適正な住宅ローンの借入額はいくら?

  • 適正な住宅ローンの借入額はいくら?

上手な住宅ローンの選び方シリーズ(1)

適正な住宅ローンの借入額はいくら?

住宅ローンの借入に関する考え方は次の三通りがあります。

1.毎月の返済額から計算する

返済額月9万円なら、借入額は3,200万円、月10万円の場合は、3,500万円になります。(いずれも金利1.0%、35年返済の場合)

※金利により借入額は変動します。

 

2.税込年収から計算する

税込年収600万円なら、借入額は3,000万円~3,600万円。

返済は、毎月8.5~10.2万円になります。(金利1.0%、35年返済の場合)

※年収の5~6倍が健全範囲といわれています。

 

3.手取年収から計算する

手取り年収500万円なら、年間返済額は125万円、毎月返済10.4万円までOK。

返済金額10.4万円の場合、借入額は3,700万円になります。(金利1.0%、35年返済の場合)

※手取年収とは、税込年収から所得税や社会保険料などを引いた金額

※年間返済額は手取年収の25%以内が健全範囲といわれています。

 

どれが正解とはいえません。

しかし、どのケースでもいえるのは、どれだけ借りられるかより、どの金額なら無理なく返済できるかが重要なのです。

 

住宅にすべてをつぎ込むのではなく、子どもの教育資金、車の購入、レジャー費用など、生活にゆとりを持った計画をすることが重要になります。

 

また、同じ収入でも家庭により生活費や保険料なども異なります。

将来の収入増の見通し、貯蓄や投資の予定など、ライフプラン全体を考えた資金計画をおススメします。

 

【動画】おうちの学校Vol.6「ライフプランと資金計画」も合わせてごらんください。

おうちの学校Vol.6「ライフプランと資金計画」

 

2020.07.30:おうちの相談窓口 仙台泉店:[コラム]