山寺芭蕉記念館

山寺芭蕉記念館
ログイン
メモ メール Q&A  リンク 地図 ウィキ 特集 プラン
企画展

山寺と紅花  −最上川舟運と酒田湊からの海運− 

         
 紅花交易は山形に大きな富をもたらしましたが、そこで利用された最上川舟運、また
日本海を含む北廻り航路による舟運は、京都・大坂の文化を流域の寄港地にもたらした文化の道でもありました。今回の展示では、舟運の実態や、それぞれの寄港地にも
たらされた文化遺産を展示します。

                                 県文 紅花屏風〔複製〕(部分図) 青山永耕 筆  


                     「日本海を航海した北前船」(写真)明治期 中山町立歴史民俗資料館蔵  


  令和元年12月7日(土)―令和2年1月17日(月) 〔休館日:水曜日、12月28日〜1月5日〕


常設展示
「芭蕉の生涯」   (常時公開)
 
 芭蕉の直筆や関連資料で、芭蕉の生涯を辿ります。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




             《次回予告 》

企画展

山寺と紅花  −お雛さまと紅花文化−(仮称) 
        

  令和2年2月21日(金)―4月6日(月) 〔会期中無休〕


常設展示
「芭蕉の生涯」   (常時公開)
 
 芭蕉の直筆や関連資料で、芭蕉の生涯を辿ります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




芭蕉堂での呈茶も今日が最終日となりました。
これから雪囲いを行い、春までお休みとなります。
明日からは、本館で呈茶を行います。
暖かい談話室で山寺を眺めながら、ゆっくりとお抹茶をお楽しみください。
皆さんのお越しをお待ちしております。



令和元年12月3日(火)から12月6日(金)まで、展示替と設備点検のために
休館いたします。

12月7日(土)からは企画展「山寺と紅花 - 最上川舟運と酒田湊からの海運 -」
が始まります。お越しくださいますようお待ちいたしております。


日本遺産「山寺が支えた紅花文化」構成文化財「紅花屏風」(複製)公開中





企画展

山寺と紅花  −最上川舟運と酒田湊からの海運− 

         
 紅花交易は山形に大きな富をもたらしましたが、そこで利用された最上川舟運、また
日本海を含む北廻り航路による舟運は、京都・大坂の文化を流域の寄港地にもたらした
文化の道でもありました。今回の展示では、舟運の実態や、それぞれの寄港地にもたら
された文化遺産を展示します。

                                 県文 紅花屏風〔複製〕(部分図) 青山永耕 筆  

  令和元年12月7日(土)―令和2年1月17日(月) 〔休館日:水曜日、12月28日〜1月5日〕


常設展示
「芭蕉の生涯」   (常時公開)
 
 芭蕉の直筆や関連資料で、芭蕉の生涯を辿ります。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




             《次回予告 》

企画展

山寺と紅花  −お雛さまと紅花文化−(仮称) 
        

  令和2年2月21日(金)―4月6日(月) 〔会期中無休〕


常設展示
「芭蕉の生涯」   (常時公開)
 
 芭蕉の直筆や関連資料で、芭蕉の生涯を辿ります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




「山寺ミュージアムめぐり共通チケット」発売中

 山寺芭蕉記念館と山寺後藤美術館のお得な共通チケットを発売中です。

 通常価格、2館合計で大人1,200円、大学生1,100円のところ、ともに800円(税込み)
で2つの施設をご覧いただけます。




「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆

山寺/松尾芭蕉像

山寺/曽良像
login powered by samidare