なので嬉しくなって来て、今春レースも楽しみが増えそうです。

この次は「23日上越140k訓練」ですが、今週も天候はあまり良くなく予定日放鳩は難しいので「競翔委員長さん泣かせ?」になりそうです。中5日間の21日(金)に決行するか?日延べして24日(月)に行うのか?この後「糸魚川175K」「高岡258k」「福井356k」まで毎週開催されるので難しい選択になりそうです。

先ずは、今週一回目の「舎外」を無事終わらせてホツーとしている管理人です。それでは、今日はこの辺で失礼いたします。




昨晩は、急遽な持ち寄りのために参加できなかった鳩舎もあり、「6鳩舎200羽」で今春レースのスタートとなりました。

持ち寄りからかえってくる「20時40分」頃には西空には月の光で青空がはっきり確認できたので、明日は「訓練日和」になる?と思いながら帰ってきました。

今朝「携帯電話」で眼を覚ますと「7時50分」だったので「放鳩連絡」かと思ったら、空港に行っている「嫁さん」からで、外を見ると「どんより曇り空」で思ったより天気が悪くてガッカリしてしまいました。

早速「PC」の天気予報を見ると「長岡〜豊栄」辺りまでは「9時過ぎ」から「晴れマーク」がついていたので現地で待機している?と思って土曜日恒例の「ゴミ捨て」に行って来ました。

「岡ちゃん」から「8時40分に明るい曇り空の中飛ばした。高速道路沿いに北上した」との連絡が入ったので、外を見るとまだ「どんより曇り空」で裏山は「ガスッ」ていたので少し気になるスタートと成りました。

朝の管理をしていると「嫁さん」から「鳩が帰ってきたよ?」と連絡をもらったので外に出て空を見上げると「22羽」の鳩くんが旋回していました。空模様は朝から変わらない「どんより曇り空」で山も「ガスッ」ていたので「沢山落ちるな?」と思いました。

まだ「カメラ」も用意してありません。---帰還時の写真を「ブログ」に掲載しようと思っていましたが諦めることにしました。「飲水器」の水も交換していません。直ぐに選手鳩舎に行きましたが、入舎した鳩くんはもう「飲水器」から水を飲んでいましたが引き上げて「電解水」に入れ替えました。--今年も後手後手の管理人でした。

「アティス」の時間を見ると「10時00分」でやっと「分速1000M」確保出来て、厳しい訓練のスタートとなりました。その後「3羽」を挟んで「12羽」とまた集団で帰還してくれて「10時20分」までに「42羽」の鳩くんが帰還してくれて一安心していました。

最近は、粘って帰還してくれる鳩くんが極端に少なくなっているように感じられます。今日も、その後午前中に「7羽」帰還して、14時台に「2羽」一緒に帰還してストップで、現在「51羽」帰還で残りは「4羽」帰還率「9割強」で最低の合格点という事で終わりそうです。

明日は「90%雨」の予報なので翌日帰りは期待できないので、本当に厳しいスタートとなってしまいましたが、管理人がもっと危惧しているのは、見ている範囲ですが、全部の鳩くんが下りると一目散で入舎するので道中の「猛禽くん」等の影響を凄く受けているようで先行きが心配です。

結局、その後の帰還はなくて、合計「51羽」の帰還となりましたので、何時もの「アッペン麦2割」の餌を一羽辺り「18g」与えましたが食い込みは今一でやっと食べ切ってくれました。

この次は「23日上越140k訓練」になるので、まずは「肉体的疲労」と「精神的疲労」を抜くのに心がけて「舎外回数」を「週二回」から少しずつ増やして行きたいと考えています。--先ずはスタートの連合会訓練が無事に終われたことに感謝感謝です。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。

昨日は一日中「雨」か「黒い雲」に覆われていて「一日市30k訓練」の翌日帰りの鳩くんはいませんでした。「猛禽くん」に怖がって逃避したと思われるので諦める事としました。

今日は、穏やかなで明るい「曇り空」なので「9時40分」頃から「舎外」を始めました。今日から少し「レースモード」にしたいので「釣り竿」を持って隣の空き地で見学を始めましたが鳩くんの姿は確認できません。

暫く見回していると、遠く西の空に一塊で飛んでいるのが確認できました。中々鳩舎には近づこうとはしなくて調子良さそうに行ったり来たりしているので、何を思ったのか何本か生えている「タラの芽の木」の状態を見始めました。

大元の太い木は、昨夏の高温で半分の枝から葉っぱが枯れて落ちてしまったので今年は採れないのかと心配していたので、見てみるとやはり新芽の芽吹きが感じられません。でも周りに「13本」の子供の木が育っているので自然の流れ?なのかと納得していました。

「20分位」経つと鳩くんたちは、戻って来たので「写真」を撮らなくては?と思って「カメラ」を取りに行くと「ピー」とアティストップの音が聞こえてきました。「エッー」と思うと?直ぐに「怪我をしているRC♂くん」だと思いました。

空を見上げると他の鳩くんたちは一塊で飛んでいましたので「カメラ」を構えて何とか「舎外風景」を取り終わって「ホッー」としていると「30分位」経ったので「今日はこれまで?」と思い「カメラ」と「釣り竿」をしまいました。

離れの鳩舎に行って戻ってくると「大きな黒い鳥」が追い越したように感じたので、すぐに見通しの良い所に行って空を見上げると「数羽」の鳩くんが空高くに確認できましたがその鳩くんも直ぐに視界から消えて鳩くんの姿は見えなくなってしまいました。

少し経つと「猛禽くん」だけが上空を優雅に旋回して、ゆっくり北の空に向かって飛んでいるので、目線で追いかけるとその先の上空に「20羽位」の鳩くんたちが「猛禽くん」の遥か上空を飛んで居ましたが、直ぐに見失ってしまいました。

それから、暫く静寂の時間が15分以上経った頃、「オオタカくん」がゆっくり横切って近所のアンテナに止まったので「不味い?」と思っていると、電信柱の上に止まって「鳩くん」を狙っていた「カラスくん」のペァーが突撃して追い払ってくれました。

「ラッキー」と思っているとやっと一塊の鳩くんたちが姿を現したので、「元気でいてくれた?」と一安心でしたが、又、直ぐに姿を消してしまいました。鳩舎に確認しに行くと怪我をしている「RC♂くん」一羽だけキョトンと止まっているだけで他の鳩くんは一塊で飛んで居るようです。

結局、鳩くんたちは「11時頃」にやっと下りて来てくれました。今日は予定より飛び過ぎで「1時間20分位」も飛んでくれたので「結果オーライ」となりました。

明後日の「連合会訓練」は順延となると思っていたので、明日は、二回目の個人訓練「巻IC55K」に行こうと思っていたら、競翔委員長から「土曜日」に前倒しと言う事になり、今日の夜「長岡80k訓練」の持ち寄りとなりました。

管理人の鳩くんたちも「巻IC」の訓練をパスして参加することにしたので、12時少し前に朝食に与えましたが、これから何時もの半分目安で夜食を与えてから暗くなってから「バスケット」に詰め込んで持ち寄りに行ってきます。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。




今日は、天気予報通り快晴の「訓練日和」になったので「一日市IC30K訓練」決行です。

参加羽数は、一羽怪我をしていたのでパスして「58羽」の鳩くんを「バスケット」に詰め込んで「7時45分」に出発しました。

途中でガソリンを補給したので少し遅くなって「8時23分」に到着して「バスケツト」を並べると、「阿賀野川」の河川敷は風が冷たかったので予定の待機時間「15分」を少しオーバーしてから「9時43分頃」飛ばしました。

今回「バスケット」4個を並行して並べたので「シャツターチャンス」を逃してしまい「臨場感」の乏しい「放鳩シーン」になってしまいましたが掲載します。

鳩くんたちは久し振りの「バスケット」なのか、飛び出しも今一で「バスケット」に二羽残ってしまいました。追い出してあげると飛び出して上空の集団の鳩くんにやっと追いついて一緒に方向判定を始めました。

「バスケット」を片付けて「車」に積み込んでから、鳩くんたちを探すとまだ上空で方向判定の最中でまだ「阿賀野川」を渡れず旋回していましたが、管理人は何にも出来ないので少し心配をしながら帰路に着きました。

帰りは下道を利用するので「鳩くん」の帰りの方が早い事を願いながら「40分」かけて家に戻ってくると残念ながら鳩くんの姿はありません。

方向判定があまり良くなかったので想定内でしたが、不安を抱きながら「バスケット」を下していると「沢山の鳩くん」の影を感じました、やっと帰って来てくれたと空を見上げて鳩くんたちを探しましたが姿はありません。

家に戻って「アティストップ」の訓練モードを確認すると「キカンハト0」で嫌な感じ? すると洋間の窓越しに「沢山の鳩くん」の影を感じたので、今度は間違いないので窓越しに外を見ていましたが,中々鳩くんの姿は確認できません。

少し するとやっと鳩くんたちを直接確認できましたが「着陸態勢」ではありません。少しすると何羽かは下りて入舎しましたが半分以上の鳩くんは「20分位」飛んでいました。

管理人は「全鳩くん一緒に帰還?」と安心していましたが、現実は甘くありません。全部の鳩くんたちの朝の給餌を済ませてから家に戻って「アティストップ」を見ると「キカンハト51」で「1羽」はまだ「電子脚環」を装着していないので「6羽」未帰還となるので選手鳩舎に戻って数えてみると「57羽」いたので「2羽」未帰還です。

アティスのデーターをチェックして、鳩くんたちの顔とチェックしてみると「2羽」の未帰還鳩くんが分かりました。「2羽共」先週の舎外で「猛禽くん」に追いかけられた鳩くんで、おそらく「猛禽くん」の出没におびえて逃避したものと考えたので、その内帰ってくる?と思っていました。

残念ながら夕方になっても帰ってきません。明日気を取り直してかえって来るかもしれませんが「レース鳩」としては大成出来ない鳩くんと思って接することになります。一羽は成鳩くんなので残念です。

これで、「長岡80k連合会訓練」に最悪参加できるので一安心ですが、16日は天気が思わしくないので日延べになると思うので「土曜日」に二回目の「巻IC55K訓練」が出来ないか?と「天気図」と「にらめっこ」しようと考えております。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。




令和2年2月11日 今週末の16日の日曜日から「連合会訓練」が始まるので、気分一新して「ブログ」を書き始めました。

昨秋レースは、スタートの「長岡80k訓練後」に、突然「餌の食い込み」が止まってしまい。翌朝から「対応薬」を与えましたが「複数羽」の鳩くんが餌を戻して「秋ース」はSTOPしてしまいました。

幸いにも、対応が早かったので「大きなダメージ」にはなりませんでしたが「3週間」療養してから「個人訓練」を再開して間に合わせたかったのですが、思うような「天気」にはならなくて「一日市IC30k」そして「栄SA65k」訓練で回復状況をチェックしてダメージが無いことを確認できました。

間に合わせられる最終レースの「高岡258kレース」までには日程的余裕もなく、天気も味方してくれなくて、持ち寄り予定日二日前に「名立IC160k」に持って行くことができました。

この日は天気も良くて現地に6時前に到着して「1時間半」の十分に休養を取らせてから「7時20分」に飛ばしました。方向判定も順調で余裕をもってかえって来ましたが、鳩くんたちは一向に姿を見せなくて午前中に「138羽」持って行って「3羽」しか帰ってきません。

「高岡レース」に「120羽」の参加申し込みをしていたので、競翔委員長にお詫びの連絡を取って秋レースを諦めているとお昼過ぎに「25羽」纏まってかえって来ました。入舎した鳩くんを見ると「北陸南連盟」の鳩くんが「2羽」入っていて、どうやら「空中戦」があったようです。

当日何とか「60羽」そして翌日「20羽」で合計「80羽」の鳩くんが戻ってくれたので「疲労回復」に努めて、レースも1日順延になったので「中3日」で参加登録になるべく近付けようと全鳩くん「80羽」を参加させると帰還してくれた鳩くんは「40羽」で一週間で約100羽の鳩くんがいなくなってしまいました。

疲労が抜けて状態の良い鳩くんだけがかえって来てくれたようで、成績は「連盟総合1位〜5位」総合30位以内「16羽入賞」と言う考えてもいなかった結果となり?、今年の秋レースは結果オーライで終わりました。

その後、後日帰りの鳩くんもいて、11月中旬から「春レース」用にスタートすると「若鳩くん44羽」「成鳩くん21羽」の合計「65羽」の鳩くんが揃ってくれました。

12月には「ワクチン接種」をして、今日まで「59羽」の鳩くんが「選手鳩舎」で「猛禽くん」等の攻撃から逃れて残っていますが、「舎外」は週2〜3回が精一杯なので「体力不足」もあり「連合会訓練」までに「2回」訓練をしたかったのですが「天気」がまだ安定しません。

明日「一日市IC30K訓練」に行って、もう一回は?マークなのでそのまま「長岡80k訓練」に参加する公算大です。---今年は積雪が無かったのでここ2〜3日間に積雪で真っ白になっているので慣れていない「若鳩くん」が明日の訓練でどんな反応をするのか心配です。

我が「阿賀北連合会」は昨秋レースにて、最終の「福井RG300kレース」でも「K鳩舎」が総合優勝して、昨秋の連盟2レースに総合優勝と言う二度とない快挙をしてしまったので、連合会の皆様と先日「月岡温泉清風荘」で楽しく飲んできましたので「写真」を掲載します。

最近は「オークション」も一段落しておりますので「8月中」まで、少しづつ「ブログ」を書きたいと思っておりますので、時間の空いた時にでも見てください。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。




14日の土曜日に「長岡80K」連合会訓練の持ち寄りには、参加鳩舎は「3鳩舎」が諸般の事情で参加を見送られ?「1鳩舎」が次回からの参加となって、今回は「6鳩舎420羽」の参加となりました。

昨日は絶好の訓練日和となりました。管理人はなるべく早く起きて、訓練から帰って来る前に「鳩舎」を綺麗にしようと「5時40分」頃に起きましたが、掃除をする時の音がうるさいので「6時」を過ぎてから掃除を始めました。

換羽が最盛期で鳩舎の隅には抜けた毛が膨れ上がっていますが、先日鳩舎の「換気口」全部に市販の「スライド式換気口」を付けたので抜けた毛が外に95%位飛散しなくなったので助かっています。

放鳩時間は「6時30分」予定と聞いていたので「7時30分」までに終わらせれは帰還鳩くんを見られる?と頑張っていると、嫁さんが「6時40分に飛ばした?」と連絡があったと伝えに来てくれました。

後もう少しと言う時に鳩舎の屋根に鳩くんが下りる音が聞こえてきましたが、音からすると「2〜3羽」の鳩くんです。集団での帰還でないので少し不安を持ちましたが掃除を早く終わらせないと?思って掃除を進めていました。

その後2分位間隔を置いて「ドタドタ」と何十羽の鳩くん達の下りる音が聞こえてきましたが、管理人がガリガリ音を立てて掃除をしているので鳩くん達は中々入って来ません。

それでも管理人の姿がない手前の鳩舎には少しづつ鳩くん達が入り出しました。管理人が掃除を終わらせて時間を見ると「7時58分」でしたので、鳩くん達は大凡10分位前の「7時48分」位に帰還して分速は「1200m台」なので出来過ぎに感じました。

その後、帰還してくる鳩くんは「4羽」一緒に帰還したのを確認した位で、鳩舎に行ってザッーと数えると「130羽以上」居たので良いスタートを切れたと喜んでいました。

今年は、投薬を真面目にやっているので体調は良さそうです。昨日も「コクシジュ−ム薬」を「飲水器」に入れて「エサ」は「トリコモナス薬」を塗して「夜一食」与えて「4日間」の予防をする予定です。

そうすると一か月後は「糸魚川200Kレース」後の「9/14日」に又「4日間」の予防をすると、其の二週間後に「高岡256K」そして、その二週間後に最終の「福井356Kレース」なので、このパターンで「今秋レース」は乗り切りたいと考えています。

夕方確認すると「遊んでくる成鳩くん」を除いて帰還している様なので、一羽辺り「20g」の餌を与えるとみている前で食べきってくれました。---鳩くんの疲れは感じなかったので明日から「舎外」は可能の様です。

今朝は、少しゆっくり起きました。最近寝不足気味で頭が重たく感じる時が時々あるので「朝型人間」から少し開放したいと思って「6時40分」に起きました。従来の「夜型人間」に成ると明るい時間帯が少ないので効率が悪いので「夜型人間」に戻すのはやめたいと思っていますが?。

「6時50分」に「舎外」を始めましたが、今日は飛ぶ気は落ちていなくて、ほとんど遠征に行っていて全鳩くんの「写真撮影」は35分位経過して、やっと全鳩くんの「舎外風景」が撮れましたので掲載いたします。

管理人が何もしなくても「一時間以上」飛んでいたようです。朝の餌は一羽辺り「18g」を与えると今回も管理人の見ている前で食べきってくれました。---お昼ごろ見に行くと「遊んでくる成鳩くん」が何もなかったような顔をして戻っていました。

夜は、「トリコモナス薬」を塗した餌を一羽辺り「16g」を与えましたが残してしまいました。---教訓、餌に薬を塗す時は朝の給餌の時に行うべし。

毎日勉強です。それでは、今日はこの辺で失礼いたします。