HOME > スタッフレポート (山形支店)

啓翁桜

  • 啓翁桜

新年あけましておめでとうございます!山形支店の野川です(^-^)

 

先日お客様のお家へご挨拶へ伺った際、素敵なお土産をいただきました!冬に咲く桜、啓翁桜です

秋になり休眠した桜が冬の寒さを越して覚醒した後に、お湯や温室を用いて温め『春が来た!』と勘違いさせて、花を咲かせるのだそうです。

山形県が全国一の産地なんですよ

おかげさまで山形支店の玄関が華やかになり、明るい気持ちで今年も頑張れております

I様、どうもありがとうございます!

 

暖かい春の訪れが待ち遠しいですが、寒さに負けず!今後もはりきって参りたいと思います!

みなさま、本年もどうぞよろしくお願い致します

 

野川

2019.01.15:那須建設株式会社/住宅事業部:[スタッフレポート (山形支店)]

上棟式

  • 上棟式

こんにちは!野川です(^-^)

 

先日、天童市の現場にて上棟式に参加させて頂きました。

職人さん達のご尽力により無事棟が上がったことを施主様と一緒に喜び、完成までの工事の安全を祈願いたしました

何度見ても、大工さんのお仕事はすごいなぁと思います!

これから携わっていただく協力業者さんも含めまして、どうぞご安全によろしくお願い致します

お家の完成が楽しみです

 

山形支店 野川

 

2018.12.25:那須建設株式会社/住宅事業部:[スタッフレポート (山形支店)]

やまがた家づくりの本 2019

  • やまがた家づくりの本 2019

こんにちは、小林です 
毎日天気予報をチェックして雪が降らないことを願っています。
でも、年末は雪マーク出ていましたね 

さて、やまがた家づくりの本が23日発売になります!
弊社も毎年、掲載しておりまして・・・今年は長井のモデルハウスを載せさせて
頂きました

長井モデルハウスは、主婦目線で設計した家事動線はもちろん、
働くママの時間を無駄にしない育児・団欒に配慮したお家になっています

家づくりの本で予習した後は、お電話で来場予約をお願いします!!

家づくりの本、他社さんも工夫を凝らしたお家がいっぱいで勉強になります。
この本をきっかけにして、ご家族でみんなでお家の話いかがでしょうか?

山形支店 小林





 

2018.12.21:那須建設株式会社/住宅事業部:[スタッフレポート (山形支店)]

冬本番!

  • 冬本番!

こんにちは!野川です(^-^)

 

毎日寒く、雪がちらついたりしていましたが、いよいよ積もりましたね!

深さはたいしたことない程度でしたが、運転は一気に緊張しますね…!

モデルハウスでは今シーズン初めて除雪をし、融雪設備のスイッチを張り切ってONにしました

 

そうなんです!天童市芳賀タウンのモデルハウスMUKUは、ガレージ前と玄関アプローチにロードヒーティングが設置されております!

スイッチONしたので、今シーズンも除雪はラクラクです

さらに、2Fのリビングとユーティリティーコーナー、中二階の和室は床暖房完備!

冬でもあったか、快適で心地良いお家なんですよ

 

そんなオススメのモデルハウスは絶賛販売中です!!

毎週末内覧会を開催しておりますので、気になった方はお気軽に体感しにいらしてくださいね♪

ご来場をお待ちしております

 

野川

 

 

 

 

 

 

2018.12.11:那須建設株式会社/住宅事業部:[スタッフレポート (山形支店)]

床下収納

  • 床下収納
  • 床下収納

こんにちは、小林ですsmiley

天気予報に雪マークが出てきて、いよいよ降るか~とソワソワしています

 

今日は、秋に引き渡しさせて頂いたお客様のお家をご紹介します。

 

コチラは、平屋のゆったり贅沢なお家です

 

ポイントは、勾配天井の開放感あるリビングと床下空間を利用した大容量の土間収納です。

 

那須建設の基礎は、雪や耐久性を考慮しちょっと高めの60センチが標準です。

コチラのお家は、一部分をスキップフロアにして基礎高を利用した床下空間を設けています。

外部からの出入りの他に内部からも出入りでき、気軽に普段使いが出来ます。

外で収納したいモノって意外と多いんですよね~。

我が家も、子どもの自転車やらスキーやら・・・子どもの成長に合わせて、サイズアップ。

 

しかも家族の人数分となるとかなり場所取るんです。

バーベキューセットやキャンプ道具、スタッドレスタイヤ、スノーダンプ、

雪下ろし用のハシゴまで。

雪国だからこそ色々なモノが必要になってきてしまう。

でも、こんなに大きな収納空間があったら余裕で保管出来ます。

中からも使えるので、扇風機やクーラーボックス、バックヤード的に土付き野菜の

保管にも使えます。(写真左下が中からの出入口)

 

既製物置を置くと外観とアンバランスになってしまうことがありますが、

床下物置なら、外観を乱すこともありません。

 

こんな風にお客様のご要望に応じて様々なご提案をさせて頂きます。

一人で悩まずお気軽にご相談下さい!

 

 

山形支店 小林
 

2018.12.07:那須建設株式会社/住宅事業部:[スタッフレポート (山形支店)]