HOME > 外来のご案内 | 肩関節外科

肩関節外科

肩関節外科について

  • 安全で信頼できる医療を提供します。
  • 肩から上腕の怪我や病気を専門に治療します。
  • 主に内視鏡(関節鏡)を用いて、低侵襲手術を行っています。

肩腱板断裂、反復性肩関節脱臼、投球障害肩(スポーツ障害肩)、動揺肩、肩関節周囲炎(五十肩)、上腕二頭筋腱障害、変形性肩関節症、リウマチ障害肩、石灰沈着性腱板炎、化膿性肩関節炎、上腕骨近位端骨折、鎖骨骨折、肩甲骨骨折、末梢神経障害(腋窩神経麻痺、肩甲上神経麻痺、長胸神経麻痺など)その他

担当医:村 成幸医師の履歴

1989年
山形大学医学部卒業 山形大学医学部整形外科入局
1989年 ~ 1995年
山形大学整形外科関連病院勤務
1999年
大阪厚生年金病院整形外科 肩関節鏡視下手術研修
1996年
山形大学医学部附属病院整形外科医員
1998年
山形大学医学部整形外科助手
1999年
米国Mayo Clinic留学 肩のバイオメカニクスの研究
2001年
山形大学医学部整形外科助手
2004年
山形大学医学博士 日本体育協会スポーツドクター
2006年
日本アイスホッケー連盟 スポーツ医・科学委員
2009年
山形大学医学部整形外科講師
2011年
吉岡病院 整形外科科長

所属学会・研究会

  • 日本整形外科学会(専門医 1997年)
  • 東北肩関節研究会 幹事 2006年~
  • 日本肩関節学会 査読委員 2008年~
  • Journal of Shoulder and Elbow Surg. Reviewer 2009年~
  • Journal of Orthopaedic Science Reviewer 2010年~
  • 日本肘関節学会、日本関節鏡学会、日本リハビリテーション医学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本臨床スポーツ医学会、東日本整形災害外科学会、東北整形災害外科学会

研究助成、受賞

1999年
日本肩関節学会 高岸直人賞受賞「腱板広範囲断裂に対する一次修復の可否は術前予測可能か?」
2003年
山形大学医学部整形外科学教室 同門会賞受賞
2008年
日欧肩関節学会トラベリングフェロー

前のページへ戻る

1