令和6年度 結城豊太郎記念館友の会研修 講演会

  • 令和6年度 結城豊太郎記念館友の会研修 講演会
  • 令和6年度 結城豊太郎記念館友の会研修 講演会

「日本の安全保障について~結城豊太郎先生に寄せて~」

講師:黒江哲郎氏(元防衛事務次官)

 

※会員以外の方も参加できます。

日時:6月1日(土)15:00~16:30

場所:赤湯公民館(えくぼプラザ)

定員:70名

参加料:500円(当日集金)

申込締切:5月28日(火)

結城豊太郎記念館(tel 43-6802)へお申し込みください。

2024.05.12:0524yuuki:コメント(0):[友の会]

連休期間中の休館日について

  • 連休期間中の休館日について
  • 連休期間中の休館日について

連休期間中の休館日は以下の通りです。

4/27(土)~ 4/29(祝月)開館 

4/30(火)休館

5/1(水)~5/6(祝月)開館

5/7(火)休館

月曜休館、祝日の場合は開館、翌日休館となっております。

 

開催中の企画展「ふるさとの節句」は5/6までとなっております。まもなく会期終了となりますので、まだご覧になられていない方はどうぞご来館ください。南陽兜を被っての写真撮影もどうぞ。

2024.04.27:0524yuuki:コメント(0):[コンテンツ]

烏帽子山八幡宮大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました①

  • 烏帽子山八幡宮大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました①
  • 烏帽子山八幡宮大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました①
  • 烏帽子山八幡宮大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました①

 一昨日の18日、烏帽子山八幡宮にて大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました。桜吹雪舞い散る中、地元赤湯小学校6年生はじめ多くの人々に見守られながら、万事恙なく新しい注連縄に掛け替えられました。

 烏帽子山八幡宮の由緒は寛治七年(1093)、ご祭神は応神天皇・菅原道真・鳴雷神です。明治二十三年(1890)に現在の地に社殿が新築遷座されました。結城翁が子孫のためにのこされた『父母の事ども』には、現在の烏帽子山八幡宮の始まりについても記されていますのでご紹介いたします。

 当時、赤湯は度重なる大火によって疲弊しており、翁の父上や奥様の実家である御殿守の石岡家はじめ、町の有志があつまって町の繁栄のためにと無尽講(現在の敬神講)を組織し、公園を築造して花木を植栽。公園の整備と合わせ赤湯の人々の信仰の拠り所として、北町地区から八幡神社を遷宮し「烏帽子山八幡宮」としたということです。園内には、開園に尽力した先人を偲ぶ結城先生の歌碑が建立されています。(②に続く)

2024.04.20:0524yuuki:コメント(0):[コンテンツ]

烏帽子山八幡宮大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました②

  • 烏帽子山八幡宮大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました②
  • 烏帽子山八幡宮大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました②
  • 烏帽子山八幡宮大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました②
  • 烏帽子山八幡宮大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました②
  • 烏帽子山八幡宮大鳥居の注連縄掛け替え神事が行われました②

 新しい注連縄が掛けられた大鳥居は、明治三十六年(1903)に石工の吉田善之助らによって建立され、継ぎ目のない一本石の鳥居としては日本一の大きさを誇ります。注連縄はかつて八幡宮が鎮座していた北町の人々の手によって作られ、毎年4月18日に赤湯小学校6年生の鼓笛隊を先導にして北町から烏帽子山までの道々をお披露目しながら進み、最後は北町の方々を中心に構成された注連縄保存会が担いで石段を上ります。

 注連縄は約10名の熟練した人々によって、3本の太く束にした藁を左捻りにして作られます。100束を超える藁が使われ、重さは約300キロにもなります。掛け替え神事当日にはその様子を見守る人々に、新しい注連縄と同じ材で作られたお守りが配られました。今年1年間の無病息災と身体健康、疫病退散にご利益があるとされ、記念館でも1つ頂戴しました。

 桜舞う中行われる厳かで勇壮な神事です。ぜひ来年、皆様にもご覧いただければと思います。

2024.04.20:0524yuuki:コメント(0):[コンテンツ]

4月17日朝9時、烏帽子山の桜の様子です

  • 4月17日朝9時、烏帽子山の桜の様子です
  • 4月17日朝9時、烏帽子山の桜の様子です
  • 4月17日朝9時、烏帽子山の桜の様子です

 早朝まで降っていた雨はやみ、晴れやかな1日を迎えました。澄んだ空気の中、烏帽子山もクリアに見渡せます。ところどころ緑の葉が見え、満開の桜も少しずつ散り始めているようです。

烏帽子山では赤湯温泉桜まつりが好評開催中です。詳しくはhttp://www.city.nanyo.yamagata.jp/kankoibento/241 、または南陽市観光協会桜まつり実行委員会(電話:0238-40-2002)までお問い合わせください。

 先日満開を迎えた結城翁生誕100年を記念して植栽されたしだれ桜も、吹く風に花びらが舞うようになりました。名残惜しくも、美しい花吹雪に思わず見惚れてしまいます。開催中の企画展「ふるさとの節句」(GWの5月6日まで)も合わせて、ぜひ記念館にお立ち寄りください。

※記念館の開館時間は午前9時~16時30分(入館受付は16時まで)

入館無料・月曜休館 お問い合わせは 電話0238-43-6802まで

2024.04.17:0524yuuki:コメント(0):[コンテンツ]