地球はつらいよ!

{PDF} ダウンロード 131.2KB_Adobe PDF

 プロジェクトワイルドは、「自然を大切に」と理解するだけではなく、「自然や環境のために行動できる人」を育成することに取り組んだ、生きものを題材とした環境教育プログラムです。

※プロジェクト・ワイルドは、環境推進法における人材等認定事業に登録されています。
※一部予定を含んでいます。随時更新予定です。
==============================================================================

◎プロジェクト・ワイルド(本編 ・水辺編)一般指導者養成講習会  
             
  日程 2006年8月9日(水)9:00〜17:30  2006年8月20日(日)9:00〜17:30
    ※ 1回で修了です。
    ※ 講習会の修了者には、主催者より一般指導者(エデュケーター)の認定証を授与します。
 
  会場 国営みちのく杜の湖畔公園(宮城県柴田郡川崎町)
   
  講師 東北地区ファシリテーター
 
  受講料 各回 ひとり8,000円(テキスト代、保険代込み) ※1回で修了です。

  受講対象 環境教育に興味のある、教員、学生及び一般の方。(18歳以上)

==============================================================================

◎プロジェクト・ワイルド(サイエンス&シビックス編)指導者フォローアップ講習会  
             
  日程 2006年9月2日(土)9:00 〜 3日(日)17:30
 
  会場 国営みちのく杜の湖畔公園(宮城県柴田郡川崎町)
 
  講師 山本 幹彦(NPO法人当別エコロジカルコミュニティー)
 
  受講料 8,000円(テキスト代、保険代、雑費込み) + 宿泊費(別途手配あり。)
 
  受講対象 すでに、PW本編・水辺編の指導者として認定されている方。

==============================================================================
  問い合わせ先   国営みちのく杜の湖畔公園
  担当:中村・神谷
  〒989-1505 宮城県柴田郡川崎町大字小野字二本松53-9
  TEL:0224-84-5991 FAX:0224-84-5992
==============================================================================
  詳細は、プロジェクト・ワイルド事務局のHPをご覧ください。
  → http://www.projectwild.jp/
 先日上京した折、久々に会った友人と築地市場へ朝ご飯を食べにいきました。ちょうど土曜日とあって、私のような観光客がビッシリ!ガイドブックに載る有名店は、長蛇の列という状態でした。
 そこで行ってみたのが「築地すしまる」。写真で一人前3,500円ぐらいです。寿司ネタのほとんどを輸入に頼る昨今ですが、ここは国産へのこだわりを感じました。そして、烏賊や赤貝の飾り包丁、鯛の炙り、車えびや穴子の仕込みは絶妙。酢飯も甘くなく、ネタと酢飯の大きさとバランスが程よかったです。寿司をほお張った瞬間に、口の中で酢飯が崩れるあたりは職人技を感じてしまいました。機械で握って刺身を乗せたヤツでは、こうはいかないですね。(寿司だと思ってませんが。)
 口に入った寿司を味わうことを忘れ、ついつい回ってくる皿を目で追ってしまう回転寿司も食文化の一つでしょう。でも、私は職人技を楽しみながら、寿司を楽しみたいです。私は、それを食文化と呼びたいなぁ!
the most comprehensive multichannel jazz radio station in the world!

http://www.accuradio.com/jazz/default.htm
2006.06.24:ほっし〜☆:[リンク/jazz]
 私は、マイ箸派です。統計によれば、日本で使われている割り箸の数は、年間国民一人当り200膳。本当なのかが知りたくて、去年の年末から外食や宴会の場から1膳ずつ持ち帰ってみました。
 半年の結果は92膳。約2割は、うっかりして持ち帰っていないと思われるので、92÷0.8=115。半年で115ですから、一年では230膳という計算になります。
 割り箸は約94%が輸入で、主産地は中国です。各種調査研究によれば、中国の環境悪化の要因とも言われているようです。過剰な伐採と加工のために大気汚染が進んでいるんでしょう。しかも、日本に運ぶために、相当なエネルギーを消費しているはずです。
 割り箸は日本の文化ですから、無くせばいいとは思っていません。地産地消が「文化の尺度」と考えることが大切だと思っています。
 土日東京にいたので、日曜の昼食に老舗のラーメンを食べました。写真は、味噌ラーメン@えぞ菊(750円)。ラーメン激戦区の早稲田にあり、ずっと昔から豪快さで人気のラーメン店です。私は、ホノルル店でも食べたことがありますが、そこのも美味かった。
 流行る店には、何かがありますよね。
{PDF} ダウンロード 993.2KB_Adobe PDF

〜 体験型学習の真価を知ろう 〜

 現在日本ではこどもたちの理科離れや学習意欲の減退が唱えられています。どうすれば活気のある科学教育を行うことができるようになるのでしょう。日本の科学教育の課題を広く考えるとともに、問題提起から解決に向かって一歩踏み出す全国フォーラムを開催します。

日程:2006年6月17日(土)〜18日(日)
会場: 学習院女子大学(東京都新宿区戸山3-20-1 TEL:03-3203-1906代表)
主催: ジャパンGEMSセンター全国ミーティング実行委員会
(実行委員長 ジャパンGEMSセンター事務局長 古川 和)
後援: 文部科学省、川崎市教育委員会、自然体験活動推進協議会(CONE)、東芝科学館、(社)日本環境教育フォーラム、全国科学館連携協議会
学習院女子大学 昭和女子大学(予定を含む)
協賛: 株式会社 東芝
対象: 科学教育に関心のある方、理科離れを何とかしたいと思っている方すべて
定員: 100名
参加費:無料

GEMSとは? → http://www.jeef.or.jp/GEMS/gems.html
フォーラムのご案内 → http://www.jeef.or.jp/GEMS/gemsforum2006.pdf
フォーラム申込みフォーム → https://www.jeef.or.jp/GEMS/forum-form.html


※一部予定を含んでいます。
 写真は、戸沢村角川地区沢内のビオトープ。雑木林、炭焼き小屋、ため池、水田が写っています。ここに行くと、ホッとします。自然の恵みを活用してきた山村の歴史が、このような美しい景観を生み、そして、いろんな命を育んできました。
 でも、食の変化や経済性を追求する現代社会の影響で、どんどんこのような風景が消えています。ぜひ、後世に伝えていきたいですね。人任せでは残せませんが。
 写真は、スペシャル・カレー(810円)。新庄市の カフェレストラン『Angels』(エンジェルス) の看板メニューです。
 ご飯の上に野菜炒めがのり、その上からカレーがかかっています。ここのは甘辛のバランスが絶妙で、他では真似できそうにない味です。ビタミン不足を補う野菜炒めが、カレーともマッチしています。
 カレーに使うスパイスは、約40種だそうです。いまや国民食となったカレーですが、スパイスの産地から日本まで、延々と大量のエネルギーを消費して運ばれているかと思うと、粗末に扱えないなあと思いました。
 土曜の6月4日、戸沢村角川でビオトープの木道を作りました。おとなも子どもも力を出し合って、半日ほどで完成しました。
 日本各地の山里は、過疎、高齢化、少子化の進行で元気をなくしている所が少なくありませんが、ここ角川では、みんなニコニコ。里山を活用した環境教育が、地域の結束を生んでいるようです。楽しいね、ここは!
 山椒の葉、生姜、鷹の爪と醤油で味付けした「ワラビの一本漬け」を、仕出しの弁当に乗せて食べました。やはり旬のものは、美味い!
 山形の各地に、いろんなタイプの温泉があります。私のように度々入る者は、方々の割引きサービスのお世話になりますが、その中でも大好きなのは「湯めぐり季」@さくらんぼ東根温泉。
 1,000円出すと、写真のような3回分の回数券(湯札)をくれます。温泉街のほとんど全ての旅館、公衆浴場で利用でき、通常1回350円〜1,000円の日帰り入浴を3回楽しめる仕組みです。掛け流しのヒノキ風呂や露天風呂は、最高に気分がよくなります。湯札が使い捨てでないところが、素晴らしいですね。紙の回数券が一般的ですが、地球環境にはハイ・インパクトだと思います。
 なお、利用時間が決まっている所もありますので、ご注意を!
 
 さくらんぼ東根温泉 → http://www.higashineonsen.com/
 写真はご覧の通りの、つけめん(メンマ入、大盛750円)。酷暑の山形では、これからこれを食べる機会が増えますが、このジャンルも立派な日本の食文化です。
 食べながら、ふと考えました。これに国産品は、どれだけあるのかと。小麦粉、しょう油、食塩、食用油、海苔、メンマ・・・。ネギまで輸入となると、もしかしたら水とタクワン以外は、全て輸入かなぁ?海苔は、100%自給でしたっけ?
 「国産品が安全で安心だ。」という自論ではありません。食材を日本に運んでくるために、大量のエネルギーが使われていることが悲しいです。手近にある食材に関心を持ち、地産地消が当たり前にならないとね!
 拝借してしまった写真は、酒楽弁当(新潟の三新軒。1,250円)。きのうの夜、JR大宮駅の駅弁屋旨囲門で買いました。佐渡のイカの一夜干しや越後もち豚のみそ焼き、季節の和え物や漬物が入っていて、「ふなぐち菊水一番しぼり」との愛称がいいから、よく売れているようです。買えないこともしばしばですが、今回は運よく買えました。
 この弁当は、100%メイドイン新潟のようです。なんかうれしいですね!

※三新軒 → http://www.sanshinken.co.jp/
ハイグレードなジャズ専門インターネット放送局です。

http://www.jazzfm.com/
2006.05.27:ほっし〜☆:[リンク/jazz]
  
▼新着コメント