山寺芭蕉記念館

山寺芭蕉記念館
ログイン
メモ メール Q&A  リンク 地図 ウィキ 特集 プラン
プロフィール

山寺芭蕉記念館
〒999-3301 山形市大字山寺字南院4223
TEL:023-695-2221 FAX:023-695-2552

芭蕉が「奥の細道」の旅で山寺を訪れてから三百年目、同時に山形市ができてから百周年を記念して、平成元年に建てられたのが「山寺芭蕉記念館」です。
記念館では、芭蕉に関する文書や映像などが観賞できる他、研修室や茶室などがご利用いただけます。


■開館時間
午前9:00〜午後4:30(研修室・茶室 午前9:00〜午後9:00)

■休館日
不定休(Whats NEWの「平成22年度の休館日」の欄をご参照ください)
年末年始(12月29日〜1月3日)
展示替のための臨時休館日

■入館料
大人 400円(団体 大人 320円)
高校生以下 無料

※1人1回の入館とさせていただきます。
※団体は20人以上です。
※11月3日は「文化の日」の無料開放日のため入館料は必要ありません。
※特別展の入館料は、変更になる場合があります。

※ 身体障がい者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の
所持者及びその介助者1名の入館料が無料になります.

■使用料

※付属する部屋の使用を含みます。
※準備と後始末の時間を含みます。
※営業目的等のご利用は、3倍に相当する額の料金となります。


■冷暖房料



ご利用について

■研修室の利用
俳句、邦楽、日本舞踊など、我が国の伝統芸術文化の大会、発表会、練習会などに最適です。その他広く一般の会議、研修会等にご利用いただけます。(ただし、飲食を目的とするご利用はできません。)


【研修室1】和室52畳(ステージ・控室あり)/和室24畳

【研修室2】和室12.5畳/和室9畳(炉あり)/和室6畳(水屋兼)

■茶室の利用
四季折々に変化する名勝山寺の自然景観に囲まれた茶室は、京都北山杉を用いた本格的な数寄屋造り。格調高い茶室での茶会や、茶道練習会にご利用いただけます。


【観宝亭(茶室広間)】和室15.5畳(炉あり)/和室8畳/和室6畳(水屋兼)


【芭蕉堂(茶室 立札席)】

■喫茶コーナー
お点前付き600円。陰出し500円。(日によってどちらかとなります。)
12月から3月までは、本館ロビーにて500円(入館券と共にお求めの場合は450円)でお抹茶(陰出し:和菓子付)をお出ししております。


【見取り図】

※当サイトは、samidare 規約個人情報保護に同意しています。
※当サイト内の記事と画像の著作及び責任の所在は投稿者に帰属します。
※当サイトへのお問い合せはこちら

「世にふるも」句文懐紙 芭蕉 筆

山寺/松尾芭蕉像

山寺/曽良像
login powered by samidare
powered by samidare