【40代の転職体験記】40代最後の転職。ジンジャーズのサポートで見えた人生の優先順位。

  • 【40代の転職体験記】40代最後の転職。ジンジャーズのサポートで見えた人生の優先順位。

「幸せな人生」とはなんでしょうか。
誰しもが望む「幸せ」ですが、その中身は人それぞれですし、その人においても年齢や状況によって「幸せのカタチ」は変わってきます。

突き詰めれば「もっと幸せになりたい」というのが転職の動機づけになります。

自分にとっての幸せとはなんだろうか。人生において大切なものってなんだろうか。

今回の転職体験記は、そんなことを考えた時に、私たちジンジャーズを思い出してくださったHさんの転職体験記です。

 

転職回数が人より多いのは事実、、、
理由はやむを得ない事情もあるにはあったが、自分のやりたいことを優先してきたから。

やりたいことを優先していたら、いつの間にか県外企業に転職して、
家族と過ごす時間がなくなっていた。

50歳を間近にして、妻や子供たちと過ごす時間がとても大切であることにやっと気づいた。

そんなとき真っ先に思い浮かんだのは、ジンジャーズさん。

以前もお世話になったことがあったのですが、単なる営利目的の転職支援ではなく、
転職希望者にとって、何が大事なのかを真剣に考えてアドバイスしてくれたのがとても印象的でした。

なので、ときには私にとって耳が痛いことを言われることも、、、

半年あれば何とかなるだろうと活動を開始しましたが、想像以上に厳しく、時間ばかりが経過して空回りの連続でした。
転職回数の多さや年齢が高いこともあり、なかなか上手くいかず、焦りがつもる時期もありましたが、
諦めずに、ジンジャーズと二人三脚で歩んだ結果、最後は嘘のように好転し、複数社から内定を得ることができました。

「家族との時間を大切する」という目的を達成しつつ、条件面でも期待値を上回り、
納得の転職活動となりました。

 転職は「縁とタイミング」とよく言いますが、それを心底実感した転職活動でした(笑)

 

私たちは「転職しないほうがいいです」とハッキリと言う事も多いです。
・何のために転職するのか
・何を得るための転職なのか
・それは転職をしないと叶えられないことなのか

転職は、一昔前に比べてとても簡単になりました。
しかしながら、転職をすることによる「リスク」は昔と変わらないのが実情です。
参考記事:【転職に伴う「リスク」を考える。防げるリスクと防げないリスクとは?

私たちは一瞬のお付き合いではなく、一生のお付き合いができるような関係を作れるように、日々活動しています。

転職ありきではなく「何を大切に生きていくのか」というところから、一緒に考えていきましょう。

ご相談お待ちしています。

2024.05.13:yamaten:コメント(0):[転職体験記]

最近の実績

  • 最近の実績

2024年4月末までにジンジャーズの転職支援をご利用いただいて転職された方々の一例です。
(一部抜粋 2024年5月8日更新)

業種、職種、年代それぞれ様々な方々が、様々な転職を実現されています。

以前にご転職成功された方々については、下部の転職体験記をご覧ください。

                        

業界 職種 年代 転職の背景 転職活動期間
精密機器 製造部門 40代後半 職場環境の改善 3ヶ月
金融関連サービス 営業職 30代後半 職場環境の改善 4ヶ月
食品・小売 店舗スタッフ
【提案案件】
20代後半 キャリアチェンジ 7ヶ月
その他サービス 営業職
【提案案件】
30代後半 キャリアアップ 3ヶ月
設備・インフラ 総務
【提案案件】
50代前半 キャリアチェンジ 2ヶ月
専門商社 ショップスタッフ 30代前半 再就職 2ヶ月
建設 設計
【提案案件】
40代後半 職場環境の改善 6ヶ月
金属加工 システム担当 50代前半 キャリアアップ 7ヶ月
建設 財務経理 20代後半 職場環境の改善 6ヶ月
精密機器 総務経理 30代後半 キャリアアップ 7ヶ月

※職種欄にある「提案案件」は、もともと求人のなかったポジションでのご紹介です。「こんな経験の方なら貴社で活躍できます」とジンジャーズが提案して入社が決まった案件になります。
提案案件の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。→「提案案件」の進め方 vol.1 ~求人にはどんな種類がある?~

 

※キャリアチェンジは、職種を転換しての転職。キャリアアップは同業または同職種での転職を意味しています。

**転職活動期間:初回のご登録から、企業からの内定が出て入社意思を決定するまでのおおよその期間です。**

 

 

【山形地域限定】【正社員】なので、全国の無数の求職者と企業をマッチングするのとはスタンスが違います。

ご登録者1人1人のお顔と、求人企業の社長や担当者のお顔を思い浮かべながら、良いご縁をつなぐ転職支援活動をしています。

 

転職を体験した方の「転職体験記」はこちらからぜひご覧ください。

2024.05.08:yamaten:コメント(0):[実績表]

ジンジャーズ テレビCM放送のお知らせ(5月7日~)

YBC山形放送さんにて、ジンジャーズのテレビCMを放送中です。

 

 

山形でイキイキと働く人を増やすため、皆さんの転職活動をご支援します。

YBCの各番組とともに山形転職・ジンジャーズのCMもお楽しみくださいませ。

2024.05.07:yamaten:コメント(0):[新着情報]

【データで読み解く:転職時の年齢】全体の55%が35歳以上(転職完了時の平均年齢は38歳・最年長はなんと!!)

  • 【データで読み解く:転職時の年齢】全体の55%が35歳以上(転職完了時の平均年齢は38歳・最年長はなんと!!)

「35歳を過ぎると転職が難しくなる」という話を聞いたことがある方も多いでしょう。

「35歳を過ぎてしまうと転職できなくなってしまう」と焦った気持ちでご相談に来る方も少なくありません。

求人票の応募要件に「35歳以下(長期勤続によるキャリア形成のため)」と記載されている求人も多いため、そう信じてしまうのも理解できます。

しかし、当社で実際の転職完了時の年齢(新しい会社に入社する時の年齢)を調べると、35歳より高い年齢で転職に成功している人が多数います。

実際、55%が35歳以上で転職成功しており、平均年齢は38歳、最年長は64歳、最年少は20歳です。

 

・年齢の出し方:入社年月日ー生年月日 
・調査人数 2024年4月1日時点で山形転職を利用して転職を完了した250人

未経験の領域へのチャレンジの場合、教育期間などを考慮すると、年齢が若い方が採用されやすい傾向があります。しかし、一定の経験値、知識、マネジメント力などが求められる求人では、年齢が高い方が採用要件に合うことが多いです。

特に、当社が力を入れている「提案案件(求人票になっていない潜在的な募集)」では、その傾向が強く見られます。

「もう35歳を過ぎたから転職先がない」と諦める必要はありませんし、
「35歳までに転職しなければ」と焦る必要もありません。

もっとも大事なのは「転職をして何を叶えたいか」ということです。

私たちといっしょに、転職や将来のキャリア、叶えたい人生の希望について、お話してみませんか?
ご相談お申し込みお待ちしています。

2024.04.22:yamaten:コメント(0):[キャリアアップ情報]

【20代の転職体験記】30歳目前の転職活動。焦る気持ちを抑えて、自分と企業にじっくり向き合い、納得の転職成功

  • 【20代の転職体験記】30歳目前の転職活動。焦る気持ちを抑えて、自分と企業にじっくり向き合い、納得の転職成功

「すぐにでも転職したいと思うのですが、なんだかすごく焦ってしまって・・」
「とにかく早くどこかに応募して転職したい気持ちです」

 

転職への漠然とした不安が焦りに変わり、「すぐにでも転職先を決めてしまいたい」と思っていらっしゃるご登録者も少なくありません。

今回体験記をお寄せいただいた20代Sさんもそんなお一人でした。
当初は「すぐにでも転職・・!」と思っていらっしゃいましたが、じっくりと自分のこれまでを振り返ったり、企業のことを知ったりと、結果的に転職決定まで半年ほどの時間をかけて決断された方です。

30歳を目前としたSさんの転職体験談、ぜひご覧くださいね。

 

①ジンジャーズに相談するまでの経緯

まだ業界も職種も絞らず、漠然と転職したいと考えていた時にインスタでジンジャーズさんを知りました。絶対に山形県内で働きたいと思っていたので、それならば県内の転職に強いというジンジャーズさんに相談しようと思いました。

 

 

②面談時の印象や記憶に残っているやり取りは?

最初の面談では、コンサルタントの佐藤大輔さんに今の転職したい気持ちなどをお話ししました。

当時は早く転職したかったのですが、すぐに企業様の紹介ではなくて、冷静に探すべきただと佐藤さんにアドバイスをもらえたのが印象的でした。

 

どんどんと、次から次へと求人や企業を案内するということは、私たちはやりません。
企業選定や求人選択にあたっては、学生時代の専攻・部活・課外活動・アルバイト経験、当時の就職活動、社会人になってからのご経験やご希望などを幅広くお聞きしながらご案内しています。
これらは、ミスマッチを防ぎ、ご登録者に合った企業・求人をご案内するためにお聞きしています。

 

③転職活動を通して苦労したことや印象に残っていることは?

履歴書作成や職務経歴書の作成はサポートしていただけたので、あまり苦労した覚えはありませんでした。

それよりも、いいなと思ったところで転職しても本当にいいのか決断するのにすごく悩みました。30歳を目前にしての転職なので、今後のキャリアにとっても今回の転職が重要なものだと感じていたからです。

決断に時間はかかってしまいましたが、コンサルタントの澤村さんやお相手の企業さんのご厚意で内定後も面談の機会をいただき、企業のことを納得するまで知った上で決断することができました。

 

内定後に「本当にこの企業で決めていいのだろうか?」と悩んでいたSさん。そんなSさんに私は「今回なぜ、転職したいと思ったんでしたっけ?」と問いかけました。

原点に戻り改めてSさんの転職理由を整理し、内定企業はどんな企業かを再度確かめるために、すべての選考が終わった後ではありましたが、追加で「若手社員との面談機会」を提案。
企業側も面談を快く受け入れていただき、若手社員の方を通して内定企業の姿がこれまでよりも明確に見えてきたSさんは、納得の内定受諾となりました。

 

④転職活動を通しての感想や、これから転職活動を始める方へのメッセージ

私の場合は相談当初3ヶ月以内には転職しようと思っていて、結果的に半年はかかりました。しかし、時間をかけて良かったと思っています。

転職したいと考えている時は気持ちが焦るものですが、転職を決意してからゆっくり自分の気持ちに向き合うことで冷静に判断できましたし、面接にも気負うことなく臨めました。

いつか転職を考えているのであれば、まずは相談して自分の気持ちを整理してみてはいかがでしょうか?良い転職先と巡り会うまでじっくり待つのもいいと思います。

 

早く転職したい、と焦ってしまうお気持ちもすごく分かります。
現職の嫌な部分が見えてしまうと焦りが余計に増すこともあると思います。
ですが、Sさんのように自分の気持ちを整理し仕事観や価値観を自分で理解しながら次の転職先を選んでいく。少し時間をかけてでも、納得できる転職活動をサポートすることもジンジャーズの役割であると思っています。

また、私たちは「今すぐ転職しよう」「すぐに決めてしまいましょう」「この求人はすぐに決めないとなくなりますよ」などと焦らせたり煽ったりすることはしません。

もちろん、他の人が先に応募して決まってしまうこともあるでしょう。
でも、他人から焦って煽られて進んだ道には、「本当にこれで良かったのか」という不安がつきまとうものです。
お一人お一人のお考えやペースに寄り添いながら活動をサポートしています。ぜひ安心してご相談くださいね。

 

Sさん、体験記をありがとうございました!今後のご活躍を心から願っております。
 

2024.04.12:yamaten:コメント(0):[転職体験記]