羽前小松駅誕生90年記念事業「90周年記念フォーラム」のお知らせ

972.8KB - PDF ダウンロード

10月1日(土)午後1時から4時まで、川西中央公民館大ホールにて、羽前小松駅誕生90年記念事業のメインイベント「90周年記念フォーラム」を開催いたします。基調講演には、鳥取県若桜鉄道社長の山田和昭氏をお招きして、「地方鉄道の活性化に向けて~鳥取県若桜鉄道の愉快な取り組みから」をお願いしました。山田氏は公募社長として就任以来、様々な活性化事業を展開し、全国的な話題を呼んでいる方です。みなさん、是非お出でください。その他に、100周年に向けてSLを走らせようなどの楽しい夢や企画を語る、パネルディスカッションも行います。豪華賞品も当たる抽選会もあります。ござっとごえ!詳しくはPDFチラシをご覧ください。

2016.09.23:えき・まちネットこまつ:コメント(0):[インフォメーション]

引き続き、マレーシアとの国際交流を報告します

  • 引き続き、マレーシアとの国際交流を報告します
  • 引き続き、マレーシアとの国際交流を報告します
  • 引き続き、マレーシアとの国際交流を報告します
  • 引き続き、マレーシアとの国際交流を報告します
  • 引き続き、マレーシアとの国際交流を報告します

三菱UFJ国際財団から助成をいただいた「マレーシア若者交流」は、9月12日から19日の長期間にわたり開催されました。そのメインイベントは17日のワークショップと18日の国際交流フォーラム。17日からお出でいただいた首都圏住民と一緒に、稲刈り、ぶどう狩り、里芋掘り、餅つきを体験していただきました。18日は、食文化交流を兼ねた国際交流フォーラム。置賜農業高校生や東北公益文科大学生、そしてYMM(ヤング・マレーシアン・ムーブメント)会員の発表があり、中身の濃いフリートークを展開しました。今後も継続しようと誓い合い、来年のサバ州コタキナバル市での再会を約束して終了しました。三菱UFJからの視察もあり、緊張しましたが、「東北の田舎町で申請の事業が実施できるのか、審査員からは疑問も投げかけられていた。しかし、素晴らしい国際交流イベントでした。是非、来年度も申請してください。」と高い評価もいただきました。ご協力いただいた皆さん、ありがとう。

2016.09.23:えき・まちネットこまつ:コメント(0):[インフォメーション]

ご無沙汰しました、農都交流2016のご報告です!

  • ご無沙汰しました、農都交流2016のご報告です!
  • ご無沙汰しました、農都交流2016のご報告です!
  • ご無沙汰しました、農都交流2016のご報告です!
  • ご無沙汰しました、農都交流2016のご報告です!
  • ご無沙汰しました、農都交流2016のご報告です!

今年度の農都交流は、9月17日から19日まで開催しました。参加者は24名。この他にも、バスの定員不足で乗車が出来なかったため、10名近くの方には、次回参加ということでお待ちいただくこととなりました。さらに、今回はマレーシア若者との国際交流も兼ねるということで、とても盛大な交流会が行われました。先ずは、写真をご覧いただきたいと存じます。

2016.09.23:えき・まちネットこまつ:コメント(0):[インフォメーション]

置賜農業高校演劇部の定期公演にお出でください!

  • 置賜農業高校演劇部の定期公演にお出でください!

お知らせです!

それも、明後日12日、日曜日のご案内です。

12日の午後1時~3時、午後6時~8時の2回公演で、置賜農業高校演劇部の定期公演が開催されます。会場は川西町フレンドリープラザ。演目は成井豊作、「ナツヤスミ語辞典」です。

 

子ども食育ミュージカルや老人施設の演歌ショーで有名な置農演劇部ですが、本職の演劇も東北大会に出場する実力派です。

なのに、定期公演は観客が思いの外少ないのです。特に夕方は、部員がかわいそうなくらいです。

是非、是非、演劇部の生徒達を応援する意味からも、多数の町民、住民、演劇ファン、そして置農ファン、高校生ファンのご来場をお待ちしています。

2016.06.10:えき・まちネットこまつ:コメント(0):[インフォメーション]

子どもフェスタ&ひょうたん島スタンプラリー2016開催!

  • 子どもフェスタ&ひょうたん島スタンプラリー2016開催!

いやーっ、本当にご無沙汰でした。

samidareのパスワードを忘れるくらいご無沙汰の更新、大変申し訳ございませんでした。

 

4月と5月は、前年の報告書と今年度の助成申請、さらに理事会や総会の準備、そして春先の事業と4重苦が続きます。でも、これがNPOの使命と思えば、意欲も湧き気力も継続します。

さて、熊本・大分地震に被災された皆様にいち早い復興が訪れますようお祈りいたします。天変地異は予期せぬタイミングで、人を不幸のどん底に打ち落とします。支え合い励まし合って、この谷底から這い上がる一助になるよう、私たちもお手伝いをさせていただきます。

 

このような折、標記、イベントを開催いたしました。今回は熊本地震復興チャリティーも兼ね、参加者には募金をお願いしました。この後も、有志を募り、募金を上積みしてお送りしたいと存じます。

ご協力いただきました皆々様、ありがとうございました。

写真は、地元ケーブルテレビのオキタマンボ体操を踊る子ども達と、川西町のゆるキャラ「虎駒」です。みなさん、かわいがってくださいね。

2016.05.06:えき・まちネットこまつ:コメント(0):[インフォメーション]
今日 154件
昨日 241件
合計 232,986件