レース鳩モール|管理人の鳩ブログ

レース鳩モール|管理人の鳩ブログ
ログイン

「8/19日(月)今日は三日振りの「舎外」ですが、何時もの事ですが「鳩くん」は飛ぶ気が余りありません。」のサムネイル「8/15日(木)今日の「舎外」は「5時45分」に飛ばしましたが、朝から暑くてノルマは達成できませんでした。---でも住んでいる胎内市は「MAX40・7度」で日本一でグッタリです。」のサムネイル「8/14日(水)今日の「舎外」は「5時40分」に飛ばしましたが、ノルマは達成できませんでした。」のサムネイル
「8/19日(月)今日は三日振りの「舎外」ですが、何時もの事ですが「鳩くん」は飛ぶ気が余りありません。」の画像
昨日の朝の管理中に「左目」に急に「蚊」が飛んだ様な状態が見える様になって、夜の管理中には瞬きする時に「光」状態になったので「飛蚊症」になったと思いましたが「右眼」の時と違って「眼が重たい」のと「涙」が出ていたのでどうなるか心配していました。

昨晩は晩酌もしないで早めに寝ました。寝付きも良く「4時頃」トイレに行きましたが異常に感じることなく「良かった?」と思って戻ってウトウトして起きると「5時50分」でしたが、朝も異常を感じなかったので着替えて鳩舎に向いました。

三日振りの「舎外」です。土曜日にケージで療養中の鳩くん「3羽」を戻したので「羽根」をいためていた「2羽」は出さない予定でしたが間違えて「1羽」は出てしまいました。---「6時10分」スタートです。

飛ばない鳩くんが「3羽」も居て「釣竿」で追って飛んだもらいましたが、直ぐに間違えて出た鳩くんが隣の屋根に止まってしまいました。他の鳩くんは飛んでいる?と思って居ると「10分位」で「6羽」が低空飛行を始めました。

管理人は下してはいけないと思って「釣竿」振って抵抗をしましたが、飛ぶ気のない鳩くんが「電信柱・電線」に「2羽」となりの屋根には「3羽」止まってしまい諦めるしかありません。

毎週の「2日」休養後「舎外」は飛ぶ気のない鳩くんも何とか飛ぶ気にさせて引っ張れるのですが「3日」の休養の時は中々管理人の思い通りにはなりませんが、「2〜3回目」には飛ぶようになるので静観です。

その他の鳩くんは、その他の鳩くんは、何とか飛んでくれていましたが時々追って上げないと直ぐ下りてしまいそうなので付きっきりでしたが、「どの位飛んだのか?」と思い時計を見ると「6時50分」に成っていたので「40分」も飛んでくれていたと思い」体力も着いて来たと喜んでいました。

その後も、何とか粘ってくれて飛んでいましたが「7時05分」に成ったので「釣竿」を終って、今日は「55分」飛んでくれたので今週末の土曜日から個人訓練のスタートを予定しているのでマァマァのスタートとなりました。


選手鳩くんの給餌は「舎外」を休んでいるとストレスがなくなるのか?食い込みが良くなります。与えている「2000g」は見ている前で食べ切ってくれますが、今週も従来と同じ「2000g」を与えると全鳩くんが入舎する前に食べ切ってくれました。―――でも量は当分このままの予定です。

朝の管理を終わらせてから、シャワーを浴びて朝食後少し休んでから「眼科病院」に行きます。今日は休み明けの月曜日なので混むと思って「10時30分」に出発すれば何とか午前中には診察してくれると思って出発しました。

「10時40分」に着くと「駐車場」が空いていたのですぐ傍に停められて「以外と少ない?」と思って病院に入って行くとやはり思って以上に少なくて「良かった?」と思って手続きをしました。

診察すると「網膜剥離」も「視野」も狭くなっていなくて、「視力」も下がっていなくて、今の所大事になって居なくて良かったです。でもお医者さんからは、「蚊」の形が変わったり、「視野」が狭くなったら直ぐに来なさい?と言われましたが「目薬」をもらって帰って来ました。

帰り道は、眼底検査をしたので「眼」がまぶしくて、まぶしくて、ゆっくりした速度で走って帰って来ました。----少しづつ気を取り直してと思っています「秋レース」の準備が出来れば?と思っています。それでは今日はこの辺で失礼いたします。
昨晩は最低温度が「30度」以上の「スーパー熱帯夜」で何とか眠れたのですが夜中の「3時前」に暑くて眼を覚ましてしまいそのまま眠れなくなって、場所を涼しい「洋間」のフロァーで横に成って居ましたが眠れなくてウトウトしていました。

外が明るくなってくると外の雲は「鉛色」の雨雲でしたが「雨」は降っていなかったのですが、時より「強風」が吹いてくると小枝が強く揺れていたので「舎外」は鳩くんが何処かにぶっける可能性が高いのでも無駄な抵抗は止めよう?と思い「舎外」を中止する事に決めました。

起きると「5時50分」に成っていましたが「舎外」を中止したので余裕でした。それよりも固いフロァーで寝たので腰が痛くて痛くて?我慢して着替えて「6時」に鳩舎に向いましたが、外に出ると予報では朝6時でも「30度以上」有るので暑く感じましたが、これから涼しくなるので楽な気持ちで鳩舎に向いました。

今日は「南寄りの風」なので、選手鳩舎と種鳩舎の「抜けた羽根」の回収してから給餌を行いました、選手鳩くんには今日が最終日になる5日目の「マイコ薬」を「飲水器」に溶かして、「餌」には「サプリ」を塗して「2000g」を与えましたが少なくしたせいも在って此処の所は丁度良く食べています。

明日と明後日は土日なので「舎外」はお休みに成りますが、19日の月曜日からは投薬も終わって鳩くんはこれから「秋レースモード」に一直線なので、月曜日の「舎外」に鳩くんがどんな対応をしてくれるか興味深々となりますが、普通に行けば来週末から「個人訓練」をスタートですが?出来ればと楽観的に考えています。

現在「何羽・どの鳩くん」が残っているのか?未確認なのですが「個人訓練」が始まるとチェックのチャンスが多くなるので、こちらも管理人は大いに興味が有るので楽しみにしています。

残念なのは現在療養中の「6羽」の鳩くんですが、治り次第「舎外」に復帰してもらい、問題無く飛べるようになったら「訓練中」の鳩くんらに合流させるので「6羽」の鳩くんの幸運を祈るだけです。

昨日までとは違って涼しいので今日は朝の管理は少し汗を掻く程度で終わる事が出来ました。二日間「40度前後」の猛暑だったので今日はとても過ごし良い一日に成りましたので現在進めている「トータルオークション」の資料整理がはかどりそうです。

今日「レース鳩誌8月号」がとどきました。来月の「9月1日」より「オークション」を再開致しますので楽しみにして下さい。それでは今日はこの辺で失礼いたします。
「8/15日(木)今日の「舎外」は「5時45分」に飛ばしましたが、朝から暑くてノルマは達成できませんでした。---でも住んでいる胎内市は「MAX40・7度」で日本一でグッタリです。」の画像
昨晩も最低温度が「30度」で寝苦しい夜でしたが何とか「4時」までは眠る事が出来て、ウトウトしていると明るくなってスッキリしてきたので起きると「5時30分」でした。

外は昨日と同じ様にスッキリ晴れて暑そうです。着替えて鳩舎に向かって外に出そうと鳩くんを追って居ると「一羽」飛び上がりません。捕まえると「主翼」の付け根が腫れていたので昨日の「舎外」の三羽目の被害鳩くんに成ってしまいました。

「ヨート゜チンキ」をたっぷり塗ってケージで療養してもらいますが療養中の鳩くんが「6羽」に成ってしまいました。---舎外鳩数が多い? マイコ投薬中? 暑くて飛ぶ気がない? ----わかりません。

その他の鳩くんには外に出て貰いました。今日も一応全部の鳩くんが飛び立ってくれましたが「10分」もすると「6羽」の鳩くんが低空飛行に入ったので「釣竿」を振って抵抗しましたが「2羽」が電信柱の天辺と電線に止まってしまい「惨敗」ムードでした。

でも残りの鳩くん達は何とか飛んでくれて、戻って来た集団と一緒になって飛び始めてくれたので一安心して「カメラ」を取って来て撮影しようとすると集団が分かれて飛んでいたので一塊に成るまで待って撮影しましたが直ぐに分かれて終って中々良い「舎外風景」は撮れませんでした。--良いのを掲載します。

日向に出るとピリピリする暑さなのでもなるべく早く終わらせたいのですが、「舎外」が安定しないので他の鳩くんの給餌が進みません。

何回も何回も追って追ってやっと「6時35分」持ちこたえたのですが、これ以上追っても可愛そうだと思ってノルマ直前で「釣竿」を終って退散しました。----今日は「猛禽くん」の姿は表しませんでした。

他の鳩くんの残った給餌と種鳩舎と選手鳩舎の抜けた「羽根」の回収したのですが、こちらも毎日しているのですが暑い日が続くせいだと思いますが換羽が早いような気がします。―――管理人の鳩舎は「南寄りの風」の時は「羽根」が道路方面に飛んでゆくので出る前に回収しないと近所迷惑に成ります。

選手鳩くんは「マイコ薬」4日目の投薬です。薬の中で鳩くんが一番嫌いなようで溶かした「飲水」の量が大分少なくなっています。「良薬口に苦し」と言うので鳩くん状態が良くなるのでは?と思っているのですが我が家の鳩くんは状態が良くないみたいです。---明日で終わるのでもう少しの我慢です。

「餌」には「サプリ」を塗して少なくした「2000g」を与えましたが、「150g」少なくしているので丁度良いみたいです。

朝の管理を「8時」過ぎに終わらせて家に戻って一日中クーラーの部屋で過ごしましたが、お昼の情報番組で胎内市が日本一暑くて「40・7度」と聞いて体感温度が高く感じてしまい部屋の中でも暑い一日に成ってしまいました。

明日は「雨」で気温が「31度」位に下がるのでうれしいのですが、今晩は最低温度「31度」なので恐怖な夜が待っています。そして今晩から「風」も強くなる予報なので明日の朝「風」が強いと「舎外」が出来なくなるのでこちらも問題です。

それでは今日はこの辺で失礼いたします。
「8/14日(水)今日の「舎外」は「5時40分」に飛ばしましたが、ノルマは達成できませんでした。」の画像
今朝眼は早く覚ましたのですが、疲労感が強くて中々スッキリしません。やっと簡易体操をして「5時20分」に起きましたがまだ鳩舎に行くモードにならなくて、眠い眼を擦りながら「5時30分」頃に鳩舎に向ました。

外に出ると早くも「フェーン現象」の影響で暑そうな「ブルーの空」が一面で太陽光線を照り返しているような感じでやる気に成りませんが、涼しい内に飛ばしてあげようと鳩舎に向ました。

先ずは「餌」を戻して居ないか?チェックとましたが戻した形跡はありませんんが「餌箱」に沢山の「餌」が残って居たので食欲はだいぶ下がっているようですが、原因は「マイコ薬」?良く分かりません。

次に昨日管理人がぶっけてしまった「BW♀くん」と木の枝の中に逃げ込んだ「R♂くん」の二羽を掴むと元気そうなので「舎外に耐えられる?」と思って全部の鳩くんと一緒に外に出て貰いました。

今日は屋根に一羽も止まっていないようでしたが一応「釣竿」で追ってみると一羽も飛び立ちません。今日は全鳩飛んでくれた?先ずは喜んでいましたが「5分」もしないうちに二羽が低空飛行で着陸態勢に入りました。一羽は直ぐにぶつけた「BW♀くん」と分かりましたがもう一羽は「BCくん」のようでこちらは見当がつきません。

管理人は(釣竿」を振って飛んで貰おうとしましたが飛ぶ気のない鳩くんは無視して「BWくん」は横隣の屋根に止まってしまい、もう一羽は少し離れて電線に止まって知らんぷりです。---この鳩くんたちは今日は諦める事にしました。

他の鳩くん達は遠征に行ったようなので暫くは帰ってこないと思って他の鳩くんの給餌を始めましたが「6時頃」に成ると「11羽」の鳩くんが低空飛行態勢に入ったので「釣竿」を振って「下りられてたまるか?」と振り回していましたが、この鳩くん達は飛び気を失っていて一羽が電信柱にそして他の鳩くんは3軒隣の大屋根に止まる気配が?これ以上追うと不味いと思って諦め始めた時に救世主が表れました。、

低空飛行の鳩くんの羽ばたきがフル回転に成ったので、何か在った?と思って見回すと左の空から「オオタカくん」の登場です。鳩くん達は高度上げて行くと集団の鳩くん達も別れて4個の集団でバラバラに飛んでいました。

「オオタカくん」はそのまま右の屋ごみに消えて終ったので上空の鳩くん達は又一つの集団で飛び始めてくれましたが、それから10分位して又「オオタカくん」が現れて二度程攻撃を受けましたか諦めて消えて行きました。

「オオタカくん」の援助もありましたが鳩くん達はノルマの「1時間」まで飛ぶことが出来なくて「6時15分」位に下りてしまいました。---とにかく暑いので8/16日まで継続する事を優先しているので無事に終わって良かったと思っていました。

今日は「マイコ薬」4日目の投薬なので「サプリ」を塗した「餌」を今日は少な目の「2000g」を持って選手鳩舎に行くと先ず目に着いてのは羽根を下げている「BWくん」がいたので捕まえると付け根が腫れていたのでぶつけた様です。「ヨウドチンキ」を塗ってケージで療養してもらいました。

「餌」を「餌箱」に入れているともう一羽「シルバーくん」の胸の毛が沢山抜けていましたが元気に「餌」を食べて居ましたが、後で捕まえると「横腹」を切傷していたのでケージに隔離して落ち着いたら縫合してあげます。

「オオタカくん」の攻撃に耐えて何事も無いように感じても鳩くん達には凄いストレスに成っているようです。

昨日も「二羽」今日も「二羽」大怪我ではないですが「主翼」の怪我が多いので再生して戻る事が出来ればよいのですが?---やはり「オオタカくん」は恐い存在でした。

今日の気温は「38.4度」でしたが、何とか乗り切りましたが、明日もフェーン現象で今日と同じ位暑くなるので頑張って乗り切りたいと思っています。それでは今日はこの辺で失礼いたします。
「8/13日(火)今日は三日振りの「舎外」再開です。」の画像
管理人の鳩くん達は、基本的に「土日及び祭日」の「舎外」はお休みです。「土日」の二日間のお休みは5日間の「強制舎外」の疲れを抜くのに丁度良い休養と思っていますが「3日以上」の休養は取り戻すのに一寸時間がかかります。

今日は、昨晩は良く眠れなかったので目覚めが遅くなって「6時」にやっと起きて急いで着替えて鳩舎に向かって急いで鳩くんを外に出て貰うと二羽の鳩くんが飛び立たなくて鳩舎の屋根に止まってしまいました。

何時ものように「釣竿」を振り上げて到着台の屋根を行ったり来たりさせても鳩くんは飛び立たたない上に「釣竿」の先端が取れて到着台の屋根に置いてきぼりに成ってしまったので隣の空き地から鳩くんを探すと「シルバー♀くん」は見えましたがもう一羽は見えません。

「釣竿」を治すか?飛び立たない鳩くんを飛ばすか?どちらを先にやるか?迷いましたが、先ずは「釣竿」を治して先端に新しい「黒いゴミ袋」を取り付けてましたが、繋ぎ目かギャツプが悪くて1m位短くなったみたいです。----安価の台湾製「釣竿」なのでしょうがないですネ?

それから鳩舎に行ってみると奥の鳩舎の「二重トラップ」の踊り場に「二羽」の鳩くんが居たのでまず「BW♀くん」を捕まえて片手に持ってもう一羽の「シルバー♀くん」を捕まえようと「餌箱」に乗って踊り場に手を入れた時にバランスを崩して鳩くんを持っている手で止まり木の所で受けた時に「鳩くん」もぶつかったように感じました。

でも踊り場の鳩くんが逃げて飛び始めたので手に持っている鳩くんも飛んでもらおうと思って違和感も感じないで「田んぼ」の方に歩いて行きました。

最近は二つの事を一緒に出来なくなったので、歩いて行ってここから飛ばそうと思った時に手に持っている「BWくん」をぶつけたように感じた事を思い出しました。鳩くんを見ると「嘴」から血が出て居ました?鳩くんの眼は潤んで居ました?これは不味いと思ってそのまま持ち帰って鳩舎に戻しました。---2〜3日休養してもらいます。

やはり「3日振り」の「舎外」はスムーズには行かないナー?鳩舎の中で思っていると鳩舎の屋根に鳩くんが下りた音が聞こえて来たと思ったら「ガチャガチャ---」の屋根から甲高い音が聞こえて来ました。管理人は「餌」を戻した音だと直感しました。こんなに早く?とも思い頭の中が真っ白になりそうでしたが、何で?「投薬中」で昨日から「呼吸器系マイコ薬」投薬中と言うのに?とにかく様子を見よう?と思って下りて来ました。

屋根を見ると「Bくん」が屋根に止まっていたのでおそらくその鳩くんだと思いましたが、到着台の屋根には「戻した餌?」と「釣竿の先端・黒いゴミ袋着き」が有るのですが高さが「6m以上」有るので昨年「アルミ梯子」で怪我をした管理人には手を打つことが出来ません。---今週は最悪のスタートとなっています。

何も出来ないので、何時もの様に行動する事にしました。「舎外」はノルマ達成は望まないけど「45分位」は飛んで貰いたい?と思って居ると「35分位」経った頃に集団の鳩くんが低空飛行に入ったので「釣竿」を振ると何羽かの鳩くんが屋根から飛び立ちましたが「餌を吐いたと思われるBくん」だけは飛び立たなくて道路の電線にとまったままです。

やっと「舎外風景」を撮ろうと思って「カメラ」を取って戻ってくると鳩くん達が上空で騒いでいました。良く見ると「オオタカくん」が追いかけて居たので写真を撮ろうと思っていると「Rくん」が急降下して「ジシャガラの木」く茂みの中に逃避して動きません。

上空を見あげると「オオタカくん」の第二派の攻撃が始まろうとしていました。今度は「シャツター」を切りましたが写っているかは分かりませんが写真を掲載します。---見てる範囲では被害はなかったみたいです。

初日から色々ありましたが「6時15分位」に飛ばして「7時05分位」に「釣竿」を終ったので「50分位」飛んでくれたのでひいき目にみています。

選手鳩くんは「マイコ薬」二日目の投薬ですが、「マイコ薬」は苦くて飲みません。同じ量の水を与えると他の薬の時は夜までに飲みきっているのでが、こんなに暑くても翌朝に成っても残っているのでこの影響は?分かりません。

今日は「サプリ」を塗して「2150g」の餌を与えに鳩舎に向かうと「羽根を抜かれているRくん」が眼に入りましたが元気そうなのでそのままにして、もう一羽元気のなさそうな「PBくん」がいたので「この鳩くん」が餌を戻したので?と思って「ケージ」に移して休養してもらいました。

激動した今週一日目の「舎外」でしたが、今週は「お盆真っ最中」ですが、金曜日まで何とか4日間「舎外」をしたいと思っています。それでは今日はこの辺で失礼いたします。
「8/10日(土)今日は週末の土曜日の為に「舎外」はお休みです。」の画像
昨日の夜の給餌を終わらせて家に戻ろうとしてる時に一本の電話が有りました。嫁さんが出てくれて「近所の砂利道に飛ばない鳩くんがいて猫くんが狙っている?」と言う内容で、管理人は「昆虫採網」を持って歩いて直ぐに向かいました。

場所は直線で「70m位」の所で、連絡してくれた人が猫くんに襲われないように見守ってくれていました。3m位離れた所に我が家にも自由に入って来る猫くんがうろうろしていました。

鳩くんを見ると外傷は見られなくて綺麗な外見をしていたので「猛禽くんに襲われて腰を抜かしたのか?」と思って手で捕まえると「主翼」の裏に「3Cm位」切傷が有り「血」が出ていて腫れていたので「ぶつけた傷?」のようで養生すれば治りそうで連絡してくれた人にお礼を言って帰って来ました。

昨日はそのまま「ケージ」に入れて傷口が塞がってから「ヨードチンキ」を塗ってあげる事にしましたが、結局昨日の「舎外中」に「二羽」の鳩くんが「何かにぶつける?」と言う事故に合ってしまいました。--少し舎外羽数が多いようです。「秋レース」が終わる頃には少なくなるのですが?

今日の選手鳩くんは「トリコモナス・コクシジューム薬」4日目の投薬で明日一日開けて、明後日から呼吸器系「マイコ薬」の投薬になります。今日も「トリコモナス薬」を「餌」に塗して「2150g」を与えると今日も喜んで食べてくれました。

今日も暑いです。その上「週間天気予報」を見るとやはり「台風のフェーン現象」の影響で来週から「38度以上」で15日の木曜日は「40度」と表示されていて、来週一杯は地獄の暑さで管理人はどうして良いかわかりません。---気が重い毎日が続く事は確実です。

こんな猛暑の連日に成るので、今日は楽しくなるお話しを紹介いたします。今年の「羽越福江GNレース」です。参加108羽中記録期間帰還鳩唯1羽帰り総合優勝鳩は「ナッキー系」を使われている「O鳩舎」でした。

「O鳩舎」は「レース中断」を10年位したのち「2012年」に「長距離レースを楽しみたい」と言う事で来舎されまして「10羽」の作出鳩を導入されました。その内の一羽の直仔が「14年春」に「RG500K総合優勝」しました。

その総合優勝鳩直仔の異母兄弟鳩「2羽」が「18年福江GNレース」総合2位5位に入賞されました。それだけでも凄いのに「18年総合5位鳩くん」を今年参加されて、見事「総合優勝」されました。---ちなみに”ナッキー福江号”8重近親鳩です。

”ナッキー系鳩くん”は管理人鳩舎で「羽越GNレース」総合2位3回、総合3位3回、総合4位---と活躍はしておりますが、昨年も「O鳩舎」で総合2位で「万年総合2位か?」と心の中で少し病んで居ましたが、今年見事に「総合優勝」して頂き、管理人としても感謝感激の一言で良い年に成りました。---「O鳩舎」に感謝感謝です。

レース終了後に「O鳩舎」から連絡が入り「お邪魔したいから」との事でしたが「優勝鳩が見たいから」と言う事で見学に行ってきました。「父親・昨年の総合2位・総合優勝鳩」の三羽を掴ませて頂きました。三羽とも「ナッキー系」の特徴を受けついでおり「O鳩舎」の作出センスに恐縮いたしました。

特に「総合優勝鳩」は小振りで”ナッキー福江号”8重近親、同父親の10重近親鳩でその特徴である「銀眼」それも「ブラチナに近いビンク銀眼」の鳩で「羽色」の「シルクタツチに近いBC」で「ヤリ胡麻」ではなかったですが、戻し交配をすればもっと先祖帰りの鳩くんが出来ると素晴らしい鳩くんに目刷りあえて大喜びで「トレード」を意志を伝えて戻って来ました。

後日正式に「父親と総合優勝鳩」の「トレード」を申し込むと「OK」のご返事頂きましたのでそのうちに皆様にもご紹介出来るとおもいます。---今日のブログに「詳細血統書」を掲載しようと思ったので挑戦したのですが「PDF形式」にしないと受け付けてくれないのでダメでした。

後日ご紹介出来る日を楽しみに、それでは今日はこの辺で失礼いたします。
「8/9日(金)今日は今週最後の「舎外」は「5時45分」に飛ばして、5日間連続「早朝舎外」を継続出来ました。」の画像
昨晩は暑くて、夜中の「0時20分」に眼を覚まして涼しい「洋間」で横になって「4時過ぎ」まで寝てしまい、ベットに戻ってウトウトして「5時30分頃」に起きましたが眠いです。

着替えて外に行くと今日も曇空でしたが、今日は天気予報通りで少し涼しく感じました。鳩舎に行くと今日も別の「成鳩くん」が卵を産んでいましたが無視して外に出て貰うと「5時45分」で今週も「早朝舎外」を継続出来ました。

外に出た鳩くんたちは今日も元気で、屋根には一羽も止まらずに飛び立ってくれました。管理人は鳩くんの行方を捜しましたが見当りません?今日も「朝の給餌」と並行しながら監視を始めました。

少し経つと嫁さんが「サルスベリの花が満開?」と教えてくれたので表の庭に見に行くと綺麗な「赤紫の花」が満開で、その目線の先の「櫛形山脈」の尾根の上に鳩くん達が一塊で飛んでいたのが確認できました。

当分戻ってこないと安心して他の鳩くんの給餌をしていましたが「6羽」の鳩くんの低空飛行が確認できたので「釣竿」を振って少し驚いてもらってから時間を確認すると「6時20分」で経過時間は「35分」で何時もこの時間帯に飛ぶのが嫌にに成る鳩くんが何羽か居るようです。

でも「釣竿」を少し振り続けると戻ってきた本体と一緒になって飛び始めてくれて姿を消してしまいました。「6時35分頃」に一羽ふらふらと姿を現し隣の屋根に片方の「主翼」と「片足」で胴体着陸して片足で立っていたので「集団で飛んでいるのでよけきれなくて脚を骨折したのでは?」と思いました。

その後を追うように一塊の鳩くん達が追い抜いて行きました。白状な管理人は「脚を骨折した鳩くん?」を無視して用意してあった「カメラ」で「舎外風景」の撮影を試みましたが良い写真が取れる前に消えてしまいました。--なるべく良い風景を選んで掲載します。

その後も鳩くん達は涼しいせいもあってか?「7時」のチャイムが聞こえて来ても一塊で飛んでいましたが、管理人は「釣竿」を終って終わりにしました。「1時間15分」も飛んでくれているので益々順調と大喜びで残りの朝の給餌を続けました。

選手鳩くんは、「トリコモナス・コクシジューム薬」投薬「3日目」です。「トリコモナス薬」を「餌」に塗して「2150g」を与えると喜んで食べて居ましたが、「怪我をした鳩くん」は二重トラップの踊り場に居たので捕まえて見ると「主翼」の付け根が腫れていて「片足」は折れていないようでしたので「主翼」に「ヨードチンキ」を塗ってケージで様子を見る事にしました。

今年は「舎外数」が多いので一塊で飛んでいると後方の鳩くんは一寸気を抜入ていると「電線」等の障害物を避けきれないのでは?と考える管理人でした。

今週は今日で「舎外」は終わりですが、「全鳩舎外」を始めたのが先週の月曜日で今日で丸二週間「10回」の「早朝舎外」を一回もサボらずに継続出来た事で鳩くんも「1時間15分」も飛べるまでに成長してくれました。

来週からは「お盆休暇」に入るのでどのように「舎外」をするか決めていませんが、今回の「早朝舎外」ならばそんなに問題にならないのでは?と思案中です。それでは今日はこの辺で失礼いたします。
「8/8日(木)今日の「舎外」は「5時40分」に飛ばして「6時50分」に「釣竿」をしまいました。」の画像
今日は、眼を覚まして着替えて外に行こうと外に片足を出した時に、丁度嫁さん用の「目覚まし時計」の音が聞こえて来たので「5時30分」で「今日は早いな?」と思いながら鳩舎に向かいました。

今日の空は「明るい曇空」なので何時もより気持ち涼しく感じながら「鳩舎」に行って鳩くん達に外に出て貰いました。時間は「5時40分」で「早朝舎外」は継続されました。

鳩くんたちは今日も一羽も鳩舎の屋根に止まらずに飛び立ってくれました。一応「釣竿」を振り上げて確認しましたが一羽も飛び立ちません。ラッキーと思って鳩くん達を探すと高度50m位上空を気持ち良く飛んでいたので先ずは「写真撮影」と考えて「カメラ」を取ってきて撮影しました。

此処の所の「舎外」を見ていると「スピード感」を感じるので「今年は出来が良い?」と何時もの事ですが「満足」していますが、何時もの年のように「自己満足」で終わるか?「本物」なのか?今年は興味が湧いています。

鳩くん達の飛び具合を見ると今日も監視に余裕が有ると思って、朝の給餌を始めましたが「15分」も経つと「6羽」の鳩くんが何時ものように「低空飛行」を始めてしまいました。---やはりそんなに甘く有りません。

管理人は下してはいけないので「釣竿」を振って本体の鳩くんが戻って来るのを待ちました。「10分」位すると戻って来てくれた一塊に成ってくれたので朝の給餌を再開しながら監視をしていました。

その後は「低空飛行組」は現れないで「一時間」が経過しましたがまだ一塊で飛んでいました。無理して飛ばす段階ではないので「6時50分」で「釣竿」を終って鳩くん任せにしました。---この時点でノルマ以上の「一時間10分」飛んでくれたので満足です。

それから残りの鳩くんの給餌を終わらせて、昨日の夜の管理で種鳩舎から「ワイドケージ」に移した1ペァーが雛鳩くんに与える餌が水ないので急遽親元から離して管理人が里親に成ったので「餌・鉱物飼料・水」を口に入れて上げました。---親鳩くんも暑いのでしょう?今年の暑さは鳩くんにも管理人にも異常です。

選手鳩くんたちは「トリコモナス・コクシジシューム薬」二日目の投薬です。トリコモナス薬を塗した餌「2150g」を用意して、全ての鳩くんの給餌を終わらせてから与えると喜んで食べてくれました。

「8時15分」に管理が終ったので直ぐに家に戻って「シャワー」で汗を流して夕方まで「クーラー」の部屋で休養です。天気予報を見ると台風が抜けるまでこの暑さが続くので最悪です。台風が陸地近くの太平洋を北上するみたいなので「フェーン現象」に成ると思うので考えるだけでゾットしてます。

でも、明日も「早朝舎外」継続に頑張ろうと思つています。それでは今日はこの辺で失礼いたします。
「8/7日(水)今日も「早朝舎外」を継続出来て、ノルマ「一時間」は意外と楽に達成出来ました。」の画像
今日は、嫁さん用の「目覚まし時計」の音で眼をさましたので眠くて頭も「ボォー」としていましたが、セット時間が「5時30分」なので「早朝舎外」が間に合わないと思いながら「体操」をして「5時45分」に起きましたが、まだ頭はスッキリしていません。

間に合わないといけないので急いで着替えて鳩舎へ向かって鳩くん達を棒で追っていると又もや止まり木に「卵」が一個、抱いている鳩くんを見ると余り飛びたがらない「遅帰りDCWくん」です。---でもこの鳩くんは秋使わないと来年の戦力に成らないので「卵」を抜いて無視する事にしました。

全部の鳩くんに外に出て貰うと「5時55分」でギリギリ「早朝舎外」に間に合いました。今日の鳩くんは一羽も屋根に止まる事なく飛び立ってくれたようです。

下に下りて「釣竿」で追ってみましたが一羽も飛び立ちません。気持ち良く鳩くん達を探しましたが見当りません。早くも「遠征」に行ったのでしょうか?暫くすると空高く一塊で飛んでいる鳩くん達を見つける事ができました。

少しの間は下りてくる気配を感じないので、今朝は「給餌」をしながら「舎外」を監視する事にしました。「35分位」経つと「8羽位」の鳩くんが低空飛行に入ったので、集団と同じ高さに成るまで「釣竿」を振っていましたが「10分位」経つと集団の鳩くん達も低空にさがって来て一塊に成ってくれました。

管理人は「ここぞ?」と思って「釣竿」を強めに振って高度を上げて貰いました。これで、又、暫く大丈夫なので「給餌」を続けながら見守って居ると「6時55分」に成ってノルマ「一時間」達成しましたが鳩くんはまだ飛んでいます。一羽も下りてこなかったので最高?と喜んでいました。

「7時」のチャイムが聞こえてきたので「釣竿」を終って今日の「舎外」は終わりですが鳩くん達はまだ一羽も下りずに飛んでいました。

選手鳩くん達には今日から「トリコモナス・コクシジューム薬」の投薬なので「飲水器」に「コクシジュ−ム薬」を溶かして鳩舎に持って行くと、なんと「遅帰りDCWくん」が止まり木に抱卵して居ました。---全鳩くん一羽も下りずに飛んでいる?と思っていたので「なんで?何時下りたの?」とガッカリですが、この鳩くんが「舎外」の隘路に成っていると分かりました。

今日は朝の「給餌」が早く進んだので、日曜日に北海道から到着した鳩くん達が新潟の暑さに馴染まなくて「ストレス」が溜まっていて「餌」の食い込みも悪いので二か所に「ピジョンバス」を用意していっばい水を張ってあげました。--入ってくれるか心配していましたが「40分後」には大凡の鳩くんが床で羽根を広げていたので「成功?」と大喜びしていました。

選手鳩くん達の「餌」には「トリコモナス薬」を塗して「2150g」と昨日より少し少ない量を与えました。--今朝鳩舎に行くと「餌」が少し残っていたので少なくしました。

8時までに「朝」の管理を終わらせたので、「夜」の管理の「17時30分」までは「クーラー」で熱中症対策しています。それでは今日はこの辺で失礼いたします。
powered by samidare
powered by samidare