HOME > 記事一覧

米選機騒動1

  • 米選機騒動1

お米は、収穫・脱穀して乾燥するとすぐにお米として食べられるのではありません。
その段階は、籾(もみ)。種にするのは、この籾です。

籾から籾殻を取り除く「籾摺り(もみすり)」という作業を経て玄米にすると、やっと米粒。
その後、お好みに応じて精米します。

我家では、だいたい玄米にして冷蔵保存しておきますが、籾で貯蔵してあるお米もあります。

ただいま「天日干し むすび米」が籾の状態。米粒が品切れ。
冬に販売する量を見越して、雪の季節前に籾摺りしておいたのですが、思いのほか天日干し米のご注文をいただき、籾摺りしてあるお米が早くも足りなくなってしまいました。

そして、頂きましたご注文!

取り急ぎ籾摺りしようと思いきや、障害が。

貯蔵場所の関係上、天日干し米の前にもう一種別のお米を籾摺りしなくちゃいけません。

粛々と作業を進めていたら、ふつうの「はえぬき」のはずがポツリポツリと黒い影…
あちゃぁ、前回摺った黒米が機械の陰に潜んでいたようです。

籾摺りには二つの機械を使いますが、その両方を念入りに再度掃除し再開。

順調、順調!
と、しばし主人に作業を託して持ち場を離れた2分後

「優子~!ちょっと来い!」
と呼び戻されました。

え~~!
なんと、お米が機械の出口からではなく入り口から溢れ出てる。
( ▽|||)

モーターから作業部に動力を伝えるベルトが切れて、突然動かなくなってしまったのです。

ご注文いただいたお客様、大変申し訳ございませんが、もう少しお待ちください。
明日か明後日にはベルトが入荷する予定です。

皆さまどうぞ機械の早い復調をご一緒にお祈りくださいませ。

*-*-*-*-*-*-*-*-
日本一おいしい米コンテスト金賞受賞
浦田農園
http://noukaurata.com/

2016.01.06:(PCより):コメント(0):[]

根雪じゃなかった!

  • 根雪じゃなかった!

なんと!!
根雪と思って疑いのなかった雪が溶けて、地面が見えてきました!

例年ならば最高気温が0℃以下の真冬日の頃。
それが昨日は8℃にもなり、「え?温度計が壊れた?」と思いましたよ。

今日は3℃ほどで雪混ざりながら、やはりほぼ雨。

日中日陰になりがちなところは、まだ真っ白ですが平らなところは大地!!

もうそれはそれは驚きです。
去年の今頃は積雪2mくらいありましたから(^^;)

私にとって当地での19回目の冬。
今まで一度だけお正月に根雪となっていない年がありました。
今から9年前、平成19年のお正月。

喜んでいたのも束の間、2月3月にわんさか降り、しかも春雪の重たいこと…
それならもっと気温の低い軽い雪のうちに降ってくれたほうが楽だったよ~、と思ったのでした。

春の雪解けが少しでも早いほうが、農作業を早くスタートできて嬉しいですしねぇ。

さて、この冬はどうなるかな?
*-*-*-*-*-*-
浦田農園
http://noukaurata.com/

2016.01.05:(PCより):コメント(0):[うらた家の日記]

お正月杵つき餅、ご好評ありがとうございます!

  • お正月杵つき餅、ご好評ありがとうございます!

年末は、お餅のご注文を沢山頂戴しありがとうございました。

今年のお餅はいかがでしたでしょうか?

もしも発送手違いや、お気づきのことがございましたら代品をお送りいたしますのでお伝えくださいませ。

昨年と比べて、黒米餅が鮮やかな発色に。玄米餅は滑らかな口触りに仕上りました。

お好みはどちらでしょう?

2016.01.02:(PCより):コメント(0):[うらた家の日記]

謹賀新年

  • 謹賀新年

2016年の幕開け。
穏やかな正月を迎えました。

今のところ例年になく少ない雪ながら、真っ白なお正月。
何色にも染まっていない新年の幕開けにぴったり。

皆さまにとってたくさんの幸せ色に染まる一年になりますよう。

我家は今年も、身体の芯から喜びがあふれてくるような、そんなお米や野菜やお豆たちを育てていきたい。
そして、口にしていただいた方の日々の彩りになれますように。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

2016年 元旦

浦田農園 浦田優子
http://noukaurata.com/

2016.01.01:(PCより):コメント(0):[うらた家の日記]

米の消費量とTPP交渉

 

8万トン 何の数字か分かりますか?毎年減る日本国内のコメの消費量です。

21万5千トン これはアメリカが輸入拡大を求めている米の量です。それに対して、日本側は5万トンでどうだと言っているらしいですね。

毎年8万トンも消費量が減っていくなかで、今も農家は耕している田んぼの4割を休んでいます。そこへ輸入量が増えれば、もっとお米は作りにくくなります。買う側からすると、国産のお米がぐんと減るわけです。...

誰が食べる米をだれのお金で買うと思いますか?

政府は未来永劫自動車が売れ続ける前提で、自国の食糧を交渉材料にしていいのでしょうか?

今回は英明からの更新でした。連日、稲の苗用の土混ぜをしてます。
今日も張り切っていきましょう!
2015.04.22:浦田 英明:コメント(0):[]