HOME > 菊池幸生|スマイル日記

「変化する家族のカタチ 新多世帯住宅」

  • 「変化する家族のカタチ 新多世帯住宅」
 今日は新しい家族のカタチの一部を
ご紹介したいと思います。

ある記事からの抜粋で編集しております。
このようなスタイルが増加している
ようなので参考にご覧ください。

抜粋内容

近年、夫婦のみの世帯を除く、
親とその子供で構成される核家族世帯は減り、
二世帯や2.5世帯が目立つようになりました。

これまでの現状

■減少する核家族世帯

国勢調査によると、夫婦のみの世帯を除く、
親とその子供で構成される核家族世帯の
推移は以下のようになります。

1970年 52.5%  1975年 51.6%  
1980年 47.8%  1985年 46.3%  
1990年 44.1%  1995年 41.2%  
2000年 39.4%  2005年 38.1%  
2010年 36.6%  

夫婦のみの世帯を除く、親とその子供で構成される核家族世帯は、
1970年には52.5%と、全世帯の半分以上を占めていましたが、
その後は減少が続き、2010年の国勢調査の結果では、
36.6%まで減少しています。

反対に単身世帯の割合は、年々増加しており、
晩婚化や少子化などの社会状況の
変化も影響していると考えられます。


■二世帯住宅、2.5世帯住宅から多世帯住宅へ

二世帯住宅が一般化していくのは、1980年代後半からです。
バブルによって土地価格が高騰し、
住宅の一次取得層である若者世帯が
土地付きの一戸建てを購入することが困難になりました。

そこで親の土地に二世帯住宅を建てて住む
というケースが多くなったようです。
また、女性の社会進出が進み、
共働き家庭が増えたことも要因のひとつと言えます。

共働き家庭にとって、子育ての面で親のサポートを
受けられる二世帯住宅は、大きなメリットになりました。

また親世帯にとっても、いつでも子供や孫に会うことができ、
老後の不安も軽くなるという、メリットがありました。


■これからの在り方

2.5世帯住宅商品。

2.5世帯住宅とは、二世帯住宅に、
子世帯の兄弟にあたる単身の子供が
同居しているという家族形態です。

現在、晩婚化、非婚化、離婚率の上昇という
社会状況の中で、30代、40代の単身者が
増加していることに着目した間取りが
生活する上で今後のポイントになってきます。


2.5世帯住宅だけではなく、
すでに実家を出ており、
独立した家族のことまで考えられた
多世帯住宅も出てきております。

イマドキLDKとしては、
親世帯のLDK空間に、コンパクトでも
大勢の家族が集える工夫を取り入れます。

ビッグテーブルを中心としてキッチンセットや
食器棚を取り囲むように設置することで、
同居していない子供も含めた家族全員が集まっても、
使いやすく楽しく食卓を囲むことがポイントです。

また、同居していない子供が家族全員で
親世帯に泊まることができるよう、
4人が就寝可能な空間として
“イマドキLDK”に連続する畳敷きの
和洋室“タタミリビング”を提案しています。

さらに親世帯と子世帯の間に“どっちもルーム”
を設置し、独立した子供が単身で
急に実家に立ち寄ったり、
宿泊にも対応することができます。

子世帯とも連続する位置に設置することで、
子世帯が来客の応対に使ったり、
ちょっとした荷物を置いておく
といった利用も可能となります。

以上が抜粋の編集した内容です。
どうでしたか?
これからの新しい家族のカタチが見えたでしょうか。



参考プランを手書きで描いてみました。
少しでもみなさんのヒントになれば幸いです。

P.S.



お盆中に子供と遊園地に行ってきました。
雨でしたのでスカスカでしたが、
ある意味貸し切りの状態で
順番待ちが少なく楽しめました。



帰りに子供がネット検索をして人気の高い
米沢のラーメン店へ寄ってきました。
人気No.1だけあっておいしかったです。
また行きたくなるお店でした。
2017.08.21:kg-kikuchi:コメント(0):[菊池幸生|スマイル日記]

思うことから始まる

  • 思うことから始まる
 最近、熱帯夜も少し眠りやすい環境に変わってきましたね。
今日は、現在弊社の来年度の経営計画を作成しておりますが、
その中で考え方を共有していきたいと思いまして
その一つに思うことから始まるというテーマで記載したいと
思います。

仕事をする上でまず大切なことは
どうしたらよいかという問題が出た時に
思うことから始まります。
そしてそれを具体的に解決していくと
こういう結論になっていきたいと願うわけです。

その際に、思う→言葉にする→行動する→結果が出る
→改善して再度行動する→結果が出る
というサイクルでPDCAが回ります。
繰り返しやっていくうちに性格まで変わってくるし
人生まで変わるということもあり得ます。

仕事を通じて人生を変えていくという
視点にもつながるのでその思うことを
良いことを思い、行動するということを常に
考えていきたいし、社員の皆さんへも
そうあってほしいと願っております。

人の足をひっぱったり、愚痴を言っても
自分の不満を言って解消はなっても
周りの人たちにその人は悪影響を与えて
いると気づいていないのであれば
それは注意して助言してあげる必要があるでしょう。

最後に
お客様に常にこのブログを通じて
役立つ情報を与えたいと思います。
これも思うことから始まっています。

 先日、お客様でアレルギーを持っている
体質の方がいらっしゃったので
いろいろ社員さんへ調べてもらいました。

アレルギーに関して少し軽減できる
商品をご紹介します。
商品の効果と金額の影響もあるので
これがいいとは一概には言えませんので
ご了承ください。

壁の下地材で有害部室ホルムアルデヒドを
短時間で吸収分解し、
再放出しないというものがありました。



ハイクリンボードというもので
実際に効果が目で確認できないため
まだ標準にはしておりませんが、
家全体にするとアレルギー体質の方へ
効果が期待できるのではないかと
考慮しております。

 今後も思ったことをすぐに行動し、
社員さんへも情報を常に取得する癖を
つけるように繰り返し言い続けて、
みんなでお客様のよいいえづくりを
手掛けていきたいと思います。
2017.08.14:kg-kikuchi:コメント(0):[菊池幸生|スマイル日記]

住宅デザインについて学ぶ

  • 住宅デザインについて学ぶ
 最近、暑い日が続いておりますね。
30℃を超えると気持ちもだるさが感じてきます。

 夜も寝苦しいので扇風機をつけっぱなしで寝ております。
扇風機も高いものですと静音で体温低下も少ないため
エアコンよりも快適な就寝を得られますのでお勧めです。

 さて、本日は住宅デザインで学ぶということで
私は情報収集はいろいろな資料から取り入れております。
学ぶはまねぶというように
まねからアレンジして自分らしいオリジナルが生まれて
来ると思います。
常日頃気になるものは記録しております。

 上の画像は最近入居された方の建物で
レンジフードのあるガラスが開放感を出して
店舗のような雰囲気を醸し出しております。



こちらは屋根周りに装飾材を付け加えており、
装飾部材によってデザインが洗礼されている感じがします。



 またこちらは窓廻りの小屋根をつけており、
デザインアクセントとして見栄えがしますね。



内装としても角に窓をまとめてすっきりしているように見えます。
私の設計では地震による強度不足が不安のためこのようには
設計しませんが、アクセントになって見栄えがするなとは感じました。

棚材も付け加えており、よりインテリアを置きやすい雰囲気をつくって
いますね。

スキップダウンのため低めの高さに基礎の断熱で付加されるため
棚がつけられていますね。

デザインとは楽しいものです。
すぐにいいなと思い立ったらつくってみたいと
好奇心を常に持ち続けることは大切なことだと
思います。

お客様の関心事も好奇心を持って
私自身調査を豆にして取り組んでいきたいと
感じます。

P.S.
携帯を見ていたらこんなものを目にしました。





 人生の生き方や考え方はその年その年によって
変化してくるものだなと感じます。
私もずいぶん変化してきました。

 これからの人生の生き方、企業の成長と
自分自身見直していき、ライフワークバランスのとれた
人生を見出していきたいと思います。






2017.08.07:kg-kikuchi:コメント(0):[菊池幸生|スマイル日記]

続・北海道研修 「白い恋人パーク」

  • 続・北海道研修 「白い恋人パーク」
 暑い日が続き、天候も雨が降ったりやんだりと
予定の付きにくい日々が続きますね。

 先々週に続き、北海道での学びについて
記載したいと思います。



こちらは全国でも有名な白い恋人の
アミューズメントパークに行ってきた時の
画像です。単に、白い恋人のアイスを食べに
行こうと話をしてかるく行って来たら、
なかなかの建物が並んでいて見応えのあるものでした。




 子供の頃にあこがれていた木の上に建つ建物などは
構造的に木造でなく鉄筋コンクリート造(RC)では
あったものの、子供たちに夢を抱く建物として
魅力的であると感じ、私も建物を通して
多目的、かつ魅力的なものづくりをしていきたいと
より一層感じたところでした。



 内装面でも魅力的で非常にお金のかかっている
階段や照明を生かした設備は魅了していました。

 私自身、内装や外装がヨーロッパ調のオシャレな
部材を使用しているのが目を引いて
いろいろなパーツの使い方を学ぶことができました。




こちらのロボットとも会話をして楽しみました。



 飴づくりの製造工程のオープン化やこだわりのユニフォームや
プレミアムの付いたおもちゃなどさまざまなものが
展示してあり、人を招くツールを利用しながら
販売促進を図っていく姿勢に関心を抱きました。



 今回は得るものが多かったですね。
やはり、見た目でその雰囲気が魅力的に
感じるためデザイン力UPを取り組みたいと
思います。



この度の建物を見学して魅力的な建物をつくることは
子供たちの夢をつくることにつながるのではないかと
感じるとともにもっと地元に貢献し、公共性の高い建物へ
少しでも取り入れていきたいと感じました。
2017.07.31:kg-kikuchi:コメント(0):[菊池幸生|スマイル日記]

盛和塾 第25回世界大会

  • 盛和塾  第25回世界大会
先週に社員さんと4名で世界大会に参加しました。

報告者の内容に得るものがあり、明日からでも
行動できるものがあったので取り掛かりたいと
思います。

45歳前後の社長様の報告6名分を聴きましたが、
ある時を境に売上高と利益が、1.5倍から2倍に
毎年成長をしている結果を見ると、
新規事業の成長が結果に直結しているように
見えました。

これからの成長のために社員さんと共有する
目的で連れて来ているので、フィロソフィーの
大切さに気づき、共に育ち合う環境づくりに
励んでいきたいと強く感じた2日感でした。

2017.07.24:kg-kikuchi:コメント(0):[菊池幸生|スマイル日記]