HOME > 山形大好きレポート

1/8開催『伝わる履歴書づくりセミナー』結果報告

1月8日(土)に予定通り『伝わる履歴書作りセミナー』を開催しました。

今回の受講者は1名(40代前半、男性)と少なかったのですが、マンツーマンの良さを感じるものとなりました。


まずはセミナーのコンセプトと流れをご説明しましょう。


私たちは「転職活動」をマーケティング活動と位置づけています。

自分が活躍できそうな会社(見込み客)を探し、
自らのキャリア(商品)を、
自らがセールスマンになって、
売り込む。
履歴書、職務経歴書はカタログ・パンフレットに相当する販売ツールと言うわけです。


以上のコンセプトを説明した上で、
当社秘伝のマニュアルを使って、
具体的な作成ポイントを説明します。

その上で、
自分のキャリアの棚卸し作業をしてもらいます。
これは、履歴書・職務経歴書を記述するための材料となるもので、人に任せるわけにはいかない、重要な作業です。

人にもよりますが、この棚卸し作業に3時間から5時間程度かかります。
今回の受講者Sさんは本当に素直な方で、自分情報の書き出しがスムーズにすすみました。


終了後書いていただいたアフターアンケートには、こんな言葉がつづられてました。

「棚卸し作業をしているとき、とても懐かしい思い出がよみがえりました。あの頃は若かったし、一心に突っ走っていたんだなと、その自分をうらやましく思いました。あの時の気持ちを持って次の仕事に臨みたいと思いました」

転職しようと思っている方の多くは、マイナスの気持ちを抱えているようです。
棚卸しをすることによって、自分を客観視しできるようになり、新たな力がわいて来るようです。
そのことは面接にも現れます。


そして、こんな言葉も。

「正直、履歴書を書いた記憶がなく、ある意味軽く考えてました。自分で作った書類を見ると、自分を知らない第三者の立場なら、決して選ばないであろう自分の姿がそこにありました」

Sさんからは、昨日のうちに作成した履歴書と職務経歴書の原稿が送られてきました。
Sさんの育ってきた道筋や仕事に対する思いまでがまっすぐ伝わってくる見違えるような素晴らしい応募書類が出来上がってました。

次回は2月12日開催予定です。
2011.01.11:原田幸雄:[山形大好きレポート]

【山形Uターン転職】東京都内での出張面談実施の報告 12/1

2週間に一遍の東京出張面談、今回は私(原田)が担当でした。

12月4日の東北新幹線青森延伸にともなってダイヤ改正があり、いつも利用している7時12分山形駅発(9時44分東京着)の出発が早まりました。
7時4分発。たった8分だけど早朝の8分はけっこうきつかったりして・・・。
到着も8分早まり、9時36分に。
10時からの会合にでやすくなったと思います。

さて、いつもは東京駅か新橋駅近辺で求職者の方と面談しているのですが、相談者の都合に合わせて今回は西日暮里駅で待ち合わせ。

改札が一つしかないので、待ち合わせには意外と便利。


最初の相談者は20代半ばの飲食店の店長さん。
ご出身が宮城県で将来は東北で仕事がしたいとのこと。
学生時代から飲食でアルバイトを経験し、転職経験も1回お持ちの方でした。

私がアドバイスさせていただいたのは、中長期的に見た仙台への転職戦略。
現在は大手の居酒屋チェーンに勤務するため、転勤がつきもの。転勤がない地元の大き目のお店に転職するにはどんな経験や能力が必要か一緒に考えてみました。


二人目の相談者は、山形出身の30代前半の男性。
超大手メーカーの品質管理部門に従事している方。

本人も奥さんも山形出身。長男ということもあり、1~2年後には山形へUターンしたいという。
1~2年後には35歳を迎える彼へのアドバイスは、「いまの会社でマネージャーを目指せ。それがUターンへの近道」というもの。
どうせ1~2年後には転職すると思うとどうしても現在の仕事に力が入らなくなる。
35歳という年は実務もさることながら「マネジャーとしての素養」が見られる年代だ。
そんな大切な時期に仕事に手を抜けば、おのずと転職も遠ざかる。

そんな話をしたら、以前にそのことを経験したという。
そうしたら「自分を見る周りの見る目が変わってきて仕事がやりづらくなった」とのこと。

30代前半の方々には知識レベルでもよいので「マネジメント」を意識して学んでもらいたい。
ドラッカーを読んで欲しい。いきなりだとハードルが高いという方には『もしドラ』をお勧めしている。


午後からは日本エニアグラム学会主催のワークショップに参加。
今回は2人だけだったけど、二人とも若く可能性を感じる人材。
ぜひ高い目標をもって仕事に臨み、道を切り開いていってもらいたいものである。

来年1月以降の東京出張面談は現在スケジュールを作成中です。
年末年始は、山形に帰省予定の方を対象にした相談会を予定しています。
ご利用ください。
2010.12.13:原田幸雄:[山形大好きレポート]

仙台MGに参加してきました!

先月、まみがさきMGについて、少しこちらで御紹介させていただきましたが、
皆さんは“MG”について、どんなイメージをもたれたでしょうか。

会社経営の疑似体験ゲームと聞くと、
『難しそう・・・』『つまらなそう・・・』と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。
逆に、「面白そう!」と興味を持っていただいた方もいることと思います。

実は、MGは単なる会社経営ゲームでもありません。

共に参加する方々との交流も、MGを学ぶ上でとっても大切な要素です。
コミュニケーション力UP、人脈構築の場でもあります。

MGの効果をより高めるには、
【社内<社外<県内<県外<海外】
に出ていくといいのだとか。

今回われわれ3人(原田・佐藤・黒川)は山形を飛び出し、
11月20日・21日に開催された仙台MGに参加してきました!

仙台MGの参加名簿を見てびっくり。
北は青森から、西は兵庫まで、日本各地から参加者が集まっていました。


こちらがMGを開発した西順一郎先生。
初めてお会いさせていただきましたが、とても優しく暖かいお方でした。


仙台MGを主催した「仙台MGクラブ」の似内さん。
まみがさきMGでもお世話になっています。


ゲーム中の風景。
ゲームはみんな立って行います。終わったテーブルから決算開始です。


2日目の最後に、自己資本を増やした上位3名が表彰されるのですが、
なんと今回、原田が1位、佐藤が3位となり、表彰いただきました!!
 ※私(黒川)は足元にもおよびません・・・悲


3人とも、多くの学び・気付きを得て山形に帰って参りました。
キャリアクリエイト主催の『まみがさきMG』は、
パワーアップして(!?)また来月から再開いたします。
興味のある方は、お気軽にお問合せください。

文:黒川幸
2010.11.22:黒川幸:[山形大好きレポート]

【セミナー/MG開催報告】まみがさきMG その1

  • 【セミナー/MG開催報告】まみがさきMG その1
MGって、ご存知でしょうか?

「戦略MQ会計ゲーム」の略です。

私どもの会社では、代表の私が2008年2月にMGに出会って以来、
西研究所主催の「東京MG」や旭会計事務所主催の「さくらんぼMG」に
参加してすこしずつ勉強させていただいておりました。

ことし6月からは、「自分の会社でもやりたい」とわがままをいって、
始めたのが「まみがさきMG」なのです。

MGは、参加者一人一人が会社経営者になって、
ゲーム盤の上で、材料購入、製造、販売を行い、
決算まで行います。

同じ元手300万円でゲームを始めても、
終わる頃には元手が倍になった会社から、
すっからかんになる会社まで現れるのです。

まさにゲームを通して会社経営を疑似体験できる優れもの。

MGが目指すのは「Y理論による全員経営」です。

代表の私だけでなく、一緒に働く佐藤と黒川も自ら毎回参加して
くれています。

ゲームでは、青チップ、赤チップ、黄色チップなどといった
MG特有の言葉がでてくるのですが、日ごろの仕事の中でも、
そんな言葉が飛び出すようになってきました。

経営を行ううえでの共通言語ができてきたように感じています。

11月は西先生を招いての仙台MGが開催されるので、
お休みしますが12月からまた再開します。

飲食店にたとえれば、
「伝わる履歴書づくりセミナー」は表メニュー、
「まみがさきMG」は賄い料理、つまり裏メニュー。

興味がある方はお問い合わせください。
おいしい賄い料理をご馳走しますよ。

12月につづく。

文:原田幸雄
2010.10.25:原田幸雄:[山形大好きレポート]

【山形のイベント】いよいよこの季節がやってきました!

もうすぐ8月も終わりというのに、厳しい残暑が続く山形ですが、
ようやく近頃は夜から明け方にかけて、ひんやりとした空気が秋の訪れを感じさせてくれます。

さて、山形の秋といえば・・・やはりアレを忘れてはいけませんよね。

郷土の味・・・【 芋 煮 】

山形のスーパーでは、お盆頃から“芋煮コーナー”ができます。
私はその光景を見ると、「いよいよ秋が近づいているんだな~」と思うのです。



~~日本一の芋煮会フェスティバル~~

今年は残念ながら、引き換えチケットのプレゼントはありませんが、
もしご興味ある方はぜひお越しください!

  < 日 時 > 2010年9月5日(日)
  < 場 所 > 山形市馬見ヶ崎河川敷
☆詳しくは公式HPをご覧下さい。
   http://www.y-yeg.jp/imoni/
2010.08.26:黒川幸:[山形大好きレポート]