レース鳩モール|管理人の鳩ブログ

レース鳩モール|管理人の鳩ブログ
ログイン

連日の梅雨模様の中、蓮日の「天気予報」を見ながら「訓練日和」を探していると13日の月曜日が一日だけ「高気圧」が日本海上に張り出して「訓練日和」の可能性大と思って狙っていると、昨日の天気予報で「曇りのち晴れ」、待望の「訓練日和が来た?」と思って昨夜に「バスケット」を鳩舎に「ホイスト」にと用意しました。

今日起きると「厚い梅雨空」でしたが「天気予報」を見ると昨日と同じだったので「7時頃」から鳩舎に行って鳩くんの詰め込みを行って「6個」のバスケットを車に積みこんで「8時頃」に出発しましたが、青空が「20%位」で「黒い雨雲」と「灰色の雲」が半々ぐらいでしたが視界は「弥彦山」が見えるので「雨」は降っていません。

目的地の「一日市IC」て゜下りて「阿賀野川」の土手に行くと「工事中」で入れません。前回の訓練で「放鳩場所」で痛い目に合ったので少し山よりで2分位で行ける、公園などが「泰平橋」手前の河川敷に向かうと飛ばせる場所がどこにでも合ったので直ぐにバスケットを並べると「8時55分」で管理人は車の中て待機していました。

上空には「青空」も合るために時より「太陽くん」も顔を出してくれましたが、「黒く雨雲」もあるために「雨」も時より少し降ってきましたが「大降り」にはならないので、止むやのを待って「太陽くん」が青を出すのを待って、丁度「35分休憩」した「9時30分」に「バスケット」を開けました。

勢いよく出てくれるか?と期待して「カメラ」の「シャツター」を切りましたが、目の前に異様な光景が「RCくんが足に紐をひっかけて」飛び出して行きました。管理人の頭の中は「真っ白」になりそうでしたが、直ぐに原因が頭に浮かびました。「バスケット」の開放口を止めていた「リング状の紐」程いたのでフリーになっていて、その紐を脚にひっかけて飛び出したようです。

「取れろ?落ちろ?」と願っても「脚環」か「電子脚環」に引っかかっているようなので「取れない?」と諦めて幸運を祈る事にしました。---管理人の気遣いの悪さを痛感していると、まだ下の「バスケット」には沢山の鳩くんが居るので、慌てて追い出しましたが「2羽」の鳩くんが中々出てくれません。

「1羽」は何とか出てくれて集団で旋回している鳩くんを追いかけて行きましたが、残りの鳩くんは出てくれないので、上のバスケットをづらして手で追ってやっと出て貰って一直線で飛び出したと思ったら。右側に生えている「大きな木」の天辺に止まってしまいました。---最悪ですが、眼の前の両側にあった大きな木に止まるとは想定できなくて、これ又気遣いの悪さを痛感する事になりました。

管理人は「テンション」を低くして「バスケット」を車に仕舞って帰路につきました。道中「雨」にぶつかる事も無く「10時20分頃」に家に到着しましたが鳩くんの姿は無くて「今日もあまり良くないのか?」と心配しながら「バスケット」を下ろして日向に並べました。

家に戻って、着替えをして居ると「鳩くん」の影が「大集団」で姿を見せてくれました。時間を見ると「10時30分」で丁度「1時間」なので分速「500m」ですが、皆一緒に帰ってくれたので「大成功」と思っていましたが、「紐」をつけた鳩くんは見当たらなかったので鳩舎に行って「栗系鳩くん」を数えると「19羽」でやはり「1羽」いません。

次いでに全部数えると「86羽」しかいないのでまだ「9羽」戻っていません。「大きな木」に止まった鳩くん、そして「紐」を脚にひっかけた鳩くん、そして普段から跳びたがらない「頭を縫合」した鳩くんの「3羽」は諦めていましたが、その他に迄「6羽」も戻っていません。

夕方まで戻ってくれる事に期待して、今日の食事は夜の「一食」にして帰還鳩くん一緒に食べてもらう事にしました。

夜の給餌に向かうと外に「一羽」遊んでいたので鳩舎に行って数えると「92羽」居たので、外の{1羽」を加えると当日帰還「93羽」となり未帰還鳩くんは「2羽」で栗系鳩くんを数えると「20羽」いたので「脚」に紐をひっかけて飛び立った「栗系鳩くん」も無事帰って来てくれたので今日の訓練は想定通り無事に終了した事になりました。

や餌は一羽辺り「18gむを与えると大騒ぎして食べきって呉れました。今日は「第二陣選手鳩くん」の「舎外」は中止したので、明日は「第一陣選手鳩くん」には休養してもらって「第二陣選手鳩くん」の「舎外」に精を出したいと思っています。

「第一陣選手鳩くん」の次の「村杉40k訓練」は天気予報で行くと18日の土曜日が19日の日曜日になりそうなので、「天気図」を毎日見て「訓練日和日」を見逃さないよう頑張りたいと考えています。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。


月曜日の「舎外」で入らなかった鳩くんが「10羽位」いたので、7日の火曜日の朝見に行くと外には「6羽」しか居ないので入舎してくれたのか?と思って鳩舎に行きましたが「入舎」した様子が無いので、何かに驚いて何処かに隠れたのでは?と思いました。

まずは確実な「舎外」をしようと「第一陣選手鳩くん」だけの「舎外」をして「第二陣選手鳩くん」は休養して貰うことにしましたが、なかなか思うようには行きません。

「第一陣選手鳩くん」は「10時10分」から始めて、管理人は「釣竿」を振り振り何とかノルマの「1時間」を確保して余裕を持っていましたが、前日から「入舎」しないでウロウロしている「第二選手鳩くん」に知られて中々入舎してくれません。

お昼頃になっても、「40羽位」外で遊んでいます。呼び込むと「10羽位」入舎してくれましたがまだ外には「30羽位」いて入る気配は飛んだり遊んだリしているので「朝の給餌」を諦めてしまいました。---夜の一食にすることを決めました。

この現象は夜まで続いて、18時過ぎに「餌」を与えようと「第一陣選手鳩くん」を数えると「92羽」で「3羽」足りません。外にはまだ「10羽位」遊んでいるので「第一陣選手鳩くん」には「電子脚環」を装着しているので足元を確認すると「2羽」を確認する事が出来ましたが呼び込んでも入ってきません。

うす暗くなって「第一陣選手鳩くん」入ってくれましたが、「第二陣選手鳩くん」は「入舎口近辺」に「2羽」野宿の模様なので諦めて夜の給餌を始めました。

「第一陣選手鳩くん」には一食ですが、余裕があるので中々入ってくれないのでは?と思って、一羽辺り「16g」の餌を与えて、「第二陣選手鳩くん」には一羽辺り「12g」の餌を与えました。両方ともみている前で完食してくれました。


8日の水曜日は朝から強い雨で「舎外」は諦めて中止することにしました。前日入ってくれなかった「第二陣選手鳩くん」の二羽は夕方まで入ってくれて、やっと「第二陣選手鳩くん」の二回目の舎外が終わりましたが「舎外方法」の検討が必要だ?と思いました。


今日は、天気予報で一日中「曇りマーク」だったので当然「舎外」が可能なので、朝目を覚ましてからベットの中で「如何しようか?」と考えて、方針変更を簡単にして、朝、いつも通りの時間帯で「第一陣選手鳩くん」の舎外をして「第二陣選手鳩くん」の「入舎口」を閉めて、完全に「第一陣選手鳩くん」の全鳩くん「入舎」を確認出来たら、夕方の「15時過ぎ」から「第二陣選手鳩くん」の「舎外」をしようと考えました。

「9時25分」から「第一陣選手鳩くん」の舎外を始めましたが、今日も「3羽位」の鳩くんが飛びたがらずに屋根に直行したので「釣竿」で追って飛んで貰ってから隣の空き地に行って上空を見上げると上空の集団でへ飛んでいる鳩くん達を追いかけていました。

でも「1〜2分」しか経たない内に、更なる上空から「黒い大鳥」が集団によってきました。怖くて集団から分かれる鳩くんが「数羽」低空飛行に入りました。その他の鳩くんは「オオタカくん」と思われますが、負けじと「オオタカくん」の上空に飛び始めて集団を崩さずに何処かに消えて行きました。---写真を撮りましたので掲載します。

逃げて来た「4羽」の鳩くんは管理人の「釣竿」を無視して下りてしまいましたが、その他の鳩くん達は「25分」後に集団で姿を現して低空飛行に入っていました。管理人は庭の「雑草取り」をしていると突然「ビュー」と凄い「羽音」が聞こえたので急いで隣の空き地に向かうと凄い羽ばたきで上空を山方向から海方向に飛んで行くとその後を「怒り肩」の「ハヤブサくん」が凄いスピードで追いかけて行きました。

管理人は心配なのでその後を目線で追ってみましたが、何も見えません?、「鳩くん」も「ハヤブサくん」もその後見る事が出来なくて「15分位」して「12羽」の鳩くんが戻って来て飛び回っていました。それから「10分位」して残りの鳩くん達が戻って来て一緒に飛んで居ました。

結局「65分」まで飛んでいるのを確認して他の鳩くんの管理を始めましたが凡その鳩くんが下りて来たのは「10時50分頃」のようでしたので「1時間25分位」飛んでくれたようです。お昼過ぎに確認に行くと屋根には「2羽」とまっていましたが「餌」を用意して呼び込むと入舎してくれたので一羽辺り「13.5g」の餌を与えるとみている前で完食してくれました。--まずは第一段階成功です。

「第二陣選手鳩くん」の「舎外」を予定より少し遅くなった「15時30分」から始めました。今日で「3回目」なので「出舎口」から一斉に外に出て貰ってから「3回目だから大丈夫?」と思って「釣竿」で追って飛んで貰いましたがバラバラで飛んで集団にならずに下りてしまいました。

相変わらず「入舎」の悪い「第二陣選手鳩くん」たちは。鳩舎の屋根で遊んでいたら「オオタカくん」の低空飛行での洗礼をうけて、驚いた鳩くん達は一斉に飛び立っとそのあとを「オオタカくん」が追いかけて行きましたが、捕獲できなかったようで「オオタカくん」は単羽で飛んで行きました。

そのお陰か?「30羽位」の鳩くん達は集団で飛んでくれましたが、数えると大分少ないようでかなりの羽数の失踪を覚悟しました。うす暗くなっても沢山の鳩くんが入ってくれなくて困りましたが真っ暗になるまで粘って「83羽」の鳩くんが入ってくれましたが外にはまだ「5羽」残っていました。---失踪は「3羽」で収まりそうです。

でも、「餌」を与えて家にもどって来ると20時を回ってしまい、今日のような「舎外」を連日続ける事は出来ないので明日は「第一陣選手鳩くん」の舎外を優先して終わってから、なるべく早く「第二陣選手鳩くん」の舎外をする事にしました。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。


今日は「第一陣選手鳩くん」と「第二陣選手鳩くん」の「舎外」をしたいので、「第一陣選手鳩くん」は「6時10分」からの今年初めての「早朝舎外」を始めました。

「四日振り」そして「二日振り」の「舎外」のために「3羽」も飛び立たなくて屋根に直行したので「釣竿」で追って飛んでもらいましたが頭を縫合した「B♂くん」ば飛びたくないようで直ぐに下りてしまいました。---想定内なのでそのまま休んでもらいます。

その他の鳩くんはやっとひと塊になって飛んでくれましたが遠征には行かなくて鳩舎の周りを飛んでいるので、管理人は「写真撮影」をしてから下りないように「釣竿」を振って飛んでもらっていると「25分位」経過した頃にやっと「飛ぶ気モード」になってくれて「遠征」に行ってくれました。

何時もと違う時間帯のためか「猛禽くん」の出没は有りません。早朝にも拘らず飛び具合も思ったよりも良くもならなくて静かな舎外になってしまい、管理人は「7時15分」まで隣の空き地で頑張って「ノルマ」を達成してもらいました。

「9時過ぎ」から「第二陣選手鳩くん」の「舎外」を始めました。初日と同様に一羽一羽掴んで「入舎口」から外に出て貰うと全部で「93羽」の鳩くんがいました。---「94羽」いると思ったので「1羽」少なかったですが想定内です。

今日は、何もしないでそのままにしますが、自力で何羽の鳩くんが「入舎」してくれるか?が問題です。11時頃に「第一陣選手鳩くん」に「餌」を与えた時に数えると「24羽」の鳩くんが「入舎」してくれたので初日よりは良くなっているので少し安心しました。

「第一陣選手鳩くん」の「餌」は少し多くして、一羽当り「13.5g」の「1290g」を与えると見ている前で食べ切ってくれました。状態も戻って来たのですが「梅雨真っ最中」で「訓練日和」にならなくて「訓練」が出来ないので「ダブルヘッター」は当分続きそうです。

「14時過ぎ」頃から雨足が強くなったので見に行くと屋根で雨に打たれて「案山子状態」で一列に止まっていました。鳩舎に行って数えると「27羽」と「3羽」しか増えていないで、沢山の「未入舎鳩くん」が出るような?不安がよぎりました。

夜の管理に向かって、まず「第二陣選手鳩くん」の鳩舎を見に行って数えると「53羽」と少し増えていましたが、まだ「40羽」も「未入舎」で心配しましたが「19時30分」まで粘って「82羽」入舎してくれました。

残りは「11羽」ですが、外には「10羽」しかいないので、数え間違えたのか?失踪してしまったのか?分かりませんが、二回目の初日にしては上々なので満足して一羽辺り「15g」の「93羽分を与えるとお腹を減らして鳩くん達は直ぐに食べきってくれました。

明日の「舎外方法」はこれからゆっくり考えます。それでは、今日はこの辺で失礼いたします。、



6/29日月曜日、梅雨真っ最中の中「曇りマーク」でしたが「天気図」を見ると「高気圧」が「日本海」を中心で「新潟県」は高気圧圏内に入っていたので「訓練が出来る?」と思って「バスケット」に詰めると「101羽」の鳩くんが残ってくれていました。

10時過ぎに家を出発して「五十公野公園12k」に向かいましたが、目の前に「真黒い雨雲」が二王子岳から新潟島の方向に横断していましたが大丈夫だと思って「加治川」を渡ると上空は「雨雲圏内」になってしまったので諦めて「水原街道」に出て飛ばそうと思って新発田市内を横断しましたが中々良い場所が見つからなくて右往左往して結局「聖篭町」の畦道の横に空き地があったので其処に下ろして並べると「11時10分」になっていました。

其処に「軽トラック」が走って来て「うちの土地で何をしているの?」とお叱りをうけてしまい「直ぐに飛ばして帰りますから?」と言ってしまいました。「伝書鳩ですか?」と言われて「はいそうです?」と答えて10分の休憩で「11時20分」に飛ばしました。

始めての「訓練」でしたが、余裕のない管理人は飛ばすところを「カメラ」に収めようといつも通りのアングルで「バスケット」を全部開けてから「カメラ」を構えましたが鳩くん達はバラバラに飛び立っていってよい写真は撮れませんでしたが、当然初めてなので直ぐに出る訳がありません。

下の「バスケット」には鳩くんが沢山残っていたので、上の「バスケット」をづらして手でたたくと鳩くん達は全鳩出てくれましたが、鳩くん達は左旋回で後ろの「真っ黒い雨雲」に向かって飛んで行ったので見届けようと見ていると一塊になった所に「猛禽くん」が上から突っ込んでいるのが見えましたが、鳩くん達は崩された集団を直ぐに持ち直して一塊になって飛んでいました。

後ろに行っての「方向判定」している時は余り良くないので、不安に思いながら帰路につくと管理人が走り回ったために「方向」の把握が出来ていなくて「二王子岳」方面に分かれたようで後ろでは無く横に向かったようでした。--少し気を持ち直して家に向かいました。

家に戻って来ても、鳩くん達は姿を現しません。やっと姿を現したのは「1時間30分」経過した「13時10分」で、たった「4羽」、その後も姿を現しません。「13時40分頃」に「15羽」「13時55分頃」に「30羽」位の集団で鳩くんが戻ってくれたので数えると「49羽」やっと帰って来てくれました。

そのあとも「30羽」位の集団で帰って?と思いながら待っていましたが、やっと「14時30分頃」に「5羽」、10分後に「8羽」帰って来てからは一羽か二羽での帰還で当日やっと「87羽」戻ってくれました。---当日最後まで「雨」が降らなかった事に感謝です。


30日の火曜日は「梅雨空」で、予定していた「第二陣選手鳩くん」の絶好の「初舎外日和」でしたので予定通り一羽一羽「入舎口」から出してあげました。今回も「カラスくん」「猛禽くん」の歓迎がなくて静かなスタートとなりましたが出し終わってから、見える範囲で鳩くんの数を数えると「80羽強」で前回よりも少なく感じました。

「聖籠15k」の訓練も二日目なのですが、全鳩くんに「電子脚環」を装着させたので「アティストップ」を訓練モードにセットしたのでカウント出来るので助かりました。午前中に「4羽」午後に「3羽」帰ってくれましたが夕方に帰って来た「B♂くん」が頭を怪我しての帰還でした。---7/2日に縫合手術をしましたがレース参加には支障無くて良かったです。

「第二陣選手鳩くん」は前回と同様に中々入ってくれません。当日中に「111羽」出して「38羽」しか入ってくれません。残りの鳩くんは野宿となってしまいました。


7/1日水曜日は明け方に「大雨」で、起きると「雨」が降り続いていたので「聖籠15k訓練3日目」帰りは無いナーと思って「アティストップ」を覗くと「5時15分」にカウントされていました。「雨なのにこんな時間に帰ってくるの?」と驚かせてくれました。

外の「第二選手鳩くん」も入舎口の屋根で雨に打たれているので「カラスくん」「猛禽くん」の攻撃のない事を祈っていましたが、「カラスくん」は姿を見せなくて「猛禽くん」は上空を通過したのを見ましたが、鳩くん達は何もなかったように関心を示さなくて良かったです。

午後15時位に久し振りの「大雨」で「バケツ」をひっくり返したようで「第二陣選手鳩くん」を心配しましたが、母屋の二階の「テラス」と母屋の屋根裏の隙間に「20羽以上」固まって逃避していて安心しましたが、そんな中「14時〜15時台」訓練3日目帰還鳩くんが「2羽」もあって、結局「101羽」参加「97羽」帰還となって、未帰還「4羽」と丸く収まりました。

「第二陣選手鳩くん」の「初舎外」二日目は「29羽」入舎してくれて二日間で「67羽」となりましたが、外にはまだ「24羽」の鳩くんがいたので、合計「91羽」の鳩くんが馴れてくれそうですが、今回は「20羽」もの鳩くんに嫌われてしまいそうです。---一生懸命に可愛がったのですが?


7/2日木曜日も「梅雨空」で、「第一陣選手鳩くん」は翌日及び三日目帰りの鳩くんに疲労感が残っているので「舎外」が出来なくて「第二陣選手鳩くん」はまだ入舎しない鳩くんが「24羽」も居て「初舎外」継続中のために何も出来ない一日です

「訓練3日目帰還鳩くん」の3羽には疲労回復のために「キャラメル」を与えました。「第二陣選手鳩くん」は草臥れたようで夕方になって入ってくれるようになって何とか「18羽」の鳩くんが入ってくれて、やっと「85羽」になりましたが、外にはまだ「6羽」粘っていました。

明日の天気予報は「曇りマーク」でしたが「天気図」を見ると「高気圧」が「佐渡沖」で「高気圧圏内」に入るので「訓練可能日」だと思いましたが残念ながら「第一選手鳩くん」は初訓練後「舎外」をしていないので訓練を諦めました。


今日7/3日金曜日は、朝は「梅雨空」でしたが予想通り「9時」過ぎから晴れ出して「訓練日和」になりましたが、残念ながら見送りました。「第二陣選手鳩くん」は「2羽」入ってくれて後「4羽」となりましたが「初舎外」は此処までで「失踪」覚悟で「第一陣選手鳩くん」の「舎外」を再開します。

「10時15分」から「舎外」を開始しました。全鳩くん外に出て貰ったので一応全鳩くん飛んで貰おう?と思って「釣竿」で追おうと思って持ち上げようとすると上空ではもう「空中戦」で何羽かの鳩くんが低空飛行で一羽は母屋の一階の軒下へ、もう一羽は入舎口に逃避してきました。

上空を見ると「オオタカくん」が追いかけ回していたので管理人は急いで「カメラ」を取ってきましたが、もう「オオタカくん」の姿はありません。鳩くん達は何事も無かったように集団で飛んでいましたが、「縫合手術」をした「B♂くん」が集団には入らなくて下りてきましたが、その他は「初舎外組」の未入舎の鳩くん達でした。

今日は肩慣らしの「舎外」なので、鳩くんなりの「舎外」で「30分位」で下りて来ました。「1時間強」遊ばせてから「入舎口」を開けて上げるから凡そ入舎してくれた頃を見計らって一羽辺り「13g」の「1310g」の餌を与え行くと、やはり「猛禽くん」の被害が「脚骨折」が「SLT♂くん」そして「脚引きづり」が羽根をぶつけた「RC♀くん」の二羽もの被害鳩くんがいましたが。「餌」を与えると怪我した鳩くんも含めて食べてくれてすぐに完食してくれました。---怪我した鳩くんの精神的被害はなかったようです。

外には「6羽」の「第二陣選手鳩くん」らしき鳩くんがいるので、最悪の「失踪」は免れたようですが入舎してくれないと正確にはわかりません。

16時頃に見に行くと「第二陣選手鳩くん」が「2羽」入舎してくれて「良かった?」と思っていると止まり木に一羽挙動不審なので良く見ると片足を持ち上げて居たので掴むとこの「BC♂くん」も足を骨折していました。---「舎外」開始早々の「オオタカくん」の攻撃の被害は「3羽」になってしまいました。

外には、まだ「3羽」止まっているので何とか今日中に入舎してもらって、何とかケジメをつけられればと願うだけです。

夕方夜の給餌に行くと外にはまだ「2羽」ウロウロしていました。鳩舎に行って数えると一羽「真っ黒い鳩くん」がいました。すぐに「土鳩くん」と分かったので捕まえて「もうくるな?」と叱って放してあげると一目散に飛んで行きました。

それから数えると何と「92羽」入舎していました。外に「2羽」いるので「94羽」馴れてくれた事になります。朝の「舎外」で周辺をウロウロしていた鳩くんが飛んでいるのを見て、戻ってくれたのでは?と思いました。

二か所の「選手鳩くん」に餌をやりながら呼び込もうと「第一選手鳩くん」には一羽辺り「13g」を上げながら呼び込みましたが鳩くんは入ってきません、続けて「第二選手鳩くん」には一羽辺り「14g」を用意してから鳩くんを見ると、外には鳩くんの姿はありません。

「入舎」してくれたのか?は、分かりません。鳩舎で確認するのにも数えるしかないのですが「ガチャガチャ」で数えられ無いので「入舎」してくれたものとして「餌」を与えました。

やっと「第二陣選手鳩くん」が全部入ってくれてホッとしています。これで気楽に週末を迎えられます。それでは、今日はこの辺で失礼いたします。、





一昨日の「舎外」は「10時10分」に「舎外」を始めました。全鳩くん飛び立ってくれて順調なスタートが切れて、今週二回目の「舎外」なので楽にノルマ達成出来る?と鷹をくくっていました。

順調に「遠征」に行って「25分位」で戻って来て周辺を回っていると、急に「ビュー」とすごい羽音が聞こえだので慌てて隣の空き地に登って見回すと「鳩くん」はバラバラに分かれて高度「400m位」で飛んでいたので「猛禽くんの攻撃だ?」と思って見回すと「オオタカくん」が次の攻撃の準備でゆっくり旋回していました。

「鳩くんたち」は3つの集団とバニックになって急降下してくる「鳩くん」とに分かれて「12羽」の鳩くんは到着台に下りて片隅にじっとしています。上空では「オオタカくん」の攻撃が続いていましたが「鳩くんたち」は「10羽」を残して何処かに消えてしまいました。

「5〜10分位」で「40羽位」の集団の鳩くんが戻って来て一緒に飛んで居ましたが、その他の鳩くんは戻って来ません。「小一時間」経過しましたがまだ戻ってきません。飛んでいる鳩くん達は下りて来て入舎してくれたので鳩舎に上がって数えるとやはり「73羽」しかいません?「集団失踪が?」と頭思っての片隅に浮かんで「参ったナー」と思っていると鳩くんの影を感じたので窓越しに見ると「25羽位」の鳩くんが下りて止まる所でした。

何羽かはまだ戻っていなかったのですが、その後も単羽で何羽か戻ってきたのを確認できました。夕方に鳩舎に行った時にも怪我をした鳩くんも見当たらなくて、無事に「舎外」を終了できたと思っていました。


昨日は、少し早い「9時20分」に「舎外」を開始しましたが、屋根に直行した鳩くんが「3羽」も居たので追って飛んで貰いました。先日の「オオタカくん」のショックが尾を引いているのでは?と直ぐに隣の空き地に行って鳩くん達を探すと、なんともう「オオタカくん」の攻撃を受けて大騒ぎです。「猛禽恐怖症候群」らしき「鳩くん達」は急降下で「6羽」の鳩くんが到着台に逃避してしまいました。

他の鳩くん達は、何とか逃げ切って分かれて飛んでいましたが「20分位」経って一塊で飛び始めたので「やり直し?」と思って、逃避している「6羽」の鳩くんを「釣竿」で追って飛んでもらって「サァーこれから?」と思って意気込見ましたが「鳩くん達」はそれどころではありません。

今度は「オオタカくん」が「2羽」での攻撃をうけて、又もやバラバラにされてしまいました。急降下して逃避してくる鳩くん、何処かに消えた鳩くん、何とか「40羽位」の鳩くんが見える範囲で飛んでいましたが、管理人は「舎外」にならないので「釣竿」を仕舞って「舎外」を諦めることにしました。

お昼頃の朝の給餌に向かって「1350g」の餌を与えると沢山残したので、数えると「10羽以上」まだ戻って来ていない鳩くんが居ました。夜の給餌の時にザットと数えると「99羽」いるようですが、「一羽」怪我をして「3羽位」居なくなったようです。でも餌は「1350g」を食べきってくれました。


今日は、「オオタカくん」と喧嘩してもしょうがないので「舎外」は中止して精神的休養日にしました。予定では今週から訓練開始?と思って居ましたが、諸般の事情で行けません。「第二陣選手鳩くん」の「初舎外」も入り混じって分からなくなるので出来ないので、区分けする為に「第一陣選手鳩くんたち」に「電子脚環」を挿入することにしました。

朝の給餌の前に「65羽」の鳩くんに「電子脚環」を装着させましたが期待していた鳩くんが何羽か居ないのがわかりました。---残念です。今週中には全鳩くんに装着させる予定です。---何羽残っているか楽しみですし「第二陣選手鳩くん」は来週月曜日から「初舎外」が可能になります。

今日の朝の給餌では、「1350g」を与えると見ている前で食べきってくれたので「オオタカくん」の攻撃のショックはあまり感じていないようなので安心して明日は「舎外」ができそうです。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。
一昨日の土曜日の夕方にO鳩舎が「菅原さんの鳩が入っていた?」と「S♀くん」を持ってきてくれました。その前日の「舎外」で全鳩くん入舎してくれた?と思っていた管理人は一瞬驚きましたが見ると「羽根を痛めて」復帰した「Sくん」だったので、「オオタカくん」の攻撃にパニックになってお邪魔してしまったのだと思いました。---O鳩舎に感謝感謝です。

今日は、二日振りの「舎外」になりましたが、持ってきて貰った「Sくん」は出さずに、その他の鳩くんは蒸し暑くなってきた「10時10分」に外に出て貰いましたが「2羽」の鳩くんが鳩舎の屋根に直行してしまったので「釣竿」で追って飛んでもらいました。

「2分位」経ってから追って飛んでもらったので、もう他の鳩くんの姿が無くて鳩舎の周辺を「2羽」で飛び始めたので「下りて貰っては困る?」と思って「釣竿」を持って隣の空き地に行って「釣竿」を立てて飛び続けてもらいました。

他の鳩くんは二日振りの「舎外」にも拘らずに最初から「遠征」に行ったようで姿が見えません。「20分位」経った頃やっと戻って来て鳩舎の周辺を飛び出したので管理人は低空飛行の鳩くんに「喝」を入れるために一生懸命「釣竿」を振っていると、やっと追い付いて混じって飛び始めてくれました。

それからは、長い時間の「遠征」には行かなくて「5〜10分位」姿を消して戻ってくると管理人の「釣竿」の洗礼を受けて、又、姿を消して、戻って来て、「釣竿」で追ってを繰り返して何とか「11時15分」になったので、鳩舎に行って「S♀くん」を外に出しました。---今週から「訓練」を開始したいので今日は負担を少なくして「管理人鳩舎」を嫌にならないようにと思って出して「入舎」してもらえれば今日の所は合格です。

結局「11時25分」迄、隣の空き地で「釣竿」を振って飛んでもらってから「釣竿」を仕舞って下りて来ました。飛翔時間は「75分」なのでノルマを達成できて「ルンルン気分」で後は後から出した「S♀くん」が「入舎」してくれれば?今週からの「個人訓練」スタートが出来そうです。

鳩くん達は結局「11時30分頃」に凡そが下りてくれました。管理人は残っていた他の鳩くんの管理を終わらせてお昼過ぎに選手鳩くんの朝の給餌として「1350g」の「餌」を与えるとみている前で完食してくれました。それから後から出した「S♀くん」を探すとちゃんと確認が出来たので、明日は最初から一緒に飛ばそうと思いました。

夜の給餌に行くと、無事に「舎外」は終了したと思っていたら「止まり木」で一羽ションボリしていたので掴むと外傷はなかったのですが、身体ば冷たかったので管理室のケージで休養させる事にして良質の方の「電解水」を飲ませて様子見です。--原因が分からない時に飲ますことがあります。以外と効くことが多いので期待しています。

餌は朝と同じ「1350g」を与えました。見ている前で直ぐに完食でしたが一羽状態を崩してしまったので管理人の気持ちは複雑です。全鳩くんを一緒に「訓練」に持って行こうと考えていましたが中々足並みが揃わないので何処かで区切りをつけてのスタートを考えなくてはいけないようです。---一両日に結論を出さないと?

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。、

6/19日(金)昨日の「舎外」は中止して「休養日」にしました。今日は今週最後の「舎外」をしました。今日は何とか無事に終了出来て楽しい週末を迎えられます。

昨日は絶好の「舎外日和」で「梅雨入り」はしましたが現在迄「空梅雨」のようで「舎外日和」の日が続いております。来週も「晴れマーク」が続いているので何とか「個人訓練」を始めたいと考えています。

一昨日未帰還の鳩くんは、朝起きると一羽屋根に止まるのを確認出来て「一羽帰って来てくれた?」と思って、屋根に止まって到着台に下りる迄を確認すると違和感もなく「怪我」をしていないようで安心しました。

お姫頃に朝の給餌をするときに数えると「102羽」いたので、もう一羽戻って来てくれたので、結局一昨日の「舎外失踪」は「2羽」のようで少なくて助かりました。何時と同じ「1400g」の餌を与えるとまだショックが抜けないのか?たくさん残してしまいました。

夜の餌は、朝より少なくして「1350g」与えましたがこちらも食べきれなくて少し残してしまいました。---「呼吸器系薬」の「飲水投薬」をしていると美味しくないのか?「水」を飲みたがらないので眼を細めて耐えているような鳩くんが何羽が見受けられるが影響しているのか?分かりません。


今日は「梅雨空」でしたが「舎外日和」で「舎外」は「9時30分」に開始しました。今日から先日怪我をした「スレートくん」も復帰してもらいます。他の鳩くん達も一日休むと「休み癖」が付くので今日も出たがりません。やっと出てくれましたが「羽根を痛めたBCくん」が飛び立たなくて屋根に直行です。

下りてから「釣竿」で追って飛んでもらいましたが、他の鳩くん姿は周辺には確認が出来なくて「10分位」で下りて来てしまいました。その後を追うように何処から来たのか分かりませんが、今日から復帰した「スレートくん」ひよっこり止まっていました。---追ってもしょうがないので飛ぶ気になるので止まっていて貰います。

他の鳩くん達は「30分位」で遠征から戻って来て「鳩舎」の周辺を回りだしたので、管理人は止まっている鳩くんにも飛んで貰おうと思っても隣の空き地で「釣竿」を振ると「BCくん」が飛び立ってくれましたが、「スレートくん」はそのままで結局最後までじっとしていました。

その後の「鳩くんたち」は戻って来て周辺を飛んだり視界から消えたりしてして飛び続けてくれました。時間の経ったのが分からなくて気が付くと「10時45分」で「75分」も経過しているので「今日の舎外」は終わりにして「釣竿」を仕舞って、後は鳩くん任せにして下りて来ました。

それから管理人は「選手鳩くんたち」の「飲水器」に「呼吸器系薬」を溶かしていると「ギャーギャー」と「カラスくん」の奇声が聞こえて来たので目を向けると「カラスくん」が「二羽」と「オオタカくん」との縄張り争いの喧嘩、その横に「鳩くん達」の集団が飛んでいると言う「三密修羅場」が展開されていました。

管理人はそれを見て「オオタカくん」が飛び始めて「1時間以上」経過する、鳩くんが疲れている頃を見計らって攻撃してくるのでは?最近は下りた直後に攻撃をしてくるので、何処かに隠れて攻撃の瞬間を待ち構えているように感じましたが、鳩くん達はあまり慌てないで「二羽」の鳩くんが集団から逃避しただけでその他の鳩くん達は上空に避難して集団で飛んでいました。

今日の「舎外」の途中で珍しく「カラスくん」を「8羽」も同時に確認したので「今日は如何したのかナ−?」と思ったので、「カラスくん」も「オオタカくん」の存在を確認して待ち構えていたのでしょうか?---自然界の営みは凡人の管理人には理解できません。

結局「鳩くん達」は「11時05分頃」に下りて来てくれました。飛翔時間「一時間35分」も飛んでくれて、いつの間にか入り終わっていて外には鳩くんの姿はありません。お昼頃に今日飛んで消費量が多くなったとおもって「1400g」の餌を与えるとみている前でやっと食べきってくれましたがまだ「2羽」の鳩くんが眼を細めて気乗りしない顔をしていました。

これで、今週の「舎外」は終わりで「4回」しかできませんでしたが、身のある舎外だったので満足しています。とにかく一羽でも多く選手鳩くんとして成長してもらう事が目的なのでこれからも「押したり・引いたり」の「舎外」そして「訓練」にもなると思います。

夜も、朝より少ない「1350g」の餌を与えるとみている前で食べ切ってくれました。今日で「美味しくない水」とはお別れなので明日から眼のしょぼくれた鳩くんほ見ないで済むカナーと思っている管理人です。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。、

昨日は「梅雨空」の中「9時10分」に舎外を始めて全鳩くん飛び立ってくれました。「羽根を怪我した鳩くん」3羽も集団に入って飛んでくれたので喜んで見ていましたが、鳩くん達は「遠征」に行ったのか?視界から消えてしまいました。「舎外初日」に怪我をした「RCくん」は飛翔時間「25分位」で一羽だけ下りてきました。

その後もその他の鳩くんは「遠征中」でしたが「40分位」経過した頃に「2羽」戻って来て鳩舎の屋根に止まりましたが、そのままにして「50分頃」に他の鳩くん達が戻って来たので「釣竿」で追って、又一緒に飛んでもらいました。

その後は遠征には行きませんが、視界から消えたり、戻って来たりを繰り返して「70分位」経過した頃に「釣竿」を仕舞って後は鳩くん任せにしました。「90分」経過した頃から下り始めてくれて「100分経過」の「10時50分頃」には全鳩くん下りてくれました。

昨日から「呼吸器系薬」を「飲水投与」を始めました。朝の給餌はいつもと同じ「1450g」与えるとみている前で完食してくれましたが、夜も同じ量の餌を与えると食い込みは悪くなって残してしまいました。

鳩くん達は「飲水器」の表面から飲もうとしている鳩くんが何羽も見受けられて「飲み口」の開口部へ嘴を持って行きません?--美味しくない「水」のようです。明日からは「餌に塗そうか?」とも思いましたが「水」は必要なので「美味しくなくても飲むだろう?」と思ってそのままにする事にしましたが?。

休養明けなので、飛びたくない鳩くんが多くて嫌がる鳩くん達を「棒」で追ってやっと外に出て貰いましたが、複数の鳩くんが屋根に直行です。---違和感がなく外に出て貰ったので、昨日戻って来た「羽根を痛めた鳩くん」は問題はなさそうです。

外に出て「釣竿」を振り上げると鳩舎の屋根に止まっていた鳩くん「5羽」が飛び立ってくれました。管理人は隣の空き地に直行して鳩くん達を探すと後から飛び立った鳩くん達が一生懸命に集団の鳩くん達を追いかけていました。---その飛び方に違和感を感じなかったので「選手鳩くん」として使えそうです。

昨日の「舎外」は問題なく終わった?と思っていたら一羽「スレートくん」が「胸」ぶつけて、毛が逆らっていて、うつむいていました。---自然に治りそうなのでそのままにして休養してもらいます。

今日は、梅雨とは思えない「爽やかな青空」で「MAX24度」という最高の「舎外日和」です。「9時25分」から「舎外」を始めました。今日も全鳩くん飛び立ってくれたのでゆっくりと「釣竿」を持って隣の空き地に行きましたが「鳩くん達」の姿は確認できなくて、日陰に下りて来て「椅子」に座ってできましたが「カメラを横に置いて観戦です。

少し経つとやっと鳩くんたちの姿が高度「500m位」上空で確認出来ましたが、ピントが合わなくて撮影が出来ません。2〜3回確認出来ましたが、また視界から消えてしまってその後は姿は確認できないまま時は流れて行きました。---楽な監視なので合間合間で他の鳩くんの朝の管理をしています。

「20分位」経った頃に「初日に怪我をしたRCくん」が一羽で下りてきました。それから「50分位」経った頃に「RCくんとBCくん」の二羽が下りてきましたがそのまま待機してもらいましたが、その他の鳩くんは一度も顔を見せないで「遠征中」です。

「一時間」のノルマ時間が過ぎても他の鳩くんは姿を見せません。「65分」経過した頃に「8羽」の鳩くんが戻ってきて暫く旋回をしていましたが下りてきました。管理人は少し不安になって隣の空き地に登って空を見上げているとやっと「豆粒の集団」を発見しましたが数は「70羽位」なので足りないので、周りを一生懸命見ていると「居ました」すこし離れて「20羽位」の集団が?合計の鳩くんの数が合いそうなので一安心していました。

二つの集団は一つになって低空飛行になってくれたので「屋根」に止まっている鳩くんを「釣竿」で追って一緒に飛んでもらいました。「75分頃」迄「釣竿」を持って見ていましたが「今日はこれまで?」と思って下りてきました。後は鳩くん任せにすると「85分」経過した頃に鳩くん達は下りてくれました。

管理人は今日も無事に終わったと思って、安心して「第二陣選手鳩くん」に「餌」を与えていると屋根に止まった鳩くん達が「ドッドドッー」と大きな音が聞こえて一斉に飛び立ったったので「何が有ったのだろう?」と思って「展望台」から外を見ましたが何が有ったか全然わかりません。でも鳩くん達は驚いたのでしょう?バラバラで飛んでいました。

気にもせずにお昼頃に何時もと同じ「1450g」の餌を与えると、鳩が少し少ないように感じましたが気にしないで与えていると食い込みも悪くなったようですが大量に餌を残したので「可笑しい?」と思って数えると「90羽位」しかいません。「14羽」も不足していました。

ここの所、下りてからの「猛禽くん」の攻撃をうけるようで、敵も考えているようですが、こちらは対応できる術を持っていないので「鳩くん」の感性に期待するだけです。夕方まで半分ぐらい戻ってくれる事を願いながら「ブログ」を書いていました。

夕方の17時過ぎに夜給餌に向かって、選手鳩舎で数を数えると「93羽」しかいません。「やばい?」と思いながら他の鳩くんの夜の管理をしていると、やっと「1羽」「1羽」と帰って来てくれて、最後鳩くんが18時20分頃かえってくれて「100羽」となりましが、一羽大怪我をして「選手鳩くん」としては使えなくなってしまいました。

でも、捕獲されなかったので「猛禽くん」としては、完全に失敗なのでテンションが上がらないと思うので「大怪我をした鳩くん」には感謝しなくてはなりません。でもまだ「4羽?」戻っていないので心配です。明日何羽か?戻ってくれる事を願うだけです。

夜の餌は100羽見当の一羽辺り14gの「1400g」の餌を与えましたが、全然食べなくて沢山残したのでやむ負えず回収してしまいました。今日の「舎外」のショックと「呼吸器系薬入り」の水の不味さも手伝ってテンション最低の鳩くんに見えるので明日の「舎外」はお休みしようと思っています。

それでは、今日はこの辺で失礼いたします。
13日の土曜日に「トリコモナス・コクシジューム薬」の4日間の投薬が終わって、昨日の日曜日に「離れの鳩舎」で休養していた「羽根を痛めた鳩くん」3羽を飛び方に違和感を感じなくなったので「選手鳩舎」に戻してあげました。

今日は、「曇り空」でしたが「舎外日和」で「9時10分」より「舎外」を開始しました。

休養明けなので、飛びたくない鳩くんが多くて嫌がる鳩くん達を「棒」で追ってやっと外に出て貰いましたが、複数の鳩くんが屋根に直行です。---違和感がなく外に出て貰ったので、昨日戻って来た「羽根を痛めた鳩くん」は問題はなさそうです。

外に出て「釣竿」を振り上げると鳩舎の屋根に止まっていた鳩くん「5羽」が飛び立ってくれました。管理人は隣の空き地に直行して鳩くん達を探すと後から飛び立った鳩くん達が一生懸命に集団の鳩くん達を追いかけていました。---その飛び方に違和感を感じなかったので「選手鳩くん」として使えそうです。

でも、体力不足は避けられないようで「初日」に羽根をぶつけた「RCW♀くん」は「7分位」で下りて来て、「10分位」に「近所の人が拾ってきてくれたBCくん」が下りてきましたが、初日はこんなもの?と思ってそのまま休んでもらいました。

残りの「1羽」の「電線にぶっつけてヒラヒラ下りて来たシルバーくん」は頑張って追っかけていましたが「20分位」でついて力尽きて「近所の屋根」に下りてしまいましたが、休養明けのためか視界から消える事無く周辺を飛んでいます。---眼を離すと鳩くん達は下りてくるので付きっ切りの管理人でしたが「25分位」経つとやっと飛ぶ気になってくれたのか「遠征」に行ってくれました。

やっと手を離せるので「蒸し暑い日向」から日陰に退散して来ました。昨年からこの時期直ぐに「熱中症もどき症状」になるのでなるべく「日向」には行かないよう、手抜きをしながらしっかり「水分補給」をして乗り切らなければ「秋レース」に繋がりません。

鳩くん達もやっと飛ぶ気になってくれたようで、戻って来たので「50分」経過した「10時頃」で「釣竿」を立てていると、又「遠征」に行ってくれてそのまま「ノルマ一時間達成」してしまいました。「70分」経過の「10時20分」釣竿を仕舞って退散しましたが、鳩くんたちは「10時30分頃」迄飛んでくれました。--「舎外風景」を撮影したので掲載いたします。

今日の舎外時間は「80分」で、今日から再開した「羽根を痛めた鳩くん」も選手鳩くんとして使える見通しもついて、休養明けの飛びたくない月曜日の「舎外」も問題なく「ノルマ達成」が出来てよかったです。---明日から少しづつ「飛ぶ気」になるので「ノルマ達成」のための監視が楽になるので良かったです。

お昼頃に「餌」を与えに行くと外には鳩くんの姿がなくて全鳩くん入ってくれていました。用意した「1450g」を与えるとみてる前で食べ切ってくれて食い込みも良くなってくれました。---やはり少し少な目が良いという事ですが、少しでも羽根を広げて食べるのを眼にすると「可哀そう」で量を増やしてしまって、こんな簡単な事が守れない管理人なのです。

夜の給餌は朝と同じ「1450g」の餌を与えました。選手鳩くんは見ている前で完食してくれて気持ち良く管理を終わらせたのですが、一羽換算すると「13.94g」になるので管理人の鳩くんには一羽辺り「14g」がベストなように感じますが? 一羽辺り「15g」は最低与えたいと思うのが本音で、その狭間で悩んでいる管理人でした。

明日からは「マイコフラズマ等」の「呼吸器系薬」の投薬を、開始する予定です。それでは、今日はこれで失礼致します。


powered by samidare