医療法人社団 聰明会

医療法人社団 聰明会
ログイン

「あたたかいお心遣いありがとうございました」のサムネイル「古い着物が生まれ変わりました」のサムネイル「お布団を作っていただきました」のサムネイル「あゆみ通所 しみ大根&パフェ作り」のサムネイル「あゆみ通所 桜満開です♪」のサムネイル
「あたたかいお心遣いありがとうございました」の画像
こぶし会様より、手作りのぞうきんをいただきました。
カラフルで、かわいらしいものばかりです!
大切に使わせて頂きます。
ありがとうございました。
山形県郡医師会では、県民向けに健康情報番組「ドクターアドバイスできょうも元気」を放送中です。
今回、みゆき整形外科クリニック院長 齋藤聰先生が下記の日程で出演します。
健康に役立つ楽しい番組ですので、ぜひお聞きください!

(放送日)
H30年3月12日(月)〜16日(金)
朝 6時30分〜6時45分
昼 12時40分〜12時55分(再放送)
「古い着物が生まれ変わりました」の画像
あゆみ通所のご利用者様の作品です。
タンスの奥に眠っていた古い着物で、赤ちゃんの夜着を作っていただきました。
とてもかわいらしいですね♪
あゆみ通所の雛飾りにさせていただきました。
素敵な作品をありがとうございます。
1.7MB - PDF ダウンロード

よつば No.24を発行しました。
ダウンロードしてご覧ください。
「お布団を作っていただきました」の画像
朝日町のご利用者様が、あゆみ通所のマスコットに小さなお布団を作ってくださいました!!
小さいながらも細部までしっかり縫製されています。
昔の方の手仕事はすばらしいですね。
職員一同、感嘆しております。
寝心地も良さそう・・・ありがとうございました!
「あゆみ通所 しみ大根&パフェ作り」の画像
あゆみ通所では、寒に入ると毎年しみ大根を作ります。
1ヶ月程干して完全に乾いてから、皆で料理しておいしく食べました。
おやつには豪華なパフェ作りです。
リハビリを兼ねて、楽しくおいしく様々な作業を行っています。
38.3KB - PDF ダウンロード

みゆき通所部門、あゆみの入所部門と通所部門において平成29年6月から8月に利用満足度調査を実施させていただきました。
調査結果をまとめましたので、ダウンロードしてご覧ください。
皆様からのご意見をもとに、今後もより良い施設を目指して業務改善に励んでまいります。
ご協力ありがとうございました。
「あゆみ通所 桜満開です♪」の画像
毎日寒い日が続いていますが、あゆみ通所では頂いた桜が満開になりました。わんこと一緒にお花見です。
四つ葉のクローバーを作ってアレンジしてみました♪
外はまだまだ雪景色ですが、一足お先に春の訪れを感じております。
そろそろ本当の春が待ち度しいですね。
「こわーい鬼があゆみ通所にもやって来た!」の画像
今年も恒例の豆まきを行いました。
職員が扮する鬼めがけて、新聞紙で作った豆を「エイッ!」
皆さん力いっぱい投げつけます。
ご利用者様の元気パワーで、鬼は退散しました。
今年もたくさん福がやって来そうです♪大いに盛り上がりました!
「保健衛生関係功労者(栄養関係)山形県知事表彰を受賞いたしました」の画像
平成29年度 保健衛生功労者 山形県知事表彰において、介護老人保健施設 白鷹あゆみの園が栄養関係功労にて山形県知事表彰を受賞いたしました。

平成29年11月28日 山形県庁にて表彰式が催されました。

副施設長 齋藤 惠・管理栄養士 本木 悦子 の両名が表彰式に参加いたしました。
「みゆき整形外科クリニック 物理療法」の画像
みゆき整形外科クリニックにある、頚と腰の牽引の機械が新しくなりました!
とても好評なため、ぜひ機会があればお試しください。
「さわやか喫茶」の画像
さわやか喫茶を行いました。
今回のおやつは、甘いあんこをかけた「さつまいもきんとん」です。
熱いお茶と召し上がっていただき、大好評でした!
皆さんの笑顔とおしゃべりがはずみました!
「お習字ボランティア」の画像
こぶし会のボランティアの方に来ていただき、お習字を行いました。
ご利用者の皆さんはお手本を見ながら、真剣なまなざしで筆を動かしています。
達筆な書がたくさん並び、皆さんご満悦されていました。
こぶし会の皆さんありがとうございました。
「職員勉強会を開催しました」の画像
職員の腰痛予防講習会を行いました。
介護の現場は力仕事も多く、腰痛に悩まされる職員も少なくありません。
腰痛予防には、栄養バランスや適度な運動、ストレス管理など日頃のコンディションづくりが大切です。
写真は腰痛予防体操の様子です。
また、介護時に腰を痛めないためのスライディングシートの使い方も学習しました。
「火災避難訓練を行いました」の画像
あゆみの園の火災避難訓練の様子です。
今回は、フロアごとに数か所の避難場所に分散して誘導するという難しいケースを想定し、寝たきりの方をシーツごと移動させるという訓練も行いました。
当法人では年4回の避難訓練を行っています。毎回同じではなく、様々なケースを想定して、より効果的な訓練となるよう工夫しています。
火災はどこで起こるかわかりません。常々「ここで火事が起きたらこっちに避難する」と判断できるようにし、ご利用者様が安全に過ごせるよう努めてまいります。
powered by samidare
powered by samidare