【完成見学会 5/25 】 白河市古高山・ドミノK邸

  • 【完成見学会 5/25 】 白河市古高山・ドミノK邸

設計:樽川技建(株) 樽川美知男
施工:樽川技建(株) 棟梁:渡辺正実

 

白色を基調にした、平屋バージョンの木造ドミノ住宅。

大黒柱2本だけで、構造が成立しています。

 

住まい手の身体への負荷を少なくするよう、

敷地から玄関、室内へと極力段差をなくし、

広々玄関ホールを中心に、生活動線が組まれています。

 

大切な建物をお借りして、皆さんにご覧いただける機会です♪

スタッフ一同、お待ちしております ^ ^

 


 ●と き : 

  5/25(土)【予約制:各回3組様 】

  ①13:00~ ②14:00~

  ③15:00~ ④16:00~

          
 ●ところ : 

  白河市古高山地内(案内図をお送りします)


 ●申込・問合先 : 

  たるけん・樽川技建

  024-922-9701(090-2983-5199山田)
  ホームページ上の問合せフォーム
 

 

 

taruken_kinoie

 

@taruken

 

 

 

 

ページ右にある「建築現場レポート」アイコンをクリックすると、

家づくりの過程がご覧になれます。

2019.05.20:樽川技建 株式会社:[お知らせ]

【土地】 郡山市昭和2丁目 通勤・買い物に便利

  • 【土地】 郡山市昭和2丁目 通勤・買い物に便利

郡山駅徒歩圏内で、イオンタウンに近く買い物、通勤に便利

現地をご覧になられたい方は、樽川技建の山田までお問い合わせください。

───────────────────────────────────

□土地価格 1150万円
□敷地面積 公簿236.40m2(71.5坪)


■所在地  郡山市昭和2丁目
■交通  JR東北本線 郡山駅 徒歩20分
■総区画数 1区画
■土地権利 所有権(私道持分1/2)
■都市計画 市街化区域 工業地域
■その他法 準防火地域
■地勢 更地・平坦
■地目 宅地
■道路 東私道2.8m(私道経由し市道接道)
■施設 公営水道・下水道
■学区  小原田小学校・小原田中学校
■取引態様 仲介 宅地建物取引業者免許証 福島県知事(1)第3132号
      現況渡し
■建築条件 あり

 

■備考 接道は東側私道を経由し接続(43条但し書き許可申請が必要)

 

 

 

 

 

 

 

2019.03.01:樽川技建 株式会社:[土地情報]

SIMPLE NOTE 県内初!勉強会を終えて

  • SIMPLE NOTE 県内初!勉強会を終えて

 

「失敗しない賢い家づくり勉強会 ~絶対やってはいけない10のコト~ 」

 

 

2月とは思えないポカポカ陽気、行楽日和となった2/24(日)

 

LIXILのショールームセミナー会場には、6組の12名が集いました。

 

 

勉強会では、話題の建築家、Less is design 平尾卓氏から、

 

常識かと思っていたことが、実は知らず知らずのうちに、


無駄なコストになってしまう、目からウロコの話が次々と!

 

 

 

その対策として、これまで設計してきた事例の数々は、

 

平尾氏の設計概念がふんだんに盛り込まれ、

 

職人の技に裏打ちされた、納得のいく内容でした。

 

 

 

休憩を挟まず2時間。

 

皆さんの集中力の凄さ。

 

もちろん、話の内容が参加者の皆さんにとって新鮮で、役立つ内容ばかりだったからだと思います。

 

アンケートには、参加者の家づくりが成功するに間違いない

 

気づきと感想が多く寄せられていました。

 

 

 

「新しい発見の連続でした!」

 

「全て、なるほど!と納得いく話ばかりでした!!」

 

「住みやすい家を考えるきっかけになって良かった!」

 

「土地探しで聞いたことのない話ばかりで、為になりました」

 

「必要ないものがいろいろあるようで、実用性を中心とした考えが勉強になった」

 

「何が必要で、何が不必要なのかを考えさせられました。」

 

「腑に落ちることが多く、話を聞けて良かったです。」

 

「ハウスメーカーで進めてきたことが全否定されたようで…考えさせられました…」

 

「土地探し、視点が変わりました。」

 

「資金面で可能か、土地はどのあたりが自分たちに合っているのか、ゼロからやり直します」

 

 

 

セミナー会場には6組が限界でしたね。

今回の勉強会には、キャンセル待ちで叶わなかった方、

次回お楽しみに、お待ちください(^^♪

 

 

 

 

taruken_kinoie

 

 

@taruken

 

 

2019.02.26:樽川技建 株式会社:[お知らせ]

SIMPLE NOTE 県内初!勉強会を終えて

  • SIMPLE NOTE 県内初!勉強会を終えて

 

「失敗しない賢い家づくり勉強会 ~絶対やってはいけない10のコト~ 」

 

 

2月とは思えないポカポカ陽気、行楽日和となった2/24(日)

 

LIXILのショールームセミナー会場には、6組の12名が集いました。

 

 

勉強会では、話題の建築家、Less is design 平尾卓氏から、

 

常識かと思っていたことが、実は知らず知らずのうちに、


無駄なコストになってしまう、目からウロコの話が次々と!

 

 

 

その対策として、これまで設計してきた事例の数々は、

 

平尾氏の設計概念がふんだんに盛り込まれ、

 

職人の技に裏打ちされた、納得のいく内容でした。

 

 

 

休憩を挟まず2時間。

 

皆さんの集中力の凄さ。

 

もちろん、話の内容が参加者の皆さんにとって新鮮で、役立つ内容ばかりだったからだと思います。

 

アンケートには、参加者の家づくりが成功するに間違いない

 

気づきと感想が多く寄せられていました。

 

 

 

「新しい発見の連続でした!」

 

「全て、なるほど!と納得いく話ばかりでした!!」

 

「住みやすい家を考えるきっかけになって良かった!」

 

「土地探しで聞いたことのない話ばかりで、為になりました」

 

「必要ないものがいろいろあるようで、実用性を中心とした考えが勉強になった」

 

「何が必要で、何が不必要なのかを考えさせられました。」

 

「腑に落ちることが多く、話を聞けて良かったです。」

 

「ハウスメーカーで進めてきたことが全否定されたようで…考えさせられました…」

 

「土地探し、視点が変わりました。」

 

「資金面で可能か、土地はどのあたりが自分たちに合っているのか、ゼロからやり直します」

 

 

 

セミナー会場には6組が限界でしたね。

今回の勉強会には、キャンセル待ちで叶わなかった方、

次回お楽しみに、お待ちください(^^♪

 

 

 

 

taruken_kinoie

 

 

@taruken

 

 

2019.02.26:樽川技建 株式会社:[SIMPLE NOTE / お知らせ]

その当たり前は正しいか?

当たり前、常識、当然・・・それが正しいかどうか?

 

『できるだけ大きな家に住みたい』と考えるのは、

家がほしいと考えた方にとって、

当たり前の気持ちかもしれませんね。


けれども、住宅を構成する要素のうち、

2~3割ほどは、“不要な要素”だと言われています。


・ ・ ・


人が歩くだけの廊下。

大きく面積をとりながら、結局は人目を気にしてカーテンを閉めっぱなしの南向きの窓。

将来は使わなくなってしまう子ども部屋。

 

そんな ”要素”にも、購入・維持のコストはかかります。


建てた瞬間だけでなく、

その後の家族の生活を思い浮かべてみれば、

いつまでもその家で

不自由なく暮らせることこそが

大切だと気付くはずです。

 

『あって当たり前』と考えているものを見つめ直すことで、

本当に必要な家のシンプルな家の姿が浮かび上がってくるのです。

 

・ ・ ・

 

Tarukenが、SimpleNoteで提案しようとしている家は、

外から見える窓は少ないのが特徴ですが、

中庭やトップライトを設けることで、

室内は驚くほど明るい空間になります。

 

外から見えなくすることでプライバシーを確保し、

家族がのびのびと暮らす贅沢さを手に入れることができるでしょう!

 

窓の少なさは、建物の強度を上げることにも、

防犯面を強化したり、無駄な外構費用を削減するなど、

様々なメリットにもつながります!

 


Tarukenが目指すのは、他の誰のためでもない、

家族が心からリラックスできる場所を目指した住まいの提供です♪

 


・ ・ ・

 


Simple Note WEB開設の記念すべき日、

初めてのブログでした。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

不定期ですが、家づくりを考え始めた方に、

少しでも、役立つ情報を提供できればと思っております。


よろしくお願いいたします。

 

チームたるけん 山田

2019.01.30:樽川技建 株式会社:[SIMPLE NOTE / ブログ]