HOME > 山形大好きレポート

【山形のプチ情報】“蔵王坊平アスリートヴィレッジ”知ってますか?

山形県上山市にある“蔵王坊平アスリートヴィレッジ”
皆さんはご存知でしょうか。
※蔵王坊平アスリートヴィレッジHPはコチラ

上山市が『国際的トレーニング環境と整備し、科学トレーニングを結集させた施設』
を目指し、1990年から構想・調査を行い、築き上げたトレーニング施設。

地元住民にはあまり馴染みがない施設ですが。。。

つい先日、新聞にこんな記事が載っていました。

今年の箱根駅伝で2年連続優勝を飾った東洋大学が、
昨年の夏、ここで山対策の合宿を行ったとのこと。

日本中をあっと驚かせる走りを見せたあの柏原竜二選手も
箱根の山より急な山登りで、『脚づくり』を行ったそうです。

調べてみると、他にもシード権を獲得した明治大学、日本体育大学
他にもオリンピックで入賞した選手が合宿に来ていました。

こんなに素晴らしい施設が身近にあったなんて!
驚きです。

今回の箱根駅伝をきっかけに、全国の注目度が高まっているそう。
近い将来、山形から『世界にはばたくアスリート』が誕生するかもしれませんね。
2010.01.08:黒川幸:[山形大好きレポート]

雑誌『アントレ』の取材がありました!

2009年11月18日、弊社代表の原田へ雑誌の取材がありました。


~取材風景~

テーマは・・・
 積み上げたキャリアは宝の山だ
 40代・会社員が独立に向く理由

自己紹介(履歴書)にあるように、電子部品メーカーで16年間会社員として勤めた後、
40歳で【株式会社キャリアクリエイト】を立ち上げました。

その実体験をもとに、独立への経緯やその事業を選んだ理由、
また実際に開業してみてどうであったか等々・・取材を受けたとのこと。

今回の記事で、
・(取材を受けた)原田の人柄
・どういう目標や課題を持ち、仕事に臨んでいるのか
伝わるのではないかと思っております。

興味のある方は、ぜひお手にとってご覧下さい。

■掲載号  起業・独立のための情報誌『アントレ』 
      2010年2月号 09年12月27日販売
■販売地域 全国
■価格  500円

(担当:黒川)
2009.11.19:原田幸雄:[山形大好きレポート]

日本一の芋煮会フェスティバル開催!2009/9/6

【山形の秋と言えば・・・やっぱりコレ!】

2009年9月6日、山形名物『日本一の芋煮会フェスティバル』が山形市馬見ヶ崎河原で開催されました。
今年は天候にも恵まれ、なんと全国各地から20万人の方が来場!!


右側に見えるクレーン車で、鍋の蓋を持ち上げます。

地元に住んでいるのに、まだ一度も大鍋の芋煮を食べたことがない私。
今年こそは!と意気込んで参加したものの、結局食べられず・・。
(3mの鍋の芋煮は食べられました。)

後々話を聞いたところ、トラブルに見舞われ芋煮が足りなくなってしまったとのこと。

今年は高速道路1000円効果や、天候に恵まれたこと等が重なり、来場者も例年以上だったのかもしれませんね。
ん~残念。
皆さんはいかがでしたか?

(担当:黒川)
2009.09.09:原田幸雄:[山形大好きレポート]

「日本一の芋煮会チケットプレゼント」 締め切りのお知らせ

8月26日から募集しておりました『日本一の芋煮会 芋煮引き換えチケット』プレゼント企画

昨日8月31日をもって、募集を締め切らせていただきました。

当選者の方にはメールでご連絡いたしますので、楽しみにお待ちください。

たくさんのご応募 誠にありがとうございました!

=======================================================================
2009.09.01:原田幸雄:[山形大好きレポート]

最初の山形県庁舎

  • 最初の山形県庁舎
《写真をダブルクリックすると大きくなります》

皆さん、知ってました。現在の山形市松波にある16階建ての現在の県庁は3代目なんですって。

現在、旧県庁と呼ばれている「文翔館」は実は2代目。ずっと、これが最初の県庁だと思ってました。


冒頭の写真が最初の県庁とのこと。

時は明治9年、山形、置賜、鶴岡の3県が一つの県になったのを機会に初代県令三島通庸が建てた。

その後、山形北大火で消失。
焼けない建物ということで石造りの2代目県庁が建設されたとのこと。

今朝の山形新聞を見て、初めて知りました。
2007.05.10:原田幸雄:[山形大好きレポート]