知覚動考(ともかくうごこう!)

  • 知覚動考(ともかくうごこう!)

 毎日の全校生のあいさつで、シャインマスカットが、増えつつあります。クラスであいさつ10ポイントのカードが10枚たまるとシャインマスカット一粒貼られます。朝も昼も「おはようございます!」「こんにちは!」の声があふれています。

 運営委員会も、毎朝昇降口で頑張っています。

 エコボランティア委員会も、動く動く!ありがとう!

 5年生の家庭科の時間に、ミシン縫いのお手伝いとして、地区から3名の方々が来てくださいました。担任一人での指導では、ふうふう言わなくてはいけませんので、本当にありがたいです。来週も来ていただきます!心より感謝いたします。

 ここでほっと一息、4年生の詩をお届けします。こぐわっ子たちの詩は、なんでこんなにほっとするのでしょう!

 芋ほりで、最後のサツマイモを見つけた2年生!「おれ!オレ!」と寄っていきました。

 「ぼくが運ぶよ!」「私も運ぶ!」どんな料理が出来上がるのでしょう!

2021.10.15:koguwasho:[日日是好日]

学習発表会の裏側で・・・

  • 学習発表会の裏側で・・・

 いよいよ明日が、学習発表会。約2週間、こぐわっ子たちは準備にいそしんできました。今日はその裏側をちらりと覗いてみましょう。

 高玉芝居の座長さんから直接指導をしてただいた4年生。かぼちゃは何に使われるのでしょう!

 3月年生は、白鷹〇〇ドの練習中です。よそみしったな、だあれ? 班ごとの発表もありますよ!

 これが1年生の演技!?せりふ回しがうまい!

 いい顔だね~!

 2年生は、蚕桑探検をしての発表。へえボタンがたくさん!〇×クイズもあります!

 6年生は、蚕桑村が助かるのか!とドキドキの物語。小学校最後の劇です。その演技、下級生の目に焼き付けてください。

5年生は、明日のお楽しみです。30日の文化芸術祭にも出演します!

 表があれば裏がある。5・6年生は、下級生をしっかり支えて会場準備、また、お客様を迎える準備です。

 さあ、準備万端!明日の本番を迎えるだけです!皆様、どうぞお楽しみに(^^)/!

2021.10.15:koguwasho:[日日是好日]

雨で寒い1日でしたが・・・

  • 雨で寒い1日でしたが・・・

 今朝早くから、白鷹町更生保護女性会の皆様が昇降口にお集まりくださり、登校したこぐわっ子たちに温かい言葉をかけてくださいました。そして、1人ひとりにしおりとカットバンを手渡ししてくださいました。(朝会で、このカットバンは、「心の痛みにも貼れるカットバンです。」という話もしました。)また、手縫いの雑巾もいただきました。地域の皆様に見守っていただいていること本当にありがとうございます。

 朝から心は温まり・・・

 体育館に行くたびに、学習発表会に向けた場面を見ることができて、ますますほっこりしていきました。

 また、今日、9月下旬に取り組んでいただいた親子ふれあいウィークの感想を読ませていただきました。子どもたちは、いくつになってもお父さんお母さんを独り占めしたいものです。また、読み聞かせをしてもらったり、遊んでもらいたいものです。子どもたちの心の中と保護者の皆様のお感じになられたことに触れさせていただき、まだそういう触れ合いができる時間があることをうらやましく思いました。子育ては、バタバタしているうちに過ぎていきます。どうぞ、子育てを楽しんでください。過ぎてからでは、いくら悔やんでも悔やみきれませんので。(経験者は語る・・です。)

2021.10.12:koguwasho:[日日是好日]

自己更新!

  • 自己更新!

 朝、誰よりも先にグラウンドに出てきたのはお兄ちゃんと弟君。兄の後を追いかけます。22日の持久走大会に向けて頑張っているのです。

 少し経つと、校舎からばらばらとこぐわっ子たちが出て走り始めました。1周でやめたある2人。「若者、まだまだできるよ!」と声をかけたら3週走ってきたので、「もう1周で1000mだ!「」と言ったら、また走りに行きました。走る距離の自己更新中!

 これは何でしょう?毎日毎日、言葉を辞書で引く速さを記録しています。言葉を増やすこと、辞書引きに慣れることの自己更新中!

 「これはね、鉛筆1ダースの半分だから÷2だよね。」「なんで!半ダースは6本だから÷6じゃないんですか!」みんなで脳みその自己更新中。

 考え中の顔、いいですね~!

 16日の学習発表会に向けてそれぞれ自己更新中。それぞれどんな役者ぶりが見られることやら!

 夏休みの自由研究の掲示発表が時々変わります。先日ノーベル賞を取った真鍋さんも言っていました。「大切なのは、好奇心!」と。「なんだろう?」「どうやって?」そこから大きな自己更新が始まります。

 3年生の英語。アルファベットの習いたてですが、ある言葉の中にどんな文字が入るかというクイズに答えています。「あ、服のタッグについているはず!」見事、その文字を見つけられました。生きる力があるなあ!それを見たほかの仲間たちが自己更新!

 上手に隠れる魚や虫、鳥たちの勉強をした1年生。いや~、私も自己更新しました!ありがとう!

 今日から委員会も新メンバー。新しい気持ちで、新しい仕事に向かい自己更新!

 読書は、蚕桑小学校での重要ポイントでもあります。言葉によって、人は大きく、深く、豊かになります。そしていつでも「どこでもドア」でもあります。

 図書委員の皆さんには、町の図書館の今泉さんが書いてくださった「秋のことば」の話、「ことばを食べてこぐわっ子たちが豊かになるように、図書室にたくさん来てもらえる工夫をしてください!」とお願いしました。「よし、んじゃこうすっぺ!」という声が聞こえてきたので楽しみです。

 先週から、東根地区の鈴木さん、蚕桑地区から大久保さん、菅さんが図書ボランティアとして本校に来てくださっています。早速1・2年用の図書スペースがすっきりしてとても本を探しやすい場所に変わっていました。本当にありがとうございます!そして、これからもよろしくお願いいたします!

 人は一生自己更新。今日はそのほんの一部を紹介しました。

2021.10.11:koguwasho:[日日是好日]

生きること 働くこと

  • 生きること 働くこと

 10月7日、5・6年生対象に、「生きること」「働くこと」をテーマに、詩人、文芸評論家、教育研究会「日本進路指導推進協議会」会長、群馬医療福祉大学入試広報センター長及び特任教授などたくさんのことに携わっておられる山口和士先生にお話しいただきました。

 「小さな勇気」「あきらめない」「私たちは偶然生かされている」「わからないことは、はずかしくない」「働くということは、大好きな家族を守り、平和で楽しい毎日を過ごすために大切なこと」「3日前の夕食が言える人は、東大に入れる。なぜなら、復習していると人は覚えるからだ!」などなどたくさんのことを教えていただきました。

 みんな真剣に話をお聞きし、こぐわっ子たちの心がぐらぐらと揺さぶられ、今までと考えが変わった人がたくさんでてきました。

 おいしいチョコレートをいただく場面も!

 とても貴重なものを見せていただく場面もあり、緊張しました。

 資料にもたくさんのメッセージをいただき、ご講義の後、「いつまでも話を聴いていられる。」「実は…」と勇気をもって本音を書く人も何人もいました。心にポッと明るい火を灯していただく時間になりました。「人は、人でしか教えられない。」教師も親も、それを心して子どもたちと接しなくてはいけないと強く思った時間でもありました。本当にありがとうございました!

 

 こんな瞬間も

こんな瞬間も、

こんな瞬間も、大切にしていきたいなと思います。

 

2021.10.08:koguwasho:[日日是好日]