置賜文化創作アルバム

置賜文化創作アルバム
ログイン

「置賜の宝発掘プロジェクト新着記事UP!「置賜三十三観音巡礼」」のサムネイル「『おきたま若者 個人・団体活動名鑑』発行」のサムネイル「わいわいワイヤーアート♪」のサムネイル「置賜の「宝」を求めて・・・in飯豊町 高伝寺・黒沢観音」のサムネイル「3月10日は「あゆーむ」へ!」のサムネイル
「置賜の宝発掘プロジェクト新着記事UP!「置賜三十三観音巡礼」」の画像
みなさん!こんにちは編集員です。

春の足音が聞こえてきそうな今日この頃如何お過ごしですか?

春は“旅立ちの季節”・“出会いの季節”と言いますから、

新しい出会いを求めて旅に出るのも良いかもしれませんね♪



では、本題です。本日、『置賜三十三観音巡礼』の記事を掲載致しました。

置賜文化フォーラムHPでは、トップページの置賜の「宝」アーカイブスの“伝統”の

カテゴリをクリックして頂きページ内の『置賜三十三観音巡礼』を

選んで頂き記事をお読み下さい。

山形百観音の霊場の一つにも数えれれる「置賜三十三観音」と、

それを守られている方々のお話をまとめました。

「置賜三十三観音札所会」会長の高橋玄舟様には、インタビューをさせて頂き

「置賜三十三観音を勉強する会」会長の須藤恭子様にはご執筆を賜りました。

今年は、5月1日〜10月31日の6ヶ月間に渡って、連合ご開帳も実施されます。

この記事を読んで頂き、是非「置賜三十三観音」を見に置賜にお越し頂ければ

幸いです。


◎置賜の「宝」発掘プロジェクト記事・・・「置賜三十三観音巡礼





「『おきたま若者 個人・団体活動名鑑』発行」の画像
みなさん!こんにちは編集員です(^O^)/

先日、後輩が結婚することになり、彼女のご両親に挨拶に行く前々日に彼女の

お腹に新しい命が授かっていることが発覚し、二重の幸せを手に入れました!

また、別の後輩も奥様が第二子を身ごもったとの知らせがありました!!

その二人の後輩は同級生同士なので、「子供も同級生になるんだね!合わせて

来たね〜(笑)」なんて冗談まじりに話しました(^◇^)

どんどん後輩に先を越されていく(笑)編集員ですが、人の幸せそうな顏を見るのが

大好きです(*^_^*)

彼氏・彼女や旦那さん・奥さん、お子さん等々のノロケ話は、最高です!

聞いているこっちまで幸せな気分になってしまいます♪

『幸せのお裾分け』と編集員は呼んでいます。

みなさんもどんどんと『幸せのお裾分け』していきましょう!

でも、1時間以上話すのは「幸せの押し売り」になっちゃうのでご注意を!!(笑)



では∨楝蠅任后

以前もブログで取り上げましたが、置賜で活動するNPO法人や団体を支援する

組織、「おきたまネットワークサポートセンター」通称“おきサポ”が、この度

平成23年度山形県置賜総合支庁若者地域活動支援事業の一環として、

『おきたま 若者個人・団体活動名鑑』を作成しました!

置賜を中心に地域活動をする若者達を紹介しています。

その中には、編集員も所属する「南陽創作部〜創〜」も紹介して頂いています。

大変、立派な表紙の冊子なので、自分達なんかが載っちゃっていいのか…(・.・;)

と代表と話していたところです。

我々はともかく、本当に沢山の方が、置賜で頑張っているんだなと、

何だか嬉しくなりました。

ここだけの話、もう一人の編集員もちゃっかり載ってます(笑)

この若者名鑑の情報は、おきサポが管理するサイト「おきためいてぃぶ」でも

ご覧になれますので、若者名鑑を手に入れられなかった方はサイトの方で我慢

して下さいね!


おきたまネットワークサポートセンター関連サイト:「おきためいてぃぶ






「わいわいワイヤーアート♪」の画像
みなさん!こんにちは編集員です(●^o^●)

暦的には、もう春なのですが、まだまだ寒い日が続いていますね…(/_;)

しばらくは、多くの方がコタツと電気毛布のお世話になることでしょう(笑)



さて、3月3日から3月11日まで、白鷹町文化交流センターあゆーむで開催された

置賜若手作家展覧会「三月の画廊」は、22名の置賜で活躍されている39歳以下の

作家さんにご出展して頂きました。

会期中は、白鷹町内外から多くの方にご来場頂き、作品をご覧頂いたり、

作家さんご本人と交流をもって頂きました。

特に、10日に行われたイベント日は、作家さんの作品が購入出来るマーケットが

行なわれたり、作家さんが制作した作品でコーヒーやお茶が飲めるカフェが

あったりした為、多くの来場者が楽しまれていました。

編集員もスタッフの一人として、喫茶店のマスター?さながらコーヒーを淹れたり

お菓子を勧めたり、お手伝いをさせて頂きました。

そんな賑わいをみせたイベント日に、ワイヤーアートの体験コーナーをして

下さった、まきふみひとさんの作品が面白かったのでご紹介します。


●三輪車です。この三輪車はちゃんと車輪が回るんです!
 しかも、前輪と後輪を輪ゴムでつなぐと自走するんだそうです。



●メガネと自転車です。



●コーヒーです。ちゃんと湯気まで表現されています。



●百足(ムカデ)です。その足の数の多さから、お客さんが沢山足を運ぶという意味 で商売繁盛の縁起物なんだそうです。



●鳥かごです。10日の体験コーナーでは、この鳥かご作りを体験出来ました。
 因みにこの作品は「三月の画廊」実行委員長の作です。



●可愛らしいくまクリップ(white)です。



●くまクリップ(brown)です。



●羽のしおりです。編集員がリクエストしてその場で作って頂きました。



●クリップとしても使えます。先がハート型になってキュートな仕上がりです!



まきさんご本人が作られるとものの数分で出来上がってしまうので、簡単なのかと

思いきや、体験された方は悪戦苦闘されていました。

やっぱり、その道の人は凄いなと思いました。

まきさんご自身がイメージ出来るモノなら何でも作れるそうなので、みなさん

イベント等で見掛けたら、作って頂いたらどうでしょうか(^o^)丿








「置賜の「宝」を求めて・・・in飯豊町 高伝寺・黒沢観音」の画像
みなさん、こんにちは編集員です(^^)v

先日、番組のタイトルは、忘れてしまいましたが…(・.・;)

アメリカ人のサプライズ好きを伝えるコーナーがありました。

要は、一般家庭のホームビデオで撮られた、サプライズの瞬間を集めて流していた

のですが、プロポーズの瞬間だったり、誕生日にプレゼントを渡す瞬間だったり、

家族への妊娠報告の瞬間だったりと、様々な朗報をサプライズ演出で伝える様子が

映し出されていました。

その方法も様々で、水泳の大会で優勝し表彰台の上でプロポーズをしたり、

両親へのクリスマスプレゼントの中に赤ちゃんの風船を入れて妊娠報告をしたり、

バースデイケーキの中に、娘さんの欲しがっていた携帯電話を入れておいたり、

地元警察の協力を得て、ドライブ中に捕まったとみせかけてプロポーズしたりと

凝った演出ばかりでした。

さすがアメリカンだな〜と思いながらも、印象的だったのは、サプライズを受けた

人たちの驚きながらも心の底から喜んでいる『笑顔』でした。

やっぱり『笑顔』は万国共通で、見ているこちらも幸せにしてくれます。

自分も、そんな人を『笑顔』にするようなサプライズをしたいなと思いました!




さて、人を幸せな気持ちにさせるのは、何も人の力だけではありません。

美味しい食べ物だったり、素晴らしい芸術だったり、音楽だったりと様々です。

また、信仰もその一つです。

人それぞれに信じる神様がいて、時に人に救いをもたらしたりもします。

本日、編集員は、飯豊町黒沢の高伝寺にお伺いして来ました。

そこで、住職の高橋玄舟さんに『置賜三十三観音』について

取材をさせて頂きました。

取材の中で、興味深かったのは、観音様というのは“色々な姿に変身する”という

お話でした。

時に子供の姿になって近所で遊んでいたりするそうです。

つまり、仏像などで見る姿だけでなく、我々の身近に観音様はいるということで

“日常の中の幸せ”に気づき、感謝しなさいということなのです。

「なるほどな」と納得のいくお話でした。

そんな有難いお話を交えながらの『置賜三十三観音』の記事は、現在急いで

編集作業をしておりますので、暫らくお待ち下さいませ







◎曹洞宗 高伝寺(置賜三十三観音札所3番 黒沢観音)
 飯豊町大字黒沢528
「3月10日は「あゆーむ」へ!」の画像
みなさん!こんにちは編集員です。

今日は、3月9日です。

3と9の語呂合わせから、「サンキュー」で、『感謝の日』なんだそうです。

「父の日」「母の日」など身内に対する感謝の日はいくつかありますが、

人生を重ねていくうえで、いろいろな形で感謝したい人や出来事に出会う。

そんな今までの人生で巡り逢ったものに思いを寄せる日をと、

愛媛県の横山重子さんが制定した日なんだそうです。

う〜ん、良い日ですね(*^_^*)

自分にとって当たり前のことや、居てくれて当たり前の人や物は、

他の人からすると、物凄く幸せなことだったりします。

特に、明後日で一年が経つ「東日本大震災」の時のことを思うと、様々な想いが

胸に去来します。

今日は、“自分が今生かされていること”や“人との出会い”など、

普段忘れがちなことに感謝したいです!



さて、人の心が豊かになるのには、人との出会いも重要ですが、

素晴らしい芸術作品に出会うことも大切です。

同じ作品を見ても、その時の自分の心情によって見え方が違ってきたりして

芸術鑑賞は楽しいものです♪

現在、白鷹町文化交流センターあゆーむで開催されております

置賜若手作家展覧会「三月の画廊」では、置賜管内を拠点に活動する20代・30代の

作家さん22名の力作が勢揃いしています。

洋画・日本画・陶芸・写真・金属工芸・織物・イラスト・ワイヤークラフト等々

バラエティに富んだ展覧会は、見応え十分です。

入場料も無料で、明日10日は、本格珈琲が飲めたり、作家さんの作品販売のお店が

出たりと盛り沢山の一日です\(^o^)/

是非、足を運んでみて下さい!!!


◎白鷹町文化交流センターAYu:M あゆーむ◎

住 所:山形県西置賜郡白鷹町鮎貝仮換地24街区1番
TEL:0238-85-9071





「「置賜文化フォーラム」Homepage Renewal Open!!!」の画像
「置賜文化フォーラム」Homepage Renewal Open!!!


みなさん!こんにちは編集員です(#^.^#)

記念すべき?50回目の更新でございます!!

基本的に日記などの類いのものは苦手で、三日坊主にならないか

心配でしたが・・・(・.・;)

人間、やれば出来るものですね(笑)

“継続は力なり”なんて言いますが、編集員には、何かしらのパワーは

付いたのでしょうか(汗)



パワーアップつながりで、本題です。

この度、『置賜文化フォーラム』のホームページが装いも新たに

リニューアル致しました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

今まで取材した「置賜の宝」の記事も読めるだけでなく、「置賜の宝」の記事の

フォトギャラリーや、文化フォーラムのお知らせや、置賜管内の文化施設の情報や

イベントのお知らせなど、置賜の文化情報が盛り沢山になっております\(^o^)/


                 文
                 化
                 フ
                  ォ
                  l
                 ラ
                 ム
                 始
                 め
                 ま
                 し
                 た
                  。


パワーアップした置賜文化フォーラムの↓ホームページ↓を一度ご覧に

なってみて下さい。



◎RENEWAL OPEN:『置賜文化フォーラム
「「三月の画廊」と「朝市フォーラム」」の画像
「三月の画廊」「朝市フォーラム」


こんにちは!編集員です(*^_^*)

3月3日(土)と4日(日)は、今までブログで、お伝えし続けてきた

置賜若手作家展覧会「三月の画廊」と長井まちづくりNPOセンター主催の

「朝市フォーラム」が開催されました。

その雰囲気を少しだけお伝えしたいと思います。



まずは、「三月の画廊」です!

前日の3月2日(金)は、朝9時から搬入作業と展示作業がありました。

出展者の方々の力作をお預かりして、どういった見せ方(魅せ方)が

一番良いのか実行委員の皆さんや、出展者の作家さんが、相談しつつ

作品を並べ替えながら、展示をしました。

素人の編集員は、作家さん達の話を聞きながら「なるほど〜」と感心しながら

展示作業のお手伝いをさせて頂きました。


●展示日当日に、実行委員のお一人が急遽、布看板を制作して来てくれました。僅か数時間で出来たとは思えない程、凄く良い出来栄えです!!


●あまりの出来栄えに“ミスター自撮り”こと、もう一人の編集員も看板の前でパシャリと一枚(笑)


●会場の様子をほんの少しだけ公開します!!


22人の若手作家さんの本当に素敵な作品がご覧になれる機会は、今だけです!

3月11日(日)まで、開催されていますので、白鷹町文化交流センターあゆーむ

まで、是非足を運んでみてください。





そして、次に「朝市フォーラム」です。

3月3日(土)には、長井市にある旧西置賜郡役所・小桜館で、

置賜管内で“市”を開催されている方や、県外で“市”を主催されている方が

事例発表をされたり、パネルディスカッションをする『朝市学会』が

開催されました。

編集員も、昨年開催した「南陽手づくり市in MIYAUCHI」や

「月兎市〜get fair」の事例発表をさせて頂きました。

緊張しながらも、何とか大役を務めることが出来ました・・・(汗)


●小桜館です。


●「朝市学会」の会場の様子です。



「朝市フォーラム」二日目は、会場を南陽交流プラザ蔵楽に移しての

『朝市まつり』です。

紅大豆カレーや、馬肉を使ったさくらフランク、無添加のパンなどの

美味しい食べ物や、様々な創作物のお店が出店していました!!

もちろん、編集員が所属する「南陽創作部〜創〜」の面々も参加しました。


●朝の出店準備の様子です。カラフルなテントが建ち並びました。


●創作部のテントです!
写真手前から、部員の似顔絵描き・副代表のルームライト・顧問の布小物・代表の革小物と並びました。


●顧問の布小物と代表の革小物は、並べている傍から、開店時間よりチョット早く来たお客さんが手に取り見ていきました!


●顧問は今回、買い物の際にも便利なトートバックを制作しました。


●代表は、可愛いキーホルダーやストラップ、『想い出がいつでも持ち歩けるUSBケース』を制作しました。


●副代表は、相も変わらずのルームライト一本槍です(笑)
でも、小学生以下のお子様のハートは掴んでるんです(笑)


今回もお買い上げ頂いた全てのお客様に感謝です\(^o^)/


「朝市まつり」は、久々に純粋に出店者として参加で出来たイベントだった

ので、楽しい一時を過ごすことが出来ました。

「朝市フォーラム」の二日間で、新たな出会い・交流が持てたので、今後の

活動に活かせたらいいなと思ったのでした(^^)v






「置賜の宝発掘プロジェクト新着記事UP!「置賜ワカテアーティスト」」の画像
置賜の宝発掘プロジェクト新着記事UP!
「置賜ワカテアーティスト-NextGeneration-」




みなさん!こんにちは編集員です(*^_^*)

本日、「置賜ワカテアーティスト」の記事をアップしました!

置賜で活躍するアーティストの方に、色々なお話をインタビュー形式で

お聞きしました。

また、インタビュアーも、これまた置賜で活動されているアーティストの

陶芸家、鈴木公人氏にお願いしました。

今回、ご紹介する5名の若手アーティストは、明日3月3日から

白鷹町文化交流センター:あゆーむで開催される置賜若手作家展覧会

『三月の画廊』にも作品を出展して下さいます。

記事をご覧頂き、『三月の画廊』にも是非足を運んでみて下さい。



◎置賜の「宝」発掘プロジェクト掲載記事:『置賜ワカテアーティスト-NextGeneration-


◎置賜若手作家展覧会:『三月の画廊
「置賜の宝発掘プロジェクト新着記事UP!「♪音楽からのまちづくり♪〜めざみの里・いいで町〜」」の画像
置賜の宝発掘プロジェクト新着記事UP!
「♪音楽からのまちづくり♪〜めざみの里・いいで町〜」



みなさん!こんにちは編集員です(#^.^#)

今週末の3月3日は「桃の節句・雛祭り」ですね!

雛飾りに白酒、菱餅、雛あられ、女の子の成長をお祝いするご家庭も多い

ことでしょう。

ところで、みなさんは、男雛と女雛は、どちらが左でどちらが右に飾るか

ご存知でしょうか?

現代では、全国的に男雛を右(向かって左側)、女雛を左(向って右側)に飾る

のが主流になっているようです。

しかし、関西、特に京都では、男雛を左(向かって右側)、女雛を右(向かって

右側)に飾る家庭が多いのです。

それは何故かというと、古来、中国や日本では、左が上位という習わしが

あり、最上位の天皇は左に位置していました。ですから、宮中の内裏の

位置を模している雛人形も、男雛は左というのはその時代一般的でした。

それが、明治時代、文明開化と共に西洋文化が日本に入ってくると、

明治天皇も西洋文化にならい右に位置するようになりました。

その影響で、現代の雛飾りでは、男雛を右(向かって左側)、女雛を左(向って

右側)に飾るのが主流なのです。

関西、京都が逆に飾るのは、昔の名残なのです。

もし、男雛を左(向かって右側)、女雛を右(向かって右側)に飾る家庭が

あったら「関西出身でしょ?」と聞いてみて下さい。

きっと驚かれることでしょう(^^)v



さて、ここからが本題です。

みなさんは「音楽によるまちづくり」を推進してきたことをご存知でしたか?

様々な音楽イベント企画や、飯豊町のテーマソング制作、各音楽団体の支援

など、多岐に渡る取り組みを行っています。

そんな飯豊町の取り組みを「♪音楽からのまちづくり♪〜めざみの里・

いいで町〜」と題し、飯豊町教育委員会 教育文化課・飯豊町町民総合

センター「あ〜す」まちづくり室 主事の本間和宏様にご執筆頂きました。

是非、ご一読下さい。


◎置賜の「宝」発掘プロジェクト:『音楽からのまちづくり〜めざみの里・いいで町〜
「編集員のボヤキΑ廚硫菫
382.5KB - PDF ダウンロード

みなさん、こんにちは!編集員です(^^)v

昨日、地元の地区ソフトバレー大会に参加して来ました。

久しぶりの運動だった為、少しの練習と、少しの出場時間だったにも関わらず

若干、筋肉痛になりました・・・(>_<)

階段の昇り降りで、太ももがプルプルです(笑)

やっぱり普段から運動しないとダメですね!

雪かきと雪下ろし位では運動にならないんだと実感しました(・.・;)



さて、話は代わって、先日、友達のお店で面白い物を見つけました。

みなさんは、これが何か分かりますか?


そう!可愛らしい犬の置物なんですが、何で出来ているかはお分かりでしょうか!?









懐かしの某消費者金融の「どうする?アイ○ル〜♪」のCMみたいですね(笑)




実はこれ「炭」で出来ているんです!

正確には、ポリレジン素材に液状備長炭(トルマリン入り)を何重にもコーティング

しているんだそうです。

炭なので、消臭効果抜群で、可愛らしいので、お部屋のインテリアにもピッタリ

ですね!

この犬のシリーズの他にも猫や兎、今年の干支、辰なんかもあるみたいです。

ただ、いくら消臭効果があっても、冷蔵庫に入ってたら、開けた時に

ビックリしちゃいそうです(笑)



またまた、話は代わって、今週末の3月3日(土)から、とうとう置賜若手作家展覧会

『三月の画廊』が、白鷹町文化交流センターあゆーむで開催されます。

置賜に拠点を置く、若手(20歳〜39歳)の作家さん、22名の作品が展示されます。

ジャンルも様々で、それぞれの個性が輝く作品ばかりなので、一見の価値有りです。

開催期間は、3月3日(土)〜3月11日(日)までで、入場料無料ですし、

3月10(土)には、アートマーケットや、作家さん手作りのカップでコーヒーが

飲めるカフェや、作家さんとの交流会などもありますので、

お気軽に足を運んでみて下さい。

出展者についての情報はこちらをチェックしてみて下さい。























皆さん、こんにちは!編集員です(^^)v

今年は「閏年‐うるうどし‐」ですね!

皆さんは「閏年」の意味はちゃんと知っていますか?

何となく“4年に一度来るオリンピック”みたいなものと思ってませんか!?

一年は365日ですが、実際は地球が太陽を1周するのに365.2422…日かかります。

この差を補正するために4年に一度「閏年」にして調整しているんです。

しかし、4年に一度、一日加えると、今度は加え過ぎとなり、少しずつズレが

出来てしまいます。

そこで、それを調整するため「4」で割り切れない年を「平年」とし、

たとえ「4」で割り切れても「100」で割り切れる年も「平年」としました。

しかし、「400」で割り切れるとしは「閏年」とし、調整を行っています。

よって、閏年は400年に97回となります。

こう考えると、2月29日生まれの人は、奇跡的ですねヽ(^o^)丿



3月4日(日)に南陽市交流プラザ蔵楽で開催される「朝市まつり」の出店者が、

出揃ったようです。

食べ物から、手作りの品など、様々なお店が出るようです。

詳細は、こちらからチェックしてみて下さいね!

もちろん、南陽創作部〜創〜の面々も勢揃いしますので、開場で見かけたら、

気軽るに、そして優しく(笑)声を掛けてみて下さい\(^o^)/

「朝市まつり」へ向けて、沢山の商品を創った、代表と顧問の作品をチョット

ご紹介しちゃいます。


●顧問 作の「布小物」








●代表 作の「革小物」







二人とも、軽くショップか!?っていう位の完成度と品数です。

この二人の商品以外に新メンバーの似顔絵描きや、毎度お馴染み副代表の

ルームライト販売など、「朝市まつり」では、創作部旋風?を巻き起こす予定

です(笑)

是非、足を運んでみて下さい(*^_^*)

「編集員のボヤキぁ廚硫菫


皆さん、こんにちは!編集員です(^^)v

今日はバレンタインデーですね!

皆さんそれぞれ、職場や学校やご家庭で甘〜いチョコを貰ったことでしょう。

最近は、本命の人に渡す「本命チョコ」、最早お歳暮?感覚の「義理チョコ」以外

にも、仲の良い友達に渡す「友チョコ」、男性が女性に渡す「逆チョコ」、そして

被災地へチャリティーの一環として贈る「チャリチョコ」というのもあるんだそうです。

「逆チョコ」なんてしたら、ホワイトデーは女性が3倍返しをするのか?なんて

疑問もありますが・・・(・.・;)

男女の「愛」や、友達との「友愛」、家族との「家族愛」など、色んな『愛』を

感じる一日になると良いですね(#^.^#)



◎乾燥にも注意!歓送迎会

昨日13日、業務終了後、職場の歓送迎会が行われました。

1月いっぱいで退職された事務の女の子と、来週に退職予定の事務の女性の送別会と

2月から働かれている事務の女性の歓迎会ということで、職場近くの焼き肉店

「炭火焼肉さかの」さんに行きました!

驚異のクジ運で、乾杯の挨拶という大役を引き当ててしまった編集員(>_<)

アドリブで話ましたが、噛まずに言えてホッとしました(笑)

アットホームな職場の皆さんは、お酒が入って来ると、年齢や役職の垣根を

越えて、『仲間』としてワイワイ楽しく盛り上がります。

当日、誕生日を迎えた方の為に「HAPPY BIRTH DAY」を歌ったり、

それぞれに幸せな家庭の話や趣味の話を語ったりしていました。

最終的に、4つのテーブルから、無理やり2つのテーブルに全員集まって

結婚式か法事の「親戚の集まり状態」でした(笑)

この日は編集員は車で帰宅の為、お酒は飲めなったんですが、それでも

凄く楽しい一時を過ごしました♪


●この日も肉食系?男子宣言(笑)をして↓こんな肉を食べました!




◎おきさぽ団体登録

皆さんは「おきたまネットワークサポートセンター」という組織をご存知

でしょうか?

平成22年5月に設立された、置賜管内のNPOや支援団体が集まって組織する

県内初のネットワーク型中間支援センターで、NPOや任意団体へ様々な

支援をしています。

その中の支援事業の一つとして「おきためいてぃぶ」というサイトを

運営していて、置賜で活動する人や団体の紹介をして、新たな交流を生む

キッカケを作っています。

編集員が副代表を務める町興しグループ「南陽創作部〜創〜」に

サイトへ団体登録依頼を頂き、先日UPされました!

「南陽創作部〜創〜」以外にも置賜で活躍している方々、団体を知ることが

出来ますので、一度ご覧になってみて下さい(^^)v

おきたまネットワークサポートセンター関連HP・・・おきためいてぃぶ



◎南陽創作部〜創〜の活動&作品

上記でも書いた「おきためいてぃぶ」に団体登録するにあたって、

写真が必要ということで、南陽創作部〜創〜の活動や作品の写真を

まとめてみましたので、ご覧下さい(^o^)丿


●一昨年、やっていた「南陽モノ創りプロジェクト」の伝統工芸品を現代に
合わせた商品開発!代表・副代表の地元伝統の「機織り」を学びました。


●簡易の機織り機で作った織物と革とシルバーを組み合わせてブレスレットを開発しました。
鶴の恩返しのツルに扮した代表が商品説明をしています。


●代表制作のシルバーアクセサリーの数々。


●同じく代表制作のオシャレな革小物。


●こちらは、顧問制作の可愛い布小物。


●そして、毎度お馴染み副代表のルームライトです。



それぞれ、オーダーメイド等のご相談も承っておりますので、

お気軽にお問合せ下さいね(*^_^*)


※「南陽創作部〜創〜」問合先・・・sousakubu_sou@yahoo.co.jp










「編集員のボヤキ」の画像
みなさん!こんにちは。編集員です(#^.^#)

久しぶりのブログ更新です。

ですので、書きたいネタが溜まっております(・.・;)



1.過ぎ去った・・・節分


2月3日は、みなさんご存知の「節分」ですよね。

みなさんそれぞれ、豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりして、

一年の無病息災を願ったことでしょう。

ところで、みなさんは節分の意味をご存知ですか?

節分とは、読んで字のごとく「季節を分ける」ことを意味し、

各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことなんです。

だから、正確には年に4回、節分があるんです!

ですが、江戸時代以降は、特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が

多くなったようです。

こんな大雪の年は、ホント春が待ち遠しいです(/_;)



2.もっと過ぎ去った・・・七草


1月7日は、よく七草粥を食べますよね?

でも、本当は「七草」というと、1月7日の「春の七草」ではなく、

「秋の七草」のことを指すんです!

「秋の七草」があること自体知らなかった方の為に↓ご覧ください。


◎春の七草:芹-せり-・薺-なずな-(ぺんぺん草)・御形-ごぎょう-(母子草)・

        繁縷-はこべら-(蘩蔞)・仏の座-ほとけのざ-(小鬼田平子)・
      
        菘-すずな-(蕪)・蘿蔔-すずしろ-(大根)

◎秋の七草:女郎花-おみなえし-・尾花-おばな-(ススキ)・桔梗-ききょう-

        ・撫子-なでしこ-・藤袴-ふじばかま-・葛-くず-・萩-はぎ-


春と秋では、全然違いますね〜。

そして、更に昔は、七草と言えば【米・粟・キビ・ヒエ・ゴマ・小豆・蓑米】

の七つの穀物を指したんだそうです!

草じゃない・・・(笑)

話は戻って「七草粥」ですが、1月7日は『人日の節句』といって

3月3日の『桃の節句』や、5月5日の『端午の節句』と同じ“五節句”の一つ

なんです。

何故『人日-じんじつ-』というのかというと、大昔の中国から伝わったこと

なんですが、古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を

猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、

それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていたんだそうです。

そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことに

していたのです。

また、この日には7種類の野菜(七草)を入れた羹(あつもの)を食べる

風習があり、これが平安時代に日本に伝わって七種粥となったんだそうです。

う〜ん歴史がありますね!



3.好き過ぎ、すき焼き♪


先月の21日(土)に、編集員がプライベートでやっている町興し団体

「南陽創作部〜創〜」と「んだが屋総本店」のメンバーで、新年会という名の

飲み会(笑)をしました!

若いメンバーですし、お酒の飲めないメンバーもいるので、いつもチョット

美味しい物が食べられる所に行きます。

「何食べたい?」と聞くとみんな「肉〜♪」と答える肉食系?です(笑)

そこで、今回行ったのが、南陽市赤湯の「旭肉屋」さんです。

二階の団体様用のお部屋で、和室に椅子とテーブルがあって、

軽く記者会見でも開けるんじゃないか?という厳かな雰囲気でした!

◎食べたすき焼きです。


◎ご覧ください!このお肉様!!!


◎カニもありました(喜)


この他にもステーキも出て来て大・大・大満足でしたー(^◇^)

でも、久々にみんなで集まってワイワイ出来たことが一番嬉しかったです。



4.「三月の画廊」進行中!!!


以前、このブログでも、意味ありげに紹介しておりました、3月に「白鷹町

文化交流センター:あゆーむ」で開催致します

置賜若手作家展覧会『三月の画廊』の準備が、実行委員のみなさんや

関係各所のみなさんのご協力のもと着々と進んでおります。

チラシも実行委員のメンバーにデザインしてもらいました。

トップに載せた画像のものです!

素敵なデザインのチラシになりました(^o^)丿

それから、『三月の画廊』のブログも立ち上げましたので↓チェックして

みて下さいね!


置賜若手作家展覧会 『三月の画廊』








「「朝市フォーラム朝市まつり」開催!!」の画像
「朝市フォーラム朝市まつり」開催!!


みなさん!こんにちはー編集員です(#^.^#)

昨年から、これしか言ってない気がしますが・・・(汗)

寒いですね〜(>_<)

みなさんは“大寒冬”という言葉をご存知ですか?

“だいかんとう”と読みますが、何となく、凄〜く寒い冬のことだと想像がつく

通り、平年(1981−2010年の平均)に比べて気温の低い冬のことで、

気象庁による3階級表現(気象庁では30年間の観測値を並べ、値が小さい方から

10番目までを平年より「低い・少ない」、11〜20番目を「平年並」、

21〜30番目を「高い・多い」と、それぞれ3分の1ずつに区分し、実際に

観測された値をこれら3つの階級に当てはめて表現する。)で、12〜2月の

平均気温が「低い」に該当した場合の冬を“寒冬”と言い、平年比−1.0℃以上の

冬を「大寒冬」と言います。

今年は、大寒冬になりそうだと、今朝のニュースでやっていましたので、風邪など

ひかないように気をつけたいものですね。



では本題です。3月3日(土)・4日(日)にあるイベントのご紹介です。

「特定非営利活動法人 長井まちづくりNPOセンター」が主催する事業

『朝市フォーラム』と『朝市まつり』です。

3日は、各地域で朝市を主催している団体の代表の方を集め、事例発表や

パネルディスカッションを行う『朝市フォーラム』。

4日は、置賜内外の朝市団体を集めた、集合朝市『朝市まつり』を行います。

3日の『朝市フォーラム』は、長井市の小桜館で開催され、なんと私も、自分が

副代表を務める「南陽創作部〜創〜」の活動発表をさせてもらいます。

そして、もちろん4日の『朝市まつり』も「南陽創作部〜創〜」のメンバーの

面々と出店させてもらいます。場所は、南陽市の南陽交流プラザ蔵楽です。

お時間のある方は、是非お立ち寄り下さいね(^^)v


◎朝市フォーラム
開催日時:平成24年3月3日(土)13:00〜17:00
開催場所:長井市高野町2-7-28・旧西置賜郡役所「小桜館」

◎朝市まつり
開催日時:平成24年3月4日(日)10:00〜13:00
開催場所:南陽市宮内1004-1・南陽交流プラザ「蔵楽」


主  催:特定非営利活動法人・長井まちづくりNPOセンター


※昨年のイベントの様子は・・・こちら
「「文教の杜ながい」訪問!」の画像
「文教の杜ながい」訪問!


みなさん!こんにちは編集員です(^o^)丿

先週の土曜日に私の友人が出産しました。予定日より10日程経過しての

出産で、かなり大変だったそうです・・・。

こんな時、女性ってスゴイな!母親になるってスゴイな!!と思います。

子供が生まれて与えられるものの、最たるものが『名前』です。

名付け親が、願いや想いを込めて贈る大切なモノです。

ところで、みなさんは、あの偉大な芸術家・ピカソの本名を「正式」に

ご存知でしょうか?

正式な名前は、『パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン・クリスピニァーノ・デ・ラ・サンテシマ・トリニダッド・ルイス・イ・ピカソ』です。

長い・・・(・.・;)

あまりに長いので通称は、最初と最後をとって「パブロ・ピカソ」とし、

サインを書くにしても「パブロ・ピカソ」。

自己紹介にしても「パブロ・ピカソ」と、結局は

あまりこの本名を使う事はなかったようです(笑)



長い・・・ながい・・・長井・・・?

!!!ということで、昨日、長井市の「文教の杜ながい」さんに

お伺いして来ました。

「財団法人 文教の杜ながい」さんは「長沼孝三彫塑館」「丸大扇屋」

「小桜館」などの長井市の文化財を管理運営している財団法人です。

同所の長沼孝三彫塑館では、長井市が生んだ彫刻家・長沼孝三の作品と、

長沼孝三氏が収集した郷土玩具の数々を見ることが出来ます!

また、同所の丸大扇屋は、長沼孝三氏の生家でもある、県指定文化財です。

更に、近くには、以前『置賜・長井と近代洋風建築』という置賜の「宝」記事でも

紹介させて頂いた、小桜館(旧西置賜郡役所)があります。

それぞれ、芸術・文化・歴史の薫りを感じること出来る場所ですので、

一度、足を運んでみては如何でしょうか?



◎各施設の詳細はこちら・・・財団法人 文教の杜ながい

◎小桜館の記事はこちら・・・置賜の「宝」発掘プロジェクト『置賜・長井と近代洋風建築
powered by samidare
powered by samidare