新田の日本廻国供養塔

  • 新田の日本廻国供養塔
  • 新田の日本廻国供養塔

新田地区と川樋地区の境に地蔵様が祀られています。

地蔵堂の隣には日本廻国供養塔が造立されています。

日本廻国とは書写した大乗妙典(法華経)を、1国1社寺ずつ納めて、日本66ヶ国を廻る巡礼のことです。

六十六部とも云います。

 

塔には「寛政十二申」の文字が刻まれています。(1800年)

ちょうど新田村が川樋村から分村した時期になります。

 

2020.06.25:nakagawako:[中川地区の歴史]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。