武将隊と上杉太鼓 魂の響演 スケジュール決定!

  • 武将隊と上杉太鼓 魂の響演 スケジュール決定!

米沢上杉まつり 4月30日・5月1日に開催される
やまがた愛の武将隊と上杉太鼓のコラボ企画
「武将隊と上杉太鼓 魂の響演」のスケジュールが決定いたしました。

 やまがた愛の武将隊と上杉太鼓が織りなす魂の響演、ぜひお楽しみください!

 

【日時】令和4年4月30日(土)10:30~15:00

        5月1日(日)10:30~15:00

 

【場所】伝国の杜前広場特設ステージ

   (雨天の場合 伝国の杜ピロティ)


10:30~ 会場インフォメーション  注意喚起等
11:00~11:05 オープニング 5 分
11:05~11:50 米沢民謡一家 演奏 45 分
12:00~12:20 やまがた愛の武将隊 演武 20 分
12:20~12:30 米沢民謡一家×やまがた愛の武将隊 トーク PR 10 分
12:30~13:30 ステージ休止 60 分 休憩
13:30~14:15 米沢民謡一家 演奏 45 分
14:25~14:45 やまがた愛の武将隊  20 分
14:55~15:15 米沢民謡一家×やまがた愛の武将隊「旗鼓堂々」 20 分
15:15~15:30 民謡一家×愛の武将隊 トーク・エンディング 15 分 記念撮影

               タイムスケジュールは変更になる場合がございます。

2022.04.23:事務局:[お知らせ]

5月3日川中島合戦桟敷席予約席購入者へのチケット発送について

5月3日に行われる川中島合戦有料桟敷席にお申込みいただいた方にお知らせいたします。
この度は川中島合戦桟敷席を御購入いただき誠にありがとうございます。

現在チケット発送の準備を行っておりますが、諸事情によりチケット発送が遅れております。
大変申し訳ございません。
チケットを4月25日(月)に発送いたしますので、もうしばらくお待ちいただきますよう
よろしくお願いいたします。

また、桟敷席を予約フォームで申し込みした方で
自動返信メールや、事務局からのメール返信が届いていない方がいらっしゃいましたら
不具合によりメールが届かない状況になっていた可能性もございますので
お手数をおかけいたしますが、下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

<問合せ先>
米沢観光コンベンション協会青年部
電 話 0238-21-6226
メール seinotakeru@gmail.com

2022.04.22:事務局:[お知らせ]

5月3日川中島合戦桟敷席当日券の販売について

  • 5月3日川中島合戦桟敷席当日券の販売について

上杉まつりの中でもメインのイベント 
川中島合戦 
上杉対武田 謙信と信玄の一騎打ち
上杉の雷筒と呼ばれた火縄銃の号砲、
約800名もの武将が入り乱れる総攻撃と見どころが満載です!
その合戦を会場の中央部分、間近で堪能できる川中島合戦桟敷席

5月3日(火)川中島合戦の有料桟敷席(お土産・ドリンク付き観覧席)の

当日券を5月3日(火)の午前10時より会場桟敷席設置場所にて販売いたします!

当日券販売場所  

川中島合戦会場(米沢市松川河川敷)桟敷席受付場所)

            http://uesugi.yonezawa-matsuri.jp/h26_matsuri/#menu_access

販売数  80席 予定
料金   2000円 (消費税込・お土産・ドリンク付き)

大人子供同一料金

  

川中島合戦桟敷席は、会場のほぼ中央に位置しておりますので、
会場内全て見渡すことが出来ます。

料金は2,000円で お土産付きです。
席取りをすることがないので、当日券を購入後に
じっくり市内観光や行列を見学した後、川中島合戦へ
再度来場することが出来ます。

前売券を買い逃した方もぜひお買い求めください。


川中島合戦桟敷席は5月3日午後2時から開催される
上杉まつり川中島合戦の有料席でございます。

前売券、当日券ご購入されたお客様は
午後1時まで受付を済ませてていただきますよう
ご協力お願いいたします。

問合せ先  米沢観光コンベンション協会 TEL0238-21-6226

あなたもぜひ桟敷席に座り、目の前で戦国絵巻の興奮を
あじわってみませんか!!

注意事項
・新型コロナウイルスの感染対策としまして、マスクの着用、手指消毒、ソーシャルディ
スタンスなど、基本的な感染対策について御協力をお願い致します。
・受付会場において、体温計による検温を実施しますので、ご協力いただきますようお願
い致します。
・お住まいの地域にまん延防止等重点措置以上の措置が実施されている方については、そ
の指示内容を遵守いただきますようお願い致します。
・まつり開催日において身近な方(同居家族や職場等)に新型コロナウイルス陽性者や濃
厚接触者が発生している方は、来場をお控え下さい。
・前売券、当日券をご購入されたお客様は午後1時まで受付を済ませていただきますよう
ご協力お願いいたします。
2022.04.18:事務局:[お知らせ]

5月3日開催「川中島合戦有料桟敷席」予約販売終了しました。

  • 5月3日開催「川中島合戦有料桟敷席」予約販売終了しました。

上杉まつりの中でもメインのイベント 
川中島合戦 
上杉対武田 謙信と信玄の一騎打ち
上杉の雷筒と呼ばれた火縄銃の号砲、
武将が入り乱れる総攻撃と見どころが満載です!
その合戦を会場の中央部分、間近で堪能できる川中島合戦桟敷席

5月3日(火)川中島合戦の有料桟敷席(お土産・ドリンク付き観覧席)を

4月1日(金)の午前9時より販売開始いたしましたが
本日をもって 予定数に達したため予約販売分終了いたしました。

5月3日 当日券販売いたします。

前売り券 425席 予定販売数量になりましたので販売終了となります。

料金   2000円 (消費税込・お土産・ドリンク付き)

上杉側・武田側を選択することができます。

桟敷席は先着順ではなく、全て指定席となります。
席の配置は事務局で決定させていただきます。

4月1日にご予約いただき、お客様より
指定口座へ席料をお振込みいただきます。
お振込みを確認した後
4月21日頃にチケット・パンフレットをお送りさせていただきます。
お客様は当日、そのチケットをご持参の上
川中島合戦会場の桟敷席受付所へお越しください。
そこで、チケット半券とお土産を引換して
係員が席へ誘導いたします。    
   
川中島合戦桟敷席は、会場のほぼ中央に位置しておりますので、
会場内全て見渡すことが出来ます。

料金は2,000円で お土産付きです。
席取りをすることなく、ゆっくり会場に入れますので、
じっくり市内観光や行列を見学した後、川中島合戦へ
向かうことが出来ます。

5月3日当日に、川中島合戦会場において当日券の販売をいたしますので
前売券を買い逃した方もぜひお買い求めください。

当日券を5月3日(火)の午前10時より会場桟敷席設置場所にて販売いたします!

当日券販売場所
川中島合戦会場(米沢市松川河川敷)桟敷席受付場所)
http://uesugi.yonezawa-matsuri.jp/h26_matsuri/#menu_access
販売数 約80席 予定
料金 2000円 (消費税込・お土産・ドリンク付き)
大人、子供同一料金となります。

川中島合戦桟敷席は、会場のほぼ中央に位置しておりますので、
会場内全て見渡すことが出来ます。
料金は2,000円で お土産付きです。
席取りをすることがないので、当日券を購入後に
じっくり市内観光や行列を見学した後、川中島合戦へ
再度来場することが出来ます。
前売券を買い逃した方もぜひお買い求めください。


川中島合戦桟敷席は5月3日午後2時から開催される
上杉まつり川中島合戦の有料席でございます。
注意事項
・新型コロナウイルスの感染対策としまして、マスクの着用、手指消毒、ソーシャルディ
スタンスなど、基本的な感染対策について御協力をお願い致します。
・受付会場において、体温計による検温を実施しますので、ご協力いただきますようお願
い致します。
・お住まいの地域にまん延防止等重点措置以上の措置が実施されている方については、そ
の指示内容を遵守いただきますようお願い致します。
・まつり開催日において身近な方(同居家族や職場等)に新型コロナウイルス陽性者や濃
厚接触者が発生している方は、来場をお控え下さい。
・前売券、当日券をご購入されたお客様は午後1時まで受付を済ませていただきますよう
ご協力お願いいたします。
問合せ先 米沢観光コンベンション協会 TEL0238-21-6226

あなたもぜひ桟敷席に座り、目の前で戦国絵巻の興奮を
あじわってみませんか!!

・新型コロナウイルスの影響や悪天候、災害等で中止となってしまった場合や、お支払い後のキャンセルの場合等、基本的に料金お支払い後の返金の対応は致しかねますので、予めご了承願います。代わりに桟敷席申込者限定のお土産をお送りさせていただきます。

2022.04.18:事務局:[お知らせ]

戦は己の欲のためにあらず<武禘式>

  • 戦は己の欲のためにあらず<武禘式>

米沢上杉まつり 武禘式

日 時 令和4年5月2日(月)18:30~19:30
会 場 伝国の杜前広場
武禘式軍団行列
 16:30 上杉家廟所参拝
 17:00 千勝院に参拝し上杉神社まで行進
 17:30 上杉神社に参拝、会場へ

 
上杉謙信公はその生涯において、70余度ほど自ら陣頭に立って戦ったと伝えられています。
また部下の諸将に命じて出陣させたものを加えれば数え切れないほどです。
その出陣の度に武禘式と称する儀式を行い、神仏に戦勝を祈りました。
この儀式は神仏に代わって不正不義を討つという強い信念に基いたものです。
当日は、武禘式保存会の会員によって再現されます。
赤々と燃えるかがり火の中で、五沾水(ごてんすい)の儀・軍神勧請の儀などが約1時間にわたって荘厳にとり行われ、つめかけた観客をしばし戦国の世へ誘います。

2022.04.16:事務局:[武てい式]