【長井市】国際交流員セーラとのアメリカ給食 Sarah's Hometown Lunch(令和3年9月16日)

  • 【長井市】国際交流員セーラとのアメリカ給食 Sarah's Hometown Lunch(令和3年9月16日)

 国際交流員ディーン・セーラさんの出身地アメリカの給食メニューをセーラさん監修のもと、栄養士がバランスを考えて献立にした「セーラのふるさとランチ」が各児童センターで振舞われました。献立はアメリカの代表的なメニューである、チーズバーガー、フレンチドレッシングのサラダ、チキンヌードル、オレンジで、チーズバーガーのバンズ以外はすべて給食共同調理場の手作りです。
 平野児童センターの子ども達はセーラさんと交流しながら元気いっぱいに「Yummy!」と言って初めてのふるさとランチをおいしそうに楽しんでいました。なお、ふるさとランチは今後、2ヶ月に1回児童センターで提供される予定です。

2021.09.17:[3ch 長井の今]

【長井市】JET絆大使任命書交付・スポーツ国際交流員SEA活動報告会(令和3年8月31日)

  • 【長井市】JET絆大使任命書交付・スポーツ国際交流員SEA活動報告会(令和3年8月31日)

長井市スポーツ国際交流員(SEA)のロジャーズ・バハティさんの活動報告会が8月31日、市役所市民防災研修室で開催されました。長井市では、東京2020オリンピック・パラリンピックのホストタウン相手国であるタンザニア連合共和国との交流をより深めるため、同国からスポーツ国際交流員を任用し、事業に取り組んできました。バハティさんは平成30年8月に長井市に赴任してから3年間、小中学生を含む市民向けスポーツ教室や英語教室、文化交流などさまざまな活動を通じて市民の皆さんと交流を続けてきました。 活動報告に先立ち、バハティさんは市長から「JET絆大使」任命書の交付を受け、「今後も長井市とタンザニアの交流の懸け橋になってほしい」と任命書が手渡されました。 活動報告の中でバハティさんは、これまでの活動実績と帰国後の抱負を発表するとともに、各関係団体の皆さんに感謝の気持ちを伝えました。「3年間の活動を通してたくさんのことを学んだ。家族とともに私を歓迎してくれた長井市の皆さんに感謝。長井市を離れるのは寂しい。タンザニアに戻ってからも、タンザニアと長井市の交流を絶やさぬよう、できる限り関わっていきたい」と話しました。 ◇JETプログラム参加者は自治体における国際化の推進に尽力され多大な功 績を挙げています。この功績を踏まえ、プログラム任用期間満了後も、勤務した地域と母国との友好関係の「絆」を深めていただくことを目的として総務大臣名で「JET絆大使」として任命されます。

2021.09.02:[3ch 長井の今]

【長井市】定例記者説明会(令和3年8月26日)

  • 【長井市】定例記者説明会(令和3年8月26日)

定例記者説明会が8月26日、市役所庁議室で行われました。

2021.08.27:[1ch 市長の動き]

【長井市】東京2020パラリンピック聖火フェスティバル(令和3年8月15日)

  • 【長井市】東京2020パラリンピック聖火フェスティバル(令和3年8月15日)

【東京2020パラリンピック聖火フェスティバルが開催されました】

 東京2020パラリンピック聖火フェスティバルが8月15日、道の駅川のみなと長井で開催されました。8月24日の東京2020パラリンピック開幕に向けて、パラリンピック聖火の採火式が全国各地で12日から行われています。「パラリンピック聖火はみんなのものであり、パラリンピックを応援するすべての人の熱意が集まることで聖火を生み出す」という理念に基づき、各地で採火が行われています。はじめの挨拶で市長は「市民の皆さんと一緒になって盛り上げ、長井市全体の活力につなげたい」と話し、各グループに分かれ、古代から火おこしに使われている「マイギリ」を用いて聖火を生み出し、ランタンに採火した火が納められました。参加した人たちは「マイギリ」を使った火おこしに苦戦しながらも、パラリンピックへのそれぞれの思いを込めて採火を行いました。

 なおこの聖火は、16日の県集火式で各地でともされた火と1つになり、東京2020パラリンピック開幕に向け東京に送り出されます。

2021.08.16:[1ch 市長の動き]

【長井市】山形県長井市とグンゼ株式会社、グンゼ開発株式会社とのPPP官民連携による公共複合施設整備に関する共同会見(令和3年7月7日)

  • 【長井市】山形県長井市とグンゼ株式会社、グンゼ開発株式会社とのPPP官民連携による公共複合施設整備に関する共同会見(令和3年7月7日)

 長井市はグンゼ株式会社(廣地厚代表取締役会長)及びグンゼ開発株式会社(赤瀬康宏代表取締役社長)と事業実施に関する契約を締結し、7月7日、長井市役所で公共複合施設整備に係る共同会見を行いました。長井市では、「学び・育ち・遊び・出逢いを紡ぐ場所」をコンセプトに、多世代が利用できる多機能型図書館と、子育て世代からの要望が多かった屋内遊戯施設を含む子育て世代活動支援センターを兼ね備えた、公共複合施設の整備を進めています。令和5年度のオープンに向け、長井市はグンゼ株式会社及びグンゼ開発株式会社と連携し、PPP(Public Private Partnership:官民連携)の手法により、共同で整備を進めていきます。 公共複合施設は、中心市街地活性化基本計画等の市の計画の中において重要な施設として位置づけられ、子どもが遊べる空間や憩いの場所を増やし、まちなかへの集客とにぎわいの創出を目指しています。

2021.07.08:[1ch 市長の動き]