山菜屋どっとこむ@かあちゃんブログ

山菜屋どっとこむ@かあちゃんブログ
ログイン

友人から紹介されたサイトです。

prayforjapan.jp

一人じゃない、みんなが応援している。

こんなときだから。。。

------以下 サイト内からの転用です------

prayforjapan.jp は、避難生活を余儀なくされている方、
不安に押しつぶされそうな方に、
すこしでも勇気をもってもらえたらと思い、
このメッセージを受け取ってもらうために、つくりました。
公開にあたり悩みましたが、一人でも希望を持ってもらえたらと思い、
国内で投稿された心に残るつぶやきや、
海外から寄せられた応援メッセージをまとめています。

このサイトは、栃木県の避難所にて、
停電のなか最初の夜を明かしている20歳の学生によって作られました。
現在、FacebookやTwitterで賛同してくれた有志により、
運営と多言語化などのプロジェクトが進んでいます。

prayforjapan.jp



先日の「麹菌」のお話、とっても楽しかったです。

ちょうど1月にNHKBSの
「いのちのドラマチック」にて

「麹菌」について放送されていました。
2011年1月26日放送「 Vol.24 麹(こうじ)菌 −美味なる生命体−

ちょっとお勉強してたので、
なお一層、楽しく聞くことができました。

その中で、
「もやしもん」の話がありました。
????
なんだか面白そうなマンガのようです。

以下、ウィキペヂアより
作者の説明によると「農大で菌とウイルスとすこしばかりの人間が右往左往する物語」である。

・・・・ということです。

ウィキペディア「もやしもん」ページへ

ぜんぜん知らなかったぁ。。。。

早速チェックしよう。

テレビアニメ「もやしもん」公式サイト

テレビドラマ「もやしもん」公式サイト



昨年より、食生活改善推進委員会に入ってます。
地域の一人暮らしの方へお弁当を作って届けたり、
食育について勉強したり、料理講習会をしたり。
または、そういったことを企画したり。

先日は4月にオープンしたばかりの
「はぴ・ふる」という保健関連施設で行ってきました。
ここは、内田先生の講演会で始めて行ったところ。
中はガラス張りで医師会やコミュニティセンター、
市役所の保健課など施設が入っているところです。

講習会会場から見た外の景色と中の様子


これからは、予防接種や乳幼児健診などもここの施設で行われるのだそうです。

今回の食改の内容は、
「子供と一緒に食育」ということで、
子供の置かれている現状
・親の生活スタイルにより増えている子供の夜型生活
・一緒に料理をすることのメリット
・声をかけ、褒めてやる気を起こしてあげる

などなどの話を伺い、
そのあと、地元の食材を使ったレシピで料理講習会。


↑まずは、IHクッキングヒーターの使い方の説明から。
私も始めて使わせていただきました。
掃除が楽ですね。火力が強い!






今年は、ほたるもなんだか遅れているとのことでしたが、
ここ数日暑かったこともあり、
「そろそろ飛んでる頃かなぁ〜。」と思い立ち、
買い物帰りに足を伸ばしてちょっとドライブ。

最初に行った所は、
たくさんの人が観に来ていて、車が結構停まっていました。
時間が少し遅かったか、はたまた時期がもう遅かったか。
そんな感じでほたるはあんまり飛んでいなかったんです。

なんだか、がっかりして・・・
もう一箇所回ってみるかということになり
ちょっと知られていない秘密のところへ。。。

時間は9時を回っていたので、
もう飛んでいないかなぁ〜。。。
と思いながら行ってみると・・・・

いました、いました!!
きれいに飛び交うほたるたち。
乱舞とまではいきませんでしたが、
情緒たっぷりに、ふわふわと飛び交っていました。
とっても素敵でした。

護岸工事がされていなくて、
川岸には草が自然の状態で生い茂り、
中州にも人の手が加えられていない。
自然体の、本来あるがままの形を残している
昔懐かしい小川。
この自然があってこそのほたるなんですね。

大切に大切に。。。
このままいつまでも、
ほたるの飛び交う小川であって欲しいと、
切に思いました。
6月の楽しいことが諸々終わり、いよいよ7月に突入!
慌しかったけど、楽しい6月でした。

来週にかけては、
例年より2週間も遅れている
さくらんぼの発送が一気にピークに突入する感じで、
「勝負の週」といったところかな。
首をながぁ〜くして待っていてくださる
お客様のもとへお届けしなくてはです。
がんばらなくっちゃです!

秋に向けて、いろんなことへの準備も開始しなければいけないし・・・
一山超えてまた一山ですね。

でも、楽しいことを企画するのって、わくわくします。

いろんな出会いが待ってる予感。。。。

仕事、大変だけどがんばれます。
6月30日、
鶴岡市の新しい保健関連施設
「にこ・ふる」にて開催された、
内田美智子先生の講演会が
250名を越す皆さんにお越し頂き、
無事終了することが出来ました。


当日、または後日と、いろんな方面の方々から
『とっても良いお話をきくことができました。』
と、声をかけていただきました。
昨年のスローフード山形で企画した
内田先生の講演会から端を発して実現した
今回の講演会ですが、
内田先生をお呼びいただき講演会を企画してくださった
法人会の皆様には感謝です。

内田先生のこと、弁当の日の取り組みのこと、
一人でも多く地元の方々に知っていただけてうれしいです。
これからもこの輪がどんどん広がって行けばいいなぁ〜。
と、こころから思うのでした。

第3弾。。。。算段中!



講演会の前に行われました
柳家紫文師匠の三味線漫談も、
粋な言葉遊びに爆笑&爆笑でした。



なかなか「ピン!」とこなかったりで、
頭の中はグルグル言葉が駆け巡る・・・・
頭の体操にもなったみたいです。
6月23日「椿」で昼食を食べてきました。
鶴岡市内でも、女性に人気の日本料理のお店。
なかなか予約が取れないお店のひとつです。
花のあしらいや、
盛り付けのきれいさに思わずうっとり。


住所 鶴岡市朝暘町5-8
電話番号 0235-33-9300
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:00
定休日 不定休












【有機農業と命の学校】
星寛治氏の講演のあと、
昼食は、地元藤島地区で収穫された有機野菜を使った
『大人の給食』と題したお昼ご飯でした。

食の都・庄内 山菜屋.com
風の匂いが変わったんで、そろそろかなぁ〜。。。
と思っていたら、案の定。
気の早い「ほたる」が、ふわふわぁ〜〜っと飛んでいました。

乱舞するのはもうちょっと先になりそうです。(*^_^*)
先週末の雨が季節の移り変わりを運んできたようです。
風の匂いが変わりました。
そろそろ「春の山菜」のシーズンも終わりでしょうか。
「月山筍」は、土用まで収穫します。
昔から
『月山筍は、土用を過ぎたら採らないように』
との謂れがあるそうで、

来年のためなのか、虫が入りやすくなるためなのか、
謂れの理由は良く分かりませんが、
収穫に携わる山師のみなさんは、この謂れを忠実に守っています。
大切なことですね。
今年は7月20日のようですね。
ラスト一ヶ月、よろしくお願いいたします。

山菜屋どっとこむ「月山筍」ページへ

写真は、収穫したての月山筍です。
知人から「お客様の相談にのって欲しい。」と、
相談を受けたのが5月の中旬頃だったでしょうか。
辺りはもう、葉桜が青々しく生い茂っていたように思う。

相談というのは
「ふきのとう」が欲しい。とのこと。
この時期にかぁ〜。。と思いながらも、
今年の大雪を思い、引き受けることにした。
でも、いつどれぐらいの量がとれるか保障は何も無い。
それでも待つ。と言ってくださったお客様のために、
『「ふきのとう」を探してきて欲しい。』と、みんなに声をかける。

この日から、
じっちゃんの じゃなくって。(^_^;)
「山菜屋」の名にかけて「ふきのとう」探しの日々が始まった。

まだ雪が消えなくて、先に進むことができない道。
雪と一緒に地面が崩れてしまい、通行止めになった道。
雪の消え際からどんどん大きくなってしまい、収穫が思うように行かない。
などなど・・・こんな報告が届く日々。

「北海道だったらあるかなぁ〜」
と思い、問い合わせてみたが、やはり
「今頃は無いなぁ〜。」という答えだった。

あ〜。。。北海道でも無理かぁ〜。。だったら山形にあるわけないかぁ〜。。
ん〜。。。断わるしかないかなぁ〜。。。
6月に入り、ちょっと弱気になる。
楽しみに待ってる方に申し訳ないなぁ〜。
でも、いつまでもこのままではいられない。
そんな気持ちのまま6月の第2週が終わっていった。
『よし、この次の日曜日。それまで待って駄目だったら断わろう。』
そう決心して3週目に入る。

月・火・水曜日の朝。。。。
いっこうに電話がなる気配もなく、無情に日々は流れていく。。。

すると、2時過ぎに携帯のベルが鳴る。

『採れたよ!ふきのとう。まだ、山から降りて来たばっかりで、重さは量ってないけど。』

『よっしゃ!やったぁ〜!!!』

山菜屋が誇る、山師の執念とプライドの勝利です!!
採れたふきのとうの量も、お客様がご希望していた量がしっかりとありました。
お客様に早速電話を入れ、発送の手続きをとる。

私どもを信じて、諦めることなくず〜っと待っててくださったお客様に感謝。
私どもの期待に応えようと必死に山を探し回ってくれた山師のみんなに感謝。
それと、わが庄内の山々のなんて懐深く偉大なこと!
これには感謝を通り越して敬意を表したい思いです。

『6月中旬にふきのとうを収穫!』

ここにまた一つ
【山菜屋どっとこむ】の伝説が生まれた。

                                       完




...続きを見る
前の投稿写真。。。
まだ、梅の写真・・・(^_^;)

忙しさにかまけて
(「かまける」って方言かな? 
辞書にあったから、多分標準語。。。)
書き込みが滞ってしまいました。
ここをご覧頂いてる皆さん、すみませんでした。m(_ _)m
さて、今年の雪解け状況ですが・・・なんだか変です。
最後にどっかりと降った雪が影響して、
早い時期に消えるところと、
消えないで残っているところの差がすごく出ています。

それによって、山菜の収穫状況もスムーズに推移することができず、
今年の収穫作業は大変そう。。。。
早くに雪が消えたところの山菜は、どんどん大きく育ってくるのに、
まだまだ残雪があり、まったく採れないところもある。
なんとも山師泣かせの状況です。

写真は、桜の花が散りさくら吹雪の舞い散る中、
根元にはまだまだ残雪が残る。
というなんとも不思議な光景の一枚です。
地元のお年寄りに聞いても、
「こんだなは、初めでみだのぅ〜(訳:こんなのは、はじめてみたね)」
と、話しておりました。
(*^_^*)
有名な江戸時代の端唄の一つです。
端唄とは、江戸の庶民が口ずさんだ、今で言う流行歌みたいなものなのだそうです。

というわけで・・・
4月9日(日)は、藤沢周平さんで有名な湯田川にある
「梅林公園」の梅祭りでした。
2日9日と2週続けてのお祭りだったようですが、
2日は、花が咲かずに中止になってしまったとか・・・・
もうそろそろ咲き始めたのかな。

これは、鶴岡公園の「春告げ梅」。
4月6日に撮影してきました。
きれいにたくさんの花を咲かせておりました。
奥には桜の蕾が写っていますが、やっぱり「まだかいなぁ〜♪」ですね。

しかし・・・
端唄には日々の情景や江戸の風情、恋歌、色々な要素を唄われたものが数多くあるそうで、
江戸時代の庶民って、こんな風に風流に日々を楽しんでいたのでしょうかね。
そういえば「リサイクル」なんていうのもとても上手にされてて、
街中はすごくきれいだったと以前何かで聞いたことがあります。
今の時代、学ぶべきものがたくさんあるように思います。


...続きを見る
咲いた♪咲いた♪チューリップの花がぁ〜♪

今朝、何気に花壇を覗いたら・・・
咲いてました、咲いてました。チューリップの花が。

これは、子供がまだ小さかった頃に私が植えたもの。
何年前の話だろう・・・
それさえも分からないぐらい前の話だ。(^_^;)

何をするわけでもなく、ほったらかし状態です。(爆)
それでも、こうやって春の訪れを
健気にもそっと教えてくれる。
ふっと心が優しくなれたような気がしました。

植物ってすごいなぁ〜と、感心させられました。

...続きを見る
昨日、一昨日の寒さと打って変わって・・・
曇り空ながらなんだか気温は温かい。
昨日は東北の桜の開花予想が気象庁から発表され
例年よりも数日早そうな気配のようですね。
高知のほうからは桜の便りも聞かれ始めたようです。

あぁ〜、
いよいよ春が動き始めたかなぁ〜。。

そんな陽気に誘われて…
裏の畑に行ってみました。

かわいいかわいい「行者にんにく」の芽、出てましたよぉ〜!!

ここは、おばあちゃん管理下の裏の畑。
観賞用に行者にんにくをちょこっと植えてるんです。
だから撮るのは写真だけ…(^_^;)

でも、毎年「どんな風かなぁ〜」って、
当店の春の足音バロメーターになっているのです。
今日3月6日は暦の上では「啓蟄」
虫が土の中からむくむくと出てくる頃。

はぁ〜るよこい♪
はぁ〜やく こい♪

ってわけで、
ブログも春バージョンにしてみました。

鶴岡公園の松の木の腹巻も、明日4日に取られるそうです。
この腹巻のことを「こも」というそうです。
「こも巻き」と「こもはがし」の作業は、
鶴岡公園の風物詩ですね。
今年初めてのふきのとうを目にしました!
天気がよくって、雪解けが進むポカポカ陽気の日でした。
...続きを見る
今年もようやくお雛様を出しました。(^_^;)
あ、
書き込みは5日ですが、3日のお昼に出しましたよ。(爆)
今年もなんとか3日に出すことができたけど…
年々、出すのが遅くなる。。。

そこで思ったこと。
「お雛様をしまいそびれると、婚期が遅れる」と
よく言いますが…
これは、子供への話じゃなくって、
親への戒めの言葉なのかもしれない。

我が家のお雛様飾りは、部屋の掃除から始まる。(^_^;)


昔の人は、その時節時節でいろんな区切りをつけてきたと思う。
お正月にはじまって、節分・桃の節句・端午の節句…etc
時節の区切り区切りををきちんと意識し、
日々暮らしている親に育てられた子供はしっかりと育つ。
そんな風に言われているようで耳が痛い。(爆)

掃除・片付け物、上手になる方法を誰か伝授してください。





...続きを見る
今日は節分ですね。
この時期、子供が通っていた幼稚園では、
「親子で鬼のお面を作って豆まきをする」という行事がありました。
紙袋に目・鼻・口の穴を開けて、毛糸や折り紙を貼り、クレヨンで色をつけてお面を作ります。
その後みんなで豆まきをするというものでした。

我が家のお父さん、
あんまり張り切って「力」を入れ、芸術性を求めるあまり、
すっごく怖い鬼の面を作ってしまい子供に泣かれました。
次の年は「節分の行事」にお呼びがかからなかったような。。。(爆)

ところで、皆さんのお宅ではどんな「豆まき」をするのでしょうか。
ここ数日「正しい豆まきの仕方」などをテレビでやっているようですが、
本来は、家の長がやるものなんですよね。

確かに…私が子供の頃は、一家の家長が豆まきをしていましたね。

豆を一升枡に入れ、神棚へ上げたものを持ち、玄関の戸を開け
外に向かって大きな声で
「鬼は外!」
「鬼は外!」
「鬼はぁ〜外ぉ〜!」

それから中で
「福は内!」
「福は内!」
「福はぁ〜内ぃ〜!」

まさに、某有名高視聴率獲得占い師のおば様が先日TVで仰ったとおりの手順ですね。(^_^;)

あ、ここで一つ。
実家では、物心ついたころから落花生で豆まきをしていました。
知らべて見ると、これは北海道や東北で行われていることらしい。
もちろん、拾った豆(落花生)も、きちんと食べましたよ。
北海道の慣習より
最近では落花生をまくお宅も増えたのかなぁ〜。
実家では逆に、最近大豆をまくようになったみたいです。

さてさて、話を「まき方」に戻しましょう。
今時の豆まきは、
「お父さんが鬼の役をしてお母さん、子供が豆をまく」
という家庭が多いのではないでしょうか。
小さいお子さんがいるご家庭は特に。

本来、家長がまくものを「母親と子供」がまく。。。。

なんだかなぁ〜。(阿藤快風に)

今の時代をすっごく象徴しているように思いますね。(^_^;)
皆さんのお宅では、どんな豆まきをしますか?
千葉県では、いよいよ梅の開花が始まったそうです。
本州で最も早い開花宣言だとか。
25年ぶりの遅咲きだということで、
これからの春の訪れ状況を推測するうえで
参考になりそうですね。

写真は、昨年の3月30日に撮影した
知人宅の白梅です。
条件がとてもよい場所にあるため、この辺でもかなり早咲きしてくれる梅の木なのです。
今年は4月にずれ込むのかなぁ〜。。。
昨日・今日と、ちょっと春めいた気候になりましたが、
まだまだ寒気はやってくるらしいですね。
もうひとふん張り!あとちょっとの辛抱です。
消えない雪は、ありません。
みんな、頑張りましょうね!

それにしてもザクザクした道路は、運転が大変です。
安全運転で乗り切りましょう!
...続きを見る
雪、毎日毎日すごいですね。
でも、子供の頃はこんなだったような気がするのは、私だけでしょうか?

随分前になりますが、関西方面から鶴岡に来て、
初めて雪かきを体験した人の話を思い出します。

1年目、毎日の雪かきが楽しくってしょうがなくて、運動にもなるとおおはしゃぎ。
それが2年3年と時は過ぎ…
前向きなその人は、やはり運動になると黙々雪かきに精を出していました。
この数年でその人が悟ったこと。それは、
「雪ってね、『あ〜、もういいよ。。。。もうたくさんだぁ〜!』って
思い始める頃だんだん少なくなって、温かくなってくるんですよ〜。」
だそうです。
なるほどなぁ〜。そういうものかなぁ〜。と、妙にうなづきましたね。

そんな記憶がよみがえってくるような、今日は本当に穏やかな天気です。

南の方から少しずつ温かい話が聞こえてくるようですが…
山形に温かい話が来るのはいつ頃になるのかな?
でもなぁ〜、これから小寒、大寒が控えてるんですよね。

1月15日(日)は鶴岡で「寒ダラまつり」が行われるようです。
これから大寒に向けて「寒ダラ」のおいしい季節に投入するわけなんですがね。
れいねんだと、ここからいよいよ冬の寒さが本格化。
といったところなんですが、この雪はこれからどんな風になっていくんですかね。

温かくなると、なだれや屋根からの雪などでの事故も心配になります。
みなさん、くれぐれも注意しましょうね。
今年もまた地吹雪の季節がやってきました。
例年だと、こんな風景は1月末〜2月の頃なんですが、いつもより早いですね。

気象庁が冬の状況を暖冬から訂正しました。
私は「今年は大雪になるよ。しかもいきなり来ると思う。」と予想していました。
『お母さんの予想が当たったね。』
と、子供がいいました。
だって秋の頃、「カメムシ」の数が、ここ数年よりも多かったものね。
昔から『カメムシが多い年は、大雪』っていわれています。
この予想方法が結構当たるんですよね。
昔の人は、すごいと思います。

また、
『大黒様のお年夜が空けた朝(12月10日の朝)に猫の足が隠れるほど雪が降ると大雪』
なんていうのも聞いたことがあります。
今年の場合、10日の朝の積雪量がかなりあったんですよね。

前フリが長くなりましたが…
というわけで、地吹雪の写真です。
こんな視界の中車を運転する「庄内人」はすごいと思いませんか?
まさに「神技」(^_^;)

...続きを見る
こう寒いと「薪ストーブ」の温もりが恋しくなります。

温風ヒーターって、せっかく部屋が暖まっていても、
ちょっと戸を開けるとそのとたん、
一気に寒くなってしまいませんか?
その点、薪ストーブの温かさって、
ちょっと戸を開けたぐらいでは
寒くならないような気がします。
残念ながら我が家にはないのですが、知人宅にお邪魔する度にそう思います。

今時「薪ストーブ」なんてぜいたく品ですよね。
まず、広い部屋が必要でしょ。
それに燃やす薪も調達しないといけないしね。
薪が濡れずに積んでおける場所も必要ですね。

ずぅ〜っと使っている人は大丈夫でしょうけれど、
今まで使ったことがない人は、慣れるまで火熾しやら大変だろうなぁ〜。
とも思うし…。
先日は、風向きの関係でちょっと煙が逆流してしまった。
なんて話もしていました。
きっと、見えない大変さはあるんだと思います。
でも、あったらいいなぁ〜。。
欲しいなぁ〜。
と思う反面、やっぱり無理かぁ〜。とも思います。
憧れの暖房器具には変わりないですけどね。
ここ数日、
日本列島「総冷凍庫」状態になっているようです。
みなさんの地域では、被害など大丈夫でしょうか。
12月19日朝、サッシ戸から見た外の風景です。

この季節「クリスマス・デコ」で
ガラス戸にスモークを施す方もいらっしゃるようですが、
これは、外で舞った雪がサッシ戸に吹き付けたもので、決して「クリスマス・デコ」ではありませんので。。。。
...続きを見る
昨日は山形市内でも初霜、初氷が観測されたようですが、
鶴岡でも早朝は、霜が降りていました。

いつもカメラを持って出かけようと思いつつ、
早朝ドタバタと出かけるために、いつもいつも忘れてしまいます。(^_^;)
今日はようやくカメラ片手に早朝の写真を撮ることが出来ました。

...続きを見る
昨日の栗名月は、残念ながら雨でお月様が見えませんでした。
でも、今日は打って変わってとってもきれいなお月様がでました。

お月様やお星様の写真を撮るのは難しいです。
こんな風にしか撮れなかった。
でも、お星様も少し写ってますね。(*^_^*)
10月も半ばになりました。
今日の最高気温26.5度。
10月の気温としては、観測史上5番目だそうです。
いやぁ〜、暑かったですね。

天気予報どおり、夕方から雨が降ってきました。
PM10:00現在外は霧雨が降っています。
明日は「栗名月」
天気はあまりよくなさそうですね。
きれいなお月様は見えるのかなぁ〜。。。。。


10月9日、昨日のことです。
今年も白鳥が飛来しました。
第一陣は2羽の白鳥でした。
昨年よりも3日早いそうです。

写真は昨年のものですが、
これから次々とやってくることでしょう。
白鳥の飛来数日本一を誇る酒田のスワンパークも、
また賑わいを見せることと思います。

...続きを見る
ピンクのきれいな菊「もってのほか」
食用菊です。

食べちゃいます。(^_^;)

シャキシャキとした歯ごたえと、香りがおいしさを引き立てます。
昨日の雨が嘘のように今日は青空が広がりました。
『天高く、○○肥ゆる秋』(^_^;)

食べ物がとってもおいしい今日この頃です。

エゴマがすくすくと成長しています。